二見書房のニュース

バイクの一途な愛!車とH!? 書店員も大興奮!! 角川ルビー文庫初となる乗り物擬人化BL、「ぞっこん」シリーズ2ヶ月連続刊行!!

PR TIMES / 2014年06月25日09時29分

著者は「なんか、淫魔に憑かれちゃったんですけど」(二見書房)「ウサギの国のキュウリ」(二見書房)などの作品で活躍中のルビー文庫初登場作家・松雪奈々。イラストはBL界で話題のイラストレーター・兼守美行が担当。カバーイラストは7月1日刊と8月1日刊の2冊を繋げると1枚のイラストになるスペシャル仕様。 その新感覚な設定と疾走感あふれるストーリー展開に、早くも全 [全文を読む]

10社合同、賞金総額500万円!史上最大級のBL小説新人賞「天下分け目のBL合戦 夏の陣/秋の陣」をエブリスタが開催

PR TIMES / 2017年07月03日10時00分

「秋の陣」に参加する出版社は、角川ルビー文庫編集部(株式会社KADOKAWA)、シャレード編集部(株式会社二見書房)、クロスノベルス編集部(株式会社笠倉出版社)、HOLLY NOVELS編集部(株式会社蒼竜社)、キャラ文庫編集部(徳間書店)の5社です。作品は「子育てもの」「オメガバースもの」など、今のBL小説のトレンドとも言えるジャンルから、「歴史もの」「 [全文を読む]

思わず歓声!東京・羽田でド迫力の「アンダージェット」クルーズを楽しめる航路

サライ.jp / 2017年06月25日19時00分

『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。 [全文を読む]

大型ジェットを真下から!関西屈指のアンダージェットスポットを訪ねてみた

サライ.jp / 2017年06月24日19時00分

『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。 [全文を読む]

【駅物語】北海道随一の美しい木造駅舎!川湯温泉駅(JR釧網本線)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第32回】

サライ.jp / 2017年06月14日19時00分

『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。 [全文を読む]

【駅物語】古き良き山小屋のような終着駅!奥多摩駅(JR青梅線)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第31回】

サライ.jp / 2017年05月31日19時00分

『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。 [全文を読む]

朝日新聞 自社に都合悪い異論を排除するファシズム的紙面

NEWSポストセブン / 2017年05月25日16時00分

著書に『芥川賞の偏差値』(二見書房)など。『聖母のいない国』(河出文庫)でサントリー学芸賞。 ※SAPIO2017年6月号 [全文を読む]

【駅物語】黒い大屋根が風格かもす「奥中山高原駅」(IGRいわて銀河鉄道)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第30回】

サライ.jp / 2017年05月20日17時00分

『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。 [全文を読む]

「取り残される」か「変化」か 牧羊犬としての生き方

ZUU online / 2017年05月06日17時10分

『「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム』(二見書房)の共著者であるデーヴ. グロスマン博士は、戦闘中の戦士の心理について研究している元陸軍士官である。博士は世界の大多数の人を、脅威に気づかずのほほんとし、自分を取り巻く状況を気にも留めずに草を食んでいる羊と比喩的に表現している。だが、割合としてはずっと少ないものの、世の中にはその羊を食い物にするこ [全文を読む]

古き良き山小屋のような静寂の木造駅舎!飛騨小坂駅(JR高山本線)【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第29回】

サライ.jp / 2017年05月04日17時00分

『百駅停車』(新潮社)『絶滅危惧駅舎』(二見書房)『異形のステーション』(交通新聞社)など駅関連の著作多数。 [全文を読む]

フォーカス