佐川急便のニュース

佐川が2年連続パンクの可能性 宅配便の仕組み崩れる凶兆か

NEWSポストセブン / 2015年01月23日16時00分

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便による三つ巴の宅配戦争は、佐川急便が王者・ヤマトに戦いを「仕掛ける」ことで激化した。だが、その佐川の急拡大は、一方で大きな歪みをも生んでいた。結果的に佐川はアマゾンとの契約を終了する。“宅配ビッグバン”と呼ばれる危機を迎えた宅配業界の今を、ジャーナリストの横田増生氏がリポートする。 * * * 佐川にとってアマゾンとの取引は、 [全文を読む]

佐川、乗客と荷物を一緒に運ぶ「貨客混載」開始 ドライバー不足解消へ期待

ZUU online / 2017年05月02日06時40分

宅配便大手の佐川急便が、新潟県の第三セクター鉄道・北越急行が運行するほくほく線を使って始めている。佐川急便にとっては深刻さを増すドライバー不足の改善に期待を持てるほか、北陸新幹線延伸に伴い、在来線特急「はくたか」の廃止で赤字に転落している北越急行にとって、貴重な増収策となる。地方を走る第三セクター鉄道の多くが人口減少による赤字に苦しんでいる。貨客混載はこれ [全文を読む]

ヤマト・佐川の現場は明らかに疲弊、消費者にも応分の負担を

NEWSポストセブン / 2017年03月23日07時00分

横田氏は同書を執筆するにあたり、ヤマト運輸や佐川急便に潜入した経験を持つ。 * * * 2016年に辞めたヤマトのドライバー2人は、「アマゾンの荷物がなければ辞めてなかっただろう」と口を揃える。ならば、アマゾンと手を切った2番手の佐川急便は安泰かというと、決してそうではない。 佐川急便関連のニュースとしては、ドライバーが仕事中に駐車違反の切符を切られたが、 [全文を読む]

京都景観賞も受賞!新しい観光スポット「祇園佐川急便」って?

TABIZINE / 2015年10月06日13時00分

日本でここだけ!祇園佐川急便 京都の祇園にある佐川急便は、ほかの店舗とちょっと様子が違う・・・ってご存知でした? (C) facebook/佐川急便株式会社 (Sagawa Express Co.,Ltd.) 飛脚のマークがお店の目印。町家を改装してつくったお店は、古都の街並みの中に見事に溶け込んでいます。お店の顔ともいえる暖簾は、京都の老舗染物店「万足屋 [全文を読む]

「脱法体質」佐川急便、上場で億万長者社員続出か…運転手一斉検挙や暴力団利益供与も

Business Journal / 2017年03月23日06時00分

宅配便大手の佐川急便を傘下にもつ、持ち株会社SGホールディングス(HD)が東京証券取引所に上場するという情報が、株式市場を駆けめぐっている。早ければ年内に上場するという。上場時の時価総額は3000億円を超えるとの見方がある。 SGHDは昨年3月、日立物流と資本業務提携を結んだ。SGHDは日立グループが59%出資していた日立物流の株式のうち28.9%を875 [全文を読む]

トップ3の寡占進む宅配業界 過酷な価格競争の消耗戦展開中

NEWSポストセブン / 2015年01月03日07時00分

ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便の上位三社による市場占有率の合計でみると、過去一〇年に八三%台から九二%台と一〇ポイント近く増えている。宅配業界でいま何が起こっているのか? ジャーナリストの横田増生氏が、その現場に潜入した。 * * * トップを走るヤマトや佐川の現場の声に耳を傾ければ、どんな言葉が聞こえてくるのだろうか。ヤマト運輸で二〇年近くセールス・ドラ [全文を読む]

都内最大級の物流施設で「物流の最前線」を体験!

