千葉大学のニュース

11 月5 日(木)「千葉大学医工学シンポジウム」開催

PR TIMES / 2015年10月29日15時28分

世界に先駆けて開発中の新医療技術や最新研究の拠点化事例を紹介国立大学法人千葉大学フロンティア医工学センターは、11月5日に、医工学シンポジウムを開催し、千葉大学が世界に先駆けて開発中の新医療技術や、最新研究の拠点化事例など、診断・治療分野で世界をリードし、社会貢献するための戦略について紹介します。フロンティア医工学センターとは当センターは、平成15年に医学 [全文を読む]

千葉大学Future Earthキックオフワークショップを3月2日(木)開催

PR TIMES / 2017年02月28日16時37分

~環境・健康・食をキーワードに千葉大学Future Earthの在り方を考える~ 国立大学法人千葉大学は、国際プログラムであるFuture Earthの日本事務局コンソーシアムへの加盟が承認されたことを踏まえて、3月2日(木)に、千葉大学のFuture Earth 研究について考えるワークショップを開催いたします。みなさまのご来場を心よりお待ちしております [全文を読む]

千葉大学国際教養学部開設記念シンポジウム「グローバル千葉大学の新生」4月8日(金)開催

PR TIMES / 2016年03月29日15時24分

千葉市長、学外有識者等を交えたパネルディスカッション 「千葉大学のグローバル化に期待すること」国立大学法人千葉大学は、2016年4月1日に新設する国際教養学部の開設記念として、「グローバル千葉大学の新生」というテーマで、本学部を含む、千葉大学全体のグローバル化について、学内外の有識者とともに考察するシンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。 [全文を読む]

11月28日(土)千葉大学柏の葉キャンパスで漢方薬のひみつに迫る「東洋医学健康セミナー」開催

PR TIMES / 2015年11月17日14時18分

生活と漢方医学の関わりを考えます千葉大学柏の葉診療所(所長 勝野達郎、柏市柏の葉6-2-1 千葉大学柏の葉キャンパス内)は、研究内容を地域の皆さまの健康に役立てていただくために、「柏の葉・東洋医学健康セミナー」を定期的に開催しており、11月28日、5回目を開催します。これまで4回開催しており、いずれも100名ほどの参加があり、ご好評いただいています。概要開 [全文を読む]

第50回千葉大学ユニバーサルフェスティバルを開催-留学生と日本人学生の協働によるステージ-

PR TIMES / 2016年11月25日19時14分

1995年に開始した文化紹介イベントが、ついに50回目を迎えます [画像1: http://prtimes.jp/i/15177/84/resize/d15177-84-767502-3.jpg ] 世界50カ国以上、約850名の留学生が学ぶ千葉大学では、年間を通じてさまざまな国際交流事業が実施されています。毎年6月と12月に開催される「ユニバーサルフェス [全文を読む]

千葉大、「病気にかからない予防ワクチン」の開発に着手

PR TIMES / 2016年05月19日10時26分

米国カリフォルニア大学サンディエゴ校に、共同研究拠点を設置 千葉大学(徳久剛史学長)は、最先端の粘膜免疫の理論・技術で世界屈指の研究者を有し、ノーベル賞受賞者を多数輩出するカリフォルニア大学サンディエゴ校と共同して、感染症・アレルギー・ガン等の次世代型粘膜ワクチンの開発を目指す研究センターを双方の大学内に設置する。 「病気にかからない予防ワクチン(次世代型 [全文を読む]

アンナ・パーニナ氏公開レクチャー「映画翻訳を語る」(予約不要・入場無料)

PR TIMES / 2016年02月09日11時33分

国立大学法人千葉大学文学部では、アンナ・パーニナ博士をお招きし、映画翻訳および翻訳の諸問題と解決方法について、多数の画像を見ながら、日本語、ロシア語、英語のケースを中心にお話を伺います。また、日本語の映画・アニメーションを外国語に翻訳する際の様々な工夫だけでなく、現代日本文化のロシアでの受容の状況を取り上げます。講義は日本語で行われ、どなたでも自由にご聴講 [全文を読む]

1月23日(土)千葉大学柏の葉キャンパスで今年度最後の「東洋医学健康セミナー」を開催!

