親鸞のニュース

浄土宗 浄土真宗が徹底・発展させたとの教科書記述に反論

NEWSポストセブン / 2015年04月15日07時00分

「南無阿弥陀仏」と一心に唱えれば極楽浄土に往生できるという「専修念仏」を説いた浄土宗の宗祖・法然と、その弟子であり、悪人こそ救われる「悪人正機」を説いた浄土真宗の宗祖である親鸞。この師弟の思想を紹介する高校倫理の教科書に「不適切な記述」がある──浄土宗がそう主張し波紋を広げている。 浄土宗が問題視するのは、2人の教えの関係性を説明する記述だ。昨年度に使われ [全文を読む]

西本願寺第25代門主が初の著書を上梓『ありのままに、ひたむきに』を発売親鸞聖人の血脈を継ぐ若き宗門トップが綴る「生きるヒント」

@Press / 2016年09月09日11時00分

若き宗門のリーダーが宗祖・親鸞の教えをもとに「不安な今を生きる」ヒントを平易な言葉で綴ります。■若き宗門トップ・大谷光淳氏 初の著書著者の大谷光淳氏は2014年6月6日、前門主・大谷光真氏の後を受け、浄土真宗本願寺派第25代門主・本願寺住職に就任。本年10月1日からは、法統継承を奉告する伝灯奉告法要を1日1座、80日間にわたってつとめます。本書は、この法要 [全文を読む]

齋藤 孝氏、小島 慶子氏、登壇 親鸞フォーラム「社会×共育×仏教」を3月19日に開催

@Press / 2017年02月17日10時30分

真宗大谷派(東本願寺)真宗会館(所在地:東京都練馬区)は、自己と他者のつながりや関係性が希薄しつつある現代社会を改めて問い返し、共に育ち、育まれていくことについて考える、第12回親鸞フォーラム『社会×共育×仏教―育つ力、育む力―』を、2017年3月19日(日)に丸ビルホール&コンファレンススクエア(東京都千代田区)で開催いたします。■親鸞フォーラムについて [全文を読む]

『シリーズ〈本と日本史〉(3) 中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』』(大隅和雄著/集英社新書)が1月17日に発売!

DreamNews / 2017年01月13日17時00分

第三巻である本書は親鸞上人の手紙や『平家物語』などの、中世の「声の記録」を扱う。まだ大多数の民衆が文字を知らなかった中世では、「声」によって伝えられる文化・思想が花開いていた。今まで注目されてこなかった「声」というキーワードから時代を読み解く、画期的入門書。『シリーズ〈本と日本史〉(3) 中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』』著者 大隅和雄(おおすみ [全文を読む]

なぜ、古典を読んでも人間力が身につかないのか

Forbes JAPAN / 2016年06月26日10時00分

親鸞の思想を学ぶとき、多くの人が、この書から入っていく。しかし、これは、親鸞の書いた書ではない。それは、師である親鸞に付き従いながら、親鸞の思想を体得しようと修行を続けた弟子、唯円(ゆいえん)の書いたもの。同様に、例えば、『正法眼蔵随聞記』という古典。道元の思想を学ぶとき、多くの人が、この書から入っていく。しかし、これもまた、道元の書いた書ではない。それは [全文を読む]

せめて来世で幸せに。なぜ浄土宗は庶民に爆発的に広がったのか

まぐまぐニュース! / 2017年04月12日22時34分

浄土真宗の開祖・親鸞(しんらん)は法然の弟子です。親鸞は、ダメな人間も罪を犯す悪人も阿弥陀様は救いの手を差し伸べて極楽に迎えてくれると説きました。妻帯も肉食も認め、自らもそのような生活を送った親鸞の思想は権力者を脅かすほど当時は過激な思想でした。 しかし、この二人が打ち立てた思想によって、仏教はそれまで貴族だけのものだったのが完全に民衆のものになっていきま [全文を読む]

「存在すること自体の罪」を自覚せよ

NHKテキストビュー / 2017年03月08日00時00分

私は、この立場は親鸞に非常に近いと思います。親鸞がいう「悪人正機(あくにんしょうき)」とは、まさにsinの問題です。よく知られている「善人なほもつて往生をとぐ。いはんや悪人をや(善人さえ往生する。ましてや悪人が往生しないわけがあろうか)」とは、悪人ほど往生するという意味ではありません。人間はみな悪人である、なぜなら常に何者かの命を奪って生きているのだから。 [全文を読む]

