浦賀のニュース

横須賀久里浜の歴史と秋を楽しむ連休ドライブプラン!

Walkerplus / 2015年10月07日14時12分

浦賀とともに日本の開国・近代化が始まった場所であり、歴史にまつわる観光地が多い。さらに浦賀湾を望む港町であることから、新鮮な海鮮料理を味わうこともできる。今回は、そんな久里浜の数多くある魅力的なスポットの中から、“歴史”と“秋”を楽しめる厳選スポットをご紹介。歴史を学びながら、紅葉や食事など、秋の久里浜の魅力を体感しよう。 ■ 日本開国の歴史を感じるペリー [全文を読む]

東京湾・浦賀(愛宕山)に、高さ70mの坂本龍馬立像を建立!幕末・維新の志士群像及び幕末・維新の歴史記念館も建設

@Press / 2014年05月02日10時30分

一般社団法人 日本龍馬会(〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-27-6F、代表理事 田中 英雄 「日本龍馬会」)は、横須賀市西浦賀2丁目、浦賀(愛宕山)地主、生盛氏の御賛同による、当会契約敷地に、坂本龍馬立像(70m)、幕末・維新の志士群像および幕末・維新の歴史記念館を建設する。当会が申請する、横須賀市の「建設開発許認可」が得られ次第、建設計画の [全文を読む]

~未来を担うコミュニティ創生を支える!~10年後、20年度を見据えた”夢の団地づくり”

PR TIMES / 2016年03月23日16時48分

1. 「浦賀 春いっぱいクラシックコンサート」開催これまで、有料老人ホーム「ヴィンテージ・ヴィラ」入居者による平均年齢84歳のコーラスイベントや、二宮の古民家を舞台に開催したコンサートを通して、゛音楽のちから゛を実感してきました。さらに団地再生への活用の試みとして、2016年2月には浦賀団地集会所(横須賀市浦上台2-27)にて初の団地コンサートを開催しまし [全文を読む]

折り畳み自転車で輪行しよっか?…「伸びる輪行キャリングバッグ(小径車用)」発売

インターネットコム / 2016年12月18日17時20分

三宅大志さんによるコミック作品『ろんぐらいだぁす!』1巻には、主人公の倉田亜美が折り畳み自転車を電車に乗せ、京急浦賀駅まで輪行するというシーンがでてきます。このコミックを読み、同じルートを(あえて)折り畳み自転車で輪行&走行し、主人公と同じように逗子の丸正魚店でおまかせ丼を食べたというマニアの方も、かなりの数いるみたいです。 でも、実際に折り畳み自転車で輪 [全文を読む]

幻冬舎のミステリー作品500点が最大半額に。さらに麻生幾氏、浦賀和宏氏らによる書き下ろし電子書籍が100円!

PR TIMES / 2016年10月07日11時06分

創刊ラインナップは麻生幾氏、浦賀和宏氏、大倉崇裕氏、小路幸也氏、大門剛明氏、福田和代氏、三羽省吾氏による、電子限定の書き下ろしミステリー小説7作品。こちらはキャンペーン期間中、100円(税別)でご購入いただけます。※価格は希望小売価格です。電子書店によって異なる場合があります[画像1: http://prtimes.jp/i/7254/214/resize [全文を読む]

ウイスキートリビア ニッカウヰスキーはなぜ「ヰ」なのか?

NEWSポストセブン / 2014年11月18日11時00分

同書にはその2週間後、浦賀沖に停泊した際、浦賀奉行所の与力・香山栄左衛門に歓待のためにウイスキーを出したとある。 ■ニッカウヰスキーはなぜ“ヰ”なのか? もともと日本では、ウイスキーは「ウヰスキー」と書かれることが多かった(ヰの正確な発音は「ウィ」に近い)。ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝氏は、ウイスキーは水が命なのでヰではなく、井戸の井を使おうと考え、1 [全文を読む]