PR TIMES / 2016年01月13日15時04分

千葉大学柏の葉診療所(所長 勝野達郎、柏市柏の葉6-2-1 千葉大学柏の葉キャンパス内)は、研究内容を地域の皆さまの健康に役立てていただくために、「柏の葉・東洋医学健康セミナー」を定期的に開催しており、今年度最後となりますセミナーを1月23日(土)に開催します。毎回立ち見が出るほどの盛況で、今回は会場の都合上、先着100名様の事前申込み制とさせていただきま [全文を読む]

がん治療における漢方薬の役割を学ぶ「東洋医学健康セミナー」を開催!

PR TIMES / 2016年07月11日18時17分

千葉大学柏の葉キャンパスで地域住民が漢方を学んでいますー千葉大学柏の葉診療所(所長 勝野達郎、柏市柏の葉6-2-1 千葉大学柏の葉キャンパス内)は、大学ならではの最新知識や研究内容を地域の皆さまの健康に役立てていただくために「柏の葉・東洋医学健康セミナー」を定期的に開催しており、7月23日(土)に今年度第2回のセミナーを開催します。今回は千葉大学病院の医 [全文を読む]

3/17(木)、千葉大学キラリティネットワーク研究会(WCCU)&ソフト分子活性化プロジェクト(SMA)ジョイントワークショップを開催

PR TIMES / 2016年03月08日15時57分

千葉大学大学院理学研究科加納博文教授は、3月17日(木)、西千葉キャンパスにて、千葉大学キラリティネットワーク研究会(WCCU)&ソフト分子活性化プロジェクト(SMA)ジョイントワークショップを開催します。シンポジウムの概要[画像1: http://prtimes.jp/i/15177/64/resize/d15177-64-248412-1.jpg ]【 [全文を読む]

公開講座「生命現象の謎を分子レベルで解き明かす」~iPS細胞の樹立にも繋がった、個体発生・分化そして維持の仕組みを解説~

PR TIMES / 2015年10月09日11時24分

平成27年度千葉大学 理学部 公開講座 国立大学法人千葉大学理学部では毎年公開講座を開催しています。本年度は「生命現象の謎を分子レベルで解き明かす」と題した講座を、11月15日に行います。 [画像1: http://prtimes.jp/i/15177/8/resize/d15177-8-710482-0.jpg ] 私達は、一つの受精卵から始まって、細胞 [全文を読む]

千葉大学の「環境報告書」は学生が編集長。82ページの大作、2015年版が発行!

PR TIMES / 2015年09月01日12時53分

千葉大学(学長:徳久剛史)では、2004年度から毎年、環境ISO学生委員会が構成・取材・執筆・デザイン管理を担当して「環境報告書」を制作しています。今年も学生30名が携わった「千葉大学環境報告書2015」が完成し、発行いたしました。ーーーーーーーーーーーー千葉大学の環境報告書とはーーーーーーーーーーーー「環境報告書」とは、事業者(企業、団体、学校等)が、自 [全文を読む]

市民公開講座「柏の葉・東洋医学健康セミナー」を開催

PR TIMES / 2017年01月20日16時29分

「地域医療における和漢診療の役割」について皆さんと一緒に考えてみましょう 千葉大学柏の葉診療所では、大学ならではの最新知識や研究成果を地域の皆さまの健康に役立てていただくため 市民公開講座を開催しております。 市民公開講座の概要 開催日時:平成29年1月28日(土)13時30分から16時00分 開催場所:千葉大学柏の葉キャンパス 環境健康フィールド科学セン [全文を読む]

「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」を学生30名に認定。千葉大学のISO14001に関する独自の資格認定制度

