桑子真帆のニュース

放送事故寸前!?NHK伊藤海彦アナのマッパ映像に桑子真帆も「あらららら」

アサジョ / 2017年06月01日18時14分

スタジオにいたメインキャスターで新婚の桑子真帆アナも、VTRで伊藤アナの脱ぎ姿を見ると思わず「あららら、あらららら」と声を上げ、ニヤけていたのは致し方ないだろう。(本多ヒロシ) [全文を読む]

NHK桑子真帆アナ、フジテレビアナとの結婚で、早くも囁かれる「格差婚」

アサ芸プラス / 2017年05月26日17時58分

4月からNHK「ニュースウォッチ9」の司会に抜擢された桑子真帆アナ。自身の誕生日の5月30日にフジテレビの谷岡慎一アナと結婚することが発表されたが、「5月11日放送の『ニュースウォッチ9』のエンディングで有馬嘉男キャスターから唐突に祝福され、笑顔で照れている姿が印象的でした。番組の雰囲気も小物や植物が多く並べられるなどポップで好評のようです。桑子アナは『ブ [全文を読む]

NHK桑子真帆がフジテレビアナとの結婚で「タレント転身」が加速!?

アサ芸プラス / 2017年05月16日09時59分

5月10日、結婚する事が明らかになったNHKの桑子真帆アナ。 お相手は以前から交際が報じられていたフジテレビの谷岡慎一アナで、5月末に婚姻届が提出されるという。 今年4月から「ニュースウオッチ9」で司会を務めるなど、NHKでも屈指の人気アナの桑子アナの電撃結婚は業界内でも大きな話題となっている。「『もうちょっと待ってくれてもよかったのに』というのがNHK上 [全文を読む]

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

女子アナに造詣の深いアイドル評論家の小谷哲氏が推すのは、夜ニュース「ニュースウオッチ9」の新キャスターに抜擢された桑子真帆アナ(29)だ。「かつて『ブラタモリ』では、小股の切れ上がったフットワークの軽いお尻をたびたび画面に見せていたのが印象的。あの小尻はタモリだけでなく、オジサン世代を縦横無尽に転がせる潜在能力を秘めています」 女子アナウオッチャーの丸山 [全文を読む]

NHK4月大異動 桑子真帆アナが笑い、鈴木奈穂子アナが泣く

NEWSポストセブン / 2017年04月10日16時00分

今回の大異動で最大の“勝ち組”と囁かれているのが桑子真帆アナ(29)だ。『ブラタモリ』のアシスタントでブレイクした桑子は、看板番組『ニュースウォッチ9』に大抜擢された。NHK関係者が明かす。 「NHKでは珍しくタレント性のある桑子アナを“ポスト有働由美子”として育てたいという上層部の意向のようです。視聴率が頭打ちになっていた『ウオッチ9』へのテコ入れの意 [全文を読む]

NHK次世代エース、桑子真帆アナの「心配」

NewsCafe / 2017年02月20日12時00分

ま、おっさんアナの異動はともかく、やっぱり興味は女子アナだよ」 記者「2015年3月まで『ニュースウォッチ9』の担当だった井上あさひアナ(35)が京都放送局から2年ぶりに東京に戻り、『ニュース7』の土日祝日担当になりますが…」 デスク「彼女でもないんだよね、オイラの注目はNHKの将来のエース女子アナ、桑子真帆アナ(29)だよ」 記者「桑子アナは深夜ニュース [全文を読む]

“タモリの恋人”NHK・桑子真帆アナ『ニュースウオッチ9』に栄転も「傷心」癒えず……

日刊サイゾー / 2017年02月03日07時00分

“タモリの恋人”として知られ、NHK総合『ニュースチェック11』(月~金曜午後11時15分~)のキャスターを務めているNHK・桑子真帆アナが、4月より同局の看板報道番組『ニュースウオッチ9』(月~金曜午後9時~)のキャスターに大抜擢された。パートナーは『ニュースチェック11』でコンビを組んでいる有馬嘉男キャスターで、現在『ニュースウオッチ9』に出演中の鈴木 [全文を読む]

