ローマ帝国のニュース

ロンドンの古代遺跡から“中国人”の骨が出土! 古代ローマ世界の通説を覆す発見に衝撃広がる

tocana / 2016年10月04日11時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11081.html】■古代ローマ帝国と漢王朝 古代ローマ帝国と漢王朝は8000キロ以上離れた場所に存在していたが、共に強力な古代帝国であった。エジプトを制圧したローマの征服者は、中国との交易が盛んな様子を目の当たりにした。その後も漢王朝は、かの有名なシルクロードを使い、絹 [全文を読む]

圧倒的なローマ帝国時代の円形闘技場が残るチュニジアのエル・ジェムに行ってきました。

GOTRIP! / 2014年12月09日08時39分

ローマ帝国、イスラム王国、オスマン・トルコなど、数々の民族の興亡が繰り広げられたチュニジア。民族の栄枯盛衰と壮大な歴史ロマンが刻まれ、現代にまでその歴史の息吹きを運んでくれる遺跡たちは、チュニジアの魅力の1つ。 今回はそんなチュニジアの魅力の1つとも言える遺跡の中から、エル・ジェムの円形闘技場をご紹介します。 ローマのコロッセオに代表される円形闘技場は、ロ [全文を読む]

【世界の絶景】まるで魔女の宅急便の世界!アドリア海の真珠、クロアチア・ドブロブニク

GOTRIP! / 2016年10月20日06時00分

かつてローマ帝国の領土であったドブロブニクは中心部が高い外壁で覆われていて、その外壁に登り、上を歩くことができます。 街の内は今もローマ帝国だった名残が残っており、ローマ帝国を感じながらランチやディナーができます。 街から離れ、高台に向かうと旧市街を一望できるスポットがスルジ山。 街からタクシーか、ロープウェイで行くことができます。 歩いて高台に向かって [全文を読む]

在住者が教える、フランクフルトを3時間で観光するときの必見スポット5選

TABIZINE / 2016年06月25日16時00分

中世の時代、神聖ローマ帝国皇帝の選挙や戴冠式といった重要な儀式が行われた歴史をもっています。 ドイツらしくかわいらしい木組みの建物が並ぶ様子はまさにメルヘンの世界。ここに足を踏み入れると、急に異世界に飛び込んだかのような不思議な感覚が味わえるはずです。 3軒並んだ切妻屋根の美しい建物のうち、中央の建物が「レーマー」と呼ばれる旧市庁舎です。レーマーの2階には [全文を読む]

大自然の中にある英国最古のローマ遺跡、ハドリアヌスの長城巡りを楽しもう

GOTRIP! / 2015年05月09日04時13分

122年、時のローマ帝国のハドリアヌス皇帝の命により、建設が始まりました。建設目的には学者間で諸説あるものの、「ローマ帝国の力を誇示し、他民族の侵入から防衛をするために建設された」という説が有力のようです。 この城壁は、スコットランドの国境に非常に近いイングランド北西部カーライルから、北東部のニューキャッスルにかけて、約117.5キロメートルもの長さにも及 [全文を読む]

五輪にまつわる都市伝説10エピソード...国家陰謀論から宗教イベント説まで【祝東京オリンピック】

東京ブレイキングニュース / 2013年09月27日21時00分

●古代オリンピックを潰したローマ帝国にメダリスト!? 古代オリンピックはローマ帝国の侵略まで続けられていたわけだが、ローマ帝国の2代皇帝ティベリウスは当時の五輪種目「戦車競走」の銀メダリスト。 ●全体主義国家がオリンピックを開催すると...。 全体主義の国家がオリンピックを開催した事例は次の通り。ナチス政権下のベルリン五輪1936年開催→1945年には第 [全文を読む]

日本人女性が思わずニヤニヤ、北京の骨董市場でみつけた面白いもの

Record China / 2017年03月26日00時20分

あるクラスメートは、「ヨーロッパの学生が学ぶ内容の多くは、ローマ帝国など、ヨーロッパ史とヨーロッパ文化が中心だ」と教えてくれた。私もローマ帝国について学校で学んだことはあるが、ヨーロッパに関して私が持っている知識は、ヨーロッパ人の知識には全く及ばない。 [全文を読む]

