イングランド銀行のニュース

円高の悪夢、再び到来の兆候…企業努力を吹き飛ばす威力、日本経済に大きな逆風

Business Journal / 2016年08月10日06時00分

8月4日、英国の中央銀行であるイングランド銀行(BOE)は、2009年3月以来、約7年5カ月ぶりの利下げを含む金融緩和を実施した。今回の金融緩和は市場の予想を上回るものであり、強いハト派姿勢を打ち出した。市場では英国の金利が大幅に低下し、株価も1%超上昇するなど、ポジティブな反応が見られた。 BOEのカーニー総裁は会見の場で「すべての政策には拡大の余地があ [全文を読む]

イギリスの新紙幣に恥ずかしい間違い? 「名言語っているみたい」と5ポンド札が物議

NewSphere / 2017年05月09日17時00分

イングランド銀行の5ポンド札紹介サイトによると、強度はこれまでの紙幣と比べ2.5倍という。さらにシースルーの窓やホログラムのおかげで偽造が難しい作りにもなっている。 そんな最新の5ポンド札なのだが、「恥ずかしい文法ミス」が発見されている。5ポンド札には今回、裏面にウィンストン・チャーチル元首相の肖像画と、「I have nothing to offer b [全文を読む]

「仮想通貨の時代」著者に聞く、もし日銀がデジタル通貨を発行したら

Forbes JAPAN / 2016年08月31日08時30分

イングランド銀行が独自のデジタル通貨開発に乗り出したそうですね。ケーシー:詳細はわからないが、ビットコインよりは中央管理型のものになろう。中央銀行がビットコイン・ブロックチェーン型の通貨を発行するとは思わないが、従来の銀行システムの枠を超え、個人がイングランド銀行からデジタルポンドを買えるようになるかもしれない。商業銀行は不要になる。まだごく初期の段階だ [全文を読む]

ソロス氏の人民元巡る攻防 ポンド危機時と状況が酷似

NEWSポストセブン / 2016年02月23日16時00分

アメリカの投資家で「イングランド銀行を倒した男」と呼ばれるジョージ・ソロス氏は1月22日に行なわれたダボス会議で、次のように発言した。 「中国バブル崩壊はもう起こったこと。(中略)中国経済の問題はデフレと過大な債務だ。中国経済の負債はおそらくGDP比300%か、対外債務を合わせれば350%にも上る深刻なもの。しかも中国は輸出主導から内需主導への経済改革を長 [全文を読む]

プーチン大統領がイーサリアムを支援?マクロン大統領はビットコイン愛用

ZUU online / 2017年06月09日17時40分

イングランド銀行は2016年2月、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの提携で、独自の仮想通貨「RSコイン」を開発したほか、仮想通貨用プラットフォームへの利用を視野に入れた、ブロックチェーン技術の開発にも着手している。またマクロン仏大統領も、ビットコイン・ウォレット「レッジブルー」 を愛用しているだけではなく、就任後は証券取引にブロックチェーン技術を利用す [全文を読む]

謎めいたファサードの背後には…大都市ロンドンの「秘められた」建築美を堪能する。6月20日『芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン』発売!

PR TIMES / 2017年06月09日09時33分

[画像2: https://prtimes.jp/i/10438/16/resize/d10438-16-979674-5.jpg ][画像3: https://prtimes.jp/i/10438/16/resize/d10438-16-879776-1.jpg ][画像4: https://prtimes.jp/i/10438/16/resize/d1 [全文を読む]

3人の「カリスマ投資家」はどのように成功したのか?

ZUU online / 2017年06月01日07時40分

この一件で10~20億ドルの利益をあげたというソロスは「イングランド銀行を打ち破った男」との異名をとった。 [全文を読む]

111億円の損失出したソロス氏、米国株の空売り拡大中

ZUU online / 2017年05月22日18時10分

しかし「イングランド銀行を潰した男」の異名に、近年陰りが見え始めているとの疑念の声も上がり始めている。昨年は英EU離脱投票の際、ドイツ銀行株の空売りのタイミングを読み間違った ために、9000万ユーロ(約 112億1901万円)もの利益を逃してた。しかいこの件は市場が残留を予想していたことから、「仕方のない」との見方が強かったようだ。ところが半年と間を開け [全文を読む]

ゴールドマンが警告「Brexitで銀行の手数料が値上がり」顧客の負担増か

ZUU online / 2017年05月17日06時20分

■BoEは資金需要を4%増 リングフェンス手数料値上げも検討中イングランド銀行(BoE)は今年3月に発表した諮問書の中で、資金需要(民間金融機関がBoEに預けいれている総預金残高に対する需要)を、今年4月の新年度以降、2億6650万ポンド(約390億4290万円/4%増)に引き上げる意向を示した。Brexitで発生するコストを補う意図である。諮問書を作成し [全文を読む]

誰もが十九世紀の世界旅行を体験できるボードゲーム 「八十日間世界一周」日本語版 5月下旬発売予定

DreamNews / 2017年04月28日12時00分

忠実な従者パスパルトゥーを伴った、急な出発で始まったフォッグの世界一周への旅路は、同日に発生したイングランド銀行の5万ポンド強盗事件の容疑が彼らへ向けられ、暗雲が立ち込めていた。はたして、あなたは世界が注目する中、80日間で世界一周する偉業を達成し、自らの潔白を証明することができるでしょうか?このゲームは、80ポンドを手にして世界一周へと旅立ち、一番先にロ [全文を読む]

リーマン後に政府と中銀が銀行に圧力をかけた?政府関与の疑惑を裏づける「証拠」

ZUU online / 2017年04月14日17時10分

リーマンショック後の英国金利歪曲スキャンダルをめぐり、英政府とイングランド銀行(BoE)が英銀行に圧力をかけたという有力な「証拠」が発見された。当時すべての責任をかぶり、約8229億円の罰金を支払った英バークレイズ銀行の事件関与者間で交わされた会話の録音記録である。新たな証拠が提出されたことで、英財務委員会は事件のさらなる追求を進める構えだ。国家を巻きこん [全文を読む]

伝説の投資家「バフェット」に続く「次世代のカリスマ」は誰?