『ブラタモリ』新アシスタントの近江友里恵アナは“女神”!? 前任・桑子真帆アナ時代を上回る高視聴率をキープ

日刊サイゾー / 2016年06月23日13時00分

2代目アシスタントに起用されたのは、広島放送局から東京アナウンス室に異動したばかりの桑子真帆アナだ。 同番組の視聴率は第1~第3シリーズまではほとんど1ケタ台だったが、第4シリーズから放送時間が土曜のゴールデン帯に変わったことも功を奏したのか、2ケタ台を連発。昨年10月31日の「富士山頂」の回、今年1月23日の「小田原」の回には、番組最高の14.7%を記録 [全文を読む]

「ブラタモリ」高視聴率の裏で前担当の桑子真帆アナが艶っぽくなっていた!

アサ芸プラス / 2016年05月12日09時59分

同番組ではこの4月に“旅の相棒”が、桑子真帆アナから2歳年下の近江友里恵アナへとバトンタッチしたばかり。童顔がトレードマークの近江アナに食いつく視聴者も多かったようだ。 一方で、4月にスタートした「ニュースチェック11」(月~金)のキャスターとして“夜の顔”に転身した桑子アナにも熱い注目が集まっているという。テレビ誌のライターが説明する。「同番組のセットは [全文を読む]

脱タモリ!桑子真帆アナの“ドアップ”新番組がサラリーマンの癒しに

アサ芸プラス / 2016年04月08日17時58分

NHKの春の改編で「ブラタモリ」を卒業した桑子真帆アナの出演する新番組「ニュースチェック11」が一風変わっていて、意外な人気を呼んでいる。 いかにもニュース番組というスタジオではなく、ラジオのブースをイメージしたスタジオ内で、桑子アナの後ろには苗字を使った標語のような貼り紙がある。「く」つろいで「わ」たしといっしょに「こ」んやもチェック11 視聴者はツイッ [全文を読む]

「ブラタモリ」桑子真帆アナが夜のニュースへ!

Smartザテレビジョン / 2016年02月02日17時31分

注目は「ブラタモリ」(NHK総合)でタモリと共に日本各地を回り、昨年はアナウンサーの人気ランキングにもランクインした桑子真帆アナ。タモリの相方を現福岡放送局の近江友里恵アナに託し、毎週月曜から金曜夜11時15分からの枠に新設される「ニュースチェック11」(NHK総合)を担当することになった。 桑子アナは「昨年はブラタモリとともに、『NHKニュース7』(N [全文を読む]

NHK桑子アナ一強体制 焦る井上・和久田、有働は高みの見物

NEWSポストセブン / 2017年09月05日16時00分

「最大の火種は桑子真帆アナ(30)の“一強”体制。彼女の急成長には目を見張るものがあります。 今年4月に鳴り物入りで『ニュースウオッチ9』に抜擢された時には、“チーム桑子”として、立ち居振る舞いから衣裳、メイクまで指導するチームが組まれたほどの“報道初心者”でしたが、5か月経った今、安倍晋三・首相に堂々と『もり・かけ問題』を追及するなど、硬派アナへの大変 [全文を読む]

「仕事人内閣」発足! 今週の末期的珍言を総ざらい

文春オンライン / 2017年08月05日07時00分

冒頭の言葉は、内閣改造の後、NHK「ニュースウォッチ9」に生出演した際、桑子真帆アナウンサーからの「(獣医学部新設について)話を聞いていないとすると、ゴルフや食事しているとき、普段はどのような話をしているのか?」という質問に対する安倍首相の答え。言葉どおり受け取ると、たしかに正論だと思う。相手の立場を利用することばかり考える友情は長続きしまい。 教授職を [全文を読む]

有働由美子が「つけま」を毛量調節!マツコの追及を未然に防いだ?

