大穴のニュース

2014秋のG1本番、データからあぶり出す大穴激走ホースはこれだ! 11月編

週プレNEWS / 2014年11月08日11時00分

さぁ、秋のGⅠはここからが本番だ! 過去の傾向から荒れるレースと激走必至の大穴ホースを見極めて一攫千金を目指せ! キミもミラクルおじさんになれるかも!? 11月16日 ■エリザベス女王杯(GⅠ) 京都競馬場・芝2200m 大穴度:意外に低 「重賞未勝利馬が波乱を呼ぶ!?」 馬連※◯最高配当102,030円 ※※※◯万馬券率2回/20年 三連単◯最高配当1, [全文を読む]

『アカデミー賞に関するアンケート調査』 映画好きに聞きました!アカデミー賞作品賞の大予測!

PR TIMES / 2014年02月26日13時51分

本命は、「ゼロ・グラビティ」 対抗は、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 大穴は、「それでも夜は明ける」「アメリカン・ハッスル」カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカードを利用している男女1,257名のT会員を対象に、インターネット上での意識調査「T アンケート」によって、『アカデミー賞に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいた [全文を読む]

各スポーツ紙代表が明かす秋競馬の極意。G1で大穴馬券を当てる鍵は春の反省にあった!

週プレNEWS / 2015年10月23日06時00分

競馬の醍醐味(だいごみ)は、なんといっても大穴! 春は2千万馬券も飛び出したG1戦線だが、この秋は各路線とも春以上の混戦模様で、早くも「大荒れ警報」が発令中!? そこで、各スポーツ紙を代表する「大穴記者」3名にお集まりいただき、秋競馬の馬券の極意を聞いた! 日刊スポーツ・木南友輔記者、スポニチ・小田哲也記者、デイリー・豊島俊介記者はどの馬券に賭けるのか!? [全文を読む]

ヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービー、春GIの大穴狙い目ホースはこれだ!

週プレNEWS / 2015年05月09日06時00分

過去のデータから魅惑の“大穴ホース”を狙い撃て! *** 5月17日 ヴィクトリアマイル 東京競馬場【芝1600m】 大穴度=高 「実績馬の復活と、低評価の重賞勝ち馬を見逃すな!」 馬連 最高配当 3万740円(2007年) 万馬券率 1回/9年 三連単 最高配当 228万3960円(2007年) 10万馬券率 3回/9年 今年で創設10回目となる、比較的 [全文を読む]

スポーツ紙「穴党記者」大儲け座談会!「有馬記念」のキーワードは“PPAP”?(3)ミッキークイーンの堅実さを好評価する

アサ芸プラス / 2016年12月25日09時56分

水戸 私の超大穴候補は、ここが叩き3戦目のムスカテールだ。金鯱賞は7着も着差はわずかコンマ4秒。体重がプラス8キロで多少重かったのが敗因だろう。相手は強くなるが、一発があって不思議はない。山河 僕はヤマカツエースですね。負ける時は大差だったりするんですけど、勝つ時はしっかりと勝っている。ポカが多いラブリーデイのイメージで、キンカメ産駒の成長力込みで大穴候補 [全文を読む]

2014秋のG1本番、デイリーの“穴王子”がお宝馬券の狙い方を伝授!

週プレNEWS / 2014年11月07日06時00分

大穴実践例(1) 08年秋華賞 ブラックエンブレムは秋始動戦のローズSで岩田と新コンビを組んで大敗。これが、騎手の心理的に「正攻法では勝てない」と印象づけたことで、本番で何かバクチをしてくるだろうと見ました。本番の京都内回りは、中山の小回り1800mのフラワーカップを強い内容で勝っているこの馬にはプラスのはずで、もっと人気になっていい馬ですが、盲点になっ [全文を読む]

東京駅にもっか降臨中の「ウルトラメニュー」、食べるべき一品はコレだ!【実食レポ】

えん食べ / 2016年01月12日11時00分

そこで、えん食べ編集部が一足先に各メニューを試食して食べるべき一品を探してきました!●「ウルトラ大穴子天ぷら」はぜひ食べてほしいいろいろと試食させてもらった結果、えん食べ編集部が「これはウルトラ美味い!」と思ったメニューが、天ぷら天喜代の「ウルトラ大穴子天ぷら(一本揚げ)」(1,300円、税込、以下同じ)です。およそ30センチ(!)の大穴子を一本まるごと揚 [全文を読む]

“名物穴党記者”万券座談会 大荒れ必至の「有馬記念」は“トリプルスリー馬券”の爆買いで大儲けだ!(3)

アサ芸プラス / 2015年12月26日17時56分

水戸 状態のよしあしを確認しなければならないが、私の大穴候補はアドマイヤデウスなんだ。日経賞は強い競馬だったし、右回りはとにかく走る。叩き3戦目というのもいい。椎名 この馬も内枠が絶対条件ですね。また外枠なら参加するだけでしょう。山河 確かに内枠に入ればまだわかりません。ヒットザターゲットとこの馬と、内枠に入ったほうを本命にしようと思っています。水戸 いず [全文を読む]

第82回日本ダービー!スポーツ紙“エース記者”座談会「血統から破壊力は相当 スピリッツミノルが逃げ切る!」

アサ芸プラス / 2015年05月30日17時56分

小田 道悪になった際の大穴候補はベルラップです。今年の2走は抜きにして、去年の京都2歳Sの勝ち方がよかった。距離は問題ないし、道悪は大得意です。高木 あと、触れていない馬で言うと、ポルトドートウィユも(武)ユタカさんが騎乗するから、人気を集めそうですね。京都新聞杯(2着)で賞金を加算しないと、ダービーは見学のおそれもありましたから。水戸 7戦して着外は2走 [全文を読む]

“平成の大穴男”を直撃! 江田照男J騎乗の大穴は中山で狙え?

週プレNEWS / 2014年11月14日06時00分

2014秋のG1本番! そこで、テンジンショウグン、ダイタクヤマト、アメリカンボスほか多くの穴馬券を生み出してきた“平成の大穴男”こと江田照男騎手を直撃した! * * * ―テンジンショウグン355・7倍(98年日経賞)、ダイタクヤマト257・5倍(00年スプリンターズS)、ネコパンチ167・1倍(12年日経賞)と重賞だけでも単勝万馬券が3回。見事に大穴[全文を読む]

フォーカス