黒竜江省のニュース

PM2.5が1800!ハルビン郊外で出た数字に気象台関係者も仰天「常軌を逸した数字」―中国

Record China / 2016年11月09日20時00分

2016年11月9日、科技日報によると、中国黒竜江省ハルビン市の郊外で数日前にPM2.5の数値が1800を超えたと報じられた問題について、中央気象台の関係者は「爆竹が燃やされる春節(旧正月)シーズンでもここまで高くならない。常軌を逸した数字」と指摘した。 同氏は「観測機器に問題があったのではないか」との質問に対し、「周辺の他の観測地点との比較を行った。これ [全文を読む]

2017人が一斉に田植えをしてギネス記録=「よっぽど暇だったんだな」「人海戦術による世界記録はあまり価値がない」―中国ネット

Record China / 2017年05月16日21時00分

2017年5月16日、中国新聞網によると、黒竜江省で2017人が一斉に田植えをしてギネス記録となった。 5月15日、黒竜江省通河県が、4.2ヘクタールの水田で2017人の農民が同時に田植えをして「一度に最も多くの人が同時に田植えをするギネス記録」に挑戦するイベントを企画。全員が13分23秒で700万株の苗を植えた。 このイベントに参加した最高齢者は98歳、 [全文を読む]

桜シーズンに日本を訪れる中国人観光客は減る?「放射能が心配」の声多数―中国メディア

Record China / 2017年02月23日23時30分

同メディアが調査を行ったのは中国東北部の黒竜江省。同省は新潟県、山形県、北海道と友好関係を結び、日本への直行便も数多く就航している。ただ、福島第一原子力発電所2号機の格納容器内で高い放射線量が推定されたとの報道が出たことを受け、中国駐日大使館は12日、「日本在住の同胞、日本に渡航する国民が適切な旅行計画を立てるよう、意見する」と注意喚起。記事によると、複 [全文を読む]

春節で盛り上がる中国で珍騒動多発!自転車で帰省する男性の泣けてくるミスも―中国

Record China / 2017年01月28日14時10分

警察が問いただしたところ、男性は黒竜江省に帰省しようと1カ月余り前に山東省を出発したことを説明。しかし、安徽省は山東省の南、黒竜江省はロシアと国境を接する北部の省。男性は真逆の方向に自転車を走らせていたことになる。警察はお金を持っていなかった男性にバスの切符を買って渡したという。(翻訳・編集/野谷) [全文を読む]

「尖閣紛争」解決の決め手は、中国東北地方活性化とAIIB加入!=日韓両国で新シルクロード構想支援を―瀬口研究主幹が大胆提言

Record China / 2016年12月09日05時20分

◆遼寧省、吉林省、黒竜江省の経済再生に日韓の協力を!新シルクロード構想支援の具体策として、AIIBへの加入または協力のほかに、長期停滞が続く中国東北地域経済(遼寧省、吉林省、黒竜江省)の経済再生に日中両国で取り組むことを提案したい。最近の中国経済全体を見渡すと、東部沿海部、中部、西部各地域はそれぞれ主要都市がリードし、消費も投資も安定を保持している。それに [全文を読む]

【海外発!Breaking News】肥満の腹部の上に炎を放つ 中国の新痩身術が恐ろしすぎる

TechinsightJapan / 2016年12月01日17時10分

『China Daily』紙によれば、非常に重そうなこの体の持ち主は黒竜江省ハルビン市のLi Hang君(11)。運動をしてもどんなダイエットをしてもなお体重は増え続け、今年3月には身長152cm、体重166.9kgと測定されて「待ったなし」の状態に陥った。黒竜江省の病院で胃のバイパス手術を受けたため体重は142.8kgに落ちたが、ほどなくして7kgを取 [全文を読む]

環境問題めぐる現地調査、4省区で2500人以上が責任追及―中国

Record China / 2016年11月17日17時20分

当局は今年7月、黒竜江省、江蘇省、江西省、河南省、雲南省、内モンゴル自治区、広西チワン族自治区、寧夏回族自治区で1カ月にわたる調査を実施しており、このほど一部の調査結果を発表した。これによると、黒竜江、江蘇、河南、内モンゴルで責任を問われた関係者は2500人を超え、中でも河南はほぼ半数の1231人となった。 今回の調査で「普遍的な問題の1つ」として指摘さ [全文を読む]

