山西省のニュース

「中国人元慰安婦11人」証言フィルムの信憑性

NEWSポストセブン / 2016年03月27日16時00分

* * *〈(山西省の日本軍の駐屯地の)真っ暗なヤオトン(中国式の横穴住居)に監禁され、用をたすときだけ外に出られました。食べていないので何も出ないが、外に出たいのでトイレに行って背をのばす。太陽の光がほしかった〉 現在、上映中の映画『太陽がほしい「慰安婦」とよばれた中国女性たちの人生の記録』のパンフレットにはこんな証言が掲載されている。 映画は在日中国 [全文を読む]

週4回の“ハイペース提供”で死亡事故も……中国「精子バンク」がストイックすぎる!

日刊サイゾー / 2015年03月26日22時00分

山西省にある人類精子庫、いわゆる“精子バンク”で先日、人工授精のために使う精子が不足。中国版LINEともいうべきスマホチャットアプリ「微信(ウェイシン)で、20~45歳までの健康な男性に対して精液の提供を呼びかけるという“チン事”が起こった。 この呼びかけは、中国版Twitter「微博」でも瞬く間に話題となり、「俺でよければいくらでもどうぞ!」「女性看護師 [全文を読む]

天安門事件弾圧した李鵬氏の息子に左遷人事か

NEWSポストセブン / 2016年07月17日07時00分

1989年の天安門事件当時、民主化学生らに対して、中国首相として軍事弾圧した李鵬氏の長男、李小鵬氏が現在の山西省長から、中国国務院国家資産監督管理委員会主任(同委党委書記)に転じることが分かった。 同委主任は大臣級の職責だが、国有企業155社を統括するポストで、政治的にも大きな権限は与えられておらず、56歳という李氏の年齢からみると、「栄転とは言い難い」と [全文を読む]

中国の精子バンク、ドナーにiPhone 6Sをプレゼント―中国紙

Record China / 2016年04月30日14時10分

「在庫不足」になっているのは上海だけでなく、北京市や山西省、湖北省などの人類精子バンクも相次いで「在庫不足」を発表し、特に「2人っ子政策」の実施でそれがさらに顕在化している。 「2012年中国男性精子品質調査白書」の調査によると、中国全土には不妊症に悩む男女が約4000万人いる。人口全体の12〜15%に当たる数字だ。不妊に悩む男性の2割が精子に問題がある。 [全文を読む]

大気汚染、北京など22都市で最高レベル「赤色警報」発令―中国

Record China / 2016年12月18日11時20分

2016年12月16日、中国の環境保護部によると、深刻な大気汚染が予想されるとして、北京市、天津市、河北省石家荘市、山西省太原市、山東省徳州市、河南省鄭州市など22都市が最高レベルの「赤色警報」を、河南省平頂山市、山西省呂梁市、山東省済南市など18都市が1レベル下の「オレンジ警報」を発令した。中国新聞網が伝えた。 16日夜の時点で、河北省の石家荘市、唐山市 [全文を読む]

中国で異様な盛り上がりを見せる「女排精神」の不気味さ

まぐまぐニュース! / 2016年09月12日04時45分

たとえば安徽省の電気供給国有企業は「『女排精神』に学び、電気の安定供給に努めよう」とのスローガンを高らかに掲げ、山西省太原市地元紙は「『女排精神』を発揮して山西省の農特産品ブランドを創ろう」とする情熱的な社説を掲載した。IT業界のある企業が「ネット金融を成功させるのには『女排精神』が必要」とのコメントを発表したかと思えば、LED照明業の業界紙は「『女排精 [全文を読む]

ジンコソーラーが優秀企業として中国PV「リーダー」に落札

DreamNews / 2015年09月15日09時00分

本入札は中国山西省に950MWのPVプロジェクトを開発することで、CGNPC、中国華電のような国有企業に限ず、ジンコソーラーを含まれたPV企業12社も参加した。専門家によると、PVの「チャンピオン」企業が業界の基準になっていた、他社製品の品質を高め、効率を促進することによって、PV産業の進級と業界全体の良性競争を促進することが期待できる。それ以外、201 [全文を読む]