ZUU online / 2017年04月08日17時10分

これまで世界的な伝説の投資家といえば、米国出身の「投資の神様」のウォーレン・バフェット氏(86)、「イングランド銀行(英国中央銀行)を破綻させた男」のジョージ・ソロス氏(86)、「歴史的大局観のグローバル・マクロ投資法」のジム・ロジャーズ氏(74)などが代表格であった。いずれも高齢だが、まだまだ現役であることに驚かされる。だが、バフェット氏は後継者への投資 [全文を読む]

投資と経営のプロ、モハメド・エラリアンが読む2017年

Forbes JAPAN / 2017年02月01日12時00分

もっとずっと重要なのは、アメリカ以外の4カ国・地域の中央銀行─日本銀行、欧州中央銀行(ECB)、中国人民銀行、イングランド銀行─がどう反応するかという点です。今後数カ月間、世界経済に最も大きな影響を与える中銀はどこかと問われれば、この4行だと私は答えます。このうち日本、EU、イギリスの3中銀は、FRBのように健全な景気循環のある経済に恵まれていませんし、中 [全文を読む]

人民元、世界に置ける今の位置は?―中国紙

Record China / 2016年12月30日14時50分

英国のイングランド銀行(中央銀行)はこのほど、第三四半期(7-9月)終了時点での、人民元取扱業務の統計を発表。今年9月30日の時点で、英国の人民元預金残高(譲渡性預金を含む)は85億5700万ポンド(約1兆2322億円)と、今年の初から66.9%増加の大幅増(人民元で計算すると49.8%の増加)となった。その他、企業の人民元建て借入金残高は今年初めと比べて [全文を読む]

世界から「金利」が消え始めてる…世界経済、未知の異常事態突入の兆候

Business Journal / 2016年07月15日06時00分

しかし、イングランド銀行が夏場の金融緩和の可能性を示唆したことを境に、低金利がリスク資産を支える“金融相場”の様相が強まっている。そのため、イタリアの銀行業界に対する懸念も、足元で幾分小康状態を保っている。 [全文を読む]

中国徹底抗戦 南シナ海問題仲裁裁判

Japan In-depth / 2016年07月11日23時41分

一方、14日にはイングランド銀行が国民投票以来初めて金融政策会合を開く。英国は一体どうするのか。 〇東アジア・大洋州 11日は中朝軍事協定締結55周年だという。中国が誰を平壌に派遣するかが気になるところだ。その中国は11日に南シナ海での軍事演習を終える。12日の仲裁裁判所判断に圧力を掛けるつもりだとしたら、お笑いだ。軍事演習を行って一体何の意味があるのか。 [全文を読む]

<英EU離脱>2020年まで“宙ぶらりん”の状態続く?=他の欧州諸国でも離脱派に勢い、仏大統領選前に動けず―朝日・読売元欧州総局長

Record China / 2016年07月08日10時40分

一方、英国では大英博物館館長がドイツ人、イングランド銀行総裁はカナダ人と、もともと国際化されている。残留派は離脱の経済的なデメリットを強調するだけで、戦術的に甘さもあった。メディアの論調も偏っており、特に離脱派のタブロイド大衆紙は読者の感情に訴える扇情的な内容が目立った。大英帝国はグローバル化の本家という意識が国民の間に強く、かつての栄光へのノスタルジア [全文を読む]

EU離脱、世界的「英国離れ」加速…米中欧が同時景気後退突入&金融危機再来の兆候

Business Journal / 2016年07月08日06時00分

すでにイングランド銀行は、英国のEU離脱をめぐる国民投票後の景気見通しが不透明になったとの認識を示し近々、金融緩和を進める意向を示している。今後の状況次第では、ECB(欧州中央銀行)なども追加緩和を打ち出す可能性もある。そうした流れが、金融市場の小康状態を支えている。 投資家の一部には、「英国の国民投票の結果は金融市場に大きな影響を与えない」との楽観的な見 [全文を読む]

【フロスト&サリバン】英国のEU離脱がもらたすエネルギー産業への影響

DreamNews / 2016年07月04日12時00分

しかし、イングランド銀行はこれに向けた措置を直ちに行うと明言しており、長期にわたって市場に影響を及ぼすことはないでしょう。エネルギー産業は、これまでにEUが加盟各国と合意に至ることが困難な分野となっていることから、EU加盟各国は意思決定において高い独立性を持っており、特に原子力発電と石炭火力発電は加盟各国が異なる見解を持つ分野となっています」と、フロスト& [全文を読む]

【フロスト&サリバン】英EU離脱が英国のハイテク産業にもたらす影響とは

DreamNews / 2016年07月01日12時00分

4.起業に向けた資金調達の変化:イングランド銀行は、英国経済や金融セクターに向けた支援を行うと先に表明しましたが、資金調達に関する懸念が、今後特にスタートアップ企業間で高まることが予想されます。欧州投資基金 (EIF)は英国内のベンチャーキャピタルの中でも最大の投資家となっていますが、この資金調達の流れが今後も維持されるのか、またその場合の期間はどの程度に [全文を読む]

フォーカス