引越社のニュース

アリさんの「不当労働行為」、都労委が認定…全従業員に「反省」の社内報送付命じる

弁護士ドットコムニュース / 2017年08月23日18時22分

東京都労働委員会は8月23日、「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」に対して、労働組合との団体交渉に「誠実に応じなければならない」とする命令書を交付した。同社の従業員が加入する労働組合プレカリアートユニオンが、不当労働行為の救済を申し立てていた。 命令の内容は、(1)引越社は組合からの脱退を勧奨してはならない、(2)引越社関東は、組 [全文を読む]

パイプドHDグループのパイプドビッツ、アリさんマークの引越社グループからマイナンバー収集システム基盤を受注 ~約4,500人の個人番号を「スパイラル(R)マイナンバー管理サービス」でオンライン収集へ~

DreamNews / 2015年11月18日16時30分

【概要】株式会社パイプドビッツは、株式会社引越社関東のグループ全社におけるマイナンバー制度対応に関して、個人番号の収集システム基盤として「スパイラル(R)マイナンバー管理サービス」が採用されたことを、本日2015年11月18日に発表します。 株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、東証1部パイプドHDグループ<証券コード3919> [全文を読む]

引越社と一従業員の「戦い」は終わっていない 都労委の救済命令に対して不服申し立て

東洋経済オンライン / 2017年09月14日10時46分

「アリさんマーク」で知られる引っ越し専業大手の引越社。8月23日、東京都労働委員会(都労委)は同社に対し、社外の労働組合に加入して交渉を求めた男性社員に対する不当労働行為を認定し、救済措置を取るよう命じた。ところが、同社はこの命令を不服とし、不服申し立て期限の9月7日までに中央労働委員会に不服を申し立てたことが東洋経済の取材で判明した。なぜ矛を収めようとし [全文を読む]

「アリさん」引越社の不当労働行為を都労委が認定

J-CASTニュース / 2017年08月24日16時20分

東京都労働委員会は2017年8月23日、「アリさんマークの引越社」で知られるグループ3社(引越社引越社関東、引越社関西)に対し、同社で不当労働行為があったとして救済措置を取るよう命じた。 都労委の発表によると引越社関東は15年6月29日、社外の労働組合に加入し団体交渉を要求した営業職の男性社員を「シュレッダー係」に異動させ、同8月11日には懲戒解雇処分を [全文を読む]

恫喝動画が話題の「アリさん」引越社と訴訟中・・・「シュレッダー係」男性の復職環境

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月06日17時10分

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」が、いわゆる「追い出し部屋」への異動を命じたのは無効などとして、同社を提訴している元営業職の男性(34)が、弁護士ドットコムニュースのメール取材に応じた。 男性は今年8月に懲戒解雇を言い渡されたが、会社が撤回したため、10月1日から復職している。だが、その業務は、希望する営業職でなく、机もイスも [全文を読む]

一日中立つ「シュレッダー係」に異動、「アリさんマークの引越社」訴えた裁判始まる

弁護士ドットコムニュース / 2015年09月30日17時57分

アリさんマークで知られる「引越社」のグループ会社「引越社関東」で、営業職として働いていた男性社員(34)が、労働組合に加入したことをきっかけに、「追い出し部屋」への異動を命じられたとして、命令の無効などを求めて同社を提訴した。第1回口頭弁論が9月30日、東京地裁で開かれ、男性本人が意見陳述をおこなった。 ●解雇理由を「罪状」と書いた紙を貼り出された 意見陳 [全文を読む]

アリさん労働問題「全面的な和解」交渉へ、労働組合の「街宣活動」は急きょ中止

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月15日13時26分

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」(東京都)で営業職だった男性社員が、労働組合への加入をきっかけに「シュレッダー係」に異動させられた問題で、男性が加入する労働組合「プレカリアートユニオン」の清水直子執行委員長は5月15日、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「会社側から、全面的な和解に向けた話し合いをしたいという提示があった [全文を読む]

「何しとんねん、ワレェ!」のアリさん副社長、労働委員会でヤジ浴びながら尋問

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月18日19時46分

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」が、労働組合「プレカリアートユニオン」の組合員に対して不利益な取り扱いなどをおこなったとして、組合側が不当労働行為の救済を申し立てた事件で、会社側証人の尋問が11月18日、東京都労働委員会でおこなわれた。同社の井ノ口晃平副社長が尋問を受けた。 井ノ口副社長は、昨年10月に引越社関東の東京本社前で [全文を読む]

アリ地獄!?アリさんマーク引越社炎上!メディアからのバッシングでサイトダウン!

秒刊SUNDAY / 2015年10月06日11時55分

アリさん引越社幹部が労働組合員らを恫喝するという非常に恐ろしい動画がネットに流出し、その影響で同企業へのバッシングが強まっております。また各ネットメディアも総じてこの動画を取り上げ、大きな炎上騒動と発展しております。SNSを活用した企業バッシング及び炎上騒動は昨年「ペヤング」などをはじめとする異物混入問題を踏まえると謝罪しても収まらない可能性がある。【物議 [全文を読む]

アリさん「シュレッダー係」異動から1年、「元に戻して」署名2万5000人分提出

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月24日19時12分

「アリさんマークの引越社」で知られる引越社関東(東京)で、営業職だった30代男性が「シュレッダー係」に異動させられてから、まもなく1年をむかえる。男性が加入する労働組合は6月24日、男性を元の職場に戻すよう求める署名約2万5000人分を会社側に提出した。男性は「会社には、ことの重大さを早くわかってもらいたい」と話した。 ●「全国から紙が送られてくる」 男性 [全文を読む]