中国の大気汚染がひどすぎる!北京では飛行機が着陸に3回失敗、無念の引き返しに―中国

Record China / 2016年11月07日11時40分

範囲は黒竜江省ハルビン市など6省の30都市以上に及び、汚染レベルの深刻さや範囲の広さは「過去にほとんど例のないレベル」。中国環境保護部は6日、重度の大気汚染が起きた原因を分析するための会議を開いている。 中国環境監測総站によると、中国では2日から6日にかけて東北、華北、華東地域にわたり重度の大気汚染が発生した。最も深刻だったハルビン市では4日のPM2.5の [全文を読む]

中国の女性、旅客機内で携帯の電源オフを拒否、再三の注意無視で拘留処分に―黒竜江省

Record China / 2016年10月21日12時50分

黒竜江省の日刊紙・生活報によると、今月15日、山東省済南市の女性はロシアに旅行するため、経由地の黒竜江省ハルビン市に向かっていた。女性は航空機の飛行中、携帯電話を「機内モード」に切り替えたが、客室乗務員は「機内モードでも機内設備に影響を与える可能性はある」として電源を切るよう促したが、女性は客室乗務員が大げさとして取り合わなかった。客室乗務員が3、4回注 [全文を読む]

中国・黒竜江省観光PR 国際氷雪祭りは1月5日からスタート

Global News Asia / 2016年09月26日10時00分

2016年9月23日、中国黒竜江省旅行発展委員会(錫 東光主任)は、日本人旅行者を増やすため、旅行業関係者向けの説明会を東京・お台場のヒルトンホテルで開き、約200人が出席した。 中国黒竜江省は、公害とは無縁の自然豊かな地域で、高速鉄道の整備により移動時間の短縮が図られ、日本からの直行便就航本数も増えている。2017年1月5日からスタートするハルビン国際氷 [全文を読む]

宝くじで8.7億円当たった男性、最初に買ったものは友人の家!―中国

Record China / 2016年08月24日16時50分

黒竜江省在住の王暁飛さん(仮名、28)は、10年来高額当選を夢見て、宝くじを買い続けており、1枚2元の宝くじを買うのに、毎月数百元を投じていた。このほど、彼は5824万元(約8億7000万円)を見事当て、億万長者となった。しかもこの宝くじの番号は友達が選んでくれたものだったのだ。 5824万元の使い道はというと、王暁飛さんは真っ先に、宝くじの番号を選ぶのに [全文を読む]

パナマ文書は中国の脅威ではない 習近平を取締まる法律ない

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

今年3月6日、全人代(全国人民代表者会議)で陸昊・黒竜江省党委員会副書記兼省長が、省内に半年以上も賃金を受け取っていない炭鉱労働者がいるにもかかわらず、「炭鉱現場で働く約8万人の労働者について言えば、わずか1か月の給料の遅配も起きていない」と発言した。 これを聞いた黒竜江省の炭鉱労働者は激怒し、「北京を目指せ」と全国の炭鉱労働者に呼びかけたため、大きな炭鉱 [全文を読む]

<中国は今!>労働争議が年間1万件以上、政府が補助金支給―「ゾンビ企業」しぶとく生き残る

Record China / 2016年04月24日07時00分

韓氏によると、最近の最も大きなデモは黒竜江省双鴨山市の国有炭鉱「双鴨山砿業集団」の労働者とその家族ら数万人による「給料未払いデモ」だ。 同集団は2014年から給料の未払いが発生。今年3月までの半年間は完全に支払いがストップ。すでに倒産していてもおかしくないのだが、国有企業ということもあり、地元政府が補助金を支給し、何とか存続している状態だ。 赤字垂れ流し [全文を読む]

