森福允彦のニュース

【プロ野球】巨人入りを決めた山口俊と森福允彦が揃って記者会見! 投手陣の底上げなるか!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月12日16時05分

■実績のある先発と中継ぎが加入 FA宣言し、巨人入りを決めた山口俊と森福允彦が、5日、都内のホテルで揃って入団会見を行った。 山口は会見で「先発でマウンドに上がる以上、1試合でも多く完投、貯金ができるように精一杯頑張っていきます」と決意を表明。 森福も「巨人軍の森福允彦として、これから成長と挑戦をしっかりやっていこうと思います」と思いを語った。 ※野球の見 [全文を読む]

阪神・メッセンジャー、巨人・森福、楽天・クルーズらが抹消 11日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年08月11日17時15分

そのほか、巨人は森福允彦、楽天はクルーズを抹消した。 <8月11日の公示情報> ※再登録=8月21日以降 ■ 東北楽天ゴールデンイーグルス -登録- 94 宋家豪 / 投手 55 西田哲朗 / 内野手 =抹消= 45 菅原秀 / 投手 67 クルーズ / 内野手 ■ 広島東洋カープ -登録- 11 福井優也 / 投手 40 磯村嘉孝 / 捕手 =抹消= [全文を読む]

いよいよ後半戦!真価が問われる“FA戦士”たち

ベースボールキング / 2017年07月17日11時45分

山口俊、森福允彦、陽岱鋼という3名の選手を一気に獲得。FAで一度に3選手を獲得するというのはプロ野球史上初のことであった。 昨季は広島の快進撃を止めることができず、2位に終わったチーム。今年こそ広島を止めるべく大型補強に乗り出したわけだが、なかなかそうはうまくいかない。 【巨人・FA組の成績】 <投手> 森福允彦 26試(19.2回) 1勝3敗4ホールド [全文を読む]

巨人・森福、ヤクルト・オーレンドルフが二軍降格 24日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月24日15時09分

◆ FA移籍の森福は結果が残せず 巨人は24日、森福允彦の一軍登録を抹消した。 昨オフ、ソフトバンクからFAで移籍した森福。ここまで7試合に登板し、0勝2敗、防御率5.40と結果が残せず。二軍調整を強いられることとなった。 また、ヤクルトの新助っ人・オーレンドルフの二軍降格が決まった。23日の広島戦で先発した助っ人右腕は、2回3失点で降板。ここまで4試合に [全文を読む]

糸井が最後の砦…? FA組の苦闘

ベースボールキング / 2017年04月24日12時00分

FA史上では山口俊、森福允彦、陽岱鋼と一気に3名の選手を獲得。これはプロ野球史上でも初めてのことであった。 ところが、フタを開けてみると山口は肩の不安から春のキャンプ三軍スタートとなると、その後も状態は上がる兆しを見せず。現在はブルペンでの調整を続け、実戦登板の機会を伺っているという状態だ。 陽岱鋼も大きな期待を受けて入団したが、キャンプ中に下半身の不調 [全文を読む]

【プロ野球】金満球団のたわむれと言うなかれ。的を射た補強で盤石!? 「由伸巨人」の2シーズン目を占う

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日16時05分

森福允彦が変える巨人のブルペン 続いては日米から投手を補強した中継ぎ陣の検証に移ろう。 今季の巨人のチーム防御率は3.45。これを先発陣と救援陣に分けると、先発陣の防御率3.37に対し、救援陣は防御率3.63とやや落ち込んでいる。 わずかな差だが、セ・リーグの他球団を見るといずれも「先発陣の防御率<救援陣の防御率」という数字になっているので、救援陣は、 [全文を読む]

数多くのプロ野球選手登場曲を手がけるビーグルクルー 5枚目となる応援歌アルバム《Crewsing3》の発売が、2016.7.13に決定

DreamNews / 2016年06月07日11時00分

ビーグルクルー 5枚目となる応援歌アルバム《Crewsing3》の発売が決定・日本ハムファイターズ 中田翔選手オリジナル登場曲でおなじみ、YouTubeでは120万再生、高校生で話題沸騰中の「My HERO」・福岡ソフトバンクホークス 松田宣浩選手のオリジナル登場曲で、福岡のピザチェーン店ピザクックのCMソングでもある「熱男~too Match~」・千葉 [全文を読む]

セ・リーグ4球団「CS争奪」ベンチ裏バトル(1)CSに進出しても巨人・高橋監督は前途多難?

