売人のニュース

町から麻薬の売人を一掃したのは・・・地元の現役ギャングたち!?

AOLニュース / 2016年11月13日20時00分

地域の若者を守るために、麻薬の売人を一掃したギャング集団が話題になっている。 https://www.youtube.com/watch?v=CBstfPqRDwA<関連動画はこちら> ニュージーランド・ナルワヒャの町で、地元の民族系ギャング「Tribal Huk」が、地域で麻薬を売りさばく売人たちに24時間以内に退去することを命じ、たった2日で町から売人 [全文を読む]

坂上忍も絶句!ASKAの次に注目される薬物疑惑タレントは芸人と元アナ!?

アサ芸プラス / 2016年12月07日17時59分

その中で、芸能人が薬物の売人に狙われる理由を専門家が語ったという。「番組に出演した薬物の売人に詳しいルポライターによると、芸能人は不安定な商売で、現実逃避を求める人が多いため、売人に狙われやすいと語りました。また春に逮捕された元プロ野球選手は、1グラム4万円ほどが相場の薬物に対し、20万円も払っていた例を出し、金払いが良いこともカモにされやすいという実態を [全文を読む]

清原和博 “薬物無間地獄”状態の最深部を暴く(1)裏組織の人間が話す常用性と入手先

アサ芸プラス / 2016年02月20日09時57分

腕の注射痕を隠していたからだろうね」 こう語るのは、5年ほど前に清原和博容疑者(48)当人にシャブを宅配したという元売人だ。 元売人によれば、取り引きが積み重なり顔なじみになるほど、清原容疑者のふるまいは大胆になっていったという。「ある時はかなり上機嫌で、配達したやさきに『1発打っていいですか?』と目の前で腕をまくって注射器の針を刺すと、シャブを打ち込んで [全文を読む]

密売人が証言「ZOO坂井容疑者は常習犯だった」

WEB女性自身 / 2015年07月17日06時00分

すぐに売人仲間から、警察には気をつけるよう連絡がきたよ」 本誌が取材した覚醒剤の密売人は、驚いた表情でそう語った。 91年に『Choo Choo TRAIN』が大ヒットし、EXILEのHIROなども所属していたダンスボーカルグループのZOO。その元メンバー、CAPこと坂井俊浩容疑者(46)が麻薬特例法違反(譲り受け)容疑で警視庁に逮捕された。先に逮捕された [全文を読む]

西成で「偽百万円札」が流通する謎...裏社会の偽札事情

東京ブレイキングニュース / 2014年07月18日19時06分

岩田容疑者はおもちゃの紙幣で買い物後、西成区の路上で覚せい剤も購入しようとしたが、売人に見破られトラブルになっていた。実はこの街では以前から偽札が横行していたのだ。この時の現場に居合わせた西成の住民が証言する。 「うちのまん前の路上で騒ぎが起こっていた。ワシも面白そうだったから見に行った。4~5人でその男たちを取り囲み、騒いでいた。そうしたらその中の1人 [全文を読む]

“憧れ”の清原和博に覚せい剤を売り続けた男・小林が綴る想いとは――告白手記『密売』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月28日06時30分

そんななか刊行されたのが、清原に覚せい剤を譲渡していたとして後を追うように逮捕された「密売人」こと小林和之による告白手記『密売』(ミリオン出版)だ。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 当時甲子園でKK旋風を巻き起こしていたPL学園の4番打者・清原和博選手の活躍に心奪われた群馬のやんちゃ少年は、16歳にして初めて覚せい剤に手を出し、31歳のとき事件を [全文を読む]

【傍聴記】なぜ元「うたのおにいさん」は覚せい剤に手を出したのか?

