菩提寺のニュース

葬儀の布施 住職の「お気持ちで」受け3万円包み呆れられる

NEWSポストセブン / 2013年05月02日16時00分

急病で夫を亡くしたAさんは、田舎に夫の菩提寺があり、代々の家の墓があることは知っていた。ただ、夫は一人っ子で、両親もすでに他界しており、遠方の寺の連絡先がすぐにわからなかった。「もし死んでも派手な葬式を出さないでくれ」と生前、夫がいっていたことを思い出し、葬儀社にいわれるまま、ごく近しい者だけで家族葬をあげた。葬儀社に紹介された僧侶に戒名もつけてもらった [全文を読む]

意外と知らない!お彼岸に「夫の家の宗教や宗派」を聞くべき理由

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年09月23日19時00分

菩提寺があるのか、確認しましょう “菩提寺(ぼだいじ)”という言葉を聞いたことはありますか。 菩提寺とは、一般的に、先祖代々のお墓があるお寺のことをいいます。そのお寺の檀家になって、家族などの葬儀や法事、供養などを行っていただくお寺になります。 菩提寺がある場合は、そのお寺のお墓に入る、その菩提寺の宗教宗派で葬儀を行い、戒名をつけるなど、いろいろな決ま [全文を読む]

夫の葬儀でトラブル! 葬儀社の選び方と費用の目安【夫を亡くしたとき 妻が知っておきたいお金のこと 第2回】

Woman.excite / 2016年11月17日21時30分

© ayaka_photo - Fotolia.com■葬儀の前に、夫の実家に菩提寺の確認を!「葬儀について、まずは旦那さんの実家に、相談したほうがベターでしょう。妻である奥さまに葬儀の決定権があるのであれば、すべてを決めても大丈夫です。」(内藤さん)●葬儀について夫の実家に相談したほうが良い場合・夫の実家に菩提寺がある・夫の親がまだ生きている・口うるさい [全文を読む]

株式会社ティー・ゲート(本社:東京都千代田区、社長:甲斐 聖一)が運営するトラベルサイト「旅の発見」では、2015年11月18日(水)より「奈良小正月『蛇々堂の鬼走り』と菩提寺」の販売を開始しました。

DreamNews / 2015年11月26日09時00分

株式会社ティー・ゲート(本社:東京都千代田区、社長:甲斐 聖一)が運営するトラベルサイト「旅の発見」では、2015年11月18日(水)より「『座学』で知る冬の奈良小正月・念仏寺『蛇々堂の鬼走り』と『御所伏見』菩提寺」プランの販売を開始しました。神仏拝顔で大いに和む、悠久の歴史に彩られる古都・奈良。「『座学』で知る冬の奈良小正月・念仏寺『蛇々堂の鬼走り』と『 [全文を読む]

先延ばしせずに相談を…「墓じまいトラブル」が増加中

WEB女性自身 / 2015年09月11日06時00分

まず、菩提寺や霊園など、旧墓の管理者から埋葬証明をもらう(その際、移転先の受入証明が必要な場合もある)。これらを旧墓のある自治体に提出し、改葬許可を受ける。その後、お墓を移転し、旧墓地は更地にして返却する。この手続きでもめることが多いという。 「たとえば、旧墓がある菩提寺に墓じまいを申し出て、埋葬証明をお願いしたら、100万円を超える高額の離檀料を要求され [全文を読む]

お寺とのトラブル招かないための「遺骨の引っ越し・墓じまいの手順」

WEB女性自身 / 2016年09月21日06時00分

これを新たな安置先の管理者へ提出(4)現在の墓地の御霊抜きの供養後、安置先へ納骨 「墓じまいのトラブルの多くが、2の菩提寺から『埋葬証明書』を発行してもらうときに生じます。檀家に抜けられると、管理料や法事がなくなり死活問題となります。何百軒もの檀家を抱えている大きなお寺ですら『年間数パーセントの人が改葬(お墓を撤去)している。5年後はどうなるのか 』と、戦 [全文を読む]

