平壌のニュース

「帰国できないなう!」niconicoとひろゆきが見た衝撃映像!最新の北朝鮮映像を30時間一挙放送

ITライフハック / 2014年09月05日10時00分

■訪朝から帰国までの30時間を一挙放送19年ぶりに北朝鮮の平壌市内にて開催されたプロレス興行「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」。その実行委員長であるアントニオ猪木氏の訪朝に同行する形で北朝鮮側から取材許可が下り、ひろゆき班長をはじめとするniconico取材班が北朝鮮で取材を行った。平壌駅■帰国時には入管で足止めを食らい「帰国で [全文を読む]

北朝鮮の異常な真実を描くドキュメンタリー「太陽の下で」

メディアゴン / 2017年04月18日07時40分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *ロシア出身のドキュメンタリー映画・巨匠ヴィタリー・マンスキー監督が北朝鮮平壌の家族に1年間密着した映画「太陽の下に」を見た。実に痛々しい映画であった。この映画は公式HPで次のように紹介されている。<以下、引用および筆者要約> 「8才の(少女)ジンミは模範労働者の両親とともに平壌で暮らしている。ジンミ [全文を読む]

金正男暗殺事件に新展開(下)─捜査の現場で見た「非合法のインフラ」

Forbes JAPAN / 2017年03月10日12時15分

押収されたエリトリア向け軍事通信機器の写真出展:国連専門家パネル2017年度最終報告書、P.33国連専門家パネルの報告書によると、この在マレーシアの「グローコム社」は、平壌の北朝鮮企業「パン・システムズ社」のフロント企業とされる。さらに、この北朝鮮企業は、シンガポールにある同名の「パン・システムズ・シンガポール社」とつながっている。北朝鮮の偵察総局は、東南 [全文を読む]

美女軍団が「透けブラ」で……北朝鮮初オープンのビアガーデンが大盛況!

日刊サイゾー / 2016年08月31日15時00分

平壌市内を流れる大同江(テドンガン)沿いに北朝鮮初となるビアガーデンがオープンし、富裕層が生ビールを求めて殺到している。キンキンに冷えたビール自体が珍しく、生ビールも初体験の市民がほとんど。金正恩委員長は、給仕の美女軍団と生ビールで、民心を手なずけようというもくろみらしい。 北朝鮮の官製メディアによると、平壌のビアガーデン「平壌大同江ビール祝典」は8月12 [全文を読む]

<コラム>リオ五輪、北朝鮮選手の福原愛撃破に驚き=スポーツでの日朝関係改善を夢想する

Record China / 2016年08月24日13時10分

平壌市内の某ホテルのロビー。北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国の対文協(対外文化連絡協会)の案内員と私は小さな声で会話を交わした。 「ウラ、トクアツ…」「ペン?シェイク?」「シェイク」「じゃあ、2枚?」「よろしく」。案内員は頷いた。 別に怪しい取引をしていたのではない。次回訪朝の際に希望するおみやげを私が案内員に聞いたところ卓球のラバー、裏ソフト特厚タイプを2 [全文を読む]

朝鮮で「聖者」と呼ばれた日本人。退廃した農村を復興させたその半生

まぐまぐニュース! / 2016年04月19日19時00分

大正14(1925)年11月、平壌から東に40キロも入った江東という寒村でのことである。平壌からは1日1回、6人乗りのバスが往復するだけで、電気もなく、夜はランプの暮らしだった。 足を引く男は重松髜修(まさなお)。江東金融組合の理事である。金融組合とは、日本政府によって各地に作られた小規模の組合で、高利貸しに苦しむ農民を救うために小口低利の貸し出しを行っ [全文を読む]

脱北者たちが明かす北朝鮮ミサイル実験「日本は簡単に焦土にできる」

週プレNEWS / 2016年02月23日06時00分

発射の数日後、中国と北朝鮮の国境エリアで平壌(ピョンヤン)から来た関係者と会いました。今回、北朝鮮の幹部たちも完全に「ミサイルの発射は成功した」とみている。アメリカ本土を射程に収めたのはもちろん、大気圏に突入するまでに要した時間が9秒だったからです。12年の発射では17秒だった。この短縮には大きな意味がある。 ―というと? 党員 幹部たちは「さらに短縮可能 [全文を読む]