習近平氏が継続する腐敗撲滅の新たな標的は李鵬元首相一族か

NEWSポストセブン / 2015年02月05日07時00分

胡錦濤前国家主席の側近で失脚した令計画一族の権力基盤である山西省の李小鵬・省長が、担当していた腐敗捜査関連部門の監察や会計検査、それに国有資産管理の権限を剥奪されたのだ。省長の権限削減は改革・開放路線導入以来初めてとみられる。 それは取りも直さず、李氏や李氏の父親である李鵬・元首相ら「電力閥」が新たな腐敗撲滅のターゲットであり、さらに江沢民一族をも巻き込ん [全文を読む]

中国山西省で害虫大発生 農民暴動や日本への影響懸念される

NEWSポストセブン / 2013年07月31日07時00分

中国の華北地方で、この20年で最大規模の害虫被害が発生し、山西省では約5万7000ヘクタール、河北省では約8万ヘクタールもの農地で、コメやトウモロコシなど10数種の農作物に大きな被害が出ている。今後収穫が激減すれば、農民による大規模な騒乱の発生も懸念される。 この害虫は蛾の一種のアワノメイガやアワヨトウの幼虫で、前者はとうもろこしの大害虫として世界的に有名 [全文を読む]

まさに中国版「深夜食堂」、山西省で長年続く「インスタントラーメン店」―中国

Record China / 2017年08月11日17時20分

山西省の太原駅近くの路地には夜食の「インスタントラーメン専門店」があり、営業時間は夜9時から翌朝6時まで。「二十九年インスタントラーメン」と書かれた簡素な看板が掲げられている。非常に質素であるにもかかわらず、地元ではこの店を知らない人はおらず、ネットユーザーからは「真の中国版深夜食堂」と呼ばれている。一財網が伝えた。この店でインスタントラーメンを作る薛さん [全文を読む]

中国各地で豪雨被害、秦始皇帝・兵馬俑展示施設も浸水―中国メディア

Record China / 2017年07月20日12時20分

中国ではこのところ、黒龍江省、吉林省、山西省、広東省など、広い地域にわたって大雨による被害が発生している。中国中央気象台は20日午前8時から21日午前8時までの予報として、黒龍江省や吉林省などで雷と強い風を伴う豪雨が発生する恐れがあると発表した。 兵馬俑展示施設の浸水については、現場に居たとする人による動画投稿に基づいて、香港メディアの蘋果日報(アップル・ [全文を読む]

大久保 グルメ|人気グルメ雑誌編集部が大久保を食べ歩いて見つけたおすすめ店

まとメシ / 2017年07月06日15時00分

出典:https://matomeshi.jp/articles/1099山西亭(中華料理/東新宿駅 徒歩3分) 東京都新宿区大久保2-6-10 地下1階 ☎03-3202-7808 [営]11時〜15時、17時半〜23時半(23時LO) [休]日 [席]カウンター8席、テーブル4席×3卓、5席×3卓 計35席/カード可/予約可/サなし [交]地下鉄副都心 [全文を読む]

省一番のサッカー場、コンサート後に悲惨な状態に―山西省

Record China / 2017年07月01日20時30分

2017年6月29日、中国新聞網は記事「山西省最高のサッカースタジアム、コンサート開催後に“畑”に変身」を掲載した。 6月25日、山西スポーツセンター体育場で、著名歌手ジャッキー・チュン(張学友)のコンサート「A CLASSIC TOUR 学友」が開催された。芝生の上にステージや関連設備を設置したことで、宴の後はピッチはぼろぼろに。美しい芝生がまるで畑のよ [全文を読む]

