臣下のニュース

「実際にパワハラされるとヘコむ」政権交代の明暗!源氏に吹き始める運命の逆風~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年11月21日08時00分

跡目争いがあってはいけないと、わざわざ臣下にして、後は大臣として国務を執らせるつもりだったのだ。私の死後も、この意に背くことのないように」。 かつて源氏が幼い皇子だった頃、院はこっそりと朝鮮から来た使節に源氏の人相見をさせたことがありました。彼は源氏を見るなり「類まれな人相の持ち主です。天下を治める器ですが、帝位に就かれると国の乱れが起こるでしょう。しかし [全文を読む]

<Wコラム>『テバク』歴史解説! 鍵を握る男 李麟佐の正体

Wow!Korea / 2016年05月19日19時13分

臣下の多くが、罪人の子を王にすることを反対した。そのため、宮中ではドラマ『トンイ』のモデルとなった淑嬪崔氏(スクビンチェシ)の子を王に擁立する動きが活発化した。ここでドラマならではの設定が登場する。実は、王位継承者候補の1人になった淑嬪崔氏の子は次男であり、史実では長男は早世している。しかし、『テバク』では、長男は死なずに「“イカサマ師”テギルとして生きて [全文を読む]

”結婚の現実”について深く考えさせられる「ダークな結婚の名言5選」

デイリーニュースオンライン / 2015年12月23日14時00分

●その3:女は男の臣下 「女は結婚することによって世界の一部分を自分の領域として与えられる。法律が彼女を男の身勝手から守ってくれる。だが、その代わりに女は男の臣下となる」 ○“男の臣下となる”だなんて、結婚の不自由さを的確に表していますよね。 ●その4:重荷に苦しむ男 「男は女にすべてを与えよと求む。女がそのとおりにすべてを捧げ、生涯を上げて献身すると、 [全文を読む]

家康の「歓迎」に驚いた異国人。日本とメキシコの知られざる絆

まぐまぐニュース! / 2016年10月26日04時45分

「余もこのような臣下を持ちたいものだ」 駿河の城でロドリゴを接見した家康は、直立して深くお辞儀するロドリゴに対して満面に笑みを浮かべ、着席するよう求めた。「武士は海上の不幸で、気を挫かれてはならない」と慰め、何でも欲しいものがあれば言ってみよ、と聞いた。ロドリゴは3つございます、と答えて、 ひとつは、いま日本にいる宣教師の布教活動を自由にしていただきたい [全文を読む]

<Wコラム>上下関係の由来、あなたは本当に「韓国」を知っている?

Wow!Korea / 2016年10月24日17時42分

王は臣下を子のように思い、臣下は王を親のように敬う教えが日本よりも徹底したのは、このような韓半島の特殊な背景があったためではないでしょうか。日本の敗戦後に独立した後、米ソの冷戦構造がありながら韓国が今日、自由民主主義国家として存在できたことにはいろいろな異見がありますが、李承晩大統領の決断とリーダーシップがあったことは確かです。今日の経済先進国になったのも [全文を読む]

真田丸『第40話』裏解説。大坂と江戸に権力が並ぶ「二重公儀体制」

まぐまぐニュース! / 2016年10月09日22時00分

実際、豊臣系の諸大名は、いまだ秀頼に対して臣下の礼を取りつづけていた。 「本来の」政権が上方にあって、簒奪による軍事政権が関東に並立しているわけだ。この並立状態は、鎌倉幕府と同じ。室町幕府だって政権の所在地が一緒だっただけで、権力の焦点が二つあった、という意味では同じ。ある意味、日本の武家政権にとっては通過儀礼のようなものともいえる。 さて、豊臣家(正しく [全文を読む]

<Wコラム>朝鮮王朝おもしろ人物列伝(文定王后編)~強い野心を秘めた王妃・文定王后

Wow!Korea / 2016年08月09日21時39分

体調が悪いにもかかわらず、文定王后のもとへ行こうとする王を、臣下たちは無理しないようにと止めるが、仁宗は「息子として行かねばならない」と言って、臣下たちの言うことを聞かなかった。彼が訪ねていくと、それまで冷たい態度を取っていた文定王后の機嫌がよく、仁宗に餅を勧めてきた。何か裏があると思ったのだが、仁宗は餅を食べてしまった。即位直後から体調を崩していた仁宗。 [全文を読む]