セブン‐イレブンの搾取的圧迫にFC加盟店が蜂起、違法性認定で勝訴!救済命令も

Business Journal / 2015年12月01日06時00分

今年のブラック企業大賞候補にノミネートされていたのは、セブンのほか、暁産業、フジオフードシステム、エービーシー・マート(ABCマート)、明光義塾を運営する明光ネットワークジャパン、アリさんマークの引越社を運営する引越社関東の6社だった。 セブンへの受賞理由として実行委は、販売期限の近い弁当などを値下げする「見切り販売」を妨げるなどしてフランチャイズ加盟店 [全文を読む]

アリさんマークの引越社、懲戒解雇で都労働委から「不当労働行為」と認定

ねとらぼ / 2017年08月24日19時09分

アリさんマークで知られる「引越社」グループに「不当労働行為」があったとして、東京都労働委員会事務局が救済命令を交付しました。勤務中に発生した車両事故による弁償金の返還を求めていた社員を解雇するなど、不当な扱いに対しての措置。 解雇された男性は2015年3月に外部の労働組合に加入し、賃金から差し引かれていた弁償金の変換等を求めて団体交渉を申し入れました。交渉 [全文を読む]

労組加入でシュレッダー係へ不当異動 労使トラブルを未然に防ぐには?

JIJICO / 2017年06月07日12時00分

アリさん「引越社」 社員と和解アリさんマークの引越社の名称で知られる「引越社関東」(東京)で営業職だった男性従業員(35)が、労働組合加入後にシュレッダー係に配置転換(配転)させられたのは不当だとして配転の無効などを求めていた訴訟の和解が5月24日、東京地裁で成立しました。主な和解内容は、会社は、6月1日付で男性を配転前の労働条件で営業職として復職させる、 [全文を読む]

引越社で和解、1人の従業員が「大勝利」の顛末 シュレッダー係へ配転は「社会的相当性欠く」

東洋経済オンライン / 2017年05月28日08時00分

和解した相手は、「アリさんマーク」で知られる引越専業大手・引越社関東だ。■2度の配置転換後に「懲戒解雇」話は約2年前の2015年にさかのぼる。社員の有村有氏(仮名・35歳。本裁判の原告)が業務中に交通事故を起こすと、会社から当然のように弁償を求められた。弁償額は会社が定めた上限の48万円。毎月1万円を給与から天引きするという。だが、会社に雇われている従業員 [全文を読む]

アリさん「引越社」と「シュレッダー係」に配転された社員、東京地裁で和解成立

弁護士ドットコムニュース / 2017年05月24日14時10分

アリさんマークで知られる引越社のグループ会社「引越社関東」で営業職だった男性社員(35)が、シュレッダー係に配置転換させられたのは不当だとして、地位確認などを求めていた訴訟は5月24日、東京地裁で和解が成立した。 主な和解内容は、会社は(1)6月1日付で、男性を営業職として復職させる、(2)営業車両の使用を認める、(3)配転前の労働条件に戻す(4)解決金を [全文を読む]

裁判官「あなたがシュレッダー係を命じられたらどう思う?」アリさん副社長絶句

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月09日18時21分

「アリさんマーク」で知られる引越社グループ会社「引越社関東」の男性社員が、営業職から「シュレッダー係」などに異動させられたのは不当だとして、地位確認などを求めている訴訟の口頭弁論が2月9日、東京地裁であった。 この日は、同社の井ノ口晃平副社長の証人尋問が行われた。井ノ口副社長は、男性をシュレッダー係に配転したのは、「秩序を守るため」「制裁ではない」と繰り返 [全文を読む]

シュレッダー係1年「ほぼ無の境地」…アリさん「引越社」労働問題、男性従業員の心境

弁護士ドットコムニュース / 2016年05月09日15時56分

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社で、一日中立ちっぱなしの「シュレッダー係」に異動させられた30代男性の労働状況に迫るドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」(土屋トカチ監督)が現在、制作されている。5月8日には、土屋監督と男性本人、代理人弁護士らが出演するトークイベントが東京・阿佐ヶ谷のライブハウスであり、男性が現在の心境を語った。 ●今 [全文を読む]

「アリさん」引越社と労組の和解協議決裂・・・男性社員は「シュレッダー係」のまま

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月04日14時58分

「アリさんマーク」で知られる引越社のグループ会社「引越社関東」で営業職をしていた男性が、労働組合に加入したのをきっかけに、机もイスもない「シュレッダー係」への異動を命じられてから、7カ月以上がすぎた。男性が所属する労働組合「プレカリアートユニオン」は、引越社関東の対応が「不当労働行為」にあたるとして、東京都労働委員会に救済を申し立てていたが、そこでの和解協 [全文を読む]

今年のブラック企業大賞が決定!問われるモラルと企業のあり方

FUTURUS / 2015年12月08日11時30分

■2:WEB投票賞「株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)」 元営業職であった社員を、勤務態度や機密事項流出などの理由でシュレッダー係に配置転換した後、突如として懲戒解雇し、同社員の顔写真入りの罪状(全社員を脅迫しているような内容)を作成して、全国の店舗に掲示するなどした。 また、YouTubeで見た方も多いかも知れないが、労働組合の抗議行動に対し [全文を読む]

社員に「北朝鮮人帰れ」の張り紙! ブラック企業大賞を攻撃した「アリさん引越社」はブラックどころかヘイト企業だった

リテラ / 2015年12月03日19時00分

先日11月29日、「週刊SPA!」(扶桑社)のweb版が「ブラック企業大賞はただの企業イジメ」と題して、同賞にノミネートされていたアリさんマークの引越社の井ノ口晃平副社長のインタビューを先行配信し、「ブラック企業大賞をエサに企業恐喝まがいの行為をして、金銭を要求することが真の目的」などという副社長の言い分をそのまま掲載していた。 本サイトは翌日11月30日 [全文を読む]

フォーカス