低レベルすぎる…A猪木の北朝鮮プロレス、“大成功”に疑問?チケット販売ルートに疑惑も

Business Journal / 2014年09月13日14時00分

8月30・31日に北朝鮮の平壌市内にある柳京・鄭周永体育館で開催された、『インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌』。連日1万5000人もの観客で賑わい、大成功だったと、大会実行委員長を務めたアントニオ猪木参議院議員は絶賛した。 しかし、実際は少し違うようだ。現地取材を行ったジャーナリストは次のように語る。 「一番盛り上がったのは、覆面レ [全文を読む]

北朝鮮で“闘魂”再び! 1995年、伝説の「平和の祭典」とはなんだったのか?

週プレNEWS / 2014年08月29日06時00分

8月30、31日の両日、アントニオ猪木率いるIGFが北朝鮮で「インターナショナル・プロレスリング・フェスティバルin平壌」を開催する。今なぜ?と賛否両論、物議を醸(かも)しているが、これは猪木にとって2度目の北朝鮮興行となる。 前回は1995年4月28、29日に開催された「平和のための平壌国際体育・文化祝典」(通称「平和の祭典」)。巨大な綾羅島(ルランドー [全文を読む]

ブル中野氏が明かす、1995年、北朝鮮「平和の祭典」の舞台裏

週プレNEWS / 2012年11月23日13時00分

大会2日目、北斗晶とのシングル戦で男子に劣らぬ激闘を繰り広げた“女帝”ブル中野氏に、平壌の思い出を回想してもらった。 ■女子プロレスに19万人が大興奮! 1995年4月28、29日、アントニオ猪木率いる新日本プロレスは北朝鮮・平壌で「平和のための平壌国際体育・文化祝典」(通称「平和の祭典」)を開催。巨大な綾羅島(ルランドー)メーデー・スタジアムに、2日間で [全文を読む]

中国国際航空の北京―平壌便、運行停止は「暫定的」―中国メディア

Record China / 2017年04月16日10時40分

2017年4月14日、新京報新媒体によると、中国国際航空の関係者はこのほど、北京と平壌を結ぶ定期便は運航を継続しており、17日からと伝えられた一時停止は「暫定的なものだ」と表明した。 国営中国中央テレビはこのほど、「最後の平壌便は14日」と伝えていた。中国国際航空は北朝鮮の高麗航空を除き、唯一北朝鮮便を運航する航空会社だった。北京―平壌便は08年に就航。毎 [全文を読む]

<コラム>サッカー女子W杯、なでしこ下し北朝鮮が優勝=私が北朝鮮案内員とがっちり握手を交わした理由

Record China / 2016年10月25日14時10分

大きく寄与したのが国家代表の養成を目標に2013年5月13日に開校した平壌サッカー国際学校。13年9月に訪問した時には、101名が在籍(最大収容者数は230名とのこと)していた。 案内をしてくれたヒョン・チョルマン校長先生によると、全国から児童を選抜、平壌と地方の児童の割合は6:4。特に知力と体力と将来性を重視し、入替もある厳しい環境だ。人工芝のグラウン [全文を読む]

<コラム>個性バラバラの訪朝団が一致する意見、北朝鮮のビールは「美味しい!」

Record China / 2016年10月14日14時50分

席を同じくしたホテルの男性職員は「仕事終わりにジョッキ一杯だけ飲むことにしている」といっていたが、その禁をあっけなく破り、数杯飲み干し酩酊し、ひどい平壌訛りで絡まれて困惑した。 久しぶりに李英和関西大学教授の著書「北朝鮮 秘密集会の夜」(文春文庫)を読んだ。91年に訪朝した李教授は平壌滞在中、平壌麦酒と龍城麦酒を飲んでいた。のちに腐敗防止のため、硫酸を入れ [全文を読む]

