川相昌弘のニュース

フューチャーズvs四国IL選抜の交流戦出場メンバー発表

ベースボールキング / 2017年06月20日11時15分

◆ 交流戦出場メンバー ◆ 第1戦 【監督】 川相昌弘(巨人) 【コーチ】 栗原健太(楽天) 星孝典(西武) 小池正晃(DeNA) 島崎毅(日本ハム) 秦真司(巨人) 円谷英俊(巨人) 穴吹育大(巨人) 【投手】 田村伊知郎(西武) 信楽晃史(ロッテ) 柿田裕太(DeNA) 笠井崇正(DeNA) 瀬川隼郎(日本ハム) 竹下真吾(ヤクルト) 高井俊(巨人) [全文を読む]

河埜から坂本まで……熾烈を極める巨人のショート争いの歴史

NEWSポストセブン / 2016年05月22日16時00分

石渡茂、鴻野淳基、川相昌弘、西本和美とチーム内に遊撃手が7人も集まる飽和状態が生まれた。 筑波大学から1981年にドラフト外でプロ入りした西本和美は、巨人初の国立大学出身選手として注目を集めた。1984年9月の大洋戦では、スタメンで起用され猛打賞を記録。期待が大いに高まった。しかし、翌年の開幕直前に日本ハムへトレードされ、1986年限りで現役を引退している [全文を読む]

【プロ野球】王貞治の本塁打や金田正一の400勝を凌駕する”偉大な記録”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年03月10日12時00分

あまり注目されない記録だが、世界記録である川相昌弘の通算犠打も占有率は高そうだ。 1位 川相昌弘 533犠打 2位 平野 謙 451犠打 3位 宮本慎也 408犠打 4位 伊東 勤 305犠打 5位 新井宏昌 300犠打 合計1997犠打に占める割合は26.69%。突出度では王貞治に肉迫している。 さて、ここまで様々な記録をみてきたが、突出度では「これ以 [全文を読む]

川相昌弘 昨年の巨人2軍監督就任の陰に落合氏の気遣いか

NEWSポストセブン / 2012年05月05日07時00分

現役時代は533犠打の世界記録を打ち立て、昨年から巨人の2軍監督に就任している川相昌弘氏(47)。実は、2003年に巨人で引退試合を行ない、その翌年から巨人でコーチになる予定だったという。 ところが当時、原監督が電撃辞任したことを受け、1軍コーチ職が宙に浮いた格好となった。もともと、現役続行を望んでいたため、中日の監督に就任した落合博満氏の元で、翌年も現役 [全文を読む]

『打てて、守れて、送れる』打者に…ソフトバンク・今宮の挑戦

ベースボールキング / 2017年07月07日11時45分

通算788試合目での達成は、世界の犠打王・川相昌弘氏の723試合に次ぐ2番目の記録となったものの、年齢では川相氏の28歳10カ月を大きく更新する25歳11カ月での達成。そう遠くない未来の世界記録更新へ、今から期待は膨らむばかりだ。◆ 努力で切り開いた生きる道 大分・明豊高から2009年のドラフト1位でソフトバンクに入団した今宮。高校時代は投手として甲子園 [全文を読む]

【プロ野球】源田壮亮(西武)に京田陽太(中日)。遊撃が熱い今、新人で遊撃レギュラーを奪った名手の系譜を見る

デイリーニュースオンライン / 2017年06月29日16時05分

1年目の1999年は川相昌弘(現巨人3軍監督)との併用が続いたが、シーズン途中から遊撃のレギュラーを獲得した。 新人王は20勝を挙げたチームメイトの上原浩治に譲ったが、打率.289、18本塁打と前評判通りの活躍を見せつけた。 文=武山智史(たけやま・さとし) 【関連記事】 [全文を読む]

【巨人】松井、桑田、上原……「巨人軍、失われた15年」を取り戻すために

文春オンライン / 2017年06月28日11時00分

川相昌弘は中日で現役続行。仁志敏久はトレード直訴で横浜へ、清水隆行も志願して西武で最後の1年を過ごし、二岡智宏は日本ハムへ移籍。そして高橋由伸は代打で4割近い打率を残しながら突然の引退で監督就任したのは記憶に新しい。 全盛期の別れ、キャリア晩年での決別、突然すぎる引退……。気が付けば、あの斎藤や槙原を送り出した01年9月から、もう15年以上が経過しようとし [全文を読む]

巨人新監督「江川vs中畑」大変革バトル(4)中畑氏が努めて冷静な理由

アサ芸プラス / 2017年06月25日17時56分

昨オフ、村田ヘッドをクビにして、川相昌弘3軍監督(52)をヘッドに昇格させようとしましたが、由伸監督に拒まれました。ものを言う鬼軍曹を嫌ったようですが、結果として、現在の引き締まらないチーム状態が出来上がったとも言える。しがらみのない鹿取GMであれば、今シーズン中のコーチ入れ替えはもちろんのこと、由伸体制が崩壊しても、次期監督への体制移行を淡々と進行してく [全文を読む]

松井秀喜氏が巨人監督を拒否する背景に読売への不信感も?

NEWSポストセブン / 2017年06月21日16時00分

もし高橋監督が退任となれば、川相昌弘3軍監督や斎藤雅樹2軍監督、球団OBの中畑清氏や江川卓氏、落合博満氏など複数の候補の名前が挙がる。その中でも、球団としての“意中の監督”として名が挙がるのは、松井秀喜氏だろう。野球担当記者が話す。 「人気の面から考えても、松井氏がなってくれるなら一番納まりがいい。かつて原辰徳監督の後継者として球団が説得を試みたが、松井氏 [全文を読む]

早くも取り沙汰される巨人・来季監督 中畑氏や落合氏の名も

NEWSポストセブン / 2017年06月10日16時00分

高橋監督が退任した場合、斎藤雅樹二軍監督、川相昌弘三軍監督の内部昇格、万年監督候補の江川卓氏、前DeNA監督の中畑清氏という名前が挙がります。 特に中畑氏は、感情を出さない高橋監督と違い、明るく振る舞ってファンサービスも欠かさない。マスコミ受けも抜群。暗い雰囲気が充満し、人気が低下している巨人に持って来いの人物像です。また、今のチームが最も必要としている若 [全文を読む]

フォーカス