自費出版のニュース

簡単にAmazonで自著を販売?楽天も参入の電子自費出版の今

Business Journal / 2013年01月03日08時40分

自費出版というのは、いつの時代も人気があるようだ。新聞広告等でも「あなたの作品を本にします」という広告がよく掲載されている。しかし、リスクが大きな遊びだという側面もある。多くの人に読んでもらえることを期待して、自費出版をサポートすると謳う出版社に大金を払ったが、思うようなサービスではなかった、という体験談も方々のブログにある。 そうした自費出版ビジネスを利 [全文を読む]

絵本のプロが「絵本作家のスター」を育てる!『えほんみち絵本講座』を表参道にて7月4日から開講

@Press / 2017年06月27日10時00分

・絵本の定義とは? ・子どもの本は3種類、童話と絵本とあとは何? ・書店の絵本の棚の商品は7割は絵本ではない、絵本作家が作った絵本は半分もない、ってどういう事? etc ■「自費出版」でだまされる人が増加中! 私が「絵本の自費出版」を立ち上げたわけ 絵本の自費出版というと、名ばかりのコンテストを開いては応募作品を褒めちぎり、高額なローンを組ませて作品をそ [全文を読む]

自費出版 ★期間限定格安「出版チャレンジ・パック100」開始★

DreamNews / 2016年12月05日18時00分

期間限定で出版費用100万円で全て込み~総額130円相当をサポートいたします~ また、『自費出版』業界トップの印税に挑戦。格安で書店に本が並ぶのは当たり前、さらに印税を最高60%で著者に還付します。「自費出版は損をする」イメージを一新すべく、少しでも著者が損をしないプランを提案。出版費用100万円で全て込み~総額130円相当をサポートいたします~「本が全部 [全文を読む]

自費出版サービス『ピープレス』がNPO法人「パパジャングル」と協力 東日本大震災で被害を受けた小中学校へ絵本を寄贈

@Press / 2012年10月05日09時30分

株式会社パレード(本社:大阪市、代表取締役:太田 宏司郎)が運営する自費出版サービス『ピープレス』は、パパの育児を支援するNPO法人「パパジャングル」(代表:荒巻 仁)と共同で、絵本「あらじんのまほう」1,100部を東日本大震災で被害を受けた小中学校へ寄贈します。 絵本「あらじんのまほう」は、荒巻さん自身の経験を描いた体験談絵本です。30年間父親の暴力に苦 [全文を読む]

ヘイト出版社・青林堂の社内パワハラをNEWS23が報道! ネトウヨよ、目を覚ませ、ヘイトとブラックの親和性

リテラ / 2017年02月08日19時30分

会社は、男性に自費出版の顧客を獲得するように命じるのだが、一方で名刺も与えず、さらに就業時間中の外出さえ認めなかったという。また、パソコンこそ与えられていたが、電源コード以外はまったく繋がっておらず、インターネットも使用不可、書類のプリントアウトすらままならない状況に追い込まれた。こんな状態で、いったいどうやって自費出版の顧客を募ることができるのか。まして [全文を読む]

小規模で満足度の高い「本」をつくるグローカルな出版サービス「じぶんBOOK」提供開始 ~インタビュー・原稿制作・オリジナル表紙・30冊の本・デジタルデータがセット~

DreamNews / 2016年06月13日15時00分

■ 自分のことを話すだけで本が作れる「じぶんBOOK」 「じぶんBOOK」は、2時間ほどのインタビューを行うだけで、オリジナル表紙付で30冊のプリントオンデマンド冊子と電子書籍を制作させていただく、自費出版支援サービスです。 自分で書くことは自信がないけど伝えたい想いを形にしてみたい方や、自費出版で数百・数千部の在庫を抱えたくない方などにオススメです。 制 [全文を読む]

太平洋戦争の激戦地・硫黄島の生存者が語る“リアル”を電子小説化!!南房総のひいじいちゃんが話してくれた、綺麗ごとではない『硫黄島』の真実とは?

