欺瞞のニュース

トランピノミクス:地産地消へのパラダイムシフト/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2017年01月26日07時01分

[自由貿易/保護主義]という理解からして、古い近代経済学の枠組に基づいており、むしろ「自由貿易」の方が復古反動的で、その欺瞞の悪弊が限界に達している。これからのフェアなトレードにおいては、地産地消を理念とせざるをえない。このことを理解するには、大きな文明論的視点が求められる。米国二大政党制 いまでこそ教科書では、最初から整然と共和13州があって、それが大西 [全文を読む]

2人から12人まで遊べる陰謀と欺瞞のブラフゲーム ボードゲーム「ワインと毒とゴブレット」 日本語版 10月中旬発売予定

DreamNews / 2016年09月23日18時00分

輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、「スチームパーク」、「ポーション・エクスプロージョン」などのユニークなコンポーネントとプレイ感覚でおなじみ、イタリア・Horrible Gamesのこの秋の新作、2人から12人まで遊べる陰謀と欺瞞のブラフゲーム「ワインと毒とゴブレット」日本語版を10月中 [全文を読む]

恋の“やめどき”はいつ? 嫉妬という魔物に飲み込まれる前に

ウートピ / 2016年06月08日20時29分

読んでみて、「欺瞞と偽善に満ちた女が恋に落ちて、でもそれを認めたくなくてあがいている小説」だと当時は感じた。ただ、何かひっかかるところがあり、それからも折りに触れて読んできた。ヒロインに感じた「欺瞞」生まれも育ちも上流で、「何も考えずに」親の決めた男と結婚し、男の子をもうけた節子。日常生活に惰性を感じ、夫の感性の鈍さにうんざりもしている。ところが28歳で土 [全文を読む]

中東研究者・内藤正典×イスラーム学者・中田考がイスラーム差別を語る「難民を生み出し、彼らを殺しているのもヨーロッパ人」

週プレNEWS / 2016年04月23日06時00分

中田 ヨーロッパの側がこんな状況を放置しながら、「人権」だの「人道」だのと言っているのは欺瞞(ぎまん)でしかありません! 正直、今の難民の扱われ方を見ていると、ナチス時代のユダヤ人の扱いが思い起こされます。 内藤 トルコはすでに270万人のシリア難民を受け入れていますが、今のところ組織的な排斥運動は起きていません。一方、EU加盟28ヵ国は100万人程度の [全文を読む]

「人工知能が採用面接で人間を見抜く時代」の欺瞞と憂鬱

文春オンライン / 2017年06月08日07時00分

(山本 一郎) [全文を読む]

【ブックレビュー】リベラルを自称する、妙にメンド臭い人たち

まぐまぐニュース! / 2017年05月08日18時04分

だから「修正主義的護憲派も絶対主義的護憲派も論理性がなく、嘘や欺瞞を抱え込まざるを得ない」と主張する。 さらに、リベラル派が安倍政権を批判しながら、自分たちはいまいる状態に安住しているため、安倍政権を批判する資格はないという。本の帯には「偽善と欺瞞のエリート主義のリベラルは、どうぞ嫌いになってください! 井上達夫」とある。日本のリベラル派は「知の荒廃」で、 [全文を読む]

東京エレクトロンデバイス、デコイを使用した標的型攻撃出口対策セキュリティソリューションを販売開始

EnterpriseZine / 2017年04月18日18時00分

Deceptionには、だます、欺く、欺瞞という意味を含み、ネットワーク内におとりとなるデコイを多数用意して、実端末のメモリ上に罠を仕掛け、感染した実端末からデコイへ誘導する。実端末のメモリ情報からデコイのアラートを検知して、情報資産の流出を食い止めることが可能になる。 TrapX「Deception GRID」の動作イメージ ■TrapX「Decept [全文を読む]

小池都知事、「安全だが安心ではない」の欺瞞 「情」に乗じて扇動する手法には限界がある

東洋経済オンライン / 2017年03月22日07時00分

築地市場の豊洲への移転問題が紛糾している。小池百合子東京都知事は「豊洲は安全だが、安心ではない」という論拠で、移転を棚上げにしているが、なぜ「安全」は「安心」に勝てないのか。まるで「安心」を“人質”にとって移転へのコマを1歩も進ませまい、としているかのような小池知事。その根底にある「確信」とは何なのだろうか。盛り土問題に端を発し安全性に疑問符が付けられてき [全文を読む]

ジャーナリスト・東谷暁が選ぶ「憲法を考える本」4冊

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

「護憲派と改憲派双方の欺瞞を批判」『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』/井上達夫著/2015年/毎日新聞出版 リベラリズムの唱道者が九条の削除を主張したことで注目されたが、井上はすでに十数年前から同じことを論じていた。護憲派と改憲派の双方の自己欺瞞を批判。リベラリズム研究者が改憲を言い出したということより、井上が自らの思想に [全文を読む]

問題はボート会場じゃない、「東京五輪開催」そのものを疑え! メディアにはびこる「どうせやるなら」論の罠

リテラ / 2016年10月27日20時30分

論者たちの多くが触れている最初の欺瞞が、安倍晋三首相が招致演説で口にした「アンダーコントロール」発言だ。鵜飼哲(一橋大学大学院教授)は、官邸HPに掲載の訳文──「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも、及ぼすことはありません」──を引いたう [全文を読む]