浦賀にゆかりのある人々が愛した五代続く老舗「うなぎ 梅本」の「うな重」

ぐるなび / 2014年07月08日21時10分

7月6日放送の「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅2」(テレビ朝日系、日曜午後1時55分)では、「旬の三浦半島を食べつくせスペシャル」と題し、三浦半島の絶品グルメを特集。振分親方とお笑いコンビ「ホンジャマカ」の石塚英彦さんが「うなぎ 梅本」(神奈川県横須賀市)を訪れた。 明治の初めにうなぎ割烹として店を構えた同店。おすすめメニューは、勝海舟もその味 [全文を読む]

【江戸クイズ】松下村塾で学んでいないのは誰?幕末に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年06月02日21時00分

ペリー来航を知ると浦賀まで黒船を見に行き、衝撃を受ける。松陰は、日本を守るためには西洋を知る必要があると痛感し、翌年ペリーが再来航したときに、密航を企てたのである。【クイズ2】松下村塾は、幕末の維新の志士を多く輩出しました。では、次のうち松下村塾で学んでいないのは誰でしょう? 彰義隊討伐を指揮した人物です。 [全文を読む]

「はつらつシニアパス」を発売!

News2u.net / 2017年05月31日11時00分

価格 17,900円 (平成29年7月1日~平成29年12月31日の6ヶ月間 横須賀市内路線バス乗り放題) ご購入いただける方 横須賀市在住の65歳以上の方(昭和27年12月31日以前に生まれた方) 購入方法 購入希望者は京急バスの所定の販売窓口にて直接購入 市への応募はがきは不要 購入期間 平成29年6月1日(木曜日)から平成29年7月31日(月曜日) [全文を読む]

マリンフェスタinヴェラシス 2017 Early Summer 開催

@Press / 2017年05月26日10時30分

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/129367/img_129367_6.jpg画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/129367/img_129367_5.jpg シティマリーナヴェラシスには、テラスから浦賀湾を一望できるレストラン「Clipper」があり、落ち着いた [全文を読む]

【ボクらの維新通信社 連載】東京都写真美術館で幕末から明治の貴重な写真展を開催中!

Walkerplus / 2017年04月26日19時52分

ペリー来航の現場となった浦賀の港、薩摩藩を維新の原動力に育てた名君・島津斉彬撮影と伝わる鶴丸城の藩主居館、横浜港に集結する英国艦隊など、CGじゃない“ホンモノの風景”から幕末の息吹を感じてほしい。 こうした貴重な写真には、専門書を開いたり各地の資料館に足を運ばないと出会えないし、大学や研究機関の所蔵品となると一般的に見る機会が少ない。それらが一堂に集まると [全文を読む]

麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!

PR TIMES / 2017年04月14日19時52分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城 徹)は4月14日(金)、電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+(げんとうしゃぷらすぷらす)ミステリー”から麻生幾氏、浦賀和宏氏、小路幸也氏、大門剛明氏、三羽省吾氏による、電子限定の書き下ろしミステリー小説5作品を刊行。4月27日(木)までの期間限定で、100円(税別)でご購入いただけます。※価 [全文を読む]

隠れ家的喫茶店の「Hot・Tea」と「ハニースコーン」

ぐるなび / 2017年04月10日12時10分

京急本線浦賀駅南出口から徒歩17分ほどにある同店は、硝子張りで樹木に囲まれている隠れ家的喫茶店だ。 訪れた一同は、イギリスから輸入して造られたコンサバトリーという建物の外観を見て「うわ、何ここ?お洒落!」「凄い!」と驚いた様子。紹介されたメニューは「Hot・Tea」と「ハニースコーン」。 「Hot・Tea」を飲んだトシさんと温水さんは「気品があるね」「芳 [全文を読む]

