労働党のニュース

国民投票で注目のイギリス 二大政党制の歴史を探る

しらべぇ / 2016年06月28日05時30分

※画像はYouTubeのスクリーンショットイギリス国民投票でも注目された、『保守党』と『労働党』の対立構造。日本人にとっては若干馴染みが薄い。イギリス政界は、言わば「二大政党+第三極」と表現すべき構図だ。その中で保守党と労働党は常に競い合っているわけだが、その歴史はまさにイギリスという国を100%言い表している。保守党と労働党の対立を見れば、イギリス現代史 [全文を読む]

[コナーこずえ]【二大政党制の崩壊と政局不安】~特集「2016年を占う!」スペイン政治~

Japan In-depth / 2016年01月09日18時00分

新党躍進の背景 従来の二大政党である国民党(PP)と社会労働党(PSOE)に次いで、今回第三党となったポデモス(Podemos)は、メンバーがノージャケットのラフな格好で活動を行うユニークな政党である。スペインでは2010年代に入り、リーマンショックやギリシャ危機などの煽りを受け景気が悪化、失業率は20%を超える事態となった。 その状況下で、失業などに苦 [全文を読む]

英総選挙、世論調査は「連戦連敗」 ほとんどが「保守党過半数」予測

J-CASTニュース / 2017年06月09日19時47分

メイ首相は野党との連立政権を目指すとみられるが、労働党が議席を増やしたことでEU(欧州連合)離脱交渉にも影響しそうだ。こうした事態を予想した人は必ずしも多くなく、投票直前に行われた世論調査では、保守党が過半数を維持するとの見方が大勢だった。 EUから英国が離脱するか否か(ブリグジット=Brexit)を問う16年の住民投票では、事前の世論調査では「残留派」が [全文を読む]

前進できない野党の憂鬱:コービン労働党首再選

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月05日17時30分

<9月24日、英国労働党首選でジェレミー・コービンが圧倒的支持を受けて党首に再選された。しかし、彼を支持した人の中にも、次の総選挙で「勝てるわけない」と思っている人が多い。前進できない野党の憂鬱は深い...> 思えば、過去1年間の労働党は権力闘争に明け暮れてきた。EU離脱などという一大事に国が直面している時に、労働党がやっていることといえば党首選である。な [全文を読む]

金正恩「核保有」の次は「イスラム国」との連携か

NEWSポストセブン / 2016年07月01日07時00分

北朝鮮・金正恩労働党委員長の「偶像化」が進んでいる。36年ぶりの朝鮮労働党大会の開催は、独裁者の権力基盤を固めるためのものだ。この党大会は何をモデルに開催されたのか。そして、繰り返される「核保有」発言と、日米韓インテリジェンス関係者の間に飛び交う「謎の情報」について、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏が読み解く。 * * * 5月6~9日、北朝鮮(朝鮮民主 [全文を読む]

英EU離脱投票:暴走するワーキングクラスの怒り

ニューズウィーク日本版 / 2016年06月21日16時15分

「EUは労働者にやさしい」というレトリックもそうした人々には説得力がないのだ...>(写真:残留を呼び掛ける労働党党首コービン)ユーロ2016とEU離脱投票 サッカーのユーロ2016が開催されているフランスのイングランド代表サポーターたちと、EU離脱投票で揺れる英国のムードをリンクさせて記事を書いているのはガーディアンのコラムニスト、ポリー・トインビーだ。 [全文を読む]

初のイスラム系市長誕生の英国に再発した「反ユダヤ主義」という誤算

まぐまぐニュース! / 2016年05月17日11時00分

左派と称されるリベラル主義者たちが最も忌み嫌うのが「差別」だということはもはや常識ですが、イギリスの左派を代表する「労働党」内に、近頃「反ユダヤ主義」が急速に広がっているそうです。ロンドンでは先日、欧州主要都市として初めてのイスラム系市長が誕生したばかり。そんなイギリスで何が起こっているのでしょうか? 無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』の [全文を読む]

『1984年』米で売上1位のわけ しぶとい欧州の左翼 番外編

Japan In-depth / 2017年02月16日11時00分

その当時、英国は労働党政権下で、社会主義的な政策が実施されていた。戦時経済を支えてきた累進課税と配給制度は維持され、それに加えて、「壁紙の張り替えにも政府の許可が必要」とまで言われた、厳しい統制経済が実施されていたのだ。評価は様々であろうが、この政策のおかげで戦後英国の立ち直りが早まったことは事実である。もう少し具体的に述べると、第一次世界大戦後のドイツで [全文を読む]

北朝鮮党大会を中国はどう見ているか?

ニューズウィーク日本版 / 2016年05月09日16時24分

36年ぶりに開かれた朝鮮労働党の第7回党大会を中国はどう見ているのか。第6回党大会における中国の対応や、昨年、習近平総書記の名義で金正恩第一書記に出した祝電との比較などを通して中朝の現状を考察する。第6回党大会(1890年)では華国鋒が長文の祝電 朝鮮労働党の第6回党大会が開かれたのは1980年10月で、そのときには中国共産党の代表団が参加している。さらに [全文を読む]

金正恩が「金正男暗殺」に関わっていない可能性急浮上

プレジデントオンライン / 2017年04月07日15時15分

北朝鮮政府や支配政党である朝鮮労働党が公表している金正日の息子は、金正恩ただ一人である。しかも、金正恩は、父・金正日によって認められ、支配政党である朝鮮労働党によって推戴された正統な後継者だ。まして最高指導者になって5年も経っている。その地位は盤石といえよう。 ただし、韓国には金正男は後継者の資格があるという論説がある。どういうことかといえば、金正恩が最 [全文を読む]

フォーカス