森繁和のニュース

文春野球「コミッショナーだより」6月号

文春オンライン / 2017年07月05日11時00分

1 読売巨人軍(プロ野球死亡遊戯) 4勝0敗 5,611 HIT 2 横浜DeNA (西澤千央) 2勝0敗 1,384 HIT 3 中日 (竹内茂喜) 1勝0敗 355 HIT 4 東京ヤクルト (長谷川晶一) 1勝0敗 283 HIT 5 広島東洋 (大井智保子) 1勝0敗 175 HIT 6 東北楽天(かみじょうたけし) 1勝1敗 1,019 HIT [全文を読む]

【プロ野球】ドラフトが終わった今こそ読みたい! 『プロ野球のすべてを知っていた男 根本陸夫伝』

デイリーニュースオンライン / 2016年10月24日17時05分

来季の西武新監督に就任した辻発彦と、代行から正式に監督に就任した中日の森繁和。この二人の新監督もまた、根本が発掘・育成にかかわった人物だ。 ほかにも、侍ジャパンの小久保裕紀監督。各チームのコーチ陣まで含めると、今のプロ野球界において根本人脈のいないチームを探す方が難しい、といわれる。本書は、そんな「根本遺産」ともいえる野球人たちが根本について証言していく [全文を読む]

中日・森監督の「酒癖チェック」 山口俊の暴行トラブルで注目集める

J-CASTニュース / 2017年07月19日14時27分

プロ野球の巨人・山口俊投手(30)が東京都内の病院で酒に酔って男性警備員にけがを負わせたとされる問題で、中日の森繁和監督(62)が注目を浴びている。山口は2016年のオフ、国内フリーエージェント権(FA)を行使し、中日からの誘いを断って巨人に入団。そんな因縁のある森監督が、選手を獲得する際の「酒癖チェック」について、偶然にもスポーツ紙のインタビューで語って [全文を読む]

【西武】見た目から誤解を招きやすい森繁和監督の素顔とは?

文春オンライン / 2017年06月18日11時00分

そして、ある記者から「リーダーシップも人望もある森繁和さんがいいと思います」の声が上がり、私も同意しました。 その後、いろいろ意見を聞きながらも最終的に「伊原(春樹)で行こうかと思ってる」と堤オーナー。それについての反対意見はなく、つまり、球団としては伊原春樹監督で決めておいて、メディアの反応を確かめたかった会合だったのです。少し手順が違っていたら、02年 [全文を読む]

【中日】二代目“球界の寝業師”・森繁和監督はドラゴンズを変える

文春オンライン / 2017年06月18日11時00分

心踊り潤う森繁和語録 今年開幕直前にぴあ株式会社から出版された球団承認のファンムック「ドラゴンズぴあ2017」。デザインといい内容といい、長年公式ファンブックに物足りなさをを感じていたドラファンから万雷の拍手で迎えられた応援本である。ドラゴンズ愛で綴られた全80ページ。その中に心が躍り潤うページがある。 森語録 森繁和監督が新聞、本等で語った17の言葉。ド [全文を読む]

プロ野球開幕!今までになかったドラゴンズ本「DRAGONSぴあ 2017」が発売中

PR TIMES / 2017年04月01日11時10分

特別企画として実現した森繁和新監督と名古屋市長・河村たかし氏の対談では、熱烈なドラファンである河村市長が本音トークで森監督に迫る。他にも、読み応えのある記事が満載。そして巻末では、本拠地・ナゴヤドームの20周年を記念してナゴヤドーム特集を実施。誕生秘話から知っておくと面白いうんちくネタまで、これまで知ることがなかった新たなドームの魅力が詰まっている。 い [全文を読む]

【書評】オレ流・落合を完全サポート。森繁和に学ぶ二番手の品格

まぐまぐニュース! / 2017年02月08日15時00分

そんな落合氏をナンバー2として支え続けたのが、今季から同球団の監督を務める森繁和氏です。無料メルマガ『ビジネス発想源』ではそんな森氏が「ナンバー2の持つべき意識」を綴った一冊が紹介されています。 トップとナンバー2 最近読んだ本の内容からの話。 1988年まで西武ライオンズの投手として活躍した森繁和氏は、翌年からライオンズ、その後大島康徳監督時代の日本ハム [全文を読む]