PR TIMES / 2013年03月30日10時18分

佐川急便と職業体験イベントを実施 フューチャー イノベーション フォーラムと佐川急便株式会社は3月28日(木)に佐川急便 東京本社にて小学5、6年生を対象とした職業体験イベントを実施しました。 フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF、事務局:品川区大崎、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼 [全文を読む]

「代引き料金を偽った」と噂の宅配ドライバーに非難の声

しらべぇ / 2016年12月19日17時00分

そんな中、とあるツイッターユーザーによる「佐川急便のドライバーに代引き料金を書き換えて請求された」という投稿が話題を呼んでいる。■代引き料金を偽り請求の疑いロックバンド「THE CHERRY COKE$」のギタリストMASAYAさんのツイート。佐川急便から本来の金額より多く請求されたいう内容とともに、発送元の伝票と、実際にMASAYAさんのもとに届いた伝票 [全文を読む]

イサナドットネット、佐川急便「TOKYO SERVICE CENTER」で日本語・英語でおもてなしをするPepperアプリ開発 ~訪日外国人にも快適な接客を提供~

DreamNews / 2015年09月18日12時00分

イサナドットネット株式会社(東京都渋谷区 代表取締役:石谷伊左奈、以下 イサナドットネット)は、9月19日より佐川急便株式会社(本社:京都市南区 代表取締役社長:荒木秀夫、以下 佐川急便)運営「TOKYO SERVICE CENTER」で日本語・英語でおもてなしをするPepperアプリケーションを佐川急便と共同で企画・開発いたしました。日本人のみならず訪日 [全文を読む]

佐川急便とリバリュー業務提携ならびに業界初サービス提供開始

PR TIMES / 2014年10月21日10時06分

~急増するネット通販等の返品商品をスピーディーに再ビジネス化~ 佐川急便株式会社と株式会社リバリューは、業務提携契約を締結すると同時に、業界初、静脈物流まで包括的に担うワンストップ型のサービスの提供を開始します。 佐川急便株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:荒木秀夫、以下佐川急便)と、株式会社リバリュー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:向笠元 [全文を読む]

宅配業者が週休3日制を導入…しかし、待遇改善で解決するほど物流問題は簡単じゃない?

citrus / 2017年06月07日12時00分

物流業界大手の佐川急便が今月6日、ドライバーに週休3日制を導入することを明らかにした。すでに東京都と山梨県で正社員の中途採用のために週休3日制での募集を始めているそうで、状況を見て他の地域や既存のドライバーなどへ適用を拡げていきたいとしている。理由はもちろん、インターネット通販の急増でドライバー不足が深刻になっているため。待遇を良くすることで人材を確保しよ [全文を読む]

「佐川男子」暴力団から銃を取り上げ賞賛の声 ファンも急増?

しらべぇ / 2016年11月19日14時00分

(画像は公式サイトのスクリーンショット)配送業者として有名な佐川急便。配達員のたくましい肉体美にうっとりする女性が増え、「佐川男子」という言葉も生まれた。そんな中、とある「佐川男子」たちの活躍が注目されている。■暴力団組員から銃を取り上げる恐喝未遂容疑で逮捕されたのは指定暴力団松葉会系の組員2名。モデルガンを使った寸劇で佐川急便の配達員から宅配物を奪おうと [全文を読む]

佐川急便、連日夜中2時に大騒音で作業に近隣住民が大激怒!苦情入れても無視される

Business Journal / 2016年06月04日06時00分

●深夜の騒音に近隣住民激怒 大手運輸会社、佐川急便の深夜稼働について、都内在住の30代男性は語る。 「私の家の近くに佐川急便のサービスセンターがあるのですが、夜中でも作業をしていて非常にうるさいです。時間は日によってまちまちですが、深夜の2時や5時のときもあります。一度うるさくなり始めたら1時間は止まりません。カートをガシャガシャと動かす音や配達の車のド [全文を読む]

