南海トラフのニュース

【注意】魔の水曜日!南海トラフ地震が11月23日に発生!?という奇妙な噂が拡散中!ネットで不安の声

秒刊SUNDAY / 2016年11月19日12時45分

南海トラフ付近で本日大きな地震があった。和歌山県では震度4ということだが、これが大きな地震の前触れ(前震)ではないかと心配されているのだ。というのも実は11月23日に南海トラフ地震があるという噂が広まっているのだ。もちろん根拠も何もないので恐れるに足りないが、最近の地震の多さには震えるしか無い。気象庁によると19日11時48分頃地震があった。 震源地は和歌 [全文を読む]

熊本震度7は「南海トラフ」大地震の前兆か? 危険と隣り合わせの時代へ

まぐまぐニュース! / 2016年05月12日19時30分

専門家の間では「南海トラフ地震の引き金になるとは考えづらい」とする意見が大多数のようですが、それでも将来的に避けられないこともまた事実です。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは政府の南海トラフ地震に関する見解をチェックするとともに、憲法に緊急事態条項など盛り込んでも人命は救えないと厳しく批判しています。 日本は南海トラフ地震にどう備え [全文を読む]

7月以降は相当ヤバい!? 「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!

tocana / 2015年06月29日09時00分

いつ起きてもおかしくないとされている「南海トラフ地震」(東海・東南海・南海地震の総称)。被害想定によると、最悪のパターンでは32,000人の犠牲者が出るという。政府の地震調査委員会が算出した2013年1月から30年間の発生確率は、M8~9クラスの地震が60~70%となっているが、これはあくまでも確率論に基づく推定であり、具体的にいつ起きるかは不明だ。【その [全文を読む]

揺れる日本列島! 南海トラフ巨大地震は2016年に発生する?

週プレNEWS / 2013年04月24日14時00分

それにしても、気になるのは今回の地震が、将来起こると予測されている南海トラフ巨大地震と関連があるのかどうかだ。 政府の地震調査委員会は「今回の地震だけで、南海トラフ地震の切迫度を議論するのは難しい」と述べるにとどめているが……。 しかし、前出の高橋教授はこう警告する。 「今回、淡路島で起きた地震は直下型。これは来(きた)るべき南海トラフ大地震の前兆と考え [全文を読む]

【注意】熊本地震の影響か?「南海トラフ地震」のツイートが急増

しらべぇ / 2016年04月15日09時40分

SNSで安否確認が報告される中、Twitterで「南海トラフ」というキーワードが急上昇している。これは、大手インターネット掲示板「2ちゃんねる」で、東日本大震災の預言をしたと話題になった自称2062年から来た未来人が、4月15日(金)に未来から再来すると告げていたことに起因するもの。どうやら前日の熊本地震の影響で、再来するという内容がまるで南海トラフ地震が [全文を読む]

「34メートル大津波」M9南海トラフ地震の超絶破壊力!(1)列島が「不安定化」している

アサ芸プラス / 2012年04月17日10時58分

去る3月31日に、内閣府の有識者会議が発表した、近い将来の発生が懸念される「南海トラフ地震」の被害想定。それによれば、「南海トラフ」でM9クラスの巨大地震が発生すると、津波高が東京の新島で29・7メートルとなるなど静岡、愛知、三重、和歌山、高知、東京の6都県に20メートルを超える大津波が襲来。さらに高知県黒潮市では津波高は34メートルにもなるといい、これま [全文を読む]

2016年に南海トラフ地震が起こる! 学者と予言者たちの地震警告

ハピズム / 2013年04月03日09時00分

今、Googleで「南海トラフ」のキーワードによる検索件数が急増している。 これは、3月18日、南海トラフで起きるとされるM9.1の巨大地震をめぐり、国の有識者会議が行われ、最悪で220兆3,000億円の経済被害が出るとの試算を発表したことによる影響だ。 実は、有識者会議は昨年夏に、死者32万3,000人とする想定を公表している。これが現実になれば、200 [全文を読む]