ドイツの世界遺産第一号!「皇帝の大聖堂」、アーヘン大聖堂が美しすぎる

GOTRIP! / 2016年11月26日10時00分

特筆すべきは、936年から1531年までのおよそ600年の長きにわたって、30人以上の神聖ローマ帝国皇帝がここで戴冠式を執り行ったこと。さらには、カール大帝の墓所も設けられたことから、アーヘンの大聖堂は「皇帝の大聖堂」とも呼ばれ、大切にされてきました。 アーヘン大聖堂は、ドイツの歴史、いえ、ヨーロッパの歴史において、非常に価値の高い特別な聖堂なのです。 [全文を読む]

外国人記者たちが明かす“トランプショック” 「今のアメリカはローマ帝国衰退期の“パンとサーカス”状態」

週プレNEWS / 2016年11月12日06時00分

今のアメリカ社会は、衰退が始まった一世紀の古代ローマ帝国の“パンとサーカス”(愚民政策)状態かもしれない。 トランプ氏が勝ってしまった今、新政権のスタッフ及び官僚機構が、彼に変なことをさせないこと、そして、より良い方向に導くことを期待します。絶大な権力を持つ大統領はちょっとした発言でも市場に大きな影響を与えます。しかし、感情で動くトランプ氏がその助言を受け [全文を読む]

アディダスの靴のデザインは1700年前から存在した?発掘された古代ローマ人の靴とソックリ!

tocana / 2016年09月25日07時30分

同要塞は紀元85年頃に建設され、近くには世界遺産のハドリアヌス防壁もあるローマ帝国末期の前線基地だった場所。同地では周辺の土壌に有機物の分解を阻止する特殊なバクテリアが生息しているため、保存状態の良い革製品が多く出土することで有名で、毎年夏には大規模な発掘作業が行われている。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/09/pos [全文を読む]

知られざるドイツのローマ、ドイツ最古の世界遺産の街、トリーアが面白い!

GOTRIP! / 2016年09月15日06時00分

その起源は紀元前16年に築かれたローマ植民都市、アウグスタ・トレヴェロールムにさかのぼり、かつてローマ帝国はこの地をヨーロッパ進出の足がかりとしました。 そんなトリーアにはドイツにおけるもっとも重要なローマ遺跡をはじめ、世界遺産に登録された歴史的建造物が点在しています。青空博物館さながらのトリーアの街を歩いてみましょう。 トリーアのシンボルが、巨大な黒い [全文を読む]

フランクフルトの歴史を肌で感じる観光スポット3選

GOTRIP! / 2016年08月14日04時00分

壁には一面、歴代ローマ帝国皇帝の肖像画が並んでおり、それぞれ服装や背景によってその皇帝がどんな人であったかを表しているのです。 かつての皇帝の中で、誰がイケメンなのか?なんて、そんな昔の皇帝たちの中から自分好みの皇帝を見つけてみるのも楽しいですよ。 戴冠式後の皇帝が、大聖堂から旧市庁舎レーマーまで行進する様子を描いた画も展示されています。 そして旧市庁舎 [全文を読む]

一生に一度は行ってみたい!世界の小さな美しい国5選

TABIZINE / 2016年08月01日16時00分

4世紀、ローマ帝国のコンスタンティヌス帝がイエス・キリストの使徒ペテロ殉教の地に建てた教会堂がはじまりです。16~17世紀に大規模な改修が行われ、現在目にすることができる大聖堂の大部分はその時代につくられたもの。 大きさといい、美しさといい、まさに別格。その壮麗な外観はもちろんのこと、一級の美術品で彩られた内部も圧巻です。 もうひとつ、絶対に見逃せないのが [全文を読む]

歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選

TABIZINE / 2016年05月19日18時00分

14世紀にボヘミア王カレル1世が神聖ローマ帝国皇帝カール4世となってからは、プラハを代表する壮大な建築物が次々に建設され、「黄金のプラハ」として栄華を誇りました。 街にはロマネスク、ゴシック、ルネサンス、さらにはロココ、アール・ヌーヴォーといったあらゆる建築様式が混在し、その美しさを競い合っています。重厚でありながらも繊細で華やかなプラハの街並みには心を [全文を読む]

ジャッキー・チェン主演最新作『ドラゴン・ブレイド』ブルーレイ&DVD、7月6日(水)発売!

