凶弾のニュース


凶弾に倒れた政治家と日本のエコノミスト 英国はEUから離脱するか その6

Japan In-depth / 2016年06月22日23時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」16日、イングランド中部の工業都市リーズの郊外で、一人の女性議員が殺害された。ジョー・コックスさん。享年41。最大野党・労働党の下院議員で、EU残留派の論客として熱心に活動していた。2児の母でもあったとのこと。犯人は、極右団体と関係があったと見られ、拳銃(改造銃であったらしい)を発射する際、「ブリテン・フ [全文を読む]

「3Dプリンター拳銃」で凶弾が国民に向けられる!

アサ芸プラス / 2014年01月16日09時56分

非常に危険な社会が訪れることになりかねない‥‥」 凶弾が一般人にも容易に向けられる時代が、すぐそこまで来ているのだ。 [全文を読む]

山本美香記念国際ジャーナリスト賞 創設シンポジウム「ザ・ミッション ~山本美香 戦場からの問い~」5月26日開催のお知らせ

@Press / 2013年05月02日12時30分

2012年8月20日にシリア・アレッポを取材中、凶弾に倒れたジャーナリスト・山本美香の遺志を継ぐべく、同年10月17日、「一般財団法人山本美香記念財団」を設立いたしました。 その活動の一環として、来年2014年5月26日を第一回目の授賞式とする「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」を創設。 それに先駆け、本年2013年5月26日(日)、賞の選考委員をゲストに [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】加藤登紀子、オノ・ヨーコとの「友達」関係明かす “ジョンの追悼盤”を直接渡された

TechinsightJapan / 2017年04月19日18時37分

リリース後の12月8日にジョンが凶弾に倒れ、ジョンの遺作となる。 家主として登場した加藤登紀子は飾ってあるそのアルバムを見ながら「私、ヨーコさんとは友達なの」というではないか。「ジョンが暗殺されちゃった翌年、81年に出された追悼盤? オノ・ヨーコさんが直接私にくださった」とLPレコードの裏ジャケットを示したところ、自筆による縦書きで「加藤登紀子さんへ ニュ [全文を読む]

松方弘樹さんの事実婚妻 最期まで入籍しなかった理由

NEWSポストセブン / 2017年01月27日07時00分

壮大な葬儀の祭壇に飾られるのは、志半ばで凶弾に倒れたある男(松方弘樹)の遺影だ。さぞ無念だっただろうと、男の友人(菅原文太)は祭壇に向かって“追悼”のピストルを撃つ──。キネマ旬報が「日本映画史上ベストテン」で第5位に選出する名作映画『仁義なき戦い』(1973年)のラストシーンだ。生き急ぐ男の揺れる心情を体現した松方さんの演技は出色で、この作品で一気に名優 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】捕虜のトルコ兵2名を生きたまま火刑に 「イスラム国」新たな処刑映像を公開

TechinsightJapan / 2016年12月24日20時30分

ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が19日、首都アンカラで開催された写真展で「神は偉大なり」と叫ぶ男の凶弾に倒れて死亡した事件の後、トルコのエルドアン大統領とロシアのプーチン大統領が電話で対談。「彼らの挑発行為にだまされることなく、両国は協力しあってテロとの戦いを続ける」と宣言したことに対抗し、トルコを壊滅させてやるとの脅しの言葉も聞き取れるという。 [全文を読む]

なぜ韓国の大統領は、いつも悲惨な末路を迎えるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年11月03日05時00分

朴槿恵大統領は母も父も凶弾に倒れましたが、娘までが退任する1年半後に逮捕されるとなれば、これは彼女自身の問題のみならず、韓国人のさだめとしかいいようがありません。 なぜ韓国の大統領は悲劇的な末路しかないのか。ひとつには朝鮮半島の特色でもある「朋党の争い」(党派同士の暗殺や虐殺)の伝統がいまだに残っていることが挙げられます。朝鮮半島では必ずといっていいほど [全文を読む]

朴槿恵大統領に同性愛疑惑まで浮上!機密文書流出事件でバレた異常性癖とは?

tocana / 2016年11月01日15時00分

朴大統領は若くして母を凶弾で亡くし、父・朴正熙元大統領のファーストレディー役として政治の世界に身を置いてきた。その父も側近に暗殺され、彼女は政界で繰り広げられる裏切りや権力闘争を毛嫌いしていたという。 そんな朴大統領に最初に取り入ったのが、崔順実氏の父親で牧師の故・崔太敏氏。崔牧師はキリスト教系の新興宗教の教祖で、母を失ったばかりの朴槿恵氏に近付き、男女の [全文を読む]

佐藤浩市が尾野真千子主演ドラマ「狙撃」で殉職!

