哀愁のニュース

【DAM 音源カラオケベストシリーズ】16タイトルをMEG-CDで発売!

DreamNews / 2016年08月24日10時00分

発売商品■DAMカラオケベスト 演歌・歌謡曲 Vol.34 品番:DAM-EK034 収録曲:1.長崎の鐘/藤山一郎 2.懐しのブルース/高峰三枝子 3.喫茶店の片隅で/松島詩子 4.雨の夜汽車/奈良光枝¥5.君待てども/平野愛子 6.蘇州夜曲/渡辺はま子 7.みかんの花咲く丘/童謡 8.高原の旅愁/伊藤久男 9.古き花園/二葉あき子 10.小判鮫の歌/小 [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「ジェームス三木」(2)女性の好みも変わってきた

アサ芸プラス / 2017年05月07日09時57分

── 僕は、哀愁が漂っていて羞恥心を持っている女性が好みなんです。今の20代にはこの2つを兼ね備えている女性があまりいないから、食指が動きません。 昔の芸能人であげるなら、山口百恵ちゃんとかマリリン・モンローには哀愁と羞恥心がありましたよねえ。彼女たちは「俺が何とかしてやらないとこの子はダメになる」という、男の保護本能をかきたてる魅力を持つ、すばらしい女性 [全文を読む]

3月4日「渡辺宙明スペシャルコンサート」セットリスト公開!キカイダー、マジンガー、ゴレンジャー、戦隊も!

DreamNews / 2017年02月20日10時30分

「M-13」(哀愁)遂に黒十字団は滅び世界に平和が訪れた。朗々とした哀愁のトランペットソロによるエンディング。Part 7「秘密戦隊ゴレンジャー」ゴレンジャー組曲最後はバンバラバンバンバンでお馴染み、人気の初期エンディングテーマ「秘密戦隊ゴレンジャー」。マジンガーZ組曲「魔神抄」(1972)ユーメックスの「渡辺宙明グレイテスト・ヒッツ!」版「組曲 マジンガ [全文を読む]

未来の映画監督発掘! 『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2016』結果発表

ガジェット通信 / 2016年11月14日21時30分

今回、グランプリに輝いたのは、渡部 亮平氏(脚本/監督)の『哀愁しんでれら(仮)』。準グランプリ(Filmarks賞)にヤング ポール氏(映画監督)の『ゴーストマスターズ!~呪いのビデオができるまで~(仮)』、 準グランプリ(GREEN FUNDING賞)に金井 純一氏(映像ディレクター)の『ファインディング・ダディー(仮)』が決定。さらに急遽、 審査員 [全文を読む]

AAA伊藤千晃プロデュースの「チーク」の使い方が斬新!おすすめポイント2つ

Woman Insight / 2016年08月29日18時00分

おふたりのおすすめは、「No.1 哀愁」。イベント当日、伊藤さんがつけていたのもこのカラー。どんなシーンでも使いやすいし、イガリさんが注目のトレンドカラーでもあるそう。 ◆2色を重ねることで、にじみでる血色感&立体感ある頬に このチーク最大の特徴は、質感も色も異なる“2色をセット使いする”こと。 イガリさんは、最初に使うチークを“仕込みチーク”、上に重ね [全文を読む]

脱オフェロで秋色先取り!上品に艶めく「漆塗りメイク」が気になる

美レンジャー / 2015年08月10日21時30分

そこで今回は、この秋注目の“漆塗りメイク”をピックアップ! 男性を引きつける哀愁と上品さをまとえるメイクです。色気が欲しい方も、注目ですよ。 ■この秋注目の漆塗りメイクとは 漆塗りメイクとは、日本の伝統工芸である漆塗りにインスパイアされた化粧品メーカー・ジバンシイが、この秋提案するメイク。漆塗りのようなツヤと深みのあるモダンカラーが生み出す、ちょっぴり切 [全文を読む]

【東京でも開催!】世界も注目する「青森ねぶた」で跳人になりたい

TABIZINE / 2015年07月26日18時00分

(C) Flickr/Yuya Saito 哀愁のあるねぶた囃子 笛、太鼓、手振り鉦で奏でるねぶた囃子は、賑やかにも関わらず、哀愁を感じます。ねぶた運行中の演奏は「賑やかで勇壮」、戻りは「ゆっくりのテンポで哀愁を感じさせる」曲調だそうですので、聞き比べたいですね。 (C) Flickr/Teppei Hayashi 「跳人(ハネト)」になって踊りたい ね [全文を読む]

MERRY テツ突然の復帰にファン絶叫

dwango.jp news / 2015年01月06日18時06分

ロックバンドとしての揺るぎないオーラを持ちながらも、パンクあり、アコースティックあり、哀愁レトロな歌謡曲や歌ものもあり。客席にはガラ(Vo)が柄杓でまく水や、カラーテープの代わりにトイレットペーパーが飛んでくる演出など、まさにナンセンス極まりないMERRYがてんこ盛りのアクトでオーディエンスを魅了。最後にはテツが加わった5人のMERRYで、観客に大感動をも [全文を読む]

なぜ“ウルトラマン”は愛され続けているのか? 「初代マンの中の人」古谷敏に直撃!

週プレNEWS / 2014年10月14日06時00分

その猫背のラインが哀愁があっていいと、昔のファンは褒めてくれます」 “哀愁”という言葉が口についたとき、古谷はにっこりとほほえみ、48年前の自分に言い聞かせるように語りだした。 「撮影が始まった頃は、肉体的な苦しさばかりにとらわれていましたけど、回を重ねていくうちに、ウルトラマンって強いだけのヒーローじゃないと思い始めたんです。例えば、ヒドラやジャミラ、ウ [全文を読む]

満島ひかり、『ラ・ラ・ランド』振付補とタッグ! 哀愁と情熱のダンスを披露

CinemaCafe.net / 2017年06月06日00時00分

映像では満島さんが、香港を舞台に哀愁と情熱のダンスを披露していることが分かった。 プロデューサー、DJとして活躍する大沢伸一のソロプロジェクト「MONDO GROSSO」。「MONDO GROSSO」史上初となる “全編日本語ボーカルもの”となった14年ぶりの新作アルバムには、満島さんや齋藤さんほか、UA、やくしまるえつこなどが参加している。 今回、満島さ [全文を読む]

フォーカス