林家木久扇のニュース

茨城・古河病院、10周年記念式典にて「林家木久扇・木久蔵親子 落語会」を7月5日開催!

@Press / 2015年07月02日16時00分

本イベントには落語家の林家木久扇氏・木久蔵氏もかけつけ、落語会を開催いたします。 ■古河病院10周年記念特設サイト: http://kogahosp-anniversary.jp/ 2014年7月末に初期の喉頭がんと診断され一時、芸能活動を休止していた落語家の林家木久扇氏。『笑点』では、黄色い着物のおバカキャラとして人気を博し、「いやん、ばか~ん」のフレー [全文を読む]

手塚治虫、石ノ森章太郎...巨匠がズラリ 漫画誌創刊記念し東京・神田で原画展

Jタウンネット / 2017年09月14日17時04分

落語家の林家木久扇さんも、自ら描いた漫画の原画を出品 原画展のポスター 漫画誌を作るのは、編集プロダクションの「はちどり」(東京都千代田区)だ。創刊号は、9月19日に主婦の友社から発売される。価格は、555円(税抜)。手塚治虫さんら巨匠の過去の名作を再掲載し、現役の漫画家らによるオリジナルの新作も連載する。このほか、故・池波正太郎さんの原作作品や黒崎裕一郎 [全文を読む]

落語・グルメ スタンプラリーきっぷを発売します!

PR TIMES / 2017年04月27日14時35分

林家木久扇イラスト入り限定24時間券と寄席鑑賞券がセットになってお得!きっぷ発売を記念して、5月31日(水)池袋演芸場にて「鉄道落語会」を開催します! 東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)と一般社団法人落語協会(事務局:東京都台東区 会長:柳亭 市馬)では、「林家木久扇イラスト入り限定東京メトロ24時間券」、対象の寄席のうち1カ所で1回利用でき [全文を読む]

林家木久扇 喉頭がんの経験にきく姫「師匠は生命力が強い」

WEB女性自身 / 2017年07月07日16時00分

いま弟子は10人いるけれど、弟子をとるときには、『このコが真打になるとき死んでちゃあいけない』って覚悟を決めるから、それが元気の秘訣にもなってるかな」 こう話すのは、落語家・林家木久扇(79)。'76年からは『笑点』(日本テレビ系)にレギュラー出演中。'07年に木久蔵の名を長男にゆずり、木久扇に。漫画家、ラーメン店経営など多才ぶりも知られる。そんな木久扇師 [全文を読む]

林家木久扇×林家きく姫 師弟で語る“男社会”ならではの苦労

WEB女性自身 / 2017年07月07日16時00分

そんな彼女が、師匠である林家木久扇(79)と入門当時のことを語り合った。 木久扇「最初に訪ねてきたの、あれは春だっけ?」 きく姫「4月ですね。師匠の事務所に行って、玄関のチャイムを鳴らしたら、扉の向こうから『いませんよ〜、いませんよ〜』って師匠の声が聞こえたんです」 木久扇「ふつうは『落語が面白いから』とかが入門理由なんだけど、アナタは違うんだよね」 きく [全文を読む]

元大関・清國の息子は身長192cmのイケメン噺家

NEWSポストセブン / 2016年11月12日07時00分

192cmの高身長に甘いマスクを持つ林家木りん(27才)。さらに74才の父親は元大関の清國というのが驚き。そんな彼がなぜ落語家になったのだろうか? 「10代の頃に、林家木久扇と柳亭市馬、ふたりの師匠の噺を聴いて落語のイメージが一変しました。こんなおもしろいものだったのかと。今後もさらに修業を重ねて、いつか師匠のようにマルチに活躍していきたいです」。 【Pr [全文を読む]

木久扇 笑点新メンバーに「せがれが選ばれたら嬉しかった」

NEWSポストセブン / 2016年08月11日07時00分

ネットなどの予想では、司会者候補として、外部ならタモリやビートたけし、出演者なら6代目・三遊亭円楽や林家木久扇の名が挙がっていた。そこで、実際の交代劇はどうだったのか、林家木久扇(78才)に直撃した。――歌丸さんから、引退の相談はあった?木久扇:ご自分できっぱりお考えになったんです。今年の春ごろ、『笑点』が始まる前に、ぼくたちメンバーが別室に呼ばれたんです [全文を読む]