アサ芸プラス / 2017年09月19日17時56分

まして今季のように、森福允彦(31)、吉川光夫(29)、そして山口俊(30)といったやみくもな補強をしてもアテにはならない。 高橋監督はたとえCS進出にこぎつけたとしても、悩みの種は尽きないのだ。 [全文を読む]

躍動するルーキー “ドラ9”からの下克上・高梨雄平

ベースボールキング / 2017年07月27日11時00分

実際のところ、高梨も宮西や森福允彦(巨人)の投球を研究して現在のフォームにたどり着いたという。昨年11月の新入団選手発表会見では、「少数派の男になりたい」と発言。社会人からドラフト9位でプロに滑り込んだ男らしい、自身の特性を最大限に生かそうとする姿勢が垣間見える。 宮西を意識してか、「故障しないで50試合、60試合投げたい」とも語っている高梨。ルーキーイ [全文を読む]

「号泣謝罪会見」必須!? 飲酒・暴行騒動の巨人・山口俊投手は、今後はどうなるのか

日刊サイゾー / 2017年07月20日00時00分

もしそうなれば、巨人は今回の問題をどう終わらせるのか? 「巨人は今シーズン、山口のほか、北海道日本ハムから陽岱鋼を、福岡ソフトバンクから森福允彦をFAで獲得しましたが、3人とも満足のいく成績を残していません。そんな今、山口をクビにすると、ファンの怒りが山口から球団全体に向かいかねません。だから『示談→謹慎』という形が巨人にとってはベストでしょう。何せ今季の [全文を読む]

ソフトバンクに現れた21歳の新星

ベースボールキング / 2017年07月10日17時00分

昨オフ、FAで森福允彦で退団。現在一軍にいる左腕は、モイネロを除くと先発も含めて嘉弥真新也ただ一人となっているような状況。その嘉弥真が好投を続けているとは言え、終盤の競った展開で“左殺し”のスペシャリストがいるのといないのでは安心感が違ってくる。 そこで、彗星のごとく現れたのがモイネロだった。順調に行けば夏場に支配下を、という目論見は良い意味で裏切られ、 [全文を読む]

大田泰示もロペスも「出てよかった」!? 次に、巨人を辞めて活躍するのは誰だ

日刊サイゾー / 2017年07月08日19時00分

「現在巨人には、他球団からFAで加入した選手が、“出戻り”の脇谷亮太を含めて9人おり(脇谷のほか、大竹寛、杉内俊哉、村田修一、片岡治大、相川亮二、陽岱鋼、山口俊、森福允彦)、さらに昨年はロッテからクルーズを、今季は元・楽天のマギーを獲得しています。FAで取ってくる選手というは、そのままレギュラーで試合に出るクラスの選手たち。FAで取った選手と、大金をかけて [全文を読む]

巨人・山口へのブーイングに「泣いてしまった」 DeNAファンから飛ぶ「怨嗟」

J-CASTトレンド / 2017年07月03日18時26分

日本ハムの陽岱鋼やソフトバンクの森福允彦、元楽天のマギーなどだ。 彼らが交流戦で古巣と対峙する際、かつてのファンから声援こそあれど、目立ったブーイングは見られなかった。 ところが、今回の試合は違った。東京ドームにDeNAファンのブーイングがこだました。 試合後のツイッターでも、 「山口俊に対してのレフトスタンドからブーイングの嵐がおもしろすぎてひたすら笑っ [全文を読む]