開運カウンセラー直伝!「今すぐ」運気がグ~ンとアップする3つの秘訣

WooRis / 2015年05月22日16時00分

■3:母方の菩提寺にお墓参りをするさらに大平さんによれば、母方の菩提寺(ぼだいじ)と墓にお参りするのも良いとのこと。父方の菩提寺には一般的によくお墓参りをされると思いますが、母方のほうはなかなか行く機会もないのではないでしょうか? だからこそ母方の菩提寺とお墓にお参りするといいのだとか。 [全文を読む]

衝撃の光景!無数の招き猫が迎える豪徳寺の「招き猫奉納所」

サライ.jp / 2017年05月22日17時00分

■招き猫が招いた吉運東京西郊では随一の名刹であり、彦根藩主井伊家の菩提寺にして、幕末の大老井伊直弼の墓所として有名な豪徳寺。しかし、昔時はいたって貧寺であったという。由来書を読むと、時の和尚は猫好きで、食うや食わずの生活でありながら、自分の食事を愛猫に分け与えていたという。ある日のこと、和尚がたわむれに「愛育の恩が分かるのなら、何か果報を招来しなさい」と猫 [全文を読む]

【おんな城主直虎】最強の戦国女子を育てた龍潭寺の「小宇宙」

しらべぇ / 2017年02月05日10時00分

■豪族と菩提寺JR浜松駅からバスで約1時間。井伊氏の菩提寺である龍潭寺には、連日観光客が押し寄せている。龍潭寺があるのは、緑の中。覆い茂る木々をすべて切り倒すことなく、まるで古来からある自然と共生しているかのような佇まいだ。山門をくぐると、そこにあるのは荘厳な空気と目を見張るような寺社建築である。井伊氏は龍潭寺と共に存在した。戦国時代の豪族は、必ず地元の宗 [全文を読む]

【京都】今なお残る忠義の証。忠臣蔵ゆかりの名所に義士を訪ねる

まぐまぐニュース! / 2016年12月09日20時00分

来迎院(らいごういん) image by: Flickr 来迎院は皇室の菩提寺でもある泉涌寺(せんにゅうじ)の塔頭(たっちゅう)のひとつです。この寺には大石内蔵助の建てた茶室・含翠軒(がんすいけん)が残っています。今熊野観音寺に向かう道の右側に来迎院への入口の看板があります。 内蔵助は京都山科に移り住む際に、親族である来迎院の僧・卓厳に頼んで檀家になって [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

千利休以下三千家代々の菩提寺にして、日本画の最高峰である狩野永徳の障壁画を所蔵しています。この組み合わせはすごくないですか?数ある塔頭寺院の中の一つとしてこのような寺院が小院として存在するところが京都の奥深い魅力だと思います。これだけすごいのに小院のひとつですよ! 聚光院の特別拝観はとてもまれで今後まずないと思うので私も是非足を運ぼうと思っています。詳しく [全文を読む]

最恐パワースポット「恐山」 その奥地で見つけた極楽温泉とは

しらべぇ / 2016年05月21日20時00分

これで「恐山菩提寺」の門をくぐり境内へ入ることができる。そして、入った先に広がるのは、荒涼とした大地である。生命の気配のない岩肌、そこに静かに佇む地蔵、そして水子供養の鮮やかな風車。今にも泣き出しそうな曇天曇り空ということもあり、その風景はまさに「地獄」のようだ。そんな荒涼の地に、独特な香りが漂ってくる...。そう、硫黄の香りだ。■地獄の中で見つけた極楽. [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】江戸っ子は七夕の願い事を何に書いていた?江戸っ子の慣習に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年04月25日21時00分

それは何でしょう?(い)菩提寺発行の往来手形(ろ)鎮守・氏神発行の氏子札(は)名前や居住地を記した迷子札(に)夜間でも町内の木戸を通行できる鑑札【クイズ2】下の図は歌川広重画「名所江戸百景 深川万年橋」で、手桶の持ち手に結びつけられているのは、「放生会」に際して売られている亀です。さて、この行事では、亀をどうするのでしょう? 江戸東京博物館(い)健康のため [全文を読む]

