ヤマハ発動機のニュース

"要らないけど欲しくなる"バイクの作り方

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時45分

「企業の活路 ヤマハ発動機」。前編「ヤマハの社長がバイクの免許を取った理由」に続き、後編をお届けする。 ■「ヤマハらしさ」を言葉で表現してみろ 現在、ヤマハ発動機の二輪車のラインアップを見ると、14年頃から順次始まったプラットフォーム・モデルの躍進が目立つ。新興国でベストセラーとなっている各種スクーター、先進国向けのRシリーズやMTシリーズと呼ばれるスポー [全文を読む]

ヤマハの社長がバイクの免許を取った理由

プレジデントオンライン / 2017年05月12日08時15分

ヤマハ発動機の柳弘之社長は、社長就任まで二輪の免許を持っていなかった。なぜ夜間に教習所へ通ってまで自らがバイクに乗る姿を見せたかったのか――。経済ノンフィクション「企業の活路 ヤマハ発動機」。前後編のうち前編をお届けする。 ■「バイクに乗れないのはやっぱり恥ずかしい」 静岡県磐田市にあるヤマハ発動機の本社から車で約20分、隣の袋井市に同社のテストコースがあ [全文を読む]

ヤマハの幻のスーパーカーと未来のスポーツカーが揃い踏み

clicccar / 2015年12月01日20時33分

ヤマハ発動機の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」(静岡県・磐田市)で、幻のスーパーカー『OX99-11』が2015年12月まで展示されているのに合わせて、2015年の東京モーターショーに特別出品された『スポーツライド コンセプト』も展示されることになりました。 スポーツライド コンセプトの展示期間は2016年2月末までとなっていますが、OX99- [全文を読む]

【東京モーターショー15】ヤマハが流麗な4輪スポーツモデルを出展か?

clicccar / 2015年10月19日08時03分

ヤマハ発動機といえば、バイクやモーターボートといったイメージが強いものの、過去にはトヨタ自動車との共同開発で名車「トヨタ2000GT」を世に送り出したり、同社のスポーツモデルのエンジン生産を担当するなど、自動車事業とも関連が深いことで知られています。 (出展 ヤマハ発動機) 前回の東京モーターショー13では小型パーソナルモビリティ「モティフ(MOTIV)」 [全文を読む]

原付バイクの需要が激減 このまま消えてしまうのか

NEWSポストセブン / 2016年10月07日07時00分

当時、ホンダ、ヤマハ発動機の2大メーカーが激しく販売競争を繰り広げた様は「HY戦争」とも呼ばれたが、その市場はいまや37万台にまで落ち込み、風前の灯火となっている。 そんな中、ヤマハ発動機は主力の『ジョグ』『ビーノ』の生産をやめ、最大のライバルだったホンダに生産を委託するという驚きの決断を下した。 10月5日に記者会見した渡部克明・ヤマハ発動機取締役常務執 [全文を読む]

​バレンティーノ・ロッシ選手の「VR46 Riders Academy」を 若手ライダーの育成・教育システムに導入

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年03月11日17時00分

ヤマハ発動機は、「Movistar Yamaha MotoGP」のバレンティーノ・ロッシ選手が主宰する「VR46 Riders Academy」と、3 年間のオフィシャル・パートナーおよびモーターサイクルのオフィシャル・サプライヤー契約に合意した。ヤマハ発動機は、「VR46 Riders Academy」の活動をサポートし、同アカデミーを、若手ライダーの育 [全文を読む]

幻のスーパーカー「ヤマハ・OX99-11」を間近に見る貴重なチャンス

clicccar / 2015年11月20日19時03分

ヤマハ発動機の企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」(静岡県・磐田市)で、幻のスーパーカー『OX99-11』が2015年12月まで展示されています。 2013年、2015年の東京モーターショーにおいて、四輪への参入を匂わせるコンセプトカーを出品しているヤマハ発動機ですが、その名前を冠した市販”予定”車は、1992年に発表されたOX99-11(オーエッ [全文を読む]

自転車もハイブリッド化へ…「スマホ充電も可能」な電動アシスト付きロードバイク

FUTURUS / 2015年10月06日23時00分

そこで今回ヤマハ発動機は、これまでの常識を打ち破る、新感覚・新ジャンルを開拓するという。 ■ ハイブリッド・ロードバイク 「YPJ-R」 これまでヤマハ発動機の電動アシスト付き自転車は、『PAS』というブランドで展開していたが、今回投入するロードバイク型アシスト付き自転車は新しいブランド『YPJ(Yamaha ProJect)』を使う。ヤマハのスポーツバイ [全文を読む]

​ヤマハ発動機創業60周年記念カラーモデル「マジェスティ S XC155」60th Anniversaryを限定発売

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年08月06日16時30分

ヤマハ発動機は、軽二輪スクーター「マジェスティ S XC155」の2016年モデルに、ヤマハ発動機創業60周年記念カラーの「マジェスティ S XC155」60th Anniversaryを設定し、2015年11月10日より 限定発売する。2015年8月5日〜2016月4月末日の間の期間限定予約による受注生産で、予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」 [全文を読む]

ヤマハが小型4輪の「パーソナルモビリティ」を発売か?

clicccar / 2014年11月11日11時33分

トヨタの「i-ROAD」やホンダ「MC-β」、日産「ニューモビリティコンセプト」などが目立つところですが、昨年の東京モーターショーにヤマハ発動機が前触れ無く出展した「モティフ(MOTIV)」も多くの注目を集めました。 2人乗りの小型EVで、全長2,690mm×全幅1,470mm×全高1,480mmと、「超小型モビリティ」としてはやや大きめですが、モーター [全文を読む]