櫛の歯が抜けるように人が減った“限界ニュータウン”現地ルポ

プレジデントオンライン / 2017年03月27日09時15分

本線終点の浦賀駅周辺を散策してみた。密集する住宅街にもかかわらずハイキングのような気分がしないでもない。坂の途中で椅子にもなる買い物用キャスターに座り一休みされる方もいる。坂道からさらに急峻な細い階段の道を上って、丘の上の家に向かう人も。 ある古い団地に着くと、リタイアされた方が多く目につき、タクシーが棟の前に止まっては、買い物袋を持った足腰のしんどそう [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

その後、ペリーの黒船が浦賀に来航した際に、国防のために西洋文明を学ぼうと乗船を求めたが拒否され[、幕府に自首。しばらく長州萩の野山獄に幽囚となった後、生家に蟄居となった、この時に松下村塾を開き、門人の教育に励んだ。 そして今度は、老中・間部詮勝の要撃計画がもとで、死刑の判決を受けたのである。この松陰の人生のどこが「収穫の時」なのか。松陰はこう続ける。 私 [全文を読む]

日本システムウエア、PTCジャパン、日本ヒューレット・パッカードの3社協業による「ファクトリーIoTスモール・スターター・パッケージ」の提供を開始

DreamNews / 2017年02月23日11時00分

■サービス内容に関するお問い合わせ先NSW(日本システムウエア株式会社)ITソリューション事業本部ビジネスイノベーション事業部M2M/IoTビジネス部:大野TEL:03-3770-0017E-mail:m2m@list.nsw.co.jp■報道関係者からのお問い合わせ先NSW(日本システムウエア株式会社)企画室広報担当:清水、染葉(ソメハ)TEL:03-3 [全文を読む]

【決定版】巨大地震発生確率ランキングTOP10! 熊本地震・鳥取県中部地震の次に動く活断層はここだ!!

tocana / 2017年02月15日15時00分

7位:武山断層(神奈川県)…… 発生確率9% 神奈川県三浦郡葉山町から横須賀市を経て浦賀水道に至る、三浦半島断層群主部のうち南部にあたる11kmの断層。1923年の大正関東地震の際に、武山断層帯の陸域部の東端付近で、地震断層が出現した。ここが動くとM6.6以上の地震が想定されるが、約25kmにわたる三浦半島断層群主部が一度に動く可能性もあるとされ、その際に [全文を読む]

日本の「鉄道と占い」には意外な関係があった【10月14日は鉄道の日】

まぐまぐニュース! / 2016年10月13日04時30分

1853年にペリーが浦賀にやってきて、大きく日本が揺れ動きます。攘夷運動、倒幕・佐幕の衝突を経て、徳川幕府は大政奉還により政治の表舞台を去り、1868年に王政復古の大号令が布告されます。この間、15年。そしてその4年後の1872年には鉄道が開設しているのです。このスピード感、勢い。恐ろしいほどのエネルギーを感じます。 さまざまな人が知恵と情熱を結集したの [全文を読む]

日本全国「巨大地震」“要警戒エリア”をリサーチ!

日刊大衆 / 2016年08月26日15時30分

今年に入って深度5弱以上の揺れを観測した大きな地震は、熊本、大分を除くと、青森県三八上北地方(1月11日)、神奈川県浦賀沖(1月14日)、茨城県南部(5月16日)、北海道内浦湾(6月16日)、茨城県北部(7月27日)と、東日本に集中しています」 直近のデータは、さらに不気味なものだ。「熊本、大分を除き、6月1日から7月31日までの2か月間に震度2以上の地震 [全文を読む]

ガラス瓶入りコーヒー飲料はいまだに健在! 懐かしの昭和の「ジュース」に想いを馳せる一冊

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月12日17時30分

日本の「ジュース史」は、1853年に浦賀へペリー艦隊とともにやってきたレモネードに始まるという。黒船に検分のため乗船した幕府の役人と通訳が、炭酸入りレモネードの提供を受けたのだ。当時はコルク栓で閉められていた瓶を開けると「ポンッ!」という音がして、役人たちはひどく驚いたとか。どうやら銃声と勘違いしたらしい。この『日本懐かしジュース大全』(清水りょうこ/辰巳 [全文を読む]

フォーカス