チリ大地震後に日本大震災が発生するメカニズムとは?(2)活発化する太平洋プレート

アサ芸プラス / 2014年04月23日09時56分

南海トラフ地震に影響するフィリピン海プレートでは、昨年6月に台湾でM6.3の地震が発生しました」 一方、南海トラフ地震の震源域である九州・四国の地盤に異常が出ていることは、測量学の世界的な権威である東大名誉教授の村井俊治氏も警告している。国土地理院が全国1200以上に設置している電子基準点の動きを分析。東西南北への水平方向の変動や上下方向の隆起・沈降も観測 [全文を読む]

春までに南海トラフ地震ついに来る?ネットでも不安広がる

秒刊SUNDAY / 2014年01月12日12時00分

http://www.yukawanet.com/archives/4587799.html―30年以内に M8~9クラスの地震は60~70%前回の南海トラフ地震は1946年発生した「昭和地震」であるが、そこから計算していくと現時点では30年以内には6~7割の確率で発生する。数字としてはあまりピンとこないが東海地震と連動しておこることを想定すれば、そろそろ [全文を読む]

今年の11月に南海トラフ地震がくる!? 研究者など20人以上が出した予想とは?

ハピズム / 2013年07月08日13時30分

筆者はこれまで、南海トラフ地震の発生時期を予測した科学者や予言者の説を何度か紹介してきた。今回は、それらに新たな情報を加え、これまでのまとめとして、いつ頃起きる可能性が高いのかを検討してみたい。 週刊現代6月29日号(講談社)で、面白い記事が掲載された。 それは、「占星術師、霊能者20人に聞いた 南海トラフ巨大地震はいつ来るのか」というもの。必ず起きると言 [全文を読む]

南海トラフ地震の巨大津波で浜岡原発が第2の福島となる危険も

NEWSポストセブン / 2012年09月06日07時00分

8月29日、内閣府の有識者会議で発表された巨大地震・南海トラフ地震の被害想定は、これまでの私たちの想像をはるかに超えた衝撃的なデータだった。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授(地震学)がこのデータについて解説する。 「南海トラフ地震とは、静岡県沖から四国・九州沖にかけて伸びる浅い海溝(トラフ)で発生する巨大地震を指します。想定震源域によって、東から東海地震、 [全文を読む]

大災害は起きるか? 科学者・教授・予言者たちの「2014年の予言・予測総まとめ」 W杯の結果も!?

tocana / 2014年01月13日09時30分

【識者たちの、2014年の予測】■村井俊治・東大名誉教授...2014年3月に南海トラフ地震 過去記事でも紹介した東大名誉教授で測量学の権威・村井俊治(しゅんじ)氏は、電子基準点を利用した独自の地震予測方法により、75%の的中率を誇る地震予測が可能だとしている。2014年は、3月までに南海トラフ地震が発生すると予測。■アレクセイ・リュブシン・ロシアの理学研 [全文を読む]

南海トラフ被害 大阪で死者133万人超予想・国の調査の13倍

NEWSポストセブン / 2013年11月11日16時00分

大津波を太平洋側に発生させる危険も指摘されている南海トラフ地震。南海トラフとは、駿河湾から南九州の東方沖までつながる海底の溝(トラフ)のこと。陸側のユーラシアプレートの下に海側のフィリピン海プレートが沈み込んでおり、東西の総延長は770kmに達する。 政府の地震調査委員会によれば、南海トラフを震源としたM8~M9クラスの巨大地震が発生する可能性は「30年以 [全文を読む]

松原照子氏が予言「東京オリンピックは中止になる」 地震が影響か!?

