下級生のニュース

誰かのためにプレーすること、明治大GK服部主将の“改革”と日本一への道

ゲキサカ / 2016年08月16日14時21分

毎週ひとつの議題を設定し、全員を6グループに分けて、仕切るのは下級生の役割にした。そしてグループ毎でのディスカッション後、まとめた内容を代表者が全員の前で発表する方式にした。 DF小出悠太(4年=市立船橋高)は「下級生がミーティングから意見を出せれば、ピッチでも先輩へはっきり言えるようになるんじゃないか」という狙いだったと説明。服部は「全員に話す機会を与え [全文を読む]

5代目生徒会長 磯野莉音が語るさくら学院2015 完全版

エンタメNEXT / 2015年07月30日07時00分

——本年度もそうですが、下級生との年齢差が大きいと“自分が引っ張らなきゃ!”みたいな気持ちは強くなるかもですね。 磯野 莉音の場合は、小5からさくら学院に転入してきたから、年下の子たちの気持ちも分かるけど、すーさんって最初から中1なんで、小5の気持ちはあんまり分からなかったと思うし、だからこそどうするべきか? って、すーさん自身もスゴイ悩んでいたんだと、 [全文を読む]

桑田真澄実父が暴露“PL学園野球部員いじめ水死”隠蔽(1)

アサ芸プラス / 2013年03月27日09時59分

「PLといえば伝統ですから、暴力は」 さらには、 「僕も1年生で甲子園出てる時は、体中アザだらけでした」 と、上級生から下級生に対するシゴキが激しかったことを振り返った。 さすがに番組司会者の爆笑問題・田中裕二が、体罰容認とも取られかねない発言に慌てて、 「でも、体罰はダメですよね?」 と助け舟を出したが、清原氏は平然とこう言ってのけたのである。 「あれ [全文を読む]

東大合格No.1の開成は運動会で生徒を育てる イベント会社も顔負け! 開成生の仕切り力

東洋経済オンライン / 2017年05月31日08時00分

また高3は下級生5学年のクラス担当となり、4月からほぼ毎日競技や応援の指導に当たる。クラス担当と下級生の間には場合によっては部活の先輩・後輩以上の親密な信頼関係が築かれる。学年をまたいだリレー系の種目はいくつかあるが、基本的に各学年1競技。各競技に厳格なルールがあり、そのルールの中で試合を有利に進めるための伝統的戦略があり、それを改良した革新的戦略、はたま [全文を読む]

「あっけなく終わった」明大3冠の夢…J内定DF河面&FW丹羽は悔しさ隠さず、プロでの成長誓う

ゲキサカ / 2016年12月13日13時32分

大学生活最後の試合ということに対し、河面は「下級生に感謝を込めて恩返しがしたかった」と悔しさをにじませながら、「切り替えて次の舞台で活躍することで、この経験を生かせると思います。次に向けて今の下級生には、背中で見せられるようにやっていきたい」と活躍を誓った。 丹羽は今試合の無得点をしっかりと噛みしめる。「大臣杯、リーグ戦で苦しいときに同点弾や逆転弾を決め [全文を読む]

未来? 過去!?懐かしい部分もある未来的なガジェットを少女に纏わせたデジタル写真集『東京ガジェット少女』がimpress QuickBooksより発売

PR TIMES / 2016年07月06日10時47分

[画像2: http://prtimes.jp/i/5875/1253/resize/d5875-1253-691408-10.jpg ]impress QuickBooks東京ガジェット少女委員長A-1、2、3造形:池内啓人 / 写真:荻原楽太郎参考価格:600円(税抜)●Amazon Kindleストア委員長A-1https://www.amazon. [全文を読む]

さくら学院 2015年度 12人体制で臨むそれぞれの想い[完全版]

エンタメNEXT / 2015年06月25日07時00分

——いやいや、全然大丈夫じゃないですか? ある程度は食べないと身長も伸びないですし、教育委員長として下級生の模範になれるようにね。 大賀 身長ですよね……(溜め息)。 ——現在の身長は結果何センチくらいですか? 大賀 結果、う~ん150センチ位ですかね。 山出 え、いや、なに嘘ついてんの!? ——一応、公式でも150センチって書いてありますよ。 大賀 じ [全文を読む]

福島県川内村の小学校 18人いた同級生は今も全国に離れ離れ

NEWSポストセブン / 2015年03月13日07時00分

児童数が少ないため、授業は複式学級(注:2つ以上の学年を1つにした学級のこと)で行われたが、千果さんは下級生たちと一緒に勉強することに戸惑ったという。 「4年生の時、1度だけ戻ってきたことを後悔しました。同級生はひとりもいないし、上級生や下級生とどう交流していいかわからなかったから」(千果さん) 放課後は児童全員でバスで、村のコミュニティーセンターへ行き [全文を読む]

[選手権予選]全国で勝つための攻撃スタイル、香芝が22ゴールで圧勝:奈良

ゲキサカ / 2014年10月27日16時25分

そして、期待の下級生が活躍出来るのもCB浦野凌也、田中といった3年生がいるからでもある。下級生の台頭により、昨年はボランチだった田中がセンターフォワードに、左SBだった山田が左ウイングにコンバートされ、正確なキックがシュート精度の高さに活かされるなど、上級生と下級生が上手く噛み合っている。 上出来の白星発進にも米原監督が「次が初戦やと思って挑まないといけな [全文を読む]