巨人はFA選手に総アタック? プロ野球「戦力補強」覆面座談会

日刊大衆 / 2016年10月24日12時00分

C 中日はどうなんです? 森繁和監督(61)が就任したけど、辞めた谷繁元信前監督(45)より監督代行の森さんのときのほうが成績は悪くて、小笠原道大二軍監督(42)の昇格が濃厚といわれましたが。A あのチームだけは分かんないねえ。あの成績なら普通、落合博満GM(62)がクビになってしかるべきだと思うんだけど、ちゃっかり延命。唯一の後ろ盾である白井文吾オーナー [全文を読む]

【プロ野球】【あの監督は高い? 安い?】プロ野球12球団“監督”年俸ランキング

デイリーニュースオンライン / 2016年10月08日17時05分

(年俸は推定、中日・森繁和監督代行は詳細不明) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■監督年俸ランキング2016 【1位】 1億2000万円 金本知憲監督(阪神) 【2位】 1億円 高橋由伸監督(巨人) 谷繁元信監督(中日) 工藤公康監督(ソフトバンク) 梨田昌孝監督(楽天) 【6位】 8000万円 伊東勤監督(ロッテ) 【 [全文を読む]

【プロ野球】不良外人ばかりじゃない?今季の注目”新助っ人”

デイリーニュースオンライン / 2016年02月25日16時05分

■ダヤン・ビシエド【中日】(内野手/右投右打/26歳) 中日・森繁和コーチの肝いりで獲得されたビシエド。まだ26歳の若さでメジャー通算66本塁打の実績を持つ男だ。19歳でキューバから亡命しているが、キューバでのプロデビューはなんと15歳のとき。球界最年少デビューの経歴の持ち主でもある。 しかし、パワーがある一方で打撃は粗く、早打ち型のフルスインガー。吉と [全文を読む]

中日・谷繁“布石を打って勝つ”新リーダー術(4)「野村克也氏がアドバイスした選手兼監督の難しさ」

アサ芸プラス / 2014年03月07日09時57分

中日の場合はモリシゲ(森繁和)だけど」 みずからの練習にも精を出し、当然、チーム全体も見なければならない。体がいくつあっても足りない状態の中で、そんな谷繁兼任監督の姿を森繁和ヘッドコーチはこう言った。 「監督は疲れてないかって? 疲れていないわけがないだろう。そんなのは最初からわかっているんだから」 この言葉には、勝利のみにこだわる仕事人のような趣がある。 [全文を読む]

中日球団に森繁和ヘッドコーチが招聘 ささやかれるウラ話

NEWSポストセブン / 2013年10月27日07時00分

このたびの森繁和・ヘッドコーチ招聘にはこんなウラ話が囁かれていた。 「実は昨年オフ、森氏には某球団から投手コーチのオファーが来ていたが、森氏はそれを断わった。その理由は落合氏から“オレは来年もう一度ユニフォームを着ることになる。その時まで待っていてくれ”と告げられたからといわれている」(プロ野球OB) この時、落合氏がGMという肩書きを背負うと予測してい [全文を読む]

落合GMの人材集め コネ・人脈関係なく「手腕を買い声かける」

NEWSポストセブン / 2013年10月26日07時00分

懐刀の森繁和・ヘッドコーチにしても、前政権の総合コーチで来季の入閣が確実視されている辻発彦氏にしても、プロ時代の落合氏とさしたる接点はない。 バッテリーコーチに招聘すると報道された達川光男氏は、落合氏と同じ東洋大学OB。だが、落合氏は大学野球部の体質を嫌ってわずか半年で退部している。学閥人事とは到底いえないだろう。 落合氏は、一体何を基準にコーチを選んでい [全文を読む]

激震空間 プロ野球(3)巨人来季 落合監督&江川助監督最強タッグ誕生をスッパ抜く!