木久蔵ラーメン 「まずい」の宣伝効果を木久扇が明かす

NEWSポストセブン / 2016年08月06日07時00分

林家木久扇(78才)は、最年長メンバーに。「黄色い人」でおなじみ、林家木久扇の素顔に迫った。――木久扇さんは食にこだわりがあるそうですね。木久扇:そうなんです。口の商売ですから、おいしいものを知らないのはだめ。おにぎり2個で満腹になっている人が、金持ちの話をしたって、それは現実味がないでしょ? おいしいものを知っているから、話ができるんです。――木久蔵ラー [全文を読む]

無敵のスーパースターも孫には勝てず…京都・嵐山でマゴマゴ 2月21日(日)特番「孫まご旅」

PR TIMES / 2016年02月17日10時56分

この「孫まご旅」に挑むのが、漫画家・蛭子能収、落語家・林家木久扇、女優・高橋惠子。それをウオッチングするのが、昨年11月に娘・関根麻里の出産によって「じぃじ」になった関根勤、そして尾木直樹、菊地亜美。 久美子ちゃん9歳・寿太郎(こたろう)くん7歳と、はじめての「孫まご旅」で京都に訪れた林家木久扇。嵐山で観光客の若い女性たちに囲まれる木久扇じぃじの人気ぶりに [全文を読む]

ももクロ「試聴×視聴ビデオ」M10は落語家・林家木久扇

dwango.jp news / 2016年02月10日21時00分

M10楽曲のビデオに登場したのは「ニッポン笑顔百景」でももいろクローバーZと共演した落語家・林家木久扇。 扇子を片手に、ノリノリで試聴する様子がいかにも楽しそうなビデオとなっている。 林家木久扇が聞いているのは、さだまさしが作詞作曲を務め元・栗コーダーカルテットの近藤研二がアレンジを担当した3rdアルバム『AMARANTHUS』M10楽曲の『仏桑花』と、 [全文を読む]

ハプニング続出!蛭子能収、林家木久扇、高橋惠子が、実の孫と一緒にリアル旅!「芸能界!じぃじ・ばぁばウオッチングバラエティ 孫まご旅」2/21(日)テレビ朝日系列で全国放送!

PR TIMES / 2016年01月29日11時29分

そこで!芸能界のじぃじ・ばぁばの代表格、蛭子能収、林家木久扇、高橋惠子が、実のお孫さんと一緒にリアルな「孫まご旅」へ!そのまさに「まごまご」した旅をウオッチングするのが関根勤・尾木直樹・菊地亜美!笑い転げたり、ツッコミを入れたり、思わず叱ったり、ほろり感動したり…。ご家族みなさんで楽しんでいただきたい!85分スペシャルです![画像1: http://prt [全文を読む]

落語家、林家木久扇さん闘病を語る特集は「脱・独居不安。老人ホーム入居のタイミング探る」

PR TIMES / 2015年07月23日10時10分

8月号の巻頭インタビューに登場するのは、今年50年目の『笑点』(日本テレビ系)レギュラーメンバーで、全国ラーメン党会長も務める落語家の林家木久扇さん。 【お試し購読ページ】→ http://i-life.net/lp01/[画像: http://prtimes.jp/i/9232/17/resize/d9232-17-740546-0.jpg ] 閉塞や胃 [全文を読む]

林家木久扇『笑点』降板の恐怖に怯えた「喉頭がん」闘病2カ月

WEB女性自身 / 2014年12月20日07時00分

胃がんのときも、点滴を打ちながら『笑点』には、出演していたのに……」と振り返るのは林家木久扇(77)。1969年から出演し続けていた『笑点』を休んでの、がん闘病生活が始まった。「大学病院に行ったときには声は、もうほとんど出ない状態でしたが、先生は『放射線を使って約7週間で治ると思います』。しかも、『通院でいいです』と。ですが、先生は、いちばん気がかりな声の [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(4)“木久扇パスタ”を病床で考えた?