北朝鮮プロパガンダに加担するテレビ

Japan In-depth / 2016年05月09日23時00分

その後はショーウィンドー平壌の「映画セット」のような建造物を取材させられ引き回された。こうした北朝鮮当局の対応に記者たちの不満が募るのは当然の成り行きだった。 そうした中で北朝鮮当局は、イギリスBBC放送 のルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ記者を拘禁して追放した。現地にいるCNNのウォールリプリー記者が 5月9日ツイッターを通じて明らかにした。中国新 [全文を読む]

フォルクスワーゲンも走る北朝鮮に、電気自動車をしのぐ“究極のエコカー”があった!

日刊サイゾー / 2015年09月28日16時00分

一頃は日本車がステータスだった北朝鮮のカーライフだが、5年前に故・金正日総書記から「日本車を使うな」という鶴の一声があり、トラックやバスといった業務用車両以外は、欧州車や韓国との合弁で平壌郊外に工場がある「平和自動車」という国産車に代わった。 「このところ、中国との商売で儲けた富裕層によるマイカー所有が増えた。結果、平壌市内の交通量は飛躍的に増えた。昔は女 [全文を読む]

【潜入!北朝鮮④】読めない公式サイトに代わって主要観光スポットを紹介!

しらべぇ / 2014年12月05日18時00分

平壌から200km程度とかなり離れた場所にあるが、北朝鮮に行くからには必ず押さえておきたいスポットのひとつである。近くにはこちらも有力な観光地である「開城」もあるので、あわせて訪れたい。 開城(ケソン) 朝鮮最初の統一国家「高麗」の都であり、その歴史的に重要な数々の遺跡は、2013年に世界遺産リストに登録されている。歴史好きにはおすすめの都市だ。 高麗博物 [全文を読む]

偽札大国北朝鮮! 世界各国の紙幣が普通に使用されている現実とは?

tocana / 2014年07月15日14時00分

私は北京でビザを発給し、そのまま飛行機で平壌に向かいました。 平壌空港に着くと、まず困ることがあります。空港全体が外国人向けに配慮されていないため、英語を含む外国語の表記がほとんどありません。あるのはハングルと中国語ばかりなので、迷子になります。そして、次に困るのが、町に出るまでの交通機関。どれがタクシーなのか、バスがあるのか...これもまったくわからな [全文を読む]

元金正日専属料理人「北朝鮮にラーメン屋開きグルメ教えたい」

NEWSポストセブン / 2012年09月14日16時00分

先日の訪朝で感じたのは、以前と比べ、平壌市民の生活が格段に豊かになっているということ。 いま、平壌の一般家庭の父親の月給は平均して3000ウォン(日本円で約60円)です。ところが市内のレストランに行くと焼き肉が1人前7000~8000ウォンもする。そういった所はもちろん高級店ですが、どこもお客でいっぱいなんですよ。 より庶民的なところで言っても、平壌名物の [全文を読む]

人間・金正恩 1兆円支援で拉致被害者30人を返す!(2)

アサ芸プラス / 2012年06月06日10時57分

首都・平壌では、政府公認の携帯電話が100万台を突破している。 もちろん平壌に住む外国人の携帯電話は、海外にはかけられないよう外部とは遮断されているが、 「携帯を持っていない人間はビジネスの相手にされない」(朝鮮総連系の実業家) と言うほど広く浸透しているのが現状である。 さらには、パソコンも予想外に普及している。在日の親戚が持ち込んだり、中国から中古を輸 [全文を読む]

北朝鮮の高麗航空、飛行中に翼の一部を落とす―中国メディア

Record China / 2017年06月10日10時30分

2017年6月9日、民航資源網によると、北朝鮮国営高麗航空のツポレフ204型旅客機が5月25日、平壌から中国北京への飛行中、主翼についた高揚力装置(フラップ)を落としていたことが分かった。 航空情報サイトのアビエーション・ヘラルドによると、フラップを落としたのは高麗航空の平壌発北京行きJS−251便。離陸後高度9200メートルに達して中国の領空内に入ったと [全文を読む]

フォーカス