格差を生み出す人間の深い闇と、心の拠り所を考える親鸞フォーラム「格差社会×仏教」を6月19日に開催

@Press / 2016年04月20日10時00分

真宗大谷派(東本願寺)真宗会館(所在地:東京都練馬区)は、格差を生み出す人間の深い闇と、人間が本当に安心できる確かな依りどころについて考える、第11回親鸞フォーラム『格差社会×仏教 ―人間の闇と希望―』を、2016年6月19日(日)にJPタワーホール&カンファレンス(東京都千代田区)で開催いたします。 URL: http://shinshu-kaikan. [全文を読む]

2015年11月27・28日、浄土真宗最大級イベント『御正忌報恩講』今年も開催 在家から出家して僧侶となった40人が本山に出仕 東本願寺にのみ口伝で伝わる「坂東曲(ばんどうぶし)」を披露 イベントを通じて、日本の伝統、仏教のある生活の継承を実現

@Press / 2015年11月16日11時30分

報恩講とは、浄土真宗でのみ勤まる年中行事で、浄土真宗の門信徒にとって一年の中で最も大切な法会とされており、浄土真宗の御開山親鸞聖人の御祥月命日に勤められる法要です。毎年11月28日に勤まるのは本山のみで、約2時間以上にわたる法要には、創建1220年の歴史深い「市比賣神社」の雅楽会による演奏が行われ、口伝の声明(しょうみょう)と雅楽の音色がコラボレーションい [全文を読む]

「漫画家のレベルを超えてるよ」京都・東本願寺で井上雄彦の親鸞屏風絵を3日間限定展示

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月01日09時00分

今回展示されるのは宗祖・親鸞(しんらん)の屏風絵。これは2011年に親鸞の七百五十回御遠忌を記念する現代アート事業として依頼を受け、描かれたもの。大きな屏風に書ける喜びから筆をとり作品作りに取り組むも、プレッシャーなどで筆が止まることもしばしばあったという。しかし「ここで止まっちゃダメだ、一人の人間を描くのだ」と気持ちを切り替えて描き続け、震災の前日、3 [全文を読む]

聖徳太子が建てた華道の聖地。京都のおへそ「六角堂」を往く

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日23時06分

鎌倉時代、浄土真宗の開祖、親鸞(しんらん)は六角堂で百日間籠(こも)るという修行を行ったことで有名です。親鸞は修行中に聖徳太子の夢を見て、浄土宗の開祖・法然に帰依するようになったと伝えられています。 室町時代になると六角堂は町人が集まる集会所のような憩いの場となりました。江戸時代には、観音霊場の場として日本全国の庶民の信仰を集め、周辺には門前町が形成され [全文を読む]

【動画あり】『ニコニコ生放送』でも「南無阿弥陀仏」を合掌! 福井・照恩寺「テクノ法要」レポート

ガジェット通信 / 2017年05月12日21時00分

正信偈のことを「作詞・親鸞聖人、作曲・蓮如上人とクレジットされています。私はそこに(テクノを)マッシュアップしました」という朝倉住職。「1000年前は極楽浄土を現すために金箔で彩ってロウソクの光を灯していました。でも今は電気があると気づいてしまったんです」と話し、「テクノ法要」についても「これで完成というものはありません。目で見えている字が黒だとしても、 [全文を読む]

京都・本願寺にて大谷光暢回顧展を4月7日~13日に開催 60年以上前に録音された法主主宰コーラスを公開!ワイヤーレコーダー試聴や江戸時代から伝わる雛人形の展示も

@Press / 2017年04月05日11時30分

■本願寺(京都市右京区)のご案内宗派:浄土真宗(本山)住所:京都市右京区嵯峨鳥居本北代町21電話:075-882-6262住職:東本願寺大谷家当主 大谷 光道(おおたにこうどう) 宗祖・親鸞聖人の血脈(※2)を今に伝える法主(※3)活動:報恩講等の宗教行事のほか、お月見コンサートや 寺宝の展示なども行っています。 宗旨を問わず、どなたでもお参りいただけるお [全文を読む]