アサ芸プラス / 2014年11月07日09時58分

ラーメンてんぐで、ポスト「アンパンマン」を目指して、これからも頑張ってください! [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(3)先月の自分自身がライバルなんです

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時58分

テリー たい平師匠から木久扇師匠のことをよく聞くんですけど、師匠は「僕のライバルは常に先月の収入を超えることだ」って言ってるそうですね。 木久扇 そうそう。先月の月収がライバル。先月の倍ぐらいを目標に。 テリー 「先月の自分自身を乗り越える」ってことですよね。すごいことですね。いつ頃からその目標を持つようになったんですか。 木久扇 僕は日本橋の雑貨問屋のせ [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(2)師匠はまるで“寅さん”のよう

アサ芸プラス / 2014年11月05日09時58分

テリー 治療中は、あまり声を出しちゃダメっていう制約があったんですか? 木久扇 声は出そうと思っても、もう全然出なかったんです。だから口パクで「せ・ん・せ・い、い・つ・ご・ろ・出・る・ん・で・す・か」みたいな。 テリー 先生は何と? 木久扇 「僕たちはいつ声が出るかっていうことで治療しているんじゃないから、個人差もあるし、時期は申し上げられません」って。 [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(1)初めはカゼの前兆かなと…

アサ芸プラス / 2014年11月04日09時58分

●ゲスト:林家木久扇(はやしや・きくおう) 落語家。1937年生まれ、東京都出身。高校卒業後、森永乳業に入社。その後、漫画家を目指し清水崑氏に師事、清水氏の勧めにより三代目桂三木助に入門。三木助の没後、61年に八代目林家正蔵(のちの彦六)門下へ移る。65年、二つ目に昇進し、69年に「林家木久蔵」として「笑点」のレギュラーとなった。07年には実子である林家き [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】林家木久扇へ「カッパは干からびて、患ってる」。『笑点』メンバーたちが送ったエール。

TechinsightJapan / 2014年08月12日20時30分

明るいキャラクターでお茶の間を笑顔にしてきた落語家の林家木久扇。木久扇は現在、病気療養のため『笑点』への出演を休養している。そんな木久扇の復帰を、『笑点』メンバーたちがいかに心待ちにしているのかが伝わってくる出来事があった。 落語家の林家木久扇は喉頭がんの治療のため、7月27日の放送から『笑点』への出演を休養している。そんな彼に向けて『笑点』メンバー流の“ [全文を読む]

地域の安全・安心は商店街から~をテーマに、林家木久扇、春風亭小朝らを迎え落語から学ぶ『三多摩商連・まちづくり防犯寄席』を開催

PR TIMES / 2013年11月13日15時44分

・詳細URL:http://www.omecci.jp/syouren/syuoren.htmろくに鍵などしなかった、八つぁん熊さんの長屋住まいの人たちが、どのように防犯をしていたかを「地域のつながりや防犯」にまつわる落語に乗せて林家木久扇、春風亭小朝の両師匠が披露します。落語の他に、林家たい平をはじめとした噺家による、まちづくり防犯大喜利や、北野 大氏の [全文を読む]

春風亭昇太が司会の『笑点』をどう思う? 視聴者の答えは…

しらべぇ / 2017年10月15日16時00分

また、大喜利メンバーも三遊亭小遊三・三遊亭好楽・林家木久扇・六代目三遊亭円楽・林家たい平は健在で、大喜利の質は落ちていない。一方で、「物足りない」「これまでの『笑点』と変わりすぎて戸惑う」などの声も聞こえてくる。春風亭昇太の『笑点』が始まり1年半、視聴者の評価はどうなっているだろうか?■春風亭昇太司会になってからの『笑点』をどう思う?そこでしらべぇ編集部で [全文を読む]

フォーカス