【海外発!Breaking News】ビル屋上を使用した超危険な教習所 閉鎖に追い込まれる(中国)

TechinsightJapan / 2017年05月09日15時25分

自動車運転免許の教習所を開設しようとしても、今さら大きな土地を確保することは難しいという中国の山西省から恐ろしい話題が飛び込んできた。しかしネットの力が働いたのか、落ちたら20メートル下に真っ逆さまという危険すぎるその“屋上教習所”はあっという間に閉鎖を命じられたもよう。中国のメディア『網易新聞(news.163.com)』などが伝えている。 山西省太原市 [全文を読む]

中国が大気汚染防止強化に大軍投入、28都市で1年間の監査に5600人―米華字メディア

Record China / 2017年04月07日07時50分

環境保護部は、今年第1四半期の大気質の監査活動として、北京市、天津市、河北省、河南省、山東省、山西省の6省市と共同で2月15日から3月18日まで、18組・約260人体制で約8500社に対する監査を行い、うち3119社で問題が発覚した。さらに7組の監査グループを北京市や天津市、河北省の石家荘市などに派遣し特別監査を行っている。 1年間の強化監査の対象となる [全文を読む]

スモッグと青空の境界がくっきり!標高2300メートルから見た街の景色―山西省

Record China / 2017年02月20日01時20分

山西省沁水県で15日、標高2300メートルの歴山から地上を見下ろした。中国新聞網が伝えた。 スモッグと青空の境界がはっきりと見え、街がスモッグにすっぽり覆われているのが分かる景色がそこには広がっていた。(提供/人民網日本語版・編集YK) [全文を読む]

中国、例年以上に深刻な大気汚染、各地で最悪レベルの「赤色警報」、インドも同様、急速な経済発展国に共通

Record China / 2016年12月23日14時00分

北京以外でも、天津市、河北省石家荘市、山西省太原市、山東省徳州市、河南省鄭州市など22都市が「赤色警報」を発令。河南省平頂山市、山西省呂梁市、山東省済南市など18都市が1レベル下の「オレンジ警報」となった。 中国当局も大気汚染対策には、ほとんどお手上げの状態。北京市政府は対策の一環として「北京市気象災害防治条例」の制定を進めているが、大気汚染を「気象災害 [全文を読む]

隋皇帝・煬帝が目にした「晋陽宮」、跡地とみられる場所を発見―山西省

Record China / 2016年11月18日23時00分

2016年11月17日、中国日報網によると、中国山西省太原市の郊外でこのほど、隋(581〜618年)時代の「晋陽宮」があったとみられる場所が見つかった。 晋陽宮は545年に建築が始まり、590年に晋王・楊広(後に隋の第2代皇帝・煬帝)によって拡張が行われた。山西省考古研究所と太原市文物考古研究所は2012年から4年間かけ、晋陽古城2号建築遺跡群で広さ1万平 [全文を読む]

北京・天津・河北省で再び大気汚染が深刻化、工業と自動車が原因―中国

Record China / 2016年11月07日20時20分

環境保護部によると、今回の大気汚染は河北省、北京、天津、山西省などに集中し、うち山西省の複数の都市で長時間にわたって大気汚染が深刻化した。4日午後、北京・天津・河北省の多くの都市の微小粒子状物質(PM2.5)の濃度がピークに達した。その後、5日になると、同地域とその周辺の大気汚染は少しずつ改善し、6日には北京やその周辺のほとんどの都市の空気質指数(AQI [全文を読む]

モーターショーに華を添えるセクシーで美しいコンパニオン―山西省

Record China / 2016年10月30日00時00分

第10回太原TOP国際モーターショーが10月27日、山西省太原市の煤炭交易センターで開催された。中国新聞網が伝えた。 海外と中国国内の自動車ブランド約100社が出展し、多くの来場者が訪れた。会場では美しいコンパニオンたちが華を添えていた。(提供/人民網日本語版・編集YK) [全文を読む]

フォーカス