大藪春彦のニュース

大藪春彦新人賞 創設のお知らせ

PR TIMES / 2016年09月21日16時43分

作家、大藪春彦氏の業績を記念し、優れた物語世界の精神を継承する新進気鋭の作家及び作品に贈られる文学賞、「大藪春彦賞」は、2018年3月に行われる贈賞式をもちまして、第20回を迎えます。 この度、「大藪春彦賞」を主催する大藪春彦賞選考委員会は、それを記念し、新たに「大藪春彦新人賞」を創設いたします。次世代のエンターテインメント小説界をリードする、強い意気込み [全文を読む]

第18回 大藪春彦賞決定

PR TIMES / 2016年01月28日20時17分

第18回 大藪春彦賞は、須賀しのぶ氏の『革命前夜』(文藝春秋・2015年3月刊)に決定いたしました。 作家・大藪春彦氏の業績を記念し、挑戦的な意志を持った新進気鋭の作家および作品に贈られる「大藪春彦賞」の選考会が、1月28日(木)午後5時より開かれ、第18回大藪春彦賞の受賞作家と作品を選定しました。 選考委員は、大沢在昌、今野 敏、馳 星周、藤田宜永の各氏 [全文を読む]

吉高由里子「ユリゴコロ」主題歌はRihwaの書き下ろし楽曲「ミチシルベ」に決定!

映画.com / 2017年07月13日04時00分

」(7月22日公開)も手がけた熊澤尚人監督がメガホンをとる本作は、2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を実写化。本作のキーとなるのは、余命わずかな男の書斎で発見された1冊のノート。“ユリゴコロ”と書かれたノートには、悲しき殺人者の告白文がつづられていた。殺人という行為を心のよりどころとして生きていた美紗 [全文を読む]

吉高由里子「“化学反応”を期待してほしい」 主演作「ユリゴコロ」充実のクランクアップ!

映画.com / 2017年07月09日17時01分

本作は、2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を実写化。余命わずかな男の書斎で、一冊のノートが発見された。そこにつづられていたのは、殺人者の告白文。殺人という行為を心のよりどころとして生きていた主人公・美紗子(吉高)、そして彼女を取り巻く人々の壮絶な運命を、過去と現代を交錯させながら描く。 「映像化は不 [全文を読む]

松坂桃李、現場で手作りオムレツ振る舞うも…結果は?

モデルプレス / 2017年07月09日14時57分

◆映画「ユリゴコロ」 今作は、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかる氏のベストセラー小説が原作のミステリー作品。ある一家で見つかった一冊のノートをめぐる愛と宿命の物語で、“ノートに秘められた謎”と”いのちの拠りどころ”を追い求めた先に突きつけられる、驚愕の真実が描かれる。 主演の吉高は、生まれながらに“人間の死”へ本能的な衝動 [全文を読む]

松山ケンイチ、吉高由里子は“癖が強い”?「2人ともすっぽんぽん」シーンも振り返る

モデルプレス / 2017年07月09日14時30分

◆映画「ユリゴコロ」 今作は、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかる氏のベストセラー小説が原作のミステリー作品。ある一家で見つかった一冊のノートをめぐる愛と宿命の物語で、“ノートに秘められた謎”と”いのちの拠りどころ”を追い求めた先に突きつけられる、驚愕の真実が描かれる。 吉高は、生まれながらに“人間の死”へ本能的な衝動を感じ [全文を読む]

吉高由里子、5年ぶり主演映画に不安のぞかせる「公開できるのか…大丈夫!?」

モデルプレス / 2017年07月09日14時03分

◆映画「ユリゴコロ」 今作は、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかる氏のベストセラー小説が原作のミステリー作品。ある一家で見つかった一冊のノートをめぐる愛と宿命の物語で、“ノートに秘められた謎”と”いのちの拠りどころ”を追い求めた先に突きつけられる、驚愕の真実が描かれる。 吉高は、生まれながらに“人間の死”へ本能的な衝動を感じ [全文を読む]

須賀しのぶ『また、桜の国で』 高校生直木賞受賞記念インタビュー

文春オンライン / 2017年07月06日11時00分

16年『革命前夜』で大藪春彦賞を受賞。17年『また、桜の国に』で156回直木賞候補。近著に『くれなゐの紐』、『エースナンバー』など。 (「オール讀物」編集部) [全文を読む]

ドラマ化&マンガ化で話題沸騰!「俠飯4 魅惑の立ち呑み篇」コミック付き電子版を7月6日発売!

@Press / 2017年07月06日09時00分

『すじぼり』(角川文庫)で第10回大藪春彦賞を受賞。近作に「俠飯」シリーズ(文春文庫)、『白日の鴉』(光文社)、『灰色の犬』『しにんあそび』『東京難民』(光文社文庫)など。怪談にも造詣が深く、『怖の日常』「忌談」シリーズ(角川ホラー文庫)など多数の作品がある。■書誌情報書名:『俠飯4 魅惑の立ち呑み篇【電子特典 コミック収録版】』著者:福澤徹三価格:730 [全文を読む]

「僕も犯人が誰なのかわかっていませんでした」東山彰良が新作語る

ananweb / 2017年07月01日14時00分

’09年、『路傍』で大藪春彦賞、’15年、『流』で直木賞、’16年、『罪の終わり』で中央公論文芸賞受賞。著書多数。 ユン、ジェイ、アガンとダーダーの兄弟。みな問題ある家庭に育ちながら友情を育んでいた4人だが、ある計画がとんでもない結果を招き…。文藝春秋 1600円 ※『anan』2017年7月5日号より。写真・土佐麻理子(東山さん) 小川朋央(本) インタ [全文を読む]

フォーカス