憂国のニュース

韓国作家が三島作品盗作で謝罪 “珍しくない”盗作疑惑は暗記教育の弊害?

NewSphere / 2015年06月24日11時34分

韓国の有名女流作家、申京淑(シン・ギョンスク)氏の短編の一部の描写が、三島由紀夫の『憂国』からの盗用だとする盗作疑惑が韓国の文壇を騒がせている。申氏は当初盗作を否定していたが、23日になって韓国紙のインタビューを通じて謝罪し、事実上盗作を認めた。出版社も問題となった作品を収めた短編集を自主回収した。◆三島の『憂国』の性描写を盗用か 発端は、韓国人小説家のイ [全文を読む]

三島作品盗作疑惑の韓国人作家「私の作品は盗作じゃない」、検察調査で=韓国ネット「最後まで失望」「それじゃあ日本人が盗作したと?」

Record China / 2016年03月25日16時10分

2016年3月25日、韓国・東亜日報によると、三島由紀夫の短編小説「憂国」を盗作した疑いで告発された韓国の人気女性小説家・申京淑(シン・ギョンスク)氏が、検察の調べに対し、「盗作ではない」との立場を明らかにしたことが分かった。申氏が同事件に関し、捜査機関に対して立場を表明するのは初めてのこと。 ソウル中央地検は米国に滞在中の申氏にメール調査を行い、盗作疑惑 [全文を読む]

名探偵シャーロック・ホームズの宿敵“モリアーティ教授”が主人公! ダークサスペンス『憂国のモリアーティ』レビュー

おたぽる / 2016年12月12日13時00分

義母に「高貴なる者が孤児を養うのは慈善活動」と言われ、執事にまで「遙か下の階級の者」と言われても、美しい笑顔を絶やさず微笑むのは何故なのか──? そんなふうに引き込まれずにはいられないのがこの『憂国のモリアーティ』(原案:コナン・ドイル、構成:竹内良輔、漫画:三好輝/集英社)だ。コナン・ドイルは言わずと知れた『シャーロック・ホームズ』シリーズの作者であり、 [全文を読む]

三島由紀夫作品を盗作騒ぎの韓国女流作家、日本でも発刊の代表作も盗作か=韓国ネット「がっかり」「小説家になるのって簡単なんだね」

Record China / 2016年09月20日18時50分

申氏は昨年、短編小説『伝説』の一部に三島由紀夫の『憂国』と酷似した部分があるとして検察に告発されたが、検察は今年4月、嫌疑なしと判断した。 再び持ち上がった盗作騒動に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。 「またなの?」 「誠実な反省もないまま盗作騒ぎを伏せようとする創批も申京淑も情けない」 「学生時代にはよく読んだし好きな小説家だった [全文を読む]

一周忌に改めて明かされた菅原文太の憂国の思い...「安倍首相は深く考えていない」「憲法9条は死守せねば」

リテラ / 2015年12月13日20時00分

戦後70年という節目の最後の月に飛び込んできた、作家・野坂昭如氏の訃報。戦争の悲惨さを訴え、最期まで安倍政権に警鐘を鳴らしつづけた野坂氏だが、またひとつ、戦争を知る世代の貴重な声が失われてしまった。 だが、野坂氏が小説やエッセイに思いを記してきたように、言葉は死しても人の心、そして紙の上に生きつづける。それはちょうど約1年前に亡くなった、俳優・菅原文太氏も [全文を読む]

しゃべりすぎ「憂国」作家・百田尚樹を斬る!「思い込みが激しく“ド素人”」

アサ芸プラス / 2015年07月15日17時55分

ところで、百田氏の「潰さなあかん」発言問題は、その言葉を導いたとされる自民党の当該議員に処分が下ったことで、騒動はいったん幕引きかと思われた。が、懇話会から5日後の6月30日に、再び大西議員が、「一部マスコミは懲らしめなければいけない」「誤った報道をするマスコミに対し、(企業は)広告を自粛すべきだ」 と、大放言したことなどで「言論圧力」問題へと飛び火。麻生 [全文を読む]

しゃべりすぎ「憂国」作家・百田尚樹を斬る!「時の政権に媚びているだけ」

アサ芸プラス / 2015年07月14日17時55分

ここに商売や食いぶちのために突拍子もないことを言っている百田氏の人格がよく反映されている」 [全文を読む]

しゃべりすぎ「憂国」作家・百田尚樹を斬る!「不穏当な発言でしかない」

アサ芸プラス / 2015年07月13日09時55分

憂国の士」的な作風や言動で知られるが、どうにも舌禍が多い百田氏に、右翼・民族派の大物の面々が苦々しい思いをブチまけた! 故・野村秋介氏の筆頭門下生で「二十一世紀書院」代表の蜷川正大氏が喝破する。「確かに百田氏の『永遠の0』は読んで感動しました。どちらかといえば、我々民族派に近い考え方をしている人物だと思います。しかし、今回の発言は自民党の勉強会という場で [全文を読む]

美男美女、人生最後のセックスは切腹の余力を残して終了!? ―三島由紀夫『憂国』|連載第3回

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月27日11時30分

「愛おしき変態本」第3回は、三島由紀夫の『憂国』をお届けする。昭和の時代を生き、ノーベル文学賞候補ともいわれた日本を代表する作家のプロフィールを紹介しよう。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら●みしま・ゆきお 1925年(大正14年)東京市四谷区出身。本名は平岡公威。41年、学習院中等科在学中に『花ざかりの森』を雑誌に発表、この時「三島由紀夫」のペンネ [全文を読む]

三島由紀夫『憂国』盗作事件 “韓国の吉本ばなな”はパクリの常習犯だった!?