広島独走、巨人低迷のセ・リーグ 中継ぎの好不調が順位直結

NEWSポストセブン / 2017年06月30日16時00分

FAで中継ぎの森福允彦をソフトバンクから補強しましたが、2011年以降の6年で5年間も50登板以上をしているわけですから、今年思うように働けないのは予想できたことかもしれません」 抑えのカミネロは期待通りの活躍をしているものの、池田駿や篠原慎平、桜井俊貴といった若手の中継ぎ陣は信頼を得るに至っていない。これが、現在の巨人の低迷に繋がっているのではないか。 [全文を読む]

『21連敗』を止めた巨人…逆襲に不可欠な“ブルペンの粘り”

ベースボールキング / 2017年06月29日14時00分

【巨人・ブルペン陣】<一軍>マシソン 29試 2勝0敗 防1.85 ☆16ホールド・1セーブカミネロ 25試 0勝2敗 防1.61 ☆2ホールド・15セーブ森福允彦 21試 1勝3敗 防3.86 ☆4ホールド桜井俊貴 12試 0勝1敗 防4.02西村健太朗 10試 0勝0敗 防0.79 ☆1ホールド [全文を読む]

【プロ野球】岡田明丈ら若手先発陣が芽吹く広島が快走。先発ローテーションとチーム順位の関係。セ・リーグ編

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日16時05分

投手陣では山口俊、森福允彦、吉川光夫、カミネロらが加わり、野手陣では陽岱鋼、マギー、石川慎吾が新加入。開幕前は独走を予想する評論家も少なくなかった。 しかし、広島、阪神についていくことができず下位に甘んじている。 先発投手陣では菅野智之が開幕から好投を見せ、3試合連続完封勝利。田口麗斗、マイコラスも結果を残しているものの、チームは低調な打線に足を引っ張られ [全文を読む]

巨人、20年前の「悪夢」再び!?【二宮清純のスポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年06月26日16時35分

山口俊、陽岱鋼、森福允彦。FA選手を3人も獲得したのはNPB史上初めてのこと。外国人はケーシー・マギーとアルキメデス・カミネロ。こうした顔触れを見て、開幕前、ほとんどの解説者が優勝候補の筆頭に巨人を推した。 ところが、である。現時点で年俸分の活躍をしているのはマギーとカミネロくらいのものか。20年前の1997年を思い出す。前年オフの補強の目玉はFA権を行使 [全文を読む]

『3人の涙』は低迷する巨人を変えるか

ベースボールキング / 2017年06月21日14時00分

チームが不振に苦しむ中、戦力となれなかった山口と陽岱鋼、森福允彦の“FAトリオ”は度々その元凶として槍玉に挙げられ、言い返すことができない悔しさ、不甲斐なさは凄まじいものがあったことだろう。 迎えた6月14日、2カ月半遅れの開幕戦でFA右腕が躍動。6回まで強力ソフトバンク打線を無安打に封じ、後ろへバトンを繋ぐ。すると受け継いだスコット・マシソンが2回を無安 [全文を読む]

前田氏、巨人投手陣を言及「7回に投げる男を探せ!」

ベースボールキング / 2017年06月20日19時35分

巨人のリリーフ陣をみると、ソフトバンクからFAで加入した森福允彦、先発から中継ぎに配置転換となった吉川光夫、2年目の桜井俊貴などが控えている。彼らの中から勝ちパターンに割って入る投手がでてくれば、層が厚くなっていきそうだ。 (ニッポン放送ショウアップナイター) [全文を読む]

山口俊は巨人の救世主になるか…

ベースボールキング / 2017年06月19日17時00分

一緒にやってきた陽岱鋼も同じく開幕に間に合わず、森福允彦も本来の実力を発揮できなかったこともあって、チームの不振の元凶として指摘されることも少なくなかったFAトリオ。しかし、ここに来てようやくその3人が揃うと、チームは以降の5試合を4勝1敗で乗り切り、一時は連敗を球団ワースト記録の「13」まで伸ばすなど、まさに地獄を見た交流戦を良い形で締めくくった。 ◆ [全文を読む]

フォーカス