まぐまぐニュース! / 2016年06月17日08時00分

その後、売人に電話して最寄り駅付近で覚せい剤を買うようになった。最寄り駅まで来る売人の中に、サムと名乗るイラン国籍の男がいた。 2015年2月、「住むところが見つからない」とサム。被告人のマンションは広かったし、サムは「礼儀正しい、いい人」だったので、被告人はサムが可哀想になり、「お金を払ってくれるなら」と同居することに。 ※マニア諸氏は「同性愛か?」と [全文を読む]

遺体から平然と宝石を盗む女 ブラジルの暗部

tocana / 2016年03月30日16時00分

今月24日、動画共有サイト「LiveLeak」に、またしても抗争によって死亡した麻薬密売人のようすが公開された。 その動画は、死亡していると思われる血まみれの男性と、その男性の周りに人が群がっているところがまず映し出される。ひとりの女性は男性の顔を覗き込み、ひとりの男性は手を握り、またある女性は首元辺りをしきりに触っている。ゴソゴソと首元辺りを触ること30 [全文を読む]

高知東生容疑者は「覚せい剤ブローカー」!? 一連の報道に見る“10年前”は偶然の一致か

日刊サイゾー / 2016年07月07日09時00分

「あれだけの有名人なので、単に麻薬を売りさばく末端の売人とは思えないんですよ。もともとAV業界にいて、裏社会にも精通していたという話も聞きますし、麻薬取引には買い手と売人を引き合わせるブローカー的な存在がいることがあるので、その可能性はありますね」 これは直接捜査には関わっていない麻薬取締官の話であるが、実は高知の売人疑惑が10年以上前にも浮上したことが [全文を読む]

清原和博 “薬物無間地獄”状態の最深部を暴く(2)毎回違うホテルを使用し…

アサ芸プラス / 2016年02月20日17時57分

「卸し屋のバアさんが直接やらなくなって、売人を介しての取り引きになったけど、最近はそのバアさんルートのモノが悪くなったから、売人が別の市にルートを替えたって話もある。いずれにせよ清原は、素人が出入りするはずもない卸し屋にまで足を運んでたんだから大した悪党だわな」(前出・ヤクザ親分) 清原容疑者がこの北関東ルートとは別に使っていた入手先の一つが冒頭で紹介した [全文を読む]

清原容疑者逮捕で”あの大物歌手”が堂々と実名報道された舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年02月18日18時00分

清原本人ではなく、この“売人”が容疑を認めた場合、今後は芋づる式に薬物タレントが検挙されていく可能性も高くなる。 「売人の逮捕によって怯えている有名人は多数いると言われています。清原容疑者が“シャブ仲間”について口を割るのも時間の問題ですが、そこに売人の供述まで加わるとなると言い逃れできませんからね」(薬物事件に詳しい週刊誌記者) ■実名報道された大物歌手 [全文を読む]

掃除のおばちゃんがスーパーでヘロインを密売!? 中国各地で広がる、中高年の麻薬汚染

日刊サイゾー / 2015年02月11日15時00分

掃除のおばさんは「ヤクの売人」だったのだ。 59歳の劉おばさんがヤクの売人になったのは「18歳年下の彼氏と一緒に暮らすため」だった。8年前、お互いに出稼ぎの身で知り合い、意気投合。年の差も気にならず、すぐに一緒に暮らし始めたが、ほどなくして彼氏は麻薬に手を染めた。何度もやめさせようとするが失敗し、2人のわずかな財産も、あっという間になくなった。途方に暮れた [全文を読む]

日経記者に東京農大教授...覚せい剤取締月間で狙われた「文化人枠」

東京ブレイキングニュース / 2014年11月19日20時03分

覚せい剤は売人を通して入手するのが一般的だ。だが、売人と接触すると足がつきやすくなるため、薬物中毒者はあの手この手で入手ルートを探しまわる。社会的地位のある人間ほどそういった傾向にあるようだ。 通常、売人は初めは屋外で「手渡し」から売買スタートする。その後は電話番号を渡され、指定の場所に呼び出されて受け渡しという形になる。そのため、いかにも職質が多そうな [全文を読む]

<コラム>中国ビジネス成功の秘訣=嫌中嫌韓の先にある実情をまるっと受け入れるべし!

