銃撃のニュース

深まるテロ首謀者の謎…新聞各紙による「事件分析」を徹底比較

まぐまぐニュース! / 2015年11月19日19時30分

パリ近郊で多発テロの容疑者と警官隊の銃撃戦が起こるなど、揺れに揺れるフランス。新聞はテロの全体像をどのように捉え、何を報道したのでしょうか。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』では各紙の分析を解説しています。(この記事は11月19日朝刊をもとに書かれています) 各紙はテロ事件の全体像に係わって、何を伝えたか ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…「テ [全文を読む]

【速報】パリで銃撃戦!「爆発音」も聞いたとの声も!

秒刊SUNDAY / 2015年11月18日15時47分

パリ北部サンドニ地区で現在、警察の特殊部隊が同時多発攻撃の容疑者を捜査中、発砲事件が発生、銃撃戦となったようだ。また不小社も居るということで、同時多発テロ事件以降、パリは再び緊迫した空気に包まれている。【速報 JUST IN 】パリ近郊で激しい銃撃戦 https://t.co/rquacANj6G #nhk_news— NHKニュース (@nhk_news [全文を読む]

スナップチャットは米ダラス銃撃事件をどう伝えたか

Forbes JAPAN / 2016年07月11日11時00分

テキサス州ダラスでは銃撃戦が発生し、容疑者が銃を撃つ場面の動画が警告付きで流れた。この銃撃戦で5人の警官が命を落とし、7人が負傷した。犠牲になった警察官の数としては、2001年9月11日に起きた同時多発テロ以来の規模だ。「全米で警官に対するデモ(Police Protests Erupt Nationwide)」と題されたストーリーには各地のデモの写真や動 [全文を読む]

あなたも知っておいた方がいい、旅行中テロに遭ったときの対処法

TABIZINE / 2016年08月07日07時30分

銃撃事件や誘拐、テロによる爆破などのニュースが世界中から聞こえてきます。 今後は大使館や公的な施設だけでなく、ソフトターゲットと呼ばれる一般の施設、例えばレストランやホテルのロビー、劇場などがテロの主な標的になっていくともいわれています。 「安全」と思われている国に行くだけでなく、国内旅行であっても自分の身を守るスキルを身につける必要があるかもしれません。 [全文を読む]

年々増えるアメリカの学校内での銃乱射事件 子供たちが身を守る防弾毛布が登場

AOLニュース / 2016年01月04日18時00分

現在、銃規制に関する問題を抱える国に住み子供を危険から守る手段として市場での需要はあり、ProTecht社は「セキュリティーを高めていてもアメリカ国内の学校での銃撃事件は年々増えています、2012年のコネチカットのサンディーフック小学校の悲劇は、我々に全ての子どもたちがリスクに晒されていることを警告しました。2014年2月12日までに44の学校銃撃事件がこ [全文を読む]

【ドキュメント】週末のパリを襲った、無差別テロ同時攻撃

ニューズウィーク日本版 / 2015年11月16日16時20分

先週末のパリ同時テロでは、サッカースタジアム、コンサート会場、それに繁華街のカフェやレストランが次々に銃撃、自爆テロの攻撃を受けた。これまでに少なくとも129人が死亡、負傷者は300人以上にのぼり、このうち100人は重篤な状態にあるという。 パリでは今年1月に風刺漫画週刊誌シャルリ・エブドの編集部が襲撃されたばかりだが、今回は繁華街で週末の時間を楽しんでい [全文を読む]

米国で銃撃事件 ラマダン中、軍施設、アラー崇拝…イスラム国シンパによる犯行か!?

NewSphere / 2015年07月18日17時45分

アメリカ・テネシー州の2ヶ所の軍施設が16日、1人の男に銃撃され、海兵隊員4人が死亡、警官と海軍の兵士ら3人が負傷した。男は銃撃戦の末に死亡した。捜査当局は容疑者の身元を、米国籍でクゥエート出身のムハマド・ユセフ・アブドゥルアジズ(24)と特定した。同容疑者と「イスラム国」などイスラム過激派グループとのつながりの有無は判明していないが、テロの可能性も視野に [全文を読む]

世界の終わりに備える「プレッパー」たちに変化が

GIZMODO / 2017年06月10日13時21分

終末後の快適な暮らしを提案する200近い販売ブースのかたわらには、サバイバル講習会が行われていたり、バーチャル銃撃戦や「ハリケーン・ハウス・シミュレーター」など災害体験スポットも。そこでは、世界の終わりを楽しく疑似体験していたそうですよ。 …ん、楽しく? 米ギズモードのライター、Peter Ruggの体験レポートによると、「PrepperCon」はサバイ [全文を読む]

香港で暴れ回った最凶のギャング 服役中にがんで死亡

NEWSポストセブン / 2017年04月23日07時00分

1980年代から1990年代にかけて、香港の繁華街でAK47機関銃を乱射しながら、銀行や貴金属店を襲撃し、警官隊との銃撃戦で多数の死傷者を出すなど、「香港史上最も凶悪なギャング」といわれた服役囚、葉継歓が4月19日未明、がんのため、香港の病院で死亡した。香港人ならば、葉のことを知らない人はいないほど有名なギャングだった。享年55。 葉を主人公にしたギャング [全文を読む]

トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポを忘れるな」と叫ぶ

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月20日13時30分

<12月19日にトルコの首都アンカラで駐トルコ・ロシア大使をが写真展の開会の辞を述べる際に、警護のために会場にいた警察官に背後から銃撃され死亡した。>【閲覧注意】こちらの記事には、銃撃で死亡した人物の写真・動画が掲載されています。事件の概要 12月19日にトルコの首都アンカラで駐トルコ・ロシア大使を務めていたアンドレイ・カルロフ(Andrey Karlov [全文を読む]

フォーカス