アサ芸プラス / 2012年07月12日10時58分

そのうちの一つが「森繁和ヘッドコーチ」の招聘だという。森氏は中日・落合政権の8年間を参謀として支えてきた右腕。落合氏の信頼はすこぶる厚く、「またユニホームを着る時には、必ず森繁和を連れて行く」と公言するほどだ。 「やるなら全権監督でしょう。巨人はそうしたコーチやスタッフの“身体検査”もすでに終えている、と聞きました」(前出・デスク) だが、巨人サイドにも一 [全文を読む]

「あの人に頼めば大丈夫!」中日・落合元監督の名参謀の球界中に知れわたる"裏の顔"

日刊サイゾー / 2012年04月30日08時00分

中日の強さの秘けつは圧倒的な投手力だが、そうなったのも、落合政権で投手コーチ、バッテリーコーチ、ヘッドコーチを歴任し、自分に声をかけてくれた落合前監督と一緒に退任する"侠気"を見せた森繁和氏(現・野球評論家)の功績が大きい」(球界関係者) そんな森氏がこのほど、自著『参謀 落合監督を支えた右腕の「見守る力」』(講談社)を上梓。落合前監督が帯に「私が、ユニフ [全文を読む]

【中日】ドラ4笠原、プロ1勝!阿部の大飛球に「終わったと思った」

スポーツ報知 / 2017年09月18日18時11分

森繁和監督(62)はルーキー左腕について「何回か(先発を)経験して、だいぶ落ち着いているように見えた。素晴らしい内容」とニンマリ。反撃の来季へと、期待を膨らませたようだ。 [全文を読む]

来季新監督候補 高津、池山、宮本、古田、立浪、井口、田口ら

NEWSポストセブン / 2017年09月18日16時00分

白井文吾オーナーが「監督人事を考える必要はない」と早々に明言し、来季も森繁和・監督が続投と見られていたが、状況が変わってきている。 「親会社の中日新聞で、創業家出身の大島宇一郎氏が社長に昇格した。社内でも改革派として知られ、白井オーナーのワンマン体制に風穴を空けるのではないかといわれている。 森監督と近い友利結・投手コーチがシーズン途中にもかかわらずコーチ [全文を読む]

大野の放出もある? 中日に今オフ「トレードの嵐」が吹く

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月31日12時00分

オフには森繁和監督(62)主導で粛清の嵐が吹き荒れ、2年連続開幕投手の大野雄大(28)の放出も十分にあり得る、というのだ。 「今春キャンプ前に、08年ドラフト2位で9年目を迎える伊藤準規(26)について『トレード寸前だった』と暴露した森監督は、他球団に太いパイプを持っている。コーチとして仕えていた落合監督時代もほとんどすべての補強を仕切っていたのは有名な話 [全文を読む]

【中日】勝つことが最大のファンサービス “神宮の惨劇”をバネに

文春オンライン / 2017年08月05日11時00分

日本ハム・谷元の獲得は、球界の寝業師・根本陸夫の愛弟子である森繁和監督の面目躍如だった。これでブルペン陣が厚みを増すし、又吉を先発に戻すことだってできる。 一番気になるのが与四死球の多さだ。現時点で与四死球378はセ・リーグ6球団でぶっちぎりのワースト。“神宮の惨劇”初戦の25日の試合では実に与四球11だった。そりゃ負けるよ。チームの与四死球数は、ここ数年 [全文を読む]

連覇への道を拓いた若鯉たちの奮闘

ベースボールキング / 2017年07月25日11時00分

中日の指揮官・森繁和に至っては「広島がどんどん勝ってくれ。その分、2位以下が団子状態になってうちにもチャンスが出てくる」とすでにクライマックスシリーズ狙いを隠そうとしない。◆ 若き力が躍動! 今でこそ反論の余地もないが、開幕前には個人的に広島の連覇は難しいと予想していた。その最大の根拠は投手陣の不安にある。 まず第一に、大黒柱であった黒田博樹が昨季限りで現 [全文を読む]

フォーカス