Record China / 2016年08月31日15時10分

このコラムにあるような『「13億総商売人」的な中国人の気質を活用』することが、中国ビジネスで成功するカギとなる。とはいえまずその前に、この実情をまるっと受け入れるだけの柔軟な思考こそが必要であろう。思うに、日本人にとってこれがなかなか難しい。●まずは嫌中嫌韓の先にある実情をまるっと受け入れる。聞けばいわゆる「嫌中(嫌韓)」本をどう扱えばいいのかという、出版 [全文を読む]

『タイバニ』の縁!? 声優・平田広明が『とと姉ちゃん』で“イケボすぎる” ぼったくりの売人を熱演!

おたぽる / 2016年07月07日20時00分

第82回は戦後、ファッションを取り上げた新雑誌を立ち上げる常子(高畑充希)らが闇市で紙を調達するというシーンがあるのだが、平田はそこでなんと常子たちに安い紙を高値で売りつける売人役として登場。「きっちり、払ってくださいな~」と、“イケボすぎる” ぼったくりの売人を熱演。 ぼったくりの売人は今回限りの登場とのことだが、平田の出演に「イケボありがとうございます [全文を読む]

高知東生容疑者が逮捕された横浜の土地柄とマトリの動き

東京ブレイキングニュース / 2016年06月29日19時05分

その為に密売人説とか色々噂されているが、真相は今のところ不明だ。ただ間違いなく言える事は、両容疑者らは同ラブホテルに別々に入室し、その行動確認をしていたマトリが逮捕状、ガサ状を請求。それが朝方に交付されて、その後踏み込んだ、というのが確実な見立てではある。 ではこの覚せい剤の入手は誰が行ったのか? 現時点ではまだ判明していないが、この事件を追っている関係者 [全文を読む]

高知東生容疑者と愛人ホステスに不可解な”芸能界人脈”が浮上

デイリーニュースオンライン / 2016年06月28日21時05分

これは”売人”の線を疑われてもおかしくない。営利目的で起訴されれば、執行猶予なしの実刑判決もあるだろう」(捜査関係者) 高知容疑者が所持していたのは、覚せい剤4グラム、乾燥大麻約2グラムと、過去逮捕された芸能人とは比べ物にならない量だった。覚せい剤は通常、1パケ=0.2グラムで取引される。個人での所持は、せいぜい多くて1グラム。明らかに個人で使う量の常識を [全文を読む]

清原和博 “薬物底なし沼”と“あふれ出る女性遍歴”(3)購入ルートのある女性の家を直撃すると…

アサ芸プラス / 2016年02月28日09時57分

2月15日、清原容疑者にシャブを受け渡した、密売人・小林和之容疑者(45)=群馬県みどり市=が逃亡先の沖縄で逮捕され、北関東ルートでシャブを入手していたことが明らかになっている。北関東のシャブ売買事情に精通する、元暴力団関係者が明かす。「清原はシャブを用立ててくれたシャブ仲間のタニマチ社長と仲たがいして、2年ぐらい前から自分で買い付けする必要に迫られたん [全文を読む]

危険ドラッグ隣人刺傷男が「しぇしぇしぇ」と意味不明な供述するワケ

東京ブレイキングニュース / 2014年12月04日18時00分

「危険ドラッグのいちばんの問題点は、販売している側が誰もその怖さを知らないってことなんだよな」 証言してくれたのは、ある覚せい剤の密売人だ。「自慢にはならないけど、覚せい剤を小売りする売人は、必ず誰かに味見をさせて、質まで確かめてそれを売っている。売り物のネタにはどんな特徴があるとか、どんな傾向があるかとか、これはシモに効くとかな。だけど、この危険ドラッグ [全文を読む]

ドラッグ密売人が証言...巧妙化する違法薬物の運搬方法とは

東京ブレイキングニュース / 2014年12月03日20時00分

そこで、とある密売人と接触して取材を進めると、「ひと昔前まではブツの入ったパケ(チャック付きのビニール袋)を茶封筒に入れるくらいの感じで取引きされていたものだが、いまの梱包方法は巧妙になっている」と驚くべき密売の実態を証言した。 「まずは、筒状の箱に入ったポテトチップスや箱入り菓子などを買ってきて、その蓋や底部を丁寧に開く。それからパケに入れたブツを中に入 [全文を読む]

フォーカス