江戸城のニュース

隠し子から大出世。江戸の知られざる名君・保科正之の数奇な運命

まぐまぐニュース! / 2016年12月14日04時45分

江戸城内で大名たちがいならぶ部屋のそばを家光が通ると、正之は敷居際の末席に座り、おとなしく年長者たちの話に耳を傾けている。家光が聞こえよがしに「肥後(正之)の上座につける身でもあるまいに」とつぶやいてみせた。その話はたちどころに広まり、次に正之が登城して、いつもどおり末席につこうとすると、大名たちは慌てふためいて、「肥後殿、もそっとこちらへ」と上座に差し [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】江戸城で将軍が大奥へと行き来した廊下の名前は?お城の裏側クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月13日19時00分

江戸時代の政治の中心であり、将軍の住まいでもあった江戸城。今は石垣など城の面影を残すのみとなっていますが、広大なお屋敷内にはかつて様々な機能を備えた部屋がありました。ドラマや小説の題材によく取り上げられる大奥もその1つです。しかし、その内側はどうなっていたのかは意外と知られていません。そこで、今回は「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から、江戸城 [全文を読む]

日本を代表する文化歴史芸術画像を100万種保有。今回発表・100年以上前の東京関連画像を商用提供

DreamNews / 2017年01月23日14時30分

■本社〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-4-21TEL:03-5273-2741 FAX:03-5273-2563http://www.21j.com/ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〇100年以上前の東京関連画像収録リスト001アメリカ大使館.jpg 002イギリス大使館.jpg 003ソ連 [全文を読む]

江戸城も蘇るか?全国各地で進む「天守閣再建計画」

しらべぇ / 2016年08月18日05時30分

江戸城再建なるか?そしてじつは、東京都内でも江戸城再建計画があるのだ。江戸城天守台は、今の皇居東御苑にある。そこに天守閣を再建するというのは一筋縄ではいかない事業だが、実際に『江戸城天守を再建する会』というNPO法人が存在。この会は江戸城天守閣を鉄筋コンクリートではなく、木造の伝統工法で再建することが目標だ。じつのところ鉄筋コンクリート製建築は、耐用年数 [全文を読む]

歴史を楽しむ!街巡りアプリ 「東京・丸の内 江戸散歩」 本日よりAndroid版配信スタート※1

@Press / 2015年09月25日09時30分

本アプリでは、丸の内エリアの各所に設置されたビューポイントでスマートフォンやタブレットをかざすと、江戸城や大名屋敷など寛永期の江戸の情景を360°パノラマビューで鑑賞でき、さらに全てのビューポイントを回ると、日本で最も壮大で美しいと言われる幻の江戸城「寛永度天守※2」の壁紙をダウンロードいただけます。また、江戸時代に創業し現在丸の内に店舗を構える老舗や、江 [全文を読む]

城好き必見!『徳川の城~天守と御殿~』 城に関する貴重な資料を多数展示

anan NEWS / 2015年08月12日15時30分

江戸城をはじめ、名古屋城、駿府城、二条城、彦根城など、日本各地に城を築き上げました。 本展では、巨大な城絵図や城郭図、屏風や工芸品など、各地の城に関する貴重な資料が多数展示されます。 特に注目したいのは、城と町の景色を華やかに描いた図屏風の数々。例えば、《江戸図屏風》では、江戸城と町の景観が詳しく描かれています。 江戸城の天守は3度も建てられているのですが [全文を読む]

【江戸クイズ】七夕に長屋総出で掃除した場所とは?庶民の暮らしに関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月01日21時00分

ぜひ挑戦してみてください!【クイズ1】江戸時代の庶民は、毎日どのようにして時間を知ったでしょう?(い)鐘撞役が撞く「時の鐘」を聞いて(ろ)目盛りつきの線香を燃やして(は)江戸城で叩く大太鼓を聞いて(に)時計を持つ裕福な人にたずねて【クイズ2】江戸の長屋では、七夕の行事として、笹竹に短冊を飾ることのほかにもある行事を行なっていました。住民総出で行なわれる、そ [全文を読む]

真田丸『第25話』裏解説。当時の江戸が「湿地の不毛地帯」は嘘?

