激戦地のニュース

天皇皇后両陛下のパラオ訪問 “戦後70年の傷を和らげる”と海外メディア

NewSphere / 2015年04月09日11時34分

天皇皇后両陛下が8日、元日本の植民地で太平洋戦争の激戦地だったパラオ共和国に到着した。同日夜に開かれた晩餐会には、パラオのレメンゲサウ大統領に加え、同じく植民地だったミクロネシア連邦とマーシャル諸島の大統領夫妻も出席。天皇陛下は、「ここパラオの地において、私どもは、先の戦争で亡くなったすべての人々を追悼し、その遺族の歩んできた苦難の道をしのびたいと思います [全文を読む]

【ご案内】ジャーナリストによるシリア報告会 『激戦地アレッポは今』

PR TIMES / 2014年02月24日11時13分

3月4日(火) 14時00分~15時00分 ユニセフハウス(港区高輪)日本ユニセフ協会は、3月4日(火)、ユニセフハウス(東京都港区)で、先月激戦地アレッポを取材されたフリー・ジャーナリスト 後藤健二氏による現地報告会を開催いたします。当日は、現在、複数の反政府勢力によって実効支配されている激戦地アレッポの子どもたちや市民がおくる、空爆などの戦闘が続く“日 [全文を読む]

『ハクソー・リッジ』壮絶な戦場の地・沖縄県浦添市 “デズモンド・ドス・ポイント”がGoogleマップに

ガジェット通信 / 2017年07月06日20時00分

『ハクソー・リッジ』ストーリー 銃も手榴弾もナイフさえも、何ひとつ武器を持たずに第2次世界大戦の激戦地〈ハクソー・リッジ〉を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男がいた。彼の名は、デズモンド・ドス。重傷を負って倒れている敵の兵士に手当てを施したことさえある。終戦後、良心的兵役拒否者としては、アメリカ史上初めての名誉勲章が授与された。なぜ、彼は武器 [全文を読む]

中国軍の元制服組トップ・郭伯雄氏 記念碑撤去で失脚確実か

NEWSポストセブン / 2015年06月14日07時00分

中国とベトナム国境の中国雲南省・老山頂上にあった中越紛争の激戦地での中国軍勝利を記念して建てられた郭氏の記念碑が突然、前触れもなく撤去されたのだ。 実は老山には、すでに汚職などで逮捕、起訴されていた徐才厚・元中央軍事委副主席(今年3月、がんで死去)の記念碑も建てられていたのだが、これも徐氏の逮捕前に撤去されている。この前例から、郭もすでに身柄を拘束され、逮 [全文を読む]

戦争の常識を覆した兵士の真実『ハクソー・リッジ』、壮絶な予告編解禁

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年05月01日12時00分

第2次世界大戦の激戦地・沖縄の前田高地のこと。多くの死者を出すほど壮絶な戦いの場であり、断崖絶壁がのこぎりの歯のように険しかったことから、アメリカ軍が“ハクソー・リッジ”と呼んだ。その150メートルの断崖を駆けまわり、たった1人で75人もの命を救った男、デズモンド・ドス。銃も手榴弾もナイフも、何ひとつ武器を持たない彼が手にしていたのは、モルヒネと包帯だけだ [全文を読む]

【予告編】アンドリュー・ガーフィールド、臆病者から英雄へ…『ハクソー・リッジ』

CinemaCafe.net / 2017年04月27日12時45分

解禁された予告編では、激戦地「ハクソー・リッジ」の150mを超える崖をよじ登る、アメリカの兵士たちの姿を映し出す。続いて、訓練時のデズモンド・ドスの姿をとらえるが、「僕は銃に触れません」と、若き兵士は武器は手にしないと固く心に誓っていた。だが、「殺すのが戦争だ」という上官グローヴァー大尉(サム・ワーシントン)から問題視され、仲間の兵士たちからは嫌がらせを [全文を読む]

メル・ギブソン監督作「ハクソー・リッジ」予告編解禁!戦地で救助に徹した兵士の実話

映画.com / 2017年04月27日08時00分

予告編では、「武器を持たない」と心に誓い軍に入隊した青年ドス(ガーフィールド)が、「殺すのが戦争だ」と上官に命令され、軍法会議にかけられても信念を貫くさまがドラマチックに描かれると共に、命が次々と奪われる激戦地に乗り込み、銃弾の雨が降り注ぐなか負傷者を必死に救助する姿を迫力の映像で映し出している。「沈黙 サイレンス」で新境地を開拓したガーフィールドが、「 [全文を読む]

中国、外国企業の特許侵害訴訟「激戦地」に―米紙

Record China / 2016年11月09日12時00分

今後は外国企業による「特許訴訟激戦地」になるだろう。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

ロイズ・チョコレート、激戦地シカゴにポップアップストアを開設

Forbes JAPAN / 2016年10月31日11時30分

シカゴは素晴らしいチョコレートにあふれた街だ。なぜこの日本のチョコレート・メーカーは、飽和状態ともいえる市場で太刀打ちできると考えたのだろうか。北海道のチョコレート・メーカー、ロイズコンフェクトは10月15日、シカゴのミシガン・アベニューの一画、マグニフィセント・マイルにある「ザ・ショップス・アット・ノースブリッジ」にポップアップ・ブティックをオープンした [全文を読む]

日本が第2次大戦中フィリピンで米国と戦わなければならなかった理由

まぐまぐニュース! / 2016年02月05日08時00分

太平洋戦争においてフィリピンが激戦地であったことをご存じの方は多いかと思います。では、なぜ日本は彼の地で米国と戦わなければならなかったのでしょうか。無料メルマガ『心のビタミン』では、その理由の1つに「植民地支配への抵抗」があったと記しています。 両陛下の「比島戦没者慰霊」を正しく伝えられない日本メディア 1月29日、フィリピンを公式訪問中の天皇、皇后両陛下 [全文を読む]

フォーカス