大岡越前のニュース

東山紀之「ご褒美を頂きました」加藤剛との共演に感動

Smartザテレビジョン / 2016年12月07日18時18分

NHK BSプレミアムで'17年1月3日(火)に放送されるBS新春時代劇「大岡越前スペシャル」の試写会・取材会が行われ、主演の東山紀之の他、ミムラ、松原智恵子、加藤頼、津川雅彦、そして加藤剛が登壇した。今回のスペシャルは、'17年に大岡忠相が江戸南町奉行に就任して300年目となることを記念したSPドラマ。'13年から第3シリーズまで放送された「大岡越前」で [全文を読む]

【時代劇】紅白出場に意欲?『水戸黄門』のうっかり八兵衛役でおなじみの高橋元太郎

しらべぇ / 2014年12月31日18時00分

■演技がヘタだったら、悪党に殺されていた TBSでは、1970年3月16日より『水戸黄門・第1部』の後番組として、『大岡越前・第1部』の放送を開始。高橋は「すっとびの辰三」という岡っ引き役で俳優デビューする。 第1回の試写会終了後、東映の人間が高橋のもとへ行き、演技をほめた。その直後、演技がヘタでどうしようもなかったら、“次回は捕り物の際、悪党に切り殺さ [全文を読む]

CS時代劇専門チャンネルの人気作品をニコ生で50時間一挙放送!

ITライフハック / 2015年03月08日15時00分

「時代劇体操」お笑いコンビ・ナイツが大岡越前に代わって悩める現代人へお裁きを申し渡す「大岡越前(悩)相談所2」、座ったままの運動で固まった体をほぐす「時代劇体操」、全国都道府県にある名城を美しい映像で見せる「歴史を訪ねて 日本の城」など、時代劇専門チャンネルの人気作品全25本を50時間に渡って無料で放送する。「時代劇法廷 被告人は土方歳三」「歴史を訪ねて [全文を読む]

俳優・出光元さん死去 82歳 『水戸黄門』『大岡越前』など出演

ORICON NEWS / 2017年08月17日11時54分

■出光元さんのプロフィール 出光さんはTBS系ドラマ『水戸黄門』『大岡越前』『Gメン’75』、NHK連続テレビ小説『まんてん』など数々のドラマや映画に出演。所属事務所によると、葬儀は近親者のみで執り行った。 [全文を読む]

東山紀之主演『大岡越前』に加藤剛が出演「感慨深いです」

Smartザテレビジョン / 2016年10月26日18時56分

'17年1月3日(火)に放送されるBS新春時代劇「大岡越前スペシャル」(NHK BSプレミアム)。'70年から30年以上にわたって「大岡越前」で大岡忠相を演じてきた加藤剛と、本作で大岡忠相を演じる東山紀之との共演が決定。今回、加藤からコメントが寄せられた。 加藤が演じるのは、家老の不正を探ったことで流浪の半生を送った老骨の武士役・風間五郎左衛門。人生の最期 [全文を読む]

江戸時代からタイムスリップしてきた人に会える!?「ご~るでんうぃ~くはねだ江戸祭り2016」<PR>

ITライフハック / 2016年05月25日10時00分

なおこのイベントだが、「秘伝の忍法巻物が盗まれた服部半蔵が町で大暴れし、江戸の町人たちも巻き込まれていく」という設定があり、忍者の服部半蔵を初めとして、新撰組や大岡越前、遠山の金さんといったよく知られる個性豊かなキャラクターが登場することとなっている。では実際にどのような催し物が繰り広げられたのか、写真でご紹介していこう。●5月3日に行われたオープニングイ [全文を読む]