まぐまぐニュース! / 2016年06月26日13時00分

ドラマでは話をわかりやすくするために、北条氏政は小田原にいるように描かれていたが、実際には江戸城を拠点に外交や戦略の指導に当たることが多かったようだ。江戸城は、小田原城に次ぐ重要な戦略拠点だったのだ。 とはいえ、家康が政権を手にしてゆく過程で、江戸が大発展を遂げたのも事実だ。家康といっしょに江戸に入ってきた家臣達が、歳をとってから「自分が来た頃は、このあた [全文を読む]

川越の老舗和菓子店の絶品スイーツ「芋クリームどら焼き」がウマすぎる件

GOTRIP! / 2016年06月12日08時00分

江戸城を作ったことで有名な「太田道灌」によって建築された川越城は、どっしりとした風格のある外観で、建物内には重厚な雰囲気がただよいます。 そんな「川越城」より徒歩2分ほどの距離にある和菓子店が今回ご紹介する和菓子店「道灌」です。 ・築城の名人によって作られた川越城 和菓子店の名前の由来にもなっている人物の「太田道灌」は、室町後期に活躍し、扇谷上杉家に仕え [全文を読む]

上野恩賜公園の怖い話

Business Journal / 2015年10月16日06時00分

江戸城本丸から見て、上野の山は「鬼門」の方角に当たることから、「寛永寺は、江戸に入り込もうとする邪気や怨霊を封じるために建てられた」という説もある。しかし、結果的に鬼門を封印する立地になっただけで、寛永寺が上野に建てられた理由は、もっと単純なものだった。 寛永寺に求められた役回りは、将軍家の鎮護である。つまり、徳川家を守護する場所ということだ。そのため、 [全文を読む]

皇居の観光名所・東御苑と外苑 松の廊下跡など史跡が数多い

NEWSポストセブン / 2014年12月29日07時00分

現在の皇居の歴史はかつて江戸城であったこの場所に1868(明治元)年に明治天皇が京都御所から移り住んでから始まり、天皇の公務や宮中祭祀などが行なわれてきた。 かつて江戸城本丸があった「東御苑」、宮殿や宮内庁庁舎などがある「西の丸」、天皇・皇后の住まいがある「吹上御苑」、そして現在は玉砂利が敷き詰められた公園として公開されている「外苑」の4エリアに分かれる [全文を読む]

【ホテル日航東京】茶道「江戸千家」宗家総合監修の宿泊プラン「江戸繚乱ルーム」登場 2015年1月5日(月)~3月31日(火)

PR TIMES / 2014年12月18日17時32分

■加賀友禅の黒振袖や蓬莱山が描かれた屏風などで“江戸城大奥”をイメージ ■東京食材にこだわった朝食メニュー「東京プレミアムブレックファスト」付き[画像: http://prtimes.jp/i/2095/437/resize/d2095-437-906913-0.jpg ]========================================== [全文を読む]

【ホテル日航東京】 「江戸繚乱」期間限定 江戸スイーツ&ブレッド発売 2014年4月1日(火)~6月30日(月)

PR TIMES / 2014年03月28日14時51分

~「江戸の心」をテーマに、東京の魅力を発信!シーズナルフェア「江戸繚乱」~ 江戸城の襖絵をイメージした新作スイーツ登場====================================================================~「江戸の心」をテーマに、東京の魅力を発信!シーズナルフェア「江戸繚乱」~江戸城の襖絵をイメージした新作 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】江戸の総鎮守とされた神社の名前は?神社仏閣に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年05月10日21時00分