PR TIMES / 2016年12月28日14時21分

国立大学法人千葉大学では、本日、「千葉大学環境エネルギーマネジメント実務士」の認定証授与式が行われ、新たに30名の実務士が誕生しました。千葉大学ではこれまでISO14001を取得してから12年で387名の実務士を輩出しています。千葉大学の環境マネジメントシステムの単位化と資格認定制度[画像1: https://prtimes.jp/i/15177/143/ [全文を読む]

漢方薬の役割を学ぶ「柏の葉・東洋医学健康セミナー」を開催

PR TIMES / 2016年11月17日14時28分

千葉大学柏の葉キャンパスで地域住民が漢方を学んでいます 千葉大学柏の葉診療所は、大学ならではの最新知識や研究成果を地域の皆さまの健康に役立てていただくために、「柏の葉・東洋医学健康セミナー」を定期的に開催しております。 [画像1: http://prtimes.jp/i/15177/131/resize/d15177-131-789592-0.jpg ] [全文を読む]

文理の別を越えて、歴史を読み解く 新たな学問「総合資料学」を創成

PR TIMES / 2016年10月11日14時28分

ー国立歴史民俗博物館と千葉大学、包括的連携協力協定を締結ー 10月7日に調印式 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立歴史民俗博物館((略称「歴博」)(館長:久留島 浩))は、多様な形態・内容をもつ「モノ」資料を時代・地域・分野等によって分類し、学問分野を超えた視点から統合的に分析することで、高度な共同利用・共同研究へと結びつける新たな学問「総合資料学」 [全文を読む]

「第25回地球環境大賞」の授賞式・レセプションに、千葉大学の学生17名が出席。

PR TIMES / 2016年04月19日17時52分

NPO法人千葉大学環境ISO学生委員会が「文部科学大臣賞」を受賞NPO法人千葉大学環境ISO学生委員会は、温暖化の防止や環境保全活動に積極的に取り組む企業や団体を表彰する「第25回地球環境大賞」において「文部科学大臣賞」を受賞しました。4月18日に東京・明治記念館で授賞式とレセプションが行われ、徳久剛史学長、環境管理責任者の倉阪秀史教授とともに、学生委員が [全文を読む]

岩手県陸前高田市にて、3/30・3/31、千葉大看護学部教員によるセミナーと健康相談会(参加無料)

PR TIMES / 2016年03月25日15時43分

~陸前高田版、人生を最後までよりよく生きるための“エンディングノート”をつくろう!~ 千葉大学園芸学部の秋田典子准教授は、自身が専門的支援メンバーとしてサポートする、陸前高田市のコミュニティカフェ「りくカフェ」において、3月30日(水)・31日(木)に、千葉大学看護学部の教員によるセミナーを企画しました。国立大で初めて看護学部が設置された歴史ある千葉大学[全文を読む]

学生が作成した千葉大学の環境報告書が「第19回環境コミュニケーション大賞」を受賞!

PR TIMES / 2016年02月10日14時04分

千葉大学(学長:徳久剛史)では、2004年度から毎年、環境ISO学生委員会が構成・取材・執筆・デザイン管理を担当する「環境報告書」を作成しています。今年度作成した「千葉大学環境報告書2015」が、「第19回環境コミュニケーション大賞」を受賞いたしました。「千葉大学環境報告書2015」が環境配慮促進法特定事業者賞を受賞[画像1: http://prtimes [全文を読む]

千葉大学に2016年度、グローバルな学生寮が誕生。日本人学生と留学生が一緒に暮らす混住型のシェアハウス

PR TIMES / 2015年10月09日13時27分

国立大学法人千葉大学は、2016年4月より小仲台地区に新しくグローバルな学生寮をオープンいたします。日本人学生と留学生とが一緒に暮らす「混住型」で、学生の国際性の涵養を通じたグローバル人材の育成に資するとともに、「グローバル・キャンパス・千葉大学」の構築を推進します。 寮の概要 日々の共同生活を学生自らが運営・管理することにより、「協調性」「コミュニケーシ [全文を読む]

フォーカス