謀殺のニュース

汚職で立件の中国共産党元最高幹部 前妻の死亡事故で再捜査

NEWSポストセブン / 2014年09月23日07時00分

現場は見晴らしが良く、車もそれほど走っていないところで、通常ならば、運転手が歩いている人に気づかないことはないだけに、当時からこの交通事故は、周氏による謀殺ではないかとのうわさが流れた。 身柄を拘束された運転手はすぐに釈放され、無罪放免となっている。母を慕っていた二男の周涵氏は「事故は父親の周永康が仕組んだものだ」と主張し、いまも父親である周氏とは絶縁状態 [全文を読む]

フィリピン議員、ドゥテルテ大統領の犯罪対策は「反人類的な謀殺事件」とICCに調査求める―英紙

Record China / 2016年10月25日13時40分

英紙ガーディアンによると、ドゥテルテ大統領を批判してきたことで有名なフィリピンのレイラ・デリマ(Leila De Lima)議員は、ドゥテルテ大統領が力を入れている麻薬犯罪の撲滅活動において3000人近い人が命を落としていると説明し、「反人類的な謀殺事件」として国際刑事裁判所(ICC)に調査を求めた。報道によると、デリマ議員は汚職や麻薬売買に関与した疑い [全文を読む]

【激怒】ロマサガ2で仕方なく仲間を殺す日々! ぜんぜん使えないクラス5選

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年04月07日06時00分

筆者もパーティに加えたはいいものの、使い所がまったくないキャラを強制交代のためにわざと殺してしまった過去があります(ファンの間では"謀殺"と呼ばれる行為です)。 パーティに加える必要がない 人道的観点からいっても、むやみな"謀殺"は避けるべき!というわけで今回は、筆者が個人的に『ロマサガ2』でパーティに加える必要がない、あまり使えないと思ったクラス・ワース [全文を読む]

日本が永遠にアメリカの植民地であり続ける原点は戦後最大の謀殺ミステリー『下山事件』にあった!

週プレNEWS / 2015年08月23日06時00分

戦後最大の謀殺ミステリーとされる「下山事件」――1949年7月6日未明、東京都足立区の常磐線と東武伊勢崎線が交差する高架下付近の線路で当時の国鉄総裁、下山定則(さだのり)氏が轢死体(れきしたい)で発見された事件である。 捜査の過程で浮かび上がった物的証拠は明らかに「他殺」の可能性を示していたにもかかわらず、約1ヵ月後、事件は強引な形で自殺説で収束させられ、 [全文を読む]

戦後最大の謀殺ミステリー『下山事件 暗殺者たちの夏』著者が激白!「実行犯に祖父が絡んでいたと聞いた時からすべてが始まった」

週プレNEWS / 2015年08月22日06時00分

ほかに探偵・神山健介シリーズ、『GEQ』『異聞 太平洋戦記』『中国毒』『国境の雪』など多数 (取材・文/川喜田 研 撮影/五十嵐和博) [全文を読む]

「田宮二郎さんは謀殺された!」付き人が衝撃告白

WEB女性自身 / 2014年09月12日06時00分

私が真実を話すことが、少しでも彼の供養になればと思っています――」 [全文を読む]

『報道ステーション』ディレクター自殺で飛びかう原発“謀殺“説の真偽

リテラ / 2014年09月11日08時00分

「自殺をするようには見えなかった」「理由が見当たらない」「自殺じゃなく謀殺されたんじゃないのか」 こうした情報が流れた理由は岩路氏の手がけてきた取材対象にあった。岩路氏はここ数年福島原発に関連する取材を精力的に行ってきたのだ。 「彼は『報道ステーション』で福島取材を熱心にやっていましたが、特に福島で急増している子どもの甲状腺ガンや、除染の不正問題について [全文を読む]

ヘヴィメタバンド「アズ・アイ・レイ・ダイング」のボーカルが妻の謀殺容疑で逮捕

WEB女性自身 / 2013年05月08日11時00分

As I Lay Dyingオフィシャルサイトより左がティム・ランベシス米国時間7日、サンディエゴで、ヘヴィメタルバンド「アズ・アイ・レイ・ダイング(As I Lay Dying)」のボーカルを務めるティム・ランベシス(32)が殺人教唆の容疑で逮捕された。殺そうとしていたのはなんと自分の妻だ。NBC San Diegoなどが伝えている。サンディエゴ市警は先 [全文を読む]

マリリン・モンローの死の謎を解くカギ? 唯一無二の女優が最後に買った物とは

AOLニュース / 2012年07月13日12時00分

部屋から彼女の赤い手帳が消えていたり、電話の通話記録が改ざんされた疑いなどが浮上し、今なお謀殺説が叫ばれている。ジョン・F・ケネディと不倫関係にあったことや、ふたりを紹介したのがマフィアと関係が深かったフランク・シナトラであったことも、謀殺説を後押しした。 映画での華やかなイメージとは裏腹に、悲しい最期を迎えたマリリンが、死ぬ直前に買おうとしていたのは一体 [全文を読む]

夏木マリ、震災題材の「生きる街」で10年ぶり映画主演!共演イ・ジョンヒョンは邦画初出演

映画.com / 2017年05月17日22時00分

夏木とは「新 仁義なき戦い 謀殺」や、ドラマ「夜行観覧車」で俳優として共演している。 生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもとともに幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木)の人生は、2011年3月11日に一変する。夫は、あの日から帰らない。千恵子は避難所生活を経て、別荘を借り受けた民泊営業に乗り出すが、震災のトラウマを抱えた娘・香苗と息子・哲也との関 [全文を読む]

フォーカス