京都学園大学 人文学部講演会「文学・歴史にみる生と死」を開催します

PR TIMES / 2016年09月13日15時34分

『日本中世の社会と仏教』(塙書房)、『親鸞とその時代』(法藏館)、『歴史のなかに見る親鸞』(法藏館)など。 ●会場 京都学園大学 京都太秦キャンパス みらいホール(北館3F) ※アクセス:http://www.kyotogakuen.ac.jp/outline/campus/uzumasa/ ※京都太秦キャンパスには駐車場はありません。公共交通機関をご利用 [全文を読む]

本堂がダンスフロアに!? お経をテクノに乗せるDJ住職現る

FUTURUS / 2016年08月10日10時00分

本来のターゲットであった若者だけではなく、地域のお年寄りや子どもたちにも受け入れられた、その法要(と書いてパーティと読みたい)の全貌とはどのようなものだったのだろう? ■ テクノ音楽法要!? お寺の本堂がアゲアゲなダンスフロアに [youtube https://www.youtube.com/watch?v=_ahZDHqTtXQ]流れているのは、浄土真 [全文を読む]

お坊さんってやっぱりモテるのか聞いてみた!

マイナビ進学U17 / 2015年11月24日12時02分

「浄土真宗は、鎌倉時代の親鸞(しんらん)聖人を宗祖としていますが、他の宗派と大きく異なっている点は、最初から僧侶の妻帯と肉食(にくじき)が許されていたことです。親鸞聖人も妻帯者でしたしね。ほかの宗派では、出家した僧侶は結婚できませんでしたが、明治時代以降は、どの宗派の僧侶でも結婚が可能となりました」ちなみに、修業中はどうなっているのでしょうか。「浄土真宗本 [全文を読む]

相次ぐ災害に「大仏建立を!」の声が…そんな簡単に大仏って造れるの?

週プレNEWS / 2015年10月27日06時00分

開祖の親鸞聖人はここ茨城県(常陸国)で20年にわたり根本経典『教行信証』を書かれました。茨城県で浄土真宗が産声をあげたといっても過言ではないくらい、親鸞聖人ゆかりの地であるのです」 では、この120mの超巨大な大仏さまを造るのにどれほどのお金がかかったのだろうか? 「申し訳ございませんが、大仏さまは造られたものではなく、顕(あらわ)れてくださったものなので [全文を読む]

「AKB48に親鸞を見た……」 仏教系アイドル・NUM-NUM GIRLS、アイドル戦国時代に“ナムアミダブツ”を唱える!?

おたぽる / 2015年09月28日16時00分

新たなアイドルが産声を上げたのは、浄土真宗の宗祖とされる親鸞の教えを基本理念とする、大分県の東九州龍谷(りゅうこく)高等学校(以下、龍谷高)。充実した学校生活が送れるよう“一人一部活”を合言葉にする同校は、運動部・文化部・同好会含め40の部活動を有する。また年間行事も豊富で、体育祭や文化祭はもとより、クラスマッチ・映画鑑賞、花まつり・降誕会、福沢弁論大会 [全文を読む]

織田信長は「神を冒涜する悪魔」だった?キリスト教を利用し兵器生産

Business Journal / 2015年09月11日06時00分

本願寺は、親鸞を開祖とする、一向宗と呼ばれていた浄土真宗の本山だ。本願寺の勢力は、各地の寺院を中心にして、「守護不入」といわれる世俗権力の介入を排除する、独自の「寺内町(じないまち)」を形成していた。いわゆる寺内特権といわれるものである。 寺内町の多くは河川や港湾に面しており、租税や労役などの課税をかけられていなかった。さらに、流通機構を一手に引き受けて [全文を読む]

成安造形大学 附属近江学研究所 公開講座100回記念特別講演 作家 五木寛之氏「双面の人 蓮如」4月25日に開催

@Press / 2015年03月25日10時00分

2010年、NHK放送文化賞、長編小説『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞。 1981年より休筆、京都の龍谷大学において仏教史を学ぶが、1985年より執筆を再開し、泉鏡花文学賞、吉川英治文学賞、その他の選考委員をつとめる。最近作に講談社『親鸞 完結篇』がある。 【成安造形大学 附属近江学研究所について】 成安造形大学 付属近江学研究所では、滋賀県固有の文 [全文を読む]

フォーカス