ヤマト宅配便、乱暴な荷物扱い実態…バッグを床に引きずり、瓶割れて液染み出し、上下逆さ

Business Journal / 2016年02月28日17時00分

佐川急便の「飛脚宅配便」と比較しても「品物の扱いが丁寧」などとヤマトドライバーに対し好感を抱くユーザーが多く見られる。 しかし、ヤマト元社員によれば、倉庫での荷物の扱いは決して丁寧とはいえないという。 ヤマトは、2015年のオリコン日本顧客満足度ランキング「宅配便」部門で、宅配便8社を対象として実際の利用者3,345人に調査が行われた結果、「受取のしやすさ [全文を読む]

宅配業界に女性の雇用が増加中の背景 顧客にとって安心感も

NEWSポストセブン / 2015年12月21日16時00分

ヤマト運輸、佐川急便などに“潜入取材”し、その実態をまとめた『仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン』(小学館刊)の著者で、ジャーナリストの横田増生さんはこう語る。 「現在、ヤマト運輸の営業所は全国に6000か所、セールスドライバーは約8万人。佐川急便は営業所が約438か所、ドライバーは3万5000人弱います。重労働に加えてサービス残業もあり [全文を読む]

便利なネット通販の陰から運送会社の悲鳴が聞こえる? 衝撃の宅配ビジネスノンフィクション

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月08日06時30分

その一端を強く表すのが、2013年春、佐川急便が大手通販サイト・Amazonの事業から撤退したことだった。 2000年11月に日本へ上陸した「Amazon.co.jp」は、当初、日本通運がその物流を担っていた。当時は「1500円以上の買い物をすると送料無料になる」というシステムであったものの、日本での業務拡大の目玉として「全品送料無料」を導入、2005年か [全文を読む]

キャリア教育イベント「物流の最前線」

PR TIMES / 2015年08月06日11時50分

佐川急便で子どもたちが「物流のしくみ」を体験! フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF、事務局:品川区大崎、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長)は7月29日(水)に佐川急便株式会社(本社:京都市南区、社長:荒木秀夫)の協力のもと、同社東京本社にて職業体験イベント「物流の最前線」を実施しまし [全文を読む]

訪日外国人と日本人が一緒になって楽しめる! 浅草エンターテインメントバス『サムライ&忍者サファリ』season2

PR TIMES / 2015年07月23日12時44分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5912/574/resize/d5912-574-150751-0.jpg ] さらに、今シーズンより、集合場所を佐川急便の浅草雷門サービスセンター前に変更し、佐川急便の手荷物一次預かりサービス(有料)と連携することで、手ぶら観光の推進を目指します。 当ツアーでは、子供連れのバギーや、車いすを利用の方へ [全文を読む]

ローソンと佐川急便が業務提携し共同事業会社を設立

ITライフハック / 2015年04月08日09時00分

ローソンと宅配の佐川急便の親会社であるSGホールディングス(以下、SGH)は2015年4月7日、ローソン店舗を起点にした配送やサービスの拡充に関する業務提携契約を締結した。この提携に基づき、ローソンとSGHは、ローソン店舗を起点とした自宅などへの配送・御用聞きサービスなどを行う共同事業会社を設立する。■ショッピングの多様化に柔軟に対応ここ最近は高齢化の進行 [全文を読む]

【宅配便サービスに関するアンケート調査】直近1年間に宅配便を受け取った人は96%、発送した人は68%。宅配便サービスの利用目的は、「ネット通販・オークションの品物の受け取り」がトップ

PR TIMES / 2015年02月05日10時42分

佐川急便』主利用者では、他社利用者より少なくなっています。発送頻度は「半年に1回以下」が31.8%でボリュームゾーンです。◆直近1年間で利用した宅配便サービスと満足度、利用意向直近1年間に利用した宅配便サービスは、「ヤマト運輸(宅急便)」「佐川急便(飛脚宅配便)」「日本郵便(ゆうパック)」が上位3位です。最もよく利用した宅配便サービスを聞いたところ、「ヤ [全文を読む]

フォーカス