釣りバカ、裸の大将、水戸黄門!?国民的キャラクターを受け継いだ俳優たち

日本タレント名鑑 / 2016年03月05日09時55分

局は変わりますが、『大岡越前』もTBS・1970~2006年の加藤剛さんを継ぎ、TBS版のリメイクとしてNHK版『大岡越前』が2013年から放送されました。 主演は時代劇に定評のある東山紀之さんを起用。凛々しくシュッとした顔立ち、加藤さんの越前守とも共通項があり、すんなりと受け入れられました。インテリで優しい相棒・伊織は、竹脇無我さんのイメージがあまりに [全文を読む]

有楽町でテレビ&ラジオ同時生中継!時代劇まつり開催

Walkerplus / 2015年07月14日20時46分

時代劇専門チャンネルを運営する日本映画放送は、ニッポン放送と協力して「大岡越前」などでおなじみ南町奉行所の跡地の有楽町駅前で、7月19日(日)に「時代劇まつり in 有楽町」を開催する。 同イベントでは、時代劇専門チャンネルのレギュラー番組「時代劇ニュース オニワバン!」と、ニッポン放送の日曜昼の看板番組「土田晃之 日曜のへそ」が会場から生中継を実施。 時 [全文を読む]

ニコ生で時代劇専門チャンネルの番組を50時間一挙放送

Smartザテレビジョン / 2015年03月06日15時02分

ニコ生では「時代劇法廷」最新作を含む全10作のほかにも、お笑いコンビ・ナイツが大岡越前に代わって悩める現代人へお裁きを申し渡す「大岡越前(悩)相談所2」、ユニークな運動で固まった体をほぐす「時代劇体操」、全国の名城を美しい映像で見せる「歴史を訪ねて 日本の城」など全25本を50時間にわたって放送。 その中でも溝端出演の「時代劇法廷スペシャル 被告人は坂本 [全文を読む]

戦国史上最大の決戦に見る日本社会の原風景とは? “三成”加藤剛vs“家康”森繁の超豪華版『関ヶ原』

日刊サイゾー / 2017年08月21日18時00分

TBS時代劇『大岡越前』でおなじみだった加藤剛と黒澤映画で大活躍した国際派スター・三船敏郎がタッグを組むという贅沢な顔合わせだった。豊臣方の大名たちを籠絡してしまう古狸の徳川家康には、日本芸能界のドン・森繁久彌。そして、家康の腹心の部下・本多正信には演技派・三國連太郎(佐藤浩市のパパ)。この2人が耳打ちしているだけで、物凄く腹黒い陰謀が張り巡らされているよ [全文を読む]

「水戸黄門」など出演 出光元さん、肺腺がんで死去…82歳

スポニチアネックス / 2017年08月18日07時01分

出光さんは1950年代から俳優として活動し「Gメン’75」「大岡越前」などの人気ドラマや映画に数多く出演。最後の出演ドラマは、昨年1月放送のテレビ東京「刑事吉永誠一涙の事件簿13」だった。 [全文を読む]

俳優の出光元さん、肺腺がんで死去 享年82歳

WEB女性自身 / 2017年08月17日17時00分

TBS系時代劇『水戸黄門』、『大岡越前』らに出演した俳優の出光元さん(享年82)が、8日午前8時43分に肺腺がんのため死去した。 17日に所属事務所が公式サイトで発表した。葬儀、告別式はすでに近親者のみで執り行った。出光さんは昭和10年に佐賀県で生まれ、NHK『まんてん』、『父帰る』、映画『新・男はつらいよ』などドラマや映画に多く出演した。 [全文を読む]

俳優の出光元さん死去 82歳 「水戸黄門」などに出演

スポニチアネックス / 2017年08月17日10時46分

TBS「水戸黄門」「大岡越前」「Gメン’75」NHK連続テレビ小説「まんてん」など数々のドラマや映画に出演した俳優の出光元(いでみつ・げん)さんが8日午前8時43分、肺腺がんのため死去した。82歳。病気療養中だった。 17日、所属事務所が発表した。葬儀・告別式は近親者で執り行った。 [全文を読む]

最新のサウンドによる介護ソングユニット“まねきねこ”結成!!女優「かわいのどか」と女優「仁和令子」による新ユニットの発表!

