有志連合のニュース

モスル空爆で多数の民間人が殺された責任は誰にある?

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月06日10時30分

米軍が唱えるISIS真犯人説はどこまで本当か>昨年10月以来、テロ組織ISIS(自称イスラム国)のイラク最後の拠点となった北部モスルの奪還作戦を進めている米軍主導の有志連合とイラク軍。ISISを確実に掃討する一方で、今なおISISの支配下にある同市西部ジャディダ地区で3月半ば、空爆により民間人100人以上が死亡したと伝えられている。有志連合とイラク軍はモス [全文を読む]

【マップ】ISIS掃討作戦、ファルージャ奪還後の攻略目標

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月29日16時30分

<米軍主導の有志連合から援護を受け、イラク治安部隊がついに西部の都市ファルージャをISISから奪い返した。残るはシリアのマンビジ、ラッカ、そしてISIS指導者が潜むとされるイラクのモスル。勢いの衰えるISISを追い詰めることができるか> (ファルージャ市内で奪還を喜ぶイラク兵、6月27日) イラク西部の都市ファルージャに再び、イラク国旗がはためいた。同国治 [全文を読む]

イエメン:北部の病院から撤退――サウジ主導の有志連合による無差別爆撃を受け

PR TIMES / 2016年08月19日14時28分

サウジアラビア主導の有志連合は8月7日、クウェートでの武装勢力「フーシ派」との和平協議が中断して以降、イエメン北部の激しい軍事行動を再開している。[画像1: http://prtimes.jp/i/4782/344/resize/d4782-344-432856-1.jpg ]スタッフ退避は苦渋の決断MSFはイエメンの人びとへの人道・医療援助を維持し、病院 [全文を読む]

米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者」に

ニューズウィーク日本版 / 2017年06月28日17時20分

「暴挙」とは、ラッカ市一帯に対する有志連合の「非道」な空爆のことではない。英国を拠点とする反体制組織のシリア人権監視団によると、米国主導の有志連合が2017年4月23日から6月23日にかけてシリアで行った空爆で、民間人697人が死亡したという。有志連合が空爆を開始した2014年半ば以降、犠牲となった民間人は1,954人にのぼるとされるが、その36%がこの2 [全文を読む]

欧米で報道されない「シリア空爆」に、アメリカの思惑が見える

ニューズウィーク日本版 / 2017年05月24日19時00分

欧米諸国や日本のメディアが取り上げない軍事攻撃のなかにこそ、「シリア内戦」をめぐる米国の思惑が見え隠れする――ヒムス県南東部のタンフ国境通行所に向け進軍するシリア軍と親政権武装勢力に対して有志連合が5月18日に行った空爆は、そのことを如述に示す出来事だった。地図:シリア国内の勢力図(2017年5月23日現在)出所:筆者作成米国がアサド政権に行った4度の攻撃 [全文を読む]

安倍政権が舵を切る自衛隊の海外派遣、後方支援どころか戦闘も?

週プレNEWS / 2015年04月16日06時00分

対ISとしては、米国タンパにある米中央軍司令部の中に「有志連合」の事務局がある。日本も参加しているが、今のところ軍事的な後方支援や攻撃には加わっていない。 Q)自衛隊のどんな部隊が出動するのか? A)あらゆる部隊に可能性はある。 「主要部隊は、最新鋭の普通科部隊や特戦群、空挺レンジャーでしょう。それに伴いヘリ部隊が出ることになります。空自の輸送部隊も忙し [全文を読む]

パイロットも殺害していた「イスラム国」の非道

ニューズウィーク日本版 / 2015年02月04日15時18分

カサスベは昨年12月、ISISに対抗するアメリカ主導の「有志連合」の空爆作戦に参加中、搭乗していたジェット戦闘機が墜落して拘束されていた。 ヨルダン政府はカサスベの死亡を確認。しかも軍によると、ISISがカサスベを殺害したのは約1カ月前の先月3日だったという(根拠は不明)。先月末以降、ヨルダン政府は収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放と引き換えに、カサス [全文を読む]

【イスラム国(IS)】トランプ氏がモスル解放で祝意 「文明人の敵に対する勝利」

産経ニュース / 2017年07月11日08時19分

IS掃討作戦を実施している米軍主導の有志連合としてイラク軍を支え、「ISの完全な壊滅を目指す」と強調した。 ティラーソン米国務長官も10日、「世界的なISとの戦いにとり極めて重要な節目だ」とする声明を発表。有志連合として国連と緊密に連携して避難民の帰還などでイラクに協力し、「モスル一帯の解放地域を安定化させる」とした。 有志連合を率いる米軍のタウンゼンド中 [全文を読む]

ISISの最大拠点モスル、米軍の空爆で民間人の犠牲増?

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月28日17時40分

<多数の民間人が犠牲になっても、米軍は民間人を巻き添えにするISIS掃討作戦を続けるつもりだ>3月半ばから2週間でイラク北部モスルとシリアで市民100人以上が死亡したとみられる空爆について、米軍主導の有志連合が事実関係を明らかにするため複数の調査に着手している。今はテロ組織ISIS(自称イスラム国)からのモスル奪還に向けて有志連合が空爆を強化し、アメリカが [全文を読む]

モスル西部奪回作戦、イラク軍は地獄の市街戦へ

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月02日11時00分

米軍主導の有志連合当局者によると、戦闘初日にかなりの成果を上げたもようだ。イラク軍と警察部隊は3方面からISISを同時攻撃。米軍の訓練を受けた対テロ精鋭部隊は、重武装の第14師団と連携して西側から進攻した。警察部隊は日没までに南部の空港を制圧(トップの写真)。米仏両国は空爆で作戦を支援した。首都バグダッドでのテロ続発や汚職問題で反対派から非難されているアバ [全文を読む]

フォーカス