桑田真澄実父が暴露“PL学園野球部員いじめ水死”隠蔽(3)パニック状態になった現場

アサ芸プラス / 2013年03月29日09時59分

「当時の感覚では、上級生にも下級生にもいじめという認識はなかったですね。体罰問題がクローズアップされている時代なので誤解を招くと嫌ですが、上級生の下級生に対する当たりがきついのは、当時では当たり前のものだった。でも無差別に殴ったりというのはなくて、一定のルールはありました。その件に関しても、まさかあんな事件になるとは思わずに起こったんだと‥‥」 そして、 [全文を読む]

先発7人占める下級生と3年生が一丸!県立西宮が後半3発で初Vまであと1勝!:兵庫

ゲキサカ / 2017年06月09日22時16分

[6.9 全国高校総体兵庫県予選準決勝 県立西宮高 3-0 県芦屋高 アスパ五色] 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた兵庫県予選準決勝が9日に行われ、県立西宮高と芦屋高が対戦。後半14分のDF川崎武琉(2年)の先制ゴールを皮切りに、3得点を奪った県西宮が勝利し、11日に行われる決勝へと駒を進 [全文を読む]

柳原追加点!石崎ダメ押し!修徳の下級生FW陣がゴール連発(4枚)

ゲキサカ / 2017年06月04日10時12分

●【特設】高校総体2017 [全文を読む]

修徳を陰で支える実力派MF千代田。ボランチ、左SBで勝利に貢献

ゲキサカ / 2017年05月22日22時55分

[5.20 全国高校総体東京都予選1次予選2回戦 東京高 1-3 修徳高 清瀬内山G] 修徳高はFW刑部泰生(2年)、FW柳原光希(1年)、FW石崎皓大(2年)の下級生アタッカー陣がそれぞれゴール。そしてMF千代田和樹(3年)が「全国についてはみんなで話し合っています」という3年生たちがしっかりと勝利に貢献した。 岩本慎二郎監督が「人間性を認めている」と評 [全文を読む]


早実・清宮、内野5人シフトに「面白かったです」

ベースボールキング / 2017年04月07日14時45分

また今大会、清宮の打撃の状態が上がらないことに、清宮の後を打つ下級生で、岩倉戦でソロ本塁打を放った4番の野村大樹(2年)は「ネクストから見ていると、いつもとは違うフォームかな、と。アッパースイングになっていると思います」と分析。 清宮の1学年下ながら、試合以外の練習中にも指摘することがあるそうで、「気づいたら、自分、言っちゃうんで」と話していた。 【清宮 [全文を読む]

[サニックス杯]下級生、転入生…新戦力アピールの青森山田が開幕試合制す!

ゲキサカ / 2017年03月17日00時16分

まずは下級生、転校生含めた激しい競争でチームをレベルアップする。 (取材・文 吉田太郎) [全文を読む]

[MOM2060]帝京DF菅原光義(2年)_伝統校の守備の柱は「不言実行」の168cmCB

ゲキサカ / 2017年03月11日02時10分

下級生時から公式戦出場を重ねてきたDFは今年、主将も務める。周囲から見ると納得の主将就任だが、本人は「びっくりしました。そんなやるタイプではない」という。それでも就任したからには「チームを引っ張っていかないといけない。チームに良い声がけができればいい」とリーダーとしてチームを引っ張ることに注力している。 日比監督が「ずっと追い込んでやっている」というチー [全文を読む]

チーム紹介:創造学園高(長野)

ゲキサカ / 2017年01月04日15時27分

下級生時から主軸。技術レベル高く、推進力ある突破からゴールへ迫る。 DF森昂大(2年) └182cmの高さを活かしたヘッドとキック。下級生ながらチームで存在感を示す。 ■過去の全国大会成績 【12年度 第91回(1回戦敗退)】 1回戦 2-3 香川西高(香川)■登録メンバーリスト ▼GK 1伊藤爽真 12矢野遥希 23渋谷尚希 ▼DF 2近藤弘人 3森昂大 [全文を読む]

下級生多いチームをまとめた佐賀東MF川内主将、大敗にも監督は賛辞を送る(4枚)

ゲキサカ / 2017年01月04日14時20分

▼関連リンク 【特設】高校選手権2016 連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2016 [全文を読む]

[MOM424]大阪体育大DF秋山拓也(4年)_「キャプテンの想いも背負って」にぎやかなDF陣を統率

ゲキサカ / 2016年12月13日07時15分

試合に出られない分、裏でチームのことをしてくれているのを自分たちや下級生も見てる」。試合中は副キャプテンの秋山がキャプテンマークを巻き、タフなプレーでチームをけん引。一つひとつのプレーに魂を込めた。 共にCBを務めるのが、元気印のDF菊池流帆(2年=青森山田高)だ。ヘディングやクリアの度に「よいしょーっ!」と声張る後輩の姿は注目の的になっているが「下級生[全文を読む]

フォーカス