PR TIMES / 2017年08月02日10時10分

必殺シリーズ(朝日放送)、銭形平次(フジテレビ)、水戸黄門(TBS)、江戸を斬るV(TBS)、暴れん坊将軍(全国朝日放送)、西部警察(全国朝日放送)、大岡越前(TBS)、大奥(フジテレビ)、土曜ワイド劇場(全国朝日放送)、映画 五人ライダー対キングダーク(東映)など映画やテレビドラマなどで活躍[画像2: https://prtimes.jp/i/24010 [全文を読む]

東山紀之「子供のころの自分に教えてあげたい、『(憧れの王貞治と)メル友になったぞ!』」

ザテレビジョン / 2017年07月19日10時00分

主な出演作はドラマ「必殺仕事人」シリーズ('07年~テレビ朝日系)、「大岡越前」シリーズ('13年~NHKBSプレミアム)など。ナレーションでも活躍 [全文を読む]

【シゴトを知ろう】講談師 編

進路のミカタ / 2017年05月22日12時02分

落語よりも歴史が古く、水戸黄門や大岡越前、忠臣蔵など、おなじみの時代劇は講談を基に作られたものなんです。今回は、IT企業に就職後28歳で講談と出会い、好きが高じて30歳の時に一龍齋貞心(いちりゅうさいていしん)さんに弟子入りした一龍齋貞寿(ていじゅ)さんに、講談師のお仕事の魅力について伺いました。■話が変化していく? 講談とはQ1. 仕事概要と一日のスケジ [全文を読む]

初ヌード披露!高橋一生が結婚しない理由は?生まれ持つ星にそのヒントが【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2017年03月01日12時15分

【二重人格】に【大岡越前】?どういうこと??それぞれの星を見ていくと…■【二重人格星】両極端な二面性あり?性質の中で最も強い星は【二重人格星】でした。この星相を持つ人は「両極端な二面性を持っているのが特徴」なのだそう。「とてもまじめに仕事をする」けど「心の奥底では野心がメラメラと燃えたぎっている」…クールで知的なイメージなのに、内に熱いものを隠し持っている [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】「このご紋が目に入らぬか!」の印籠は何を入れるものだった?時代劇クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月12日19時00分

「この紋所が目に入らぬか!」のセリフでおなじみの水戸黄門から、銭形平次、大岡越前、まで、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から、懐かしの時代劇にまつわるクイズを出題します。あのヒーローが使っていた道具の秘密や、知られざる時代背景も見えてくる?全4問です。全問正解目指して頑張ってください!【クイズ1】テレビ時代劇の主人公・銭形平次が投げた銭は、次 [全文を読む]

相棒SP「八嶋智人の怪演」に称賛集まる

日刊大衆 / 2017年01月12日11時00分

「1月3日には『大岡越前スペシャル』(NHK)で、生まじめで家族思いな役を演じていましたから、余計『相棒』での演技とのギャップが感じられて、俳優としての実力を証明したかたちになりましたね。八嶋は小劇団出身で、シリアスでもコミカルでも演じ分けられる力を持っています。バラエティ番組でのコミカルなイメージも強いですが、俳優としての実力はかなりのもの。ベテラン脇 [全文を読む]

「鬼平犯科帳」が28年の歴史に幕!民放時代劇の火は消えてしまうのか?

アサ芸プラス / 2016年11月10日09時58分

今年の主なところでは、中村梅之助主演で人気を博した『伝七捕物帳』(73~77年、日本テレビ系/79年、テレビ朝日系)の新シリーズが息子の中村梅雀主演で実現しましたし、加藤剛の当たり役『大岡越前』(70~99年・06年、TBS系)は東山紀之主演でリメイクされて3シリーズ放送。来年1月3日には加藤剛がゲスト出演するスペシャルも放送されます。池波正太郎原作・中井 [全文を読む]

フォーカス