PR TIMES / 2016年05月19日16時41分

ジョン・キューザック、『戦場のピアニスト』(アカデミー賞主演男優賞受賞)のエイドリアン・ブロディ 『神なるオオカミ』「蘭陵王」のウィリアム・フォン、K-POPグループ「SUPER JUNIOR」のメンバー、チェ・シウォンほか豪華キャストが集結! ★日本語吹替版声優が超豪華!主役級揃いの超豪華版! ジャッキー=石丸博也をはじめ、家中宏、宮本充、水樹奈々、浪 [全文を読む]

テルマエ・ロマエの世界を体験!トルコにある世界遺産「エフェソス」が美しすぎる件

GOTRIP! / 2016年05月13日02時00分

トルコの南エーゲ海地方に位置する古代ローマ帝国時代の都市遺跡・エフェソス。 数ある古代ローマ遺跡のなかでも随一の美しさを誇るこの遺跡は、2015年に新たに世界遺産に登録されたばかり。 いま再び注目を浴びているエフェソスの魅力をご紹介しましょう。 エフェソス周辺は肥沃な土地、豊かな海産物に恵まれ、古来より港町として発達していました。 紀元前2500~前120 [全文を読む]

豊かだから痩せが魅力的 飢え広がれば「デブ最高」になる説

NEWSポストセブン / 2016年02月09日16時00分

ヨーロッパでは、ローマ帝国がそうでした。女性像を見ると、ギリシャ時代のものよりも、やせているんです。ローマ帝国時代は、デブ=ダメな人の象徴になっていました」(鹿島さん) その後、ローマは崩壊し、人類は再び飢えに苦しむようになった。 「すると再びふくよかであることが善とされるようになりました。ルネッサンス初期に描かれた絵画は、ふくよかな女性が多い」(鹿島さん [全文を読む]

【チョコに飽きた?】今年は海外風に!世界中のバレンタインで行われてる愛の確認法

ANGIE / 2016年01月25日12時01分

また、日本とは違った海外のバレンタイン事情もご紹介します! 実は悲しい!?バレンタインデーの始まり バレンタインデーの起源は、ローマ帝国時代にさかのぼります。当時のローマ皇帝クラウディウス2世は、兵士には恋愛はおろか結婚も禁じていました。故郷に愛する人がいると命を投げ打って戦おうという士気が下がるというのが、その理由。なんとも理不尽な命令です。 そんな時 [全文を読む]

【イタリア】まるで空の中!いつか行ってみたい、天空都市「ヴォルテッラ」

TABIZINE / 2016年01月06日16時00分

もともと鉱物資源が豊かだったこの土地、ローマ帝国時代には町の最盛期を迎えます。 ローマ帝国時代の遺跡も町に残っています。遺跡として残る、宮殿や円形競技場の大きさから町がどんなに栄えていたかを偲ぶことができます。 その後、中世では、ルネッサンス文化花開いたイタリア中部の有力都市を結ぶ中継地として、重要な役割を果たしてきました。今でも町並みは中世の面影を色濃く [全文を読む]

ヨルダンの神殿に残されたヘラクレスの巨大3本指! 推定体積12メートル巨大オーパーツの謎

tocana / 2015年11月23日15時00分

ヨルダン考古学博物館や東ローマ帝国時代の教会跡など、ヨルダン観光においては、このヨルダン城址は欠かせないスポットであるが、特に注目したいのがヘラクレス神殿である。 ■アンマンにある謎の巨大ローマ神殿 西暦162年から166年にかけて、ローマ帝国の第16代皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスによって建造されたこの神殿には、巨大なヘラクレス像があったという [全文を読む]

フォーカス