帰郷のニュース

大都市避け帰郷して起業が増加、通販分野がトレンド―中国

Record China / 2016年09月16日14時10分

阿里研究院がこのほど発表した中国国内初の帰郷しての通信販売分野での起業に関する研究報告書によると、帰郷して通販で起業というスタイルが新たなトレンドになっている。ECは草の根の創造力を効果的に発揮させ、若い人々の帰郷起業を推進する最大の動力源になっているという。同報告書によれば、ここ2〜3年の間に、若い人が大都市を離れ、故郷で帰郷するというケースを、浙江省、 [全文を読む]

「3.1運動」記念日に触発!? 韓国で“ザ・従軍慰安婦映画”が大ヒット中!

日刊サイゾー / 2016年03月01日23時00分

タイトルは、直訳すると『帰郷』。2月24日に公開されると、同28日午後5時時点で観客動員数100万人を突破し、1日に30万人以上も動員したという報道も見受けられる。まさに、韓国でいま最もヒットしている映画だ。 『帰郷』の題材は、いわゆる従軍慰安婦。1943年のある日、日本軍によって強制的に故郷を去ることになってしまったジョンミン。どこへ向かうかわからないま [全文を読む]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)と京都・奈良の楽しさをシェア! ツンとした有村架純と“舞妓かすみドール“が可愛い! シェア旅第2弾

PR TIMES / 2015年12月25日16時09分

WEB動画は、全5篇(憧れ篇/失踪篇/再会篇/帰郷篇/周遊篇)と継続して楽しめる構成となっております。『帰郷篇』は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)から帰宅したかすみドールが、旅の道中で撮影してきた動画を有村さんにシェアするという内容です。近接無線通信技術「TransferJet™」対応製品を活用し、スマートフォン、デジタルカメラ、PCそれぞれの端末 [全文を読む]

ラーメンで「気仙沼」に笑顔を 2015年3月6日(金)より「気仙沼の笑顔ウィーク」を開催

@Press / 2015年02月26日09時30分

「かもめ食堂」は2015年4月5日(日)にラーメン博物館を卒業し、2015年7月を目処に気仙沼に帰郷し、現地でオープンします。そして3月6日(金)より、かもめ食堂が卒業する4月5日(日)までの1ヶ月間、「気仙沼の笑顔ウィーク」と題して、気仙沼の魅力を発信するべく、気仙沼市、気仙沼商工会議所の協力を得て「気仙沼酒場」のオープン、特別展示「気仙沼の笑顔」、そし [全文を読む]

ジャスティン・ビーバーが英国テロ被害者のために愛用品を寄付

アサジョ / 2017年06月07日18時13分

オフシーズンのため、ほとんどの所属選手は地元アメリカやカナダに帰郷してしまっているものの、訪英の際、これまで2度もトレーニングに参加したことのあるジャスティンのために、同チーム所属のポール・スウィンドルハースト選手がメンバーを集めたようだ。そしてジャスティンは、今後予定されているチャリティー試合のオークションのために自身のスティックを寄付したという。 マ [全文を読む]

鈴木亮平、新たな“宮沢賢治”に挑むメイキング公開!「宮沢賢治の食卓」

CinemaCafe.net / 2017年05月15日17時30分

急ぎ帰郷するが、大事はなさそうなトシ。電報は、家業を継がせたい父・政次郎(平田満)のはかりごとで、母・イチ(神野三鈴)もケロリとしたもの。 久々に帰郷したものの打ち込むべきことが見つからない賢治だったが、土産代わりにコロッケを家族に振る舞い喜ばれたことをきっかけに、“幸せを分かち合うこと”こそが自らの理想とする生き方だと気付く。農学校教師の職を得て、その理 [全文を読む]

『ひよっこ』父役の沢村一樹 実父“失踪”した悲しき少年時代

WEB女性自身 / 2017年04月20日06時00分

毎年、帰郷してお墓参りをしているそうですよ」 母子で苦渋をなめさせられた――そう恨んでいた父のことを許した沢村。沢村が里帰りしたときにこんなエピソードがあった。 「あるとき母校の校長の異動があって、帰郷していた沢村に『花束を贈呈してほしい』と連絡があったんですよ。彼は車で駆けつけて、その役割を果たしました。沢村は『女房の母親に言われたんだけど、自分の仕事は [全文を読む]

汚いお尻を告白し話題のグラドル・青山ひかる「CMお待ちしてますって言ったら、ヒップケアのお仕事が…」

週プレNEWS / 2017年01月19日19時00分

長崎県・佐世保に帰郷し、自宅を舞台にロケ。馴染みのある自室やリビング、バスルームを背景に露出の多いコスチュームであどけなさの残る表情と迫力のIカップボディを披露。元々、サービス精神の旺盛な彼女だが、実家ということもあってか、大胆さにも拍車がかかっている。 昨秋のバラエティ番組『有吉反省会』に出演した際、グラビアアイドルながら、汚いお尻を売りにしていること [全文を読む]

若者に「春節恐怖症」、コスト増や比較の風潮などで―中国メディア

Record China / 2017年01月19日14時10分

若者が「恐怖症」に陥るだけでなく、中高年の一部も同じように「帰郷恐怖症」にかかっている。山東省に家がある鄭さん(65)は、長沙で結婚した息子のところへ行って孫の面倒をみていた。「家に帰ろうとしても交通機関の切符はなかなか手に入らないし、帰ったら帰ったで親戚一同が集まる宴会を開かなくてはならず、連休中は毎日親戚を訪ねて贈り物を贈ったりもらったりしなければな [全文を読む]

『有吉反省会』で大反響! 汚いお尻を父親に謝罪したグラドル・青山ひかるが実家でグラビア撮影した理由

週プレNEWS / 2017年01月18日21時00分

長崎県・佐世保に帰郷し、自宅を舞台にロケ。馴染みのある自室やリビング、バスルームを背景に露出の多いコスチュームであどけなさの残る表情と迫力のIカップボディを披露。元々、サービス精神の旺盛な彼女だが、実家ということもあってか、大胆さにも拍車がかかっている。 昨秋のバラエティ番組『有吉反省会』に出演した際、グラビアアイドルながら、汚いお尻を売りにしていること [全文を読む]

フォーカス