日刊サイゾー / 2015年06月25日22時00分

韓国を代表する女流作家・申京淑(シン・ギョンスク)の短編小説『伝説』が、三島由紀夫の短編小説『憂国』の一部を盗用している疑惑が浮上したのだ。 火をつけたのは、ハフィントンポスト韓国版に掲載された「偶像の闇、文学の堕落」というタイトルの記事。ある小説家による寄稿文だが、比べられた両作品の文章はどう読んでもよく似ている。ネット上では「残念ながらパクリ確定」とい [全文を読む]

プログレッシヴ・ロックの神髄とも言えるU.K.傑作デビュー作『憂国の四士』

okmusic UP's / 2015年04月24日18時00分

そこで今回は彼らの記念すべきデビューを飾った名盤『U.K.~憂国の四士』を聴きつつ、その足跡を辿ってみることとしよう。■超テクニシャンのプログレ四士、奇跡の競演 さて『U.K.~憂国の四士』である。時代はパンクロック、ニューウェイブの大波に揺れていた。贅沢三昧な大御所ハードロック、プログレッシブロック勢は完全に時代遅れなものになりつつあった。そんな斜陽の時 [全文を読む]

「【烽―とぶひ―】憂国のアート、至誠のアート」展を開催 ギャルリさわらび、彫刻家 佐々木誠氏の木彫にて第1回展

@Press / 2015年03月18日10時30分

ギャルリさわらび(所在地:東京都中央区)は、3月25日より「【烽―とぶひ―】憂国のアート、至誠のアート[巻之一]彫刻家 佐々木誠」展を開催いたします。「ギャルリさわらび」http://www.gsawarabi.com/■根有るゆえの花佐々木誠の仕事には、尊皇精神が貫いている。かつて戦前までの少なからぬ芸術家がそうであったように。それは特定の時代の特定の思 [全文を読む]

現代人に理解不能な日本人の不思議を描くナショナリズム小説

NEWSポストセブン / 2012年11月18日07時01分

【書評】『憂国始末』(藤野眞功/新潮社/1600円+税) フィリピン最大の刑務所でプリズンギャングのボスに上りつめた男のノンフィクション『バタス 刑務所の掟』から、週刊誌の内幕を描いた長編小説『犠牲にあらず』まで幅広いジャンルを手掛ける気鋭の若手作家が著した「剣豪小説ばりの現代空手小説」である。 尖閣・竹島問題を端緒として急激にナショナリズム旋風が吹き荒れ [全文を読む]

『出撃!! 乙女たちの戦場2 ~憂国を翔ける皇女のツバサ~』攻略レビュー

ガジェット通信 / 2012年07月03日17時00分

たまらんなぁ! 今回のレビューさせていただくゲームは、2012年6月21日にシステムソフト・アルファーさんから発売された『出撃!! 乙女たちの戦場2 ~憂国を翔ける皇女のツバサ~』です。本作は、非常にかわいい女の子を率いて戦う美少女ミリタリーSLGだという事で早くもテンション高まっております。 ではどんなゲームか、早速プレイを始めると……! “庄一”という [全文を読む]

【今夜18時から】発売後ソッコー生放送! 『PS3』美少女ミリタリーゲーム『出撃!! 乙女たちの戦場2 ~憂国を翔ける皇女のツバサ~』を実況プレイ!

ガジェット通信 / 2012年06月23日12時30分

6月21日に発売された美少女ミリタリーシミュレーションゲーム『出撃!! 乙女たちの戦場2 ~憂国を翔ける皇女のツバサ~』。メーカーであるシステムソフトアルファー株式会社様のご協力により、発売されたばかりの今作を今夜18時より実況生放送します! プレイするのはしゃけとり くまごろうさんです。 放送ページ - http://live.nicovideo.jp/ [全文を読む]

小出恵介の騒動が美人局疑惑も飛び出す”百鬼夜行”に|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年06月11日12時20分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

【世代間格差】日本は今後残された富をどう配分すべきか|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年06月04日12時00分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

世紀のスクープか第二の永田メールか?加計学園騒動の行方|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年05月25日11時55分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

香山リカ女史への名誉棄損話にまつわるエトセトラ|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年05月20日15時00分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

若きフランス新大統領選出、25歳年上女性”略奪婚”を巡る是非|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年05月10日12時00分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

フォーカス