<Wコラム>朝鮮王朝おもしろ人物列伝(張緑水編)~暴君を意のままに操った悪女

Wow!Korea / 2016年07月27日19時41分

■幼少期の生活張緑水は、幼少期にとても貧しい生活を送っていたが、9代王・成宗(ソンジョン)の従兄弟に当たる斉安大君(チェアンデグン)の臣下の妻となった。彼との間に息子まで産むのだが、しばらくして別れてしまう。その後、底辺の身分から抜け出すために、張緑水は結婚している間に学んだ歌と踊りを生かして妓生(キーセン)となる。政治に興味を持っていなかった斉安大君は、 [全文を読む]

<Wコラム>朝鮮王朝おもしろ人物列伝(11代王・中宗編)~重臣に頭の上がらない王

Wow!Korea / 2016年07月04日19時40分

しかし、臣下たちに祭り上げられた王の治世は、苦難の連続だった。■真夜中の襲撃者たち暴君として知られる10代王・燕山君は、政務を疎(おろそ)かにして、連日のように酒や女に溺れていた。国の財源を使って豪遊する燕山君の暴政は、庶民の生活を圧迫していく。反乱が起こるのも当然だった。1506年、臣下たちの間で打倒・燕山君を掲げた大規模な反乱が起こるが、やみくもに反乱 [全文を読む]

かつての中国外交 有能な人材派遣して国づくりや文化学んだ

NEWSポストセブン / 2015年12月02日16時00分

「中国皇帝」に対して「臣下」の礼をとる「朝貢外交」において、日本はしたたかな力を発揮してきたのだ。東京大学大学院教授・小島毅氏が指摘する。 * * * 古代日本の「世界」とはすなわち東アジアである。そこでは、「天子」たる中国皇帝に周辺国の君主が「朝貢」(貢ぎ物を献上し、お返しに恩賜が与えられる)することで、国際秩序が成り立っていた。周辺国同士の関係は、それ [全文を読む]

≪ドラマNOW≫「華政」チャ・スンウォン、遷都反対の臣下に怒り

Wow!Korea / 2015年04月21日05時58分

20日に放送されたMBCドラマ「華政」では、交河への遷都に反対する臣下立ちの姿が描かれた。光海5年(1613年)、光海君(チャ・スンウォン)は北側の女真人族に備えて交河に遷都する計画を立てた。しかし西人派、北人派などに別れた臣下たちは、力争いをする。臣下が討論する場に光海君を支持しない北人派を除く全てが欠席し、これに光海君は怒り狂った。信じていた領議政のド [全文を読む]

≪ドラマNOW≫「夜警日誌」ユンホ(東方神起)、イ・ジェヨンの罠にはまり致命傷

Wow!Korea / 2014年10月07日23時23分

ムソクは「私は夜警人である前に、王様の臣下です。臣下として役目を果たします」と言って、夜警人としての道理よりも王への忠誠心を選んだ。しかしこれはキサン君とパク・スジョンが仕組んだ罠だった。キサン君は「お前を渡せば領議政が私を助けてくれると言った。最後の忠誠心を見せなさい。命をかけて私を助けるのだ」と命令し、ムソクに反撃をあきらめさせた。キサン君とパク・スジ [全文を読む]

PSY、MV共演イ・ビョンホンの未公開写真公開!

THE FACT JAPAN / 2017年05月17日14時30分

(一等功臣:国に特別な功を立てた臣下の意から一番の立役者を指す言葉)一方、イ・ヒョンホンと日本のピコ太郎が出演し話題を集めているPSYの新曲『I LUV IT』のMVは17日午後2時の時点で、Youtube再生回数で2100万回を突破した。THE FACT JAPAN [全文を読む]

「ラプンツェル」続編OA!プロポーズシーンが解禁

Smartザテレビジョン / 2017年05月11日14時33分

公開されたシーンは、両親や臣下が見守る中、ユージーンが王宮の広間でラプンツェルに指輪を渡し、プロポーズをする貴重な瞬間だ。 [全文を読む]

なぜ豊臣秀吉は「朝鮮出兵」を決意したのか なんと「あの武将」が発案者だった?