ヤマハ発動機、検索ソリューション「MARS FINDER SOLUTION」を導入

PR TIMES / 2013年08月20日12時17分

API によるデータ授受方式で UI と検索エンジンを分離し、“Web ブランディング効果”と”サイトのユーザビリティ”を両立国内の主要企業にサイト内検索サービスを提供する株式会社マーズフラッグ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:武井 信也)は、この度、SaaS型の検索ソリューション「MARS FINDER SOLUTION(マーズファインダーソリューシ [全文を読む]

ヤマハ発動機、XSR900、世界的に権威あるデザイン賞「Red Dot Award:プロダクトデザイン2017」受賞

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年04月03日13時00分

ヤマハ発動機は、世界的に権威あるデザイン賞「Red Dot Award:プロダクトデザイン2017」(ドイツ「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催)において最高賞である"Best of the Best"に「XSR900」が選ばれたと発表した。 ヤマハ発動機製品の同 [全文を読む]

ビジネスファーストで機会損失をさせないインフラ構築を―ヤマハ発動機のデジタル施策とITインフラ戦略

EnterpriseZine / 2017年03月22日06時00分

スピードと柔軟性が求められるデジタル時代、グローバル企業として着実な成長を遂げているヤマハ発動機では、多彩な事業活動を支えるITインフラをオンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッド環境で構築しているという。2017年2月21日に開催したEnterpriseZine Day 2017「デジタル時代を支えるITインフラ戦略」の中で、ヤマハの具体的な施策と [全文を読む]

国際的に権威ある独デザイン賞を受賞 エレキギター『REVSTAR』、エレクトリックバイオリン『YEV』、音を奏でる電動アシスト車椅子いす『&Y01』が「iFデザインアワード」を受賞

PR TIMES / 2017年02月14日12時37分

『&Y01』はヤマハ発動機との合同受賞ヤマハ株式会社(以下、ヤマハ)のエレキギター『REVSTAR』とエレクトリックバイオリン『YEV』、ヤマハ発動機株式会社(以下、ヤマハ発動機)と共同でデザインした音を奏でる電動アシスト車いす『&Y01』(アンディゼロワン)が、国際的に権威のあるドイツのデザイン賞「iFデザインアワード2017」を受賞しました。なお、『& [全文を読む]

ヤマハ発動機、アフリカ向け戦略車 「CRUX Rev」発売

Autoblog JP(オートブログ) / 2017年02月02日20時00分

ヤマハ発動機は、空冷4 ストロークの"BLUE CORE"110ccエンジンを搭載したアフリカ向け戦略モデルの新製品「CRUX Rev(クラックス レヴ)」を2017年4月からアフリカ諸国で発売、以降、中米・カリブ諸国へ順次導入する。 「CRUX Rev」は、徹底した現地調査のもと、アフリカ向けに初めて開発した戦略車で、各国の交通環境や業務用途を配慮した設 [全文を読む]

自転車版のTRICITY、ヤマハ「05GEN」が六本木ヒルズに登場!…「Two Yamahas, One Passion~デザイン展2016~」

インターネットコム / 2016年09月24日06時30分

ヤマハとヤマハ発動機は2016年10月7日から10月10日まで、六本木ヒルズ大屋根プラザで合同デザイン展「Two Yamahas, One Passion~デザイン展2016~」を開催する。TRICITYみたいな電動アシスト自転車のデザインコンセプト「05GEN」も展示される予定。 この合同デザイン展は、楽器をデザインするヤマハと、バイクなどをデザインする [全文を読む]

ヤマハ発動機、台数限定「ビーノ XC50D」Vino Navy Styleを7月20日に発売

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年06月17日19時30分

ヤマハ発動機は、レトロポップなスタイルの原付一種スクーター「ビーノ XC50」シリーズに、ジーンズが似合う「ビーノ XC50D」Vino Navy Styleを設定、台数限定1,000台にて7 月20日より発売する。 「ビーノ XC50D」Vino Navy Style は、「ビーノ XC50D」をベースに、新色マットブルーと専用グラフィックを施し、アクテ [全文を読む]

ヤマハ発動機、「XSR900」と「XSR900」60th Anniversary を新発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年02月23日20時00分

ヤマハ発動機株式会社(以下、 ヤマハ発動機)は、水冷直列3気筒エンジンをアルミ製フレームに搭載し、"Neo Retro"の世界を提唱する新製品「XSR900」および、同社創業60周年記念カラーの「XSR900」60th Anniversary を4月15日より発売する。 「XSR900」60th Anniversary は、2月23日から9月末日までの受注 [全文を読む]

ヤマハ悲願の4輪スポーツカー「スポーツライドコンセプト」は2020年に市販化か?

IGNITE / 2015年12月17日09時36分

バイクメーカーとして知られるヤマハ発動機の4輪コンセプト「スポーツライドコンセプト」がそれだ。見逃してしまった方も、今なら“実車”を間近で見るチャンスがある。 ヤマハ発動機のコミュニケーションプラザ(静岡県磐田市)では、来年2月末まで「スポーツライドコンセプト」が展示される。 しかも、1991年に発表したものの当時の経済情勢によって開発中止を余儀なくされ [全文を読む]

【WSBK】ヤマハ、2016年 スーパーバイク世界選手権に2011年以来 5 年ぶりに復帰

Autoblog JP(オートブログ) / 2015年09月27日23時10分

ヤマハ発動機のヨーロッパ現地法人Yamaha Motor Europe N.V. (YMENV)は、2016年のスーパーバイク世界選手権に、2011年以来、5年ぶりに復帰することを決定した。チームからは、現在WSBKで活躍するシルバン・ギュントーリ選手とアレックス・ローズ選手が参戦し、新型「YZF-R1」とともに、2009 年以来となるチャンピオン獲得を目 [全文を読む]

フォーカス