召使のニュース

渡部豪太、「この作品は自分に対する挑戦」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年03月17日20時30分

4月東京・シアタートラムにて、雛形あきこさんと渡部豪太さんのふたり芝居『令嬢と召使』が上演されます。本作はスエーデンの作家、アウグスト・ストリンドベリが1888年に発表した代表作『令嬢ジュリー』を下敷きに、女と男2人の俳優で上演するように再構成した作品です。今回Woman Insightでは渡部さんにインタビューを行い、どんなジャンという召使役を演じるのか [全文を読む]

渡部豪太、ストレス解消法は「おいしいと思って空気を吸う」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年03月18日19時00分

4月東京・シアタートラムにて、上演される『令嬢と召使』に出演する、渡部豪太さんのインタビュー後編をお届けします。 前編の「渡部豪太、『令嬢と召使』は未来の渡部豪太が広がる作品」では作品についてお届けしましたが、後編はプライベートに迫ります。 WI 渡部さんのヘアースタイルは印象的ですよね。 渡部 学生の頃はよく怒られたんです。それで学生証に「天然パーマ」っ [全文を読む]

相葉雅紀“月9”主演もメンバーからは「何すんの?」

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日08時00分

主人公は探偵を趣味としている貴族で、年齢、家族、学歴、住所、そして本名までも不明、さらには、推理を「雑事」と言い放ち、召使いに任せながら、自らは優雅に謎を解くという、探偵という存在の既成概念を打ち砕く前代未聞のミステリー。 「貴族が召使を使って謎を解く」という設定にかけて、「実際に物語に出てくるような召使がいたらどんなことをお願いする?」という記者からの質 [全文を読む]

月9『貴族探偵』の凄まじい気迫を感じた初回、問題は相葉雅紀の「棒プレイボーイぶり」だけ

messy / 2017年04月18日22時00分

彼女の師匠の名探偵・井川遥(の亡霊……おそらく故人)や、権力にだけ従順なバカ刑事・生瀬勝久がレギュラー出演者であるほか、貴族である相葉の召使役に滝藤賢一(運転手。武道の達人でもある)、松重豊(執事)、中山美穂(メイド)が配されている。 毎回どこかで事件が起き、武井(庶民探偵)と相葉(貴族探偵)が推理対決をする。といっても、相葉は自分で推理をしない、3人の召 [全文を読む]

名作『秘密の花園』の主人公はなぜブサイクなのか? “父のいない少女”が物語で輝く理由

ウートピ / 2016年02月07日21時00分

英国領インドのお屋敷で生まれ育った彼女は、両親から構ってもらうこともなく、乳母や召使いたちのもとでわがまま一杯に育ちました。そのため六つになる頃には、まったく可愛げのない、「いばりくさったわがままなむすめ」になってしまいました。読者が「読むのをやめちゃう」かもしれないくらい、器量の悪い女の子これは、児童向けの小説に登場する主人公としては、かなり特殊なパター [全文を読む]

『悪ノ娘』遂にコミック化!2/16ニコ生配信も決定『Comic 悪ノ娘 第一幕』を発売!

@Press / 2014年02月13日10時30分

「君を守る……そのためならば僕は悪にだってなってやる!」人々に「悪ノ娘」と呼ばれる暴虐の王女の傍らには彼女と顔のよく似た召使がいつも控えていた。同じ歳の王女と召使――。二人に秘められた運命の歯車はやがて狂おしく回り始める……。「悪ノ娘」ノベルシリーズ初期2作品『悪ノ娘 黄のクロアテュール』『悪ノ娘 緑のヴィーゲンリート』のストーリーを合わせて構成されている [全文を読む]

『カーズ』最新作、主人公のモデルはあの“シンデレラ”!

CinemaCafe.net / 2017年06月03日09時00分

「シンデレラ」は、召使のように扱われていた娘・シンデレラが、魔法使いの助けを受けて念願の舞踏会へ参加し、ガラスの靴を通じて王子様とめでたく結ばれるという言わずと知れた名作。そんな主人公シンデレラの健気な姿と優しい心、そして貧しい生活から華やかなプリンセスへと変貌を遂げる様子には誰もが応援したくなり、“シンデレラ・ストーリー”という言葉が生まれるほど。彼女の [全文を読む]

『アナと雪の女王』、『マレフィセント』のディズニーが贈る、ラブストーリーの原点であり、頂点である『シンデレラ』がビデオマーケットにて配信開始!

PR TIMES / 2017年05月29日13時00分

すると、まま母と姉たちはエラに辛くあたるようになり、山のような仕事を言いつけ、屋根裏に住まわせ、召使のような扱いをするように…。寒さに耐えられない夜、ぬくもりの残る居間の暖炉の前で眠ったエラ。翌朝、顔に暖炉の灰をつけたまま働くエラを、姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼び、大笑いする。残酷な仕打ちに耐え続けたエラだったが、涙を抑えきれず家を飛び出してし [全文を読む]

貴族に見えない相葉雅紀と無駄な準主役陣...まともな脚本でまともなドラマを! 〈貴族探偵 第3回〉(フジテレビ)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月08日12時00分

特に子供をホッぽりだしてパリから出稼ぎに戻ってきたトウのたったオバサンの中山美穂が、エプロンをつけた召使である。滑舌のよろしくないのは相変わらずで、推理をさせる場面のミスマッチなこと! この人はもう女優業は引退した方がいい。 今回の話は女生徒と交際していた教師が主婦殺しの犯人として逮捕されたのを、初めに女探偵が別人だと推理し、さらにまた、別の美容院の女が真 [全文を読む]

エマ・ワトソン主演『美女と野獣』はプリンセス映画の王道

しらべぇ / 2017年04月23日06時30分

また、野獣と共に呪いをかけられた召使たちが、とってもキュート。そして敵役・ガストンの卑怯さや、ル・フウのちょっと気の毒なところもあるキャラクターなど多くのキャストが、物語を盛り上げている。「『美女と野獣』の話は知っているし、子供向けのお話でしょ」などと思う人もいるかもしれないが、大人だからこそ機微のわかるストーリー。それだけに、この春の上映作品の中でも、大 [全文を読む]

フォーカス