中国の石炭業界不況深刻 「石炭はジャガイモより安い」

NEWSポストセブン / 2016年04月14日16時00分

3月に黒竜江省で発生したデモには炭鉱労働者ら数万人が参加し、数千人の警官隊と衝突した。 「中国は社会主義国で、本来は労働者が主役の国だったはずだ。その労働者が虐げられ、彼らの怒りが爆発している。今後、手が付けられないほどの大きな労働争議が起き、暴動に発展する可能性がある」とCLBの韓東方代表は不気味な予測を口にした。ジャーナリストの相馬勝氏がリポートする。 [全文を読む]

中国で給料未払いデモ続発「共産党は我々の金を返せ」

NEWSポストセブン / 2016年04月12日16時00分

* * * 韓代表によると、最近の最も大きな労働争議は黒竜江省双鴨山市に本社を置く国有炭鉱「双鴨山砿業集団」の炭鉱労働者とその家族ら数万人による「給料未払いデモ」だ。 同社は2014年から給料の未払いが続いており、社員は生活費として毎月800元(約1万4000円)ほどしか払ってもらえず、それも昨年9月から半年間はその生活費も支給されていないという。このた [全文を読む]

中国、人民の蜂起が全国で勃発…共産党一党独裁崩壊の開始か、批判運動が先鋭化

Business Journal / 2016年03月26日06時00分

11日、黒竜江省で炭鉱労働者ら数千人が未払い賃金の支払いを訴えるデモを行った。これは、全人代の黒竜江省代表団会議で同省長が、「炭鉱労働者の給与未払いは皆無」と発言したことに反発したものとみられている。 実は、不用意な言動で反発を買った代表はほかにもいる。 全人代を取材する記者団のひとりが中国版Twitterといわれる「微博(ウェイボー)」に書き込んだとこ [全文を読む]

中国東北部の経済発展を阻む北朝鮮――中国の本音

ニューズウィーク日本版 / 2016年03月02日18時59分

東北部の経済の全国比と衰退する理由 2015年上半期における中国東北三省のGDP成長率は「吉林省6.1%」、「黒竜江省5.1%」、「遼寧省2.6%」と全国ランキングからいくとそれぞれ最後から1番目、2番目、3番目という、非常に不名誉なものだった。全国平均7%をひとり引き下げているのは東北三省であると中国人は嘆いている。 2015年上半期における東北三省の財 [全文を読む]

【タイ】中国ジャロン自然保護区にタンチョウ鶴を見に行くツアーが人気

Global News Asia / 2015年07月02日22時01分

南国タイには、生息していない鶴を見ようと黒竜江省チチハルのジャロン自然保護区への観光も好評だ。 1日数回、保護しているタンチョウ鶴の飛立つ姿を近くで見ることが出来る。今年は異常気象の影響で、トンボが異常発生、地元で長年ガイドをしている金さんも、こんな事は初めてと驚く。 ハルビン国際旅行社・伊平さんは「PM2.5は、チチハルにはありません。大自然の環境に配 [全文を読む]

中朝国境付近で大雨、被害相次ぐ…北朝鮮の状況は不明

デイリーNKジャパン / 2017年07月22日08時20分

延辺と長春、黒竜江省の牡丹江を結ぶ鉄道も運転見合わせとなった。 大災害の懸念 龍井市防汛抗旱総指揮部によると、市内中心部と老頭溝鎮、開山屯鎮など、市内の多くの地域で大雨が降ったため、20日午後4時30分、防災Ⅲ級応急計画を発動し、警戒にあたっている。これらの地域は、昨年8月末の台風10号(ライオンロック)で甚大な被害が発生した地域だ。 中国でこれほどの被害 [全文を読む]

中国人観光客が好奇心でロスの路地へ、殴られて骨折―中国紙

Record China / 2017年07月20日15時30分

男性は黒竜江省を出て6月26日に米シアトルに入り、一人旅を続けていた。ロサンゼルスには11日に到着。14日午前9時ごろ、泊まっていたホテルの周りを散歩している時に事件が起きたという。 男性はある路地を見掛けた時、「中国にはない雰囲気だ」と興味を持ち、スマホで周りの景色を撮影していた。すると突然、アフリカ系男性の集団が男性を取り囲み、スマホを奪って道路の反 [全文を読む]

フォーカス