聖徳太子のニュース

聖徳太子か厩戸王か論争 井沢元彦氏が称号の謎に迫る

NEWSポストセブン / 2017年04月12日07時00分

小学校では「聖徳太子(厩戸王・うまやどのおう)」、中学校では「厩戸王(聖徳太子)」と表記すべし──文部科学省が今年2月に発表した、「聖徳太子」に関する学習指導要領改定案には、「混乱を招く」と反発が広がった。その後、小中学校ともこれまで通り「聖徳太子」で統一することになったが、この騒動の背景には多くの奥深い謎がある。本誌・週刊ポスト人気連載『逆説の日本史』の [全文を読む]

2016年に原発事故、日本沈没… 怖すぎて封印された聖徳太子の未来予言

ハピズム / 2013年04月28日21時00分

「冠位十二階」、「十七条憲法」で知られる飛鳥時代の偉人、聖徳太子。歴史の教科書でもおなじみで、日本の紙幣は一時、千円札、五千円札、1万円札の肖像画は全て聖徳太子だった時があったほどだ。その名を知らない者はいないだろう。 だが最近では、お札に使用された誰もが知っている聖徳太子の肖像画が実は、本人の顔ではないという説がでている。そして、今では聖徳太子の存在すら [全文を読む]

「マッサン」シャーロット「とても美しい」震えるほど感動

モデルプレス / 2015年08月31日11時02分

本日(31日)放送の「ぶっちゃけ寺&Qさま!!合体3時間スペシャル」(テレビ朝日系/よる7:00~)内の「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」にて、シャーロットは、お笑いタレントの古坂大魔王と聖徳太子が587年に建てたといわれる寺「六角堂 頂法寺」(京都府)へ。今回は特別に、普段は入れない六角堂の中へ入れてもらい、本尊として祀られている如意輪観世音菩薩を見た [全文を読む]

聖徳太子は存在しなかった!? 我らが習った日本史はデタラメだった?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月13日05時50分

80年代まで1万円札に使われていた聖徳太子の顔といえばひげが生えたあの顔を思い浮かべるが、実はコレ、別人の可能性が高いというのだ。そのため、現在の教科書では、「聖徳太子像と伝えられる」と断定を避ける説明が付けられているとのこと。近年では聖徳太子の実在を疑う説も浮上しているという。 では現在の聖徳太子に関する教科書表記はどうなっているかというと、「国際的緊張 [全文を読む]

「かっこよすぎ!」進研ゼミに掲載されている歴史上の人物が話題に

秒刊SUNDAY / 2013年04月23日10時28分

例えば、一昔前は「良い国(1192年)つくろう鎌倉幕府」が今では「いいハコ(1185年)つくろう鎌倉幕府」になっていたり、実在したと言われていた聖徳太子が架空の人物となっていたり厩戸王だと言われていたり。しかし、そんな聖徳太子の絵があまりにもかっこいいとしてネット上で話題になっています。話題になっているのは、Twitterに投稿されたこちらの画像。(画像) [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

ざっくり日本の歴史 歴史上の人物は40歳ごろに何をしていたのか ◎聖徳太子(574年2月7日-622年4月8日) まずはこのお方。聖徳太子こと、厩戸皇子。最近は教科書になんて載せるかが話題になったり、いなかったんじゃないかとまで言われる聖徳太子。生年に40を足した614年頃、何をしていたのでしょうか。 614年、犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)を隋へ派遣 [全文を読む]

2016年に東京壊滅、人類滅亡!? 封印された「聖徳太子の予言」に戦慄!

tocana / 2015年04月23日17時30分

聖徳太子(574年2月7日~622年4月8日)は、飛鳥時代に推古天皇の摂政として活躍した政治家で、「冠位十二階」「十七条憲法」を制定した人物。その名を知らない者はいないだろう。しかし、今では彼の存在すらも疑われ、かつて日本の紙幣に使用された太子の有名な肖像画も、実は本人ではないという説が出るほどに、謎の多い人物であることが明らかになってきている。【その他 [全文を読む]

尾木ママ「歴史教科書、なしくずしの右傾化にザワザワ」

文春オンライン / 2017年04月13日11時00分

小中学校の歴史教科書で、「聖徳太子」「鎖国」などの言葉をほぼ従来どおりに使い続けることになった。二月に示された改訂案では、中学校では「厩戸王(聖徳太子)(小学校ではこれが逆になる)」「江戸幕府の対外政策」などと言い換える方針になっていた。 最初は深く考えていなかったけど、朝日新聞の記事を読んでビックリ! 保守系の『新しい歴史教科書をつくる会』が「聖徳太子[全文を読む]

家柄が違いすぎるから…と結婚反対の両親を納得させる方法

NEWSポストセブン / 2013年08月15日16時00分

説得しようと、夫が両親の前で話したのは「聖徳太子」の話。 「天皇の皇子として生まれた聖徳太子はある日、芹を摘んでいる女性に一目惚れします。彼女は天皇の食事係で身分が低かったのですが、太子は『そんなこと、たいしたことない!』と、その女性と結婚したんです」。 駄ジャレを交えた夫の話に、両親も和んだ表情に。 「二人は4男4女を授かり、幸せな結婚生活を送ったんです [全文を読む]

「聖徳太子」が復活?「歴史」教科書が変わる理由

ZUU online / 2017年04月15日12時20分

聖徳太子」はこの度の改定案では、小学校の教科書においては「聖徳太子(厩戸王〈うまやどのおう〉)」と表記し、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」と表記するものが提出された。パブリックコメントでは「小中で表記が異なると教えづらい」といった意見が見られ、国会内でも「連続性がなければならない」とする声も聞かれた。こうした意見を受けて、文部科学省は表記方法を従来の「聖徳 [全文を読む]

フォーカス