家康・秀忠・家光の三代に仕えた天海が、江戸の守りとするため、江戸城の鬼門にあたる場所に幕府の祈願寺を建立することを願い出て、家光の時代に建てられた。後に芝の増上寺とともに、将軍家の菩提寺とされた。【クイズ2】この神社は、江戸の総鎮守とされた神社で、その祭礼は山王祭とともに「天下祭り」と称されました。さて、この神社とは次のうちどれでしょう?(い)神田明神(ろ [全文を読む]

徳川家康最後の居城 駿府城の天守台大型調査で「発掘体験」

おたくま経済新聞 / 2017年05月10日12時00分

駿府城の天守台は江戸城をしのぐ大きさだったと考えられており駿府城の天守台は推測66m×57m、江戸城の天守台は45m×41mとされています。静岡市が行っているこの調査は、家康公が駿府城で没後400年余のときを経て行われる、初の天守台大型調査となります。通常、一般の人が発掘作業を行うことはできませんが、今年度はじめて20日間限定で実施が決定しました。 申し [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】ペリーも驚愕した力士の怪力の秘訣とは?外国人と交流のあった日本人に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年04月24日21時00分

【クイズ1】寛政5年(1793)、漂流民大黒屋光太夫らは、江戸城吹上で将軍徳川家斉に拝謁しました。このとき、ロシアで知られている日本人として、光太夫が中川淳庵とともにあげた人物とは、誰でしょう?(い)桂川甫周(ろ)塙保己一(は)徳川家斉(に)林子平【クイズ2】18世紀以降、日本と通商を求める列強は、漂流民の送還を幕府との交渉のきっかけにしようとしました。で [全文を読む]

敵の侵入を阻む防御の要!城の「堀」にこらされた驚くべき工夫の数々

サライ.jp / 2017年04月20日17時00分

江戸城の堀のように水をたたえた雄大な堀をイメージする方も多いのではないでしょうか。堀には大きく分けて「水堀」と「空堀」の2種類があります。城が平地にある場合は、河川などの水を引き入れることができるため水堀、山や台地にある城は水を引くことができないので空堀になります。近世は平山城(小高い山や丘に築かれた城)や平城(平地に築かれた城)がほとんどなので、水堀が主 [全文を読む]

せんごくトラベル「土足厳禁・畳仕様」の高速バス導入でインバウンド需要取り込みへ! 一部、完全個室仕様あり

PR TIMES / 2017年04月01日14時12分

インバウンド需要取り込みに本腰を入れ、4/29(土・祝)から江戸城~大阪城の間で運行を開始します。 ◆せんごくトラベルの新型バスは「土足厳禁・畳仕様」の豪華版 「せんごくスーパー畳号」は、国内初の土足厳禁・畳仕様で、乗客は入口で下足し、専用の草履箱へ履物を格納する造りとなっています。運転席と客室は障子戸で仕切られ、座席はゆったりとした横幅二尺(約66cm) [全文を読む]

今上天皇 退位後は京都にお戻りいただこうとの提案も

NEWSポストセブン / 2017年02月21日07時00分

明治天皇が京都の御所から江戸城(現在の皇居)に居を移したのは、元号が慶応から明治に変わった際のことだ。1868年9月に元号が変わると、間もなく天皇は東京に向けて行幸に出発。東京に着いた翌10月に江戸城を東京城と改め、いったん京都に戻ってから翌1869年3月に改めて東京に入った。 自民党は2月13日、天皇の「一代限り」の退位を認め、特例法で対応すべきとの見解 [全文を読む]

神楽坂のスーベニアショップ 「のレン 神楽坂店」の出店のご案内

PR TIMES / 2016年12月12日19時59分

神楽坂の坂下にはその昔、歌川広重の浮世絵「牛込神楽坂の図」にも描かれた江戸城の見附牛込御門が存在し、様々な人々が行き交い活気に溢れていたと言われています。江戸の神楽坂に思いを馳せ、門構えには浮世絵にも描かれている額縁のデザインを、店内に入ると両側の壁面には浮世絵の意匠を、正面にはかつて存在した江戸城の見附牛込御門を連想させる内装を施しました。[画像2: h [全文を読む]

フォーカス