PR TIMES / 2015年10月06日11時55分

[画像: http://prtimes.jp/i/7512/174/resize/d7512-174-962989-1.jpg ]■「スマートライブラリ」現在配信中のラインナップはこちら↓http://bookbeyond.jp/search/label/507/(「学研ブックビヨンドストア」内)●貴重な、地元流通の自費出版小説を電子化本書は千葉県南房総市 [全文を読む]

日本のコンテンツを世界に発信する「たてよこプロジェクト」始動!

@Press / 2014年07月31日10時15分

自費出版より、翻訳に資金をかけて世界を目指す、という選択】日本の出版業界は、年々厳しい状況に追い込まれています。返本率は4割を超え、売上も減少の一途をたどっています。無名の新人作家がこの成熟市場に割り込むのは、生易しいことではありません。しかし、自費出版をすれば、確実に100万円以上はかかる上、一度書店に並んでもすぐに返本されてきます。無名作家の返本率は [全文を読む]

<朗報!>あなたの想いを本にしてみませんか?「オーダーメイド出版 無料個別相談会」実施!

PR TIMES / 2017年09月08日10時30分

出版を検討されている、または興味を持っている方は、ぜひこの機会に予約を!(Tel.03-5800-5779) [画像1: https://prtimes.jp/i/12109/300/resize/d12109-300-514907-0.jpg ] ★オーダーメイド出版(自費出版)とは… 誠文堂新光社の本作りのノウハウを活かしながら、著者が希望するスタイ [全文を読む]

【福岡】尾野真千子&向井理「いつまた、君と ~何日君再来~」への想いを語る

Walkerplus / 2017年06月30日20時22分

本作は、向井が大学生のときに、祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿を迎えた祖母へお祝いとしてプレゼントしたという原作を基に、向井自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった意欲作。戦中・戦後の激動の時代を、夫・吾郎(向井の祖父)と妻・朋子が、数々の苦難を抱えながらも、誇りを失わず懸命に誠実に生きる、壮大な“愛の実話”だ。 [全文を読む]

トランプが思わずツイートした、前代未聞のベストセラーの正体

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月24日18時00分

<今年2月に保守系ジャーナリストが自費出版した、米民主党の政策ガイドがアメリカでベストセラーになっている。トランプ大統領も絶賛するその驚きの内容とは>今アメリカでベストセラーになっている話題の本がある。2017年2月に出版されたこの本は、すぐに8万5000部を超えるヒット作となり、アマゾンのベストセラーランキングでも1位に輝いた。とにかくアメリカで注目され [全文を読む]

BOOKMARCで写真家トーマス・ホワイトサイドの写真集発売記念展が開催、初日はサイン会

FASHION HEADLINE / 2017年04月10日19時00分

写真家トーマス・ホワイトサイド(Thomas Whiteside)の自費出版写真集『ROUTE 1, MIKE AND INDIA』の日本発売を記念した写真展「トーマス・ホワイトサイド写真展“ROUTE 1, MIKE AND INDIA”」が4月14日から23日まで、東京・原宿のブックマーク(BOOKMARC)地下ギャラリーにて開催される。 アメリカ・ニ [全文を読む]

幻冬舎グループ、個人出版部門を分社化し新会社「株式会社幻冬舎ルネッサンス新社」を設立

PR TIMES / 2017年04月04日09時34分

個人出版部門(屋号:幻冬舎ルネッサンス)は、事業開始以来、総合出版社・幻冬舎のDNAを受け継いだ自費出版レーベルとしてクオリティの高い書籍制作はもちろん、作品を広く知らしめるためのプロモーション提案、全国の主要書店に位置付けて多くの読者の手に届ける戦略的流通など、他の自費出版レーベルとは一線を画した新しい出版サービスを展開しています。 また2016年から [全文を読む]