ハピズム / 2013年09月30日20時50分

もし本当に松原氏の懸念が現実のものとなり、2020年に東京オリンピックが開催されないとすれば、それはどんな要因だろうか? 冒頭に書いた、数年内に予言・予測されている自然災害といえば、まずは「南海トラフ地震」がある。■2013年か2014年に巨大地震が起きる!? 過去の記事でも書いたように、現在、南海地震の前兆の可能性がある現象が起きている。「今年12月か [全文を読む]

「貞観地震」とソックリ!「首都圏」「南海トラフ」「箱根」の直下型大地震のXデーは?

ハピズム / 2013年04月24日13時00分

【貞観地震(869年)が東日本大震災(2011年)にあたる】・貞観地震の6年前:富山県~新潟県で大地震……新潟中越地震(2004年)・貞観地震の5年前:富士山噴火……富士山噴火(201x年?)・貞観地震の3年前:新島向山の大噴火……三宅島(1983年、2000年)と大島の噴火(1986年)・貞観地震の1年前:兵庫県M7以上の地震……阪神淡路大震災(1995 [全文を読む]

東大、南海トラフの海底下温度と断層の存在を「ちきゅう」の掘り屑から推定

マイナビニュース / 2017年08月22日17時56分

東京大学は、同大学大気海洋研究所の福地里菜氏、山口飛鳥准教授、芦寿一郎准教授、海洋研究開発機構の山本由弦氏からなる研究チームが、地球深部探査船「ちきゅう」によって南海トラフから採取されたカッティングス試料に炭質物ビトリナイト反射率分析を適用し、海底下約3000mまでの最高被熱温度を推定したことを発表した。 この研究成果は、米国地球物理学連合発行の「Geoc [全文を読む]

大分・謎の「地割れ81カ所」が引き起こす西日本巨大地震!(2)「原子炉を止められない」

アサ芸プラス / 2017年06月27日17時55分

この海域は南海トラフの西端部に当たる。「日向灘と連動する形で発生しうる南海トラフ巨大地震こそ警戒すべきです」(前出・百瀬氏) 水深4000メートル級の南海トラフは非常に活発な地震発生帯で、過去には日本最大級の「宝永大地震」(1707年)を引き起こした。「南海トラフは海溝型地震ですから、確実にエネルギーがたまっています。仮に中央構造線で起こらなくても、いずれ [全文を読む]

全国地震動予測地図 発生確率が2年前と変わった地域とは

NEWSポストセブン / 2016年06月20日07時00分

南海トラフ地震が発生すれば、死者・行方不明者32万3000人、場所によっては高さ25mを超える津波が押し寄せることが想定されている。首都直下型地震でも、死者数は最悪の場合約2万人に上るといわれている。 ほとんど想定されていなかった熊本地震が突然発生したように、日本に住んでいる限り地震から逃れることは難しい。しかし、どの地域がどれだけ危険なのかをある程度事前 [全文を読む]

5月26・27日(伊勢志摩サミット)に「南海トラフ地震」が直撃する!? 専門家が揃って危惧

tocana / 2016年05月21日09時00分

現在も余震が継続する前代未聞の事態のなか、5月26~27日に開催が予定されている主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の最中に「南海トラフ地震」が起きるのではないかと一部で囁かれているようだ。今回は、この真相を追ってみることにしたい。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/05/post_9799.html】■リスクを考慮すれば選べ [全文を読む]

災害情報をより簡単に入手できる、ウェブ版ハザードマップ「ココクル?」がグッドデザイン賞を受賞-issue+design、自然災害に備えるため、自治体向けのウェブ版ハザードマップ制作支援サービスを開始

DreamNews / 2014年10月03日14時00分

特に、「南海トラフ大地震」が発生すると予測されている太平洋沿岸の自治体では、巨大津波への防災対策が急務とされています。 一方、現状各自治体が公開しているハザードマップは、ホームページ上でPDFなどのファイルで公開していることが多く、災害発生時における自分の現在地がわかりにくい、またスマートフォンでは見にくい、という課題を抱えていました。issue+desi [全文を読む]

フォーカス