メモリアルアートの大野屋主催 4月無料終活セミナー今人気の「終活セミナー」を首都圏2カ所(東京・横浜)で開催

PR TIMES / 2017年04月11日19時28分

~家族葬のトラブル解決方法や、菩提寺との上手な付き合い方をご紹介します~ 仏事関連総合サービスの株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可)では、皆さまがこれからの人生を安心して豊かに過ごせるよう、お葬式やお墓を事前に考え準備する「終活」をサポートするセミナーを定期的に開催しています。 [画像: https://prtimes [全文を読む]

二度目はない。京都で限定公開中、千利休と狩野永徳「蜜月」の証

まぐまぐニュース! / 2017年01月12日20時00分

聚光院は戦国の権力者に仕えた茶人・千利休によって千家の菩提寺となり隆盛しました。この場所に狩野永徳の国宝障壁画花鳥図が9年もの修復を終え現在公開されています。 大徳寺の山門・金毛閣の上には千利休の彫像が置かれています。これは利休の切腹の引き金になったと伝えられています。高貴な方も通る建物の上に雪駄(せった)を履いた利休の像があるとは無礼であると時の天下人 [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(2)神社を参拝したことが分かる理由

アサ芸プラス / 2016年11月26日17時56分

8月のお盆には、“生家”の目と鼻の先にある菩提寺を訪ね、父方の従弟、長嶋義倫(よしみち)といっしょに墓参りをしている。「茂雄ちゃんがこんなに何回も佐倉に帰ってきたのは初めてじゃないかな。お墓参りは毎年のことだけど、いつもふらりと来て、黙って帰る。ところが、ことしは住職を呼んで、自分たちのところだけでなく、本家のお墓にまでお経を上げてくれて、感謝感激でした」 [全文を読む]

墓じまいトラブル 離檀料数百万円要求されるケースも

NEWSポストセブン / 2016年11月18日11時00分

田舎の菩提寺との交渉も一筋縄ではいかないみたいだし、どうしたらいいのかを考え出すと頭が痛いですよ」 先祖代々の墓を閉じ、納められた骨壺を別の場所に移す「墓じまい(改葬)」のニーズは年々高まっている。厚生労働省のまとめた「衛生行政報告例」によれば、改葬件数は2004年度の6万8421件から2014年度には8万3574件へと急増した。 ◆え、100万円もかかる [全文を読む]

歴代足利将軍の菩提寺!5分で知る等持院の見どころ

Walkerplus / 2016年09月23日17時23分

のちに尊氏、義詮(よしあきら)将軍当時の幕府の地にあった等持寺が移され、足利将軍歴代の菩提寺に。霊光殿に歴代将軍の木像が安置されるなど、現在も230年以上の歴史を伝える貴重な文化財が保存される。庭園は、夢窓国師が作庭した京都の名園の一つ。東西に分かれ、西の庭「芙蓉池」は衣笠山を借景にした池泉回遊式で、北には義政公好みの茶室・清漣亭(せいれんてい)がある。 [全文を読む]

非日常を体験できる日本の秘湯3選 廃墟や冬は立入禁止の場所も…

しらべぇ / 2016年09月14日11時00分

500円の入山料を払い「恐山菩提寺」の門をくぐり抜けた先に秘湯はある。荒涼とした大地には湯小屋が4ヶ所。しかも、入山料を払えば全て無料だ。木の温かみを感じる浴槽と、乳白色で満たされたお湯はまさに極楽。硫黄の香りがする酸性のお湯に浸かれば、パワーがみなぎることだろう。【恐山 菩提寺】住所:青森県むつ市田名部宇曽利山3-2電話番号:0175-22-3825入山 [全文を読む]

切実だけど面倒…「墓じまい」を代行するサービスどう使う?

WEB女性自身 / 2016年08月31日06時00分

「古い墓の魂を抜く仏事などのお布施や、墓が菩提寺にある場合は、檀家をやめるための『離壇料』が必要です。離壇料は通常3万〜10万円程度ですが、高額を要求され、もめるケースもあります。新しい供養先にも、納骨料などを払う必要があります」 こういった複雑な墓じまいの過程を、一律料金で代行するサービスが出てきたという。 「(株)まごころ価格ドットコムの『墓じまいま [全文を読む]

フォーカス