大韓航空のニュース

大韓航空、「ナッツ事件」について対国民謝罪

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年12月13日13時27分

韓国をはじめ世界を騒がせた大韓航空の「ナッツ事件」と関連して、趙顕娥 (チョ・ヒョナ)元副社長と父の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が、謝罪した。12日午後、趙元副社長は事件と関連した調べを受けるために、韓国国道交通部・航空鉄度事故調査委員会に出席した。集まった報道陣の前に姿を現した趙元副社長は、終始愁色をたたえた顔だった。事件報道の四日後、初めて公の場に顔をみ [全文を読む]

大韓航空パイロットがスト 元凶は高給で引き抜きをする中国?

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月23日07時00分

大韓航空のパイロット労働組合が今日から31日まで10日間のストライキに突入した。年末で繁忙期の航空業界にあって、なぜ今ストを決行するのか? そこには今の航空業界の問題が隠れている......> 年末の帰省や観光で混み合う仁川国際空港に21日、「欠航便のご案内」というポスターが掲示された。朝9時に仁川を出発して成田に向かうKE701便を含む大韓航空の旅客機 [全文を読む]

韓国・仁川空港で航空機同士が衝突の危機、大韓航空パイロットのミスか=韓国ネット「社名から『大韓』を外して」「ミスが重なるのも実力の表れ」

Record China / 2016年05月09日11時10分

すぐ後ろについていたロシア・サンクトペテルブルク行きの大韓航空機が誤って誘導路に進入し、滑走路に向かっていたためだ。これを認めた管制塔が緊急停止指示を出し、2機は衝突を免れた。シンガポール航空機には乗客186人、大韓航空機には188人が乗っていた。 スピードを上げ走行中に急停止したシンガポール航空機はタイヤが破損し、離陸は約19時間後の6日午後1時ごろまで [全文を読む]

<Wコラム>「ナッツ・リターン」事件で揺れる大韓航空の機内で酒気帯び騒動のK-POP人気歌手ボビー・キムと今後の行方

Wow!Korea / 2015年01月10日22時08分

K-POP界で活躍する韓国系アメリカ人の人気歌手、ボビー・キム(本名:キム・ドギュン、41歳)が大韓航空の機内で酒気帯び騒動を起こしFBIの調査を受けたことが話題となっている。ボビー・キムは7日の午後4時40分仁川空港発・米サンフランシスコ行きの飛行機内で、4~5時間の間ワインなどのお酒を飲んだ末、泥酔状態に陥り、客室乗務員に大声で罵声を浴びせたと伝えられ [全文を読む]

意外な事実!旅客機の客室乗務員は「スタンガン」装備

しらべぇ / 2017年01月03日10時00分

大韓航空の決断去年12月、アメリカのミュージシャンであるリチャード・マークス氏が大韓航空の機内で暴漢を取り押さえた事件があった。マークス氏は泥酔した韓国人の男を、ロープで捕縛したという。その際、客室乗務員はトラブルに対してまったく行動できなかったことがマークス氏の証言から明らかになっている。批判を受け、大韓航空は機内にもともと装備されていたスタンガンの「 [全文を読む]

ボビー・キムの「機内大暴れ」騒動、大韓航空側が職員を懲戒か?

Wow!Korea / 2015年01月15日10時59分

韓国歌手ボビー・キム(41)が航空機内で大暴れし、調査を受ける中、チケット発券でミスを犯した大韓航空職員の懲戒がささやかれている。これに対し、大韓航空側は「調査が終了していないため、処罰を決定することはできない」との立場を明かした。大韓航空関係者は15日、韓国メディアのインタビューに応じ、「ボビー・キムの件については、現在捜査が進行中であり、まだ終了してい [全文を読む]

デルタ航空、大韓航空とのパートナーシップを拡大

PR TIMES / 2017年03月29日17時21分

太平洋横断路線の成長と顧客利益の拡大を実現するため、共同事業を実施することに合意【米国アトランタ/韓国ソウル、2017年3月29日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)と大韓航空は本日、両社の長年の提携関係をさらに強化することに合意しました。太平洋横断路線網を拡張することにより、お客様により多くの選択肢を提供するとともに、米国-アジア間の市場競争を促進しま [全文を読む]

重傷負った韓国人にベトナム航空が救いの手=韓国ネット「恥ずかしい話」「韓国人はベトナムに悪いことをしてきたはずなのに…」

Record China / 2016年07月20日09時50分

しかし、韓人会や大使館職員が大韓航空やタイ航空などに問い合わせても、いずれも患者用ストレッチャーを設置できる大型機種は運航していないと断られてしまう。 そこで彼らに手を差し伸べたのがベトナム航空ヤンゴン支店だった。同社は、ストレッチャーを載せる場合はフライト72時間前の要請が必要との原則にもかかわらず、当日便にキムさんを乗せる手はずを整えた。ストレッチャー [全文を読む]

韓国LCC機が関西空港に緊急着陸、滑走路を閉鎖し調査中=韓国ネット「なぜこんなに事故が多い?」「よりによって日本に…」

Record China / 2016年06月13日15時10分

国の恥をさらす航空機のせいで、日本に向ける顔がない」 「数日前にも日本の空港で大韓航空機から煙が出る騒ぎがあり、日本の消防官の迅速な対応のおかげで助かった。今回も同じだ。管理を徹底してほしい」 「ジンエアーも大韓航空の一つ。最近事故が多いな」 「ランディングギアにナッツが挟まったに違いない!大韓航空はナッツの運命から抜け出すことはできない」 「外国で恥をさ [全文を読む]

大韓機騒動ナッツ姫 メディアリンチを受け対人恐怖症を患う

NEWSポストセブン / 2015年10月07日16時00分

大韓航空の元副社長チョ・ヒョナ氏(40)が起こした昨年12月の“ナッツ・リターン事件”。同氏は「ナッツ姫」とも呼ばれたが、日本では忘れさられようとしている一方、韓国では依然過熱報道が続く。 まず非難が殺到しているのが、今年5月に143日ぶりに釈放された(一審で懲役1年の実刑判決が下るも控訴。高裁で懲役10か月、執行猶予2年に減刑)チョ・ヒョナ氏の生活につい [全文を読む]

フォーカス