「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

サライ.jp / 2017年03月18日06時00分

「緑蔭叢書第壱篇」として自費出版され世に出たこの作品に逸早く目を留めたのは、夏目漱石だった。漱石は書籍刊行から8日目にはこの作品を読み終え、門弟の森田草平あての手紙にこう綴った。 「破戒読了。明治の小説として後世に伝うべき名篇也」 漱石はつづけて、森田が関係している雑誌にぜひ紹介記事を載せたらどうか、と推薦。『破戒』が文壇に認められる後押しをした。 『破戒 [全文を読む]

アーティストfumiko imanoのマスターピース“双子シリーズ”が米Little Big Man社から遂に写真集で登場!その出版を記念して『BOOKMARC』にてサイン会を開催!

PR TIMES / 2017年03月10日17時56分

本書には、2001年より10年間撮り続けた双子のプロジェクト『Twins』が集大成的にまとめられ、これまで自費出版で作品集を作り続けてきた作者にとって、初めての出版社からの作品集刊行となる。2種類(赤 or 青)のカバー展開。 ~『Twins』は偶然生まれた作品だったんです。ロンドンから日本に帰国した際、自分を奮い立たせるためにこの双子写真を撮り始めました [全文を読む]

外出禁止なのに自費出版の営業命令…出版社「青林堂」従業員、パワハラ訴え提訴

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月13日17時15分

中村さん側は「それにもかかわらず、自費出版の営業を命じられ、『成果が出ていない』といった人格否定の発言やパワーハラスメントを繰り返し受けた」と主張している。中村さんは2016年2月、精神疾患(適応障害)の診断を受けて、現在休職している。 提訴後、原告側は、東京・霞が関の厚生労働省記者クラブで会見を開いて、当時の会話をおさめた録音テープを公開した。中村さんは [全文を読む]

みなみ出版は自費出版業務拡大つき、委託営業者の募集を開始しました

DreamNews / 2016年12月15日18時00分

みなみ出版の自費出版部門「出版サポートセンター」の業務を拡大。完全出来高制の委託営業を募集して業務の効率化をはかります。みなみ出版の自費出版部門「出版サポートセンター」の業務拡大につき委託営業を募集いたします。業務内容は自費出版の注文を取ってきていただいたり、自費出版行っている印刷会社から業務提携を取る仕事になります。【職種】自費出版の注文営業。提携印刷会 [全文を読む]

Valerie Phillips 『Another Girl Another Planet』Interview

NeoL / 2016年11月28日20時00分

小さなインディーのお店で、Printed Matterっていうんだけど、アートブックやジン、自費出版の本なんかを販売しているの。結構有名なお店だから、知ってる人もいるかもしれない。若い時、私はよくそのお店に行って、”このクールで風変わりな品揃えは何なの!?"って思ってた。それを理解出来るほど私は充分にクールではなかったけど、素晴らしいことはわかったし、すご [全文を読む]

「キンドル読み放題」の隠れた(けれども大きな)メリット

ニューズウィーク日本版 / 2016年08月29日17時30分

利用者サイド:1)読みたい本があまりない2)Kindle Unlimitedにリストアップされているのは、一定の水準を満たしていない作品ばかり3)自費出版の安い作品の場合には10冊以上読まないと元が取れない。それなら、買ったほうが安い作家サイド:1)読者が本を買ってくれなくなる アメリカの場合、Kindle Unlimitedのリストには「ハリー・ポッター [全文を読む]

「あなたの人生を変える」サービス、絶賛と感動で密かなブームに

Business Journal / 2016年06月28日06時00分

終活の一端として、「自分史」を制作して自費出版する人が増えている。14年には朝日新聞も自分史制作ビジネスに参入している。そんななか、自分史と似ているが少し異色なサービスの「聴き書き」というものが話題となっている。宣伝活動を行っていないため世間には知られていないが、利用者たちから絶賛され口コミで広がっているという。 そんな聴き書きサービス「聴き書きブックス [全文を読む]

フォーカス