アサジョ / 2017年07月30日18時15分

NHKから熱望され続け、やっと初MCとなったマツコをどう転がすか、その手腕に期待されていたのだが、世間が下した評価は「有働さんのよさが皆無」「マツコには桑子真帆アナのほうが合ってる?」「有働アナに中間管理職の悲哀を感じた」などと、あまり芳しくないようだ。その一方で、有働アナのメイクに関しては「『あさイチ』MCの時よりかわいかった」と、番組進行以上に評価され [全文を読む]

ブラタモリで大ブレイク「NHK2大女子アナ」の魅力

日刊大衆 / 2017年07月24日07時05分

井上あさひアナ(35)や桑子真帆アナ(30)など、NHKが誇る人気の女子アナの中では異色の童顔&ミニマムボディの彼女だが、タモリと繰り広げるふんわりとした掛け合いが、視聴者の心をつかんでいると評判なのである。「おっとり系の彼女は、前に出ず、言葉数も多いとは言えません。テキパキと進行をこなす一般的なアナウンサー像とは異なり、一歩下がって優しく見守る“昭和妻” [全文を読む]

みんなが「藤井勝利」を手放しで大喜び マイナー業界にスポットライト 〈最年少プロ棋士・藤井聡太四段の連続29連勝達成報道〉(NHKニュースウォッチ9、ほか各局)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月29日12時00分

誰か1人でも増田の心情に言及するかと思ったが、NW9の桑子真帆もその相棒の有馬嘉男も藤井の応援団と化していて、藤井が「勝った勝った」と手放しで喜んだ。これでいいのか? まあ、日本中が新記録を待ち望んだという状況だから仕方がなかろうが。 それにしても、将棋会館の会場に、ドヤドヤと雪崩れ込んでいるマスコミ人たちの通行整理をもっとやってやらないと、気が散るだろ [全文を読む]

お天気キャスター・斉田季実治 時折「ハズす」のが魅力

NEWSポストセブン / 2017年06月27日16時00分

そのボディーパフォーマンスに、桑子真帆キャスターは笑い転げていました。 あるいは、コーナーの変わり目にも注目。斉田さんの天気予報コーナーの次はスポーツコーナー。一橋忠之キャスターが席へと向かうため斉田さんの前を通り過ぎるその瞬間。斉田さんが手に持っていた天気予報の小道具を、いきなり手渡し。 「おっと!」と、突然のことに慌てる一橋キャスター。台本にはない即興 [全文を読む]

草なぎ剛も安泰!?「ブラタモリ」は超あげまん番組だった!

アサジョ / 2017年06月23日18時15分

三代目を務めた桑子真帆アナは、今や『ニュースウォッチ9』のキャスターに抜擢されています。そしてその後を受けた現在のアシスタント・近江友里恵アナは、就任早々、京都伏見編で最高視聴率16%をマーク。さらに、最近放送された名古屋・熱田編の視聴率は地元名古屋で18.3%を記録するなど目覚ましい成績。しかも久保田アナは結婚出産、桑子アナもフジテレビのイケメン・アナウ [全文を読む]

好感度爆上げ!山崎夕貴がフジテレビの看板アナに昇格!?

アサジョ / 2017年06月22日10時15分

従来のフジテレビでは分かりやすい美人を重宝してきましたが、最近の女子アナは水卜アナやNHKの桑子真帆アナなど素朴で親しみやすいタイプが人気に。そのためこれまでは社内での注目度が低かった山崎アナに、スポットライトが当たった形です」(前出・業界関係者) もともと老若男女を通じて好感度が高く、局員からの人気も高かったという山崎アナ。その彼女が夕方の報道番組「みん [全文を読む]

『ニュースウオッチ9』有馬キャスター「まずは楽しむこと」

NEWSポストセブン / 2017年06月09日16時00分

これまで、何かと桑子真帆アナ(30)のほうが話題になりがちだったが、そのかたわらで微笑むロマンスグレーの有馬記者に密着した。 『有馬嘉男』『ニュースウオッチ9』『評判』。3つのワードで検索すると“明るい”“安心感がある”という声に交じって、“おしゃれ”“メガネもイケてる”という書き込みが。 「おしゃれ? ぼくがですか!? それは意味不明です(苦笑)。ぼくは [全文を読む]

フォーカス