東洋経済オンライン / 2017年02月18日10時00分

全国の大名は皆、秀吉の臣下となり、これで長い戦乱の世がようやく終わったと誰もが思っていました。しかし、秀吉は「新たな戦い」を挑みます。海の向こうの朝鮮半島へと。現在、私たちが「文禄・慶長の役」と呼ぶこの戦いは、近年の調査研究により、その全貌が次々と明らかになっています。しかし、「そもそもなぜ秀吉がこのような構想を抱くに至ったのか」については、いまだ謎に包ま [全文を読む]

聖徳太子が中国の皇帝に「日没する処の天子」としたためた理由

まぐまぐニュース! / 2017年02月05日08時00分

皇帝は手紙を読み始めたとたん「このような野蛮国の無礼な手紙が来ても、これからは私に見せるな」と臣下に言いつけたそうです。この手紙のどこかに皇帝を怒らせる言葉があったのですね。それはどの言葉でしょう」 「なんとなくだけど、『つつがなきや』」と自信なさそうな答。 「『つつがなきや』は意味が分からないからね。怪しいと思ったでしょう。でも残念でした。これは『お元気 [全文を読む]

株式会社モニタス「好きな戦国武将ランキング調査」を実施。堂々の1位は「変わり者」で有名なあの人!? そして、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送に先立ち、井伊直虎の人気についても公開!

DreamNews / 2016年12月29日12時00分

戦国時代から安土桃山時代に豊臣秀吉の臣下として活躍し、大坂夏の陣では、徳川家康をあと一歩まで追い詰めた猛将ぶりが人気を得たのか、14.5%との高い支持を集めました。3位は、11.7%を獲得した奥羽の独眼竜・伊達政宗。東北の戦国武将として武力も名を馳せましたが、その政治力、さらには慶長遣欧使節を派遣してスペインとの外交まで始めてしまうという先進的な視点をもっ [全文を読む]

安倍外交の完全破綻と漂流するTPPのゆくえ

メディアゴン / 2016年12月25日07時28分

安倍首相が臨時国会でのTPP批准案および関連法案の強行制定に突き進んだのは、トランプ氏に対して「恭順の意を示す」「臣下の礼を取る」ためであったと見られる。トランプ氏が意欲を示す米日FTA・EPAにおいて、日本全面譲歩のスタンスを明示したかったのだと思われる。安倍氏のトランプ私邸詣で後に急進展したのがカジノ法の強行制定である。これもトランプ氏に対する献上品で [全文を読む]

「最愛の人に捨てられた」突然の出家に騒然!やりたい放題の源氏が犯さなかった3つのタブー~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年12月12日19時00分

朱雀帝は院の遺言に従い「あなたは父上の頃からの信頼できる臣下です、頼りにしています」と何度も慰留しますが、左大臣は政界を引退します。一方で右大臣は太政大臣に昇格し、まさに「我が世の春」です。 息子・頭の中将は彼の四女(朧月夜の姉)を正妻にしていましたが、もともとあまり仲がよくなかったのもあって、婚家のコネにあずかれず出世見送り。もっとも、気の強い頭の中将は [全文を読む]

【世界の絶景】美は細部に宿る、スペイン屈指の世界遺産・アルハンブラ宮殿はやっぱりすごい!

GOTRIP! / 2016年12月07日08時00分

レコンキスタの勢いには抗えないと判断したナスル朝最後の王ボアブディルは、カトリックの女王イザベルに城を明け渡し、臣下とともに北アフリカに逃れました。 アルハンブラ宮殿は、スペインにおけるイスラム王朝の栄華を物語ると同時に、勢力争いに敗れた文明の悲哀をも象徴しているのです。 アルハンブラ宮殿は一つの建物ではなく、1万4000平米もの広大な敷地をもつ城内に、宮 [全文を読む]

フォーカス