稲田防衛相の南シナ海発言を中国が猛烈非難、「日本は欺瞞もいとわず自国観点を他国に強制」―中国メディア

Record China / 2016年09月20日11時50分

2016年9月19日、中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は稲田朋美防衛相の南シナ海をめぐる発言について、「周囲への反応が鈍くなることほど悲しいことはない」「日本は欺瞞(ぎまん)もいとわず、自国の観点を関係国に押し付けようともくろんでいる」という言葉でこれを非難した。20日付で海外網が伝えた。 19日の定例記者会見で出た「稲田防衛相は訪問先の米ワシントンで [全文を読む]

相模原事件 「被害者氏名非公表」に従った記者クラブの欺瞞

NEWSポストセブン / 2016年08月03日16時00分

※週刊ポスト2016年8月12日号 [全文を読む]

Deception(欺瞞)技術による標的型攻撃対策の新ソリューション、国内販売を開始

PR TIMES / 2016年06月14日13時49分

【Press Release】2016年6月14日株式会社インテリジェント ウェイブ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■Deception(欺瞞)技術により、高度な技能を持つ攻撃者の侵入を防御する、新興セキュリティベンダー、イリューシブ ネットワークス社開発、新コンセプトの標的型攻撃対策「Deception Everywh [全文を読む]

熊本地震でデマ撒き散らした知的クリーチャー(怪物)の特徴

NEWSポストセブン / 2016年06月07日07時00分

学校や市役所のネット掲示板上の爆破予告などがその典型で、IPを欺瞞していないのですぐに逮捕される。 要するに、自らの行為に罪悪感を持たず、さりとてその結果、自らの行為がどのような形の社会的制裁を受けるかも想像できない。このような同じ人間種族とは到底思えない、異形の精神構造を持った人々のことを私は「知的クリーチャー(怪物)」と呼ぶ。 知的クリーチャーたちは、 [全文を読む]

黒歴史を忘れない。日本人に突きつけられた「21世紀の不平等」

まぐまぐニュース! / 2016年05月17日19時30分

こういう欺瞞は、どこにでもあります。たとえば、全加盟国が平等に1票をもつ「国連総会」。 総会の決議には、「強制力」がありません。強制力があるのは、「国連安保理」。そして安保理には、「常任理事国」がいて、「拒否権」をもっている。拒否権をもつ常任理事国とは、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国。そして、この5大国は、「核兵器拡散防止条約」(NPT)で、「 [全文を読む]

予測不可能、説明不可能。クライムサスペンスの新たな傑作。『マッド・ドックス』シーズン13月18日(金)よりAmazonプライム・ビデオで配信スタート!!

DreamNews / 2016年03月17日09時00分

しかしそれは嘘と欺瞞、殺人に彩られた悪夢の迷宮に足を踏み入れる行為だった。彼ら全員が同時にそろうのは数年ぶりのことだ。互いの近況を尋ね合う彼らはすぐに、自分たちの人生がかつて望んだようには進まなかったことを思い知る。野心は消え去り、機会は失われたとの思いを抱えつつも、突然かつ差し迫った諸問題に対処するため、彼らは互いにくすぶる憤りを乗り越えて行動せねばなら [全文を読む]

内田樹×イスラーム法学者・中田考がテロに揺れる世界を語る「一方が悪で一方が正義というような単純な話ではない」

週プレNEWS / 2015年12月24日06時00分

イスラム国や一連のテロの問題の背景には、そうした西欧社会の欺瞞(ぎまん)や偽善に対する告発があるということを日本人はまず理解する必要があると思いますね。 内田 僕も同意見です。今回のテロもフランス人にはそれほど意外ではなかったと思います。自分たちがテロの標的になる理由が「理解できない」と言えるフランス人はいないと思います。 フランスが19世紀以降、中東や [全文を読む]

護憲派が守ろうとしているのは憲法ではなく古い解釈改憲だ

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

法哲学の第一人者である著者、井上達夫氏に、憲法問題を始め、護憲派、リベラル派が抱える様々な欺瞞についてノンフィクションライターの鈴木洋史氏が聞いた。 * * * 〈……陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない〉。 この憲法第九条第2項を字句通りに解釈すれば、自衛隊も日米安保も明らかに違憲です。ところが、「専守防衛の範囲内なら違 [全文を読む]

安倍首相が“中央アジアの北朝鮮“に2兆円バラマキ!「自由の価値観共有」の方針はどこへ? 積極的平和主義外交の欺瞞

リテラ / 2015年10月31日08時00分

中央アジア各国を外遊した安倍首相だが、日本国内からは不満の声が轟々。自公は、野党から安保法制やTPP妥結についての議論を求めて要請された秋の臨時国会の設置に応じる気配はない。最新世論調査では約7割が開催すべきと答えているにもかかわらずにだ。 国民からいっこうに効果を感じられないと言われ続けているアベノミクスに関しても、安倍首相は今一度国会で説明する必要があ [全文を読む]

殺人すら厭わない? 暴力と欺瞞まみれの中国・不動産事情

日刊サイゾー / 2015年10月05日15時00分

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。 21世紀に入り、中国各地では大規模な建設ラッシュが相次いでいます。都市部に林立する超高層ビル群は、かつては急速に発展する中国経済の象徴とされていました。しかし、その威容の下には、さまざまな闇が隠されているのです。 現在でも中国各地で高層ビルやマンション、高速道路などが急ピッチで建造されていますが、開発計画上、邪魔にな [全文を読む]

フォーカス