Smartザテレビジョン / 2016年09月12日05時01分

果たして、鎮目に凶弾を撃ち込んだ人物は誰なのか? 涼子が目の当たりにした驚きの事実とは。 刑事11人が複雑に絡み合った戦いに生き残った者が最後に手にするのは、事件の真相なのか? ハードボイルドな世界の中で奔走する刑事が手にした事実を、放送で共に追い掛けよう。 [全文を読む]

【閲覧注意】意味がわかるとゾッとする、恐怖の画像5選!!

tocana / 2016年08月01日08時00分

1980年12月8日に40歳で凶弾に倒れるまで、最前線で活躍した偉大なミュージシャンだ。彼を射殺したのは、ジョンの熱狂的なファンであるマーク・チャップマンという男。そして、この写真で右に写るのがそのチャップマンだ。 この写真はジョンが殺害される数時間前に撮られたもので、ジョンは自身が発売したアルバム『ダブル・ファンタジー』にサインをしている。サインをした日 [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達・番外編】ジャスティン・ビーバー、射殺された女性歌手を偲び涙

TechinsightJapan / 2016年06月15日11時25分

その後グリミーとの出会いについて語ったセレーナは「こんなことが彼女に起きるなんて、どうしても理解できない」と述べ、優しい声で『Transfiguration』を歌い、凶弾に倒れた友人の冥福を祈った。 (TechinsightJapan編集部 ケイ小原) [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達・番外編】セレーナ・ゴメス 射殺された友人を想いステージで涙

TechinsightJapan / 2016年06月13日09時40分

若くして凶弾に倒れた友人の冥福を祈った。 ちなみにクリスティーナの才能に将来性を感じたセレーナのステップファーザーは、後に彼女のマネージャーに。クリスティーナのことを娘のように思い成功する手助けをしたかったという彼は、突然の悲劇に酷く動揺し胸を痛めているという。 出典:https://twitter.com/selenagomez (Techinsight [全文を読む]

ARIA7月号発売!『K』シリーズの黒榮ゆいが贈る待望のオリジナル新連載『極楽町デッドエンド』が表紙&巻頭カラーで登場!

PR TIMES / 2016年05月28日10時31分

あんスタ3号連続スペシャルステッカー付録第3弾は【零&晃牙】【英智&敬人】の2枚です★[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/1000/resize/d1719-1000-338801-1.jpg ]『K』シリーズの黒榮ゆいが贈る待望のオリジナル新連載『極楽町デッドエンド』が表紙&巻頭カラーで登場!元“ヤクザ”と“天使”が織りなすスタ [全文を読む]

第3回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」が決定 ジャーナリスト・桜木武史氏による、シリア内戦を取材した著書、「シリア 戦場からの声」が受賞~授賞式、および受賞者と選考委員によるシンポジウムを、2016年5月26日(木)、18時より日本記者クラブにて開催~

@Press / 2016年05月12日12時00分

<山本美香記念国際ジャーナリスト賞> 2012年8月20日、シリア取材中に凶弾に倒れたジャパンプレス所属のジャーナリスト・山本美香の遺志を継ぐべく創設。世界中で起こっている様々な紛争や抑圧、災害や貧困などの下で暮らす様々な人々の生きる姿を伝える優れた国際報道を担うジャーナリストの支援、育成を目的とする。 世界の不正義や不条理に対して何がどのように不正義で [全文を読む]

エジプト・イタリア人学生殺害事件を巡る深刻 - 酒井啓子 中東徒然日記

ニューズウィーク日本版 / 2016年03月15日11時30分

故郷に戻った学生たちは、2人ともテロの凶弾に倒れる。アルジェリアの若者はジャーナリストになって内戦下で命を落とし、そして主人公のエジプト人青年は...。 ここから先はネタバレになるので書かないが、何故この時期に思い出すかというと、手塩にかけた学生の命を奪われるようなことは、サイードだってきっと耐えられない痛みだろうなあ、と思うからだ。教え子たちがその正義 [全文を読む]

虚弱体質のJ・F・ケネディはステロイドの副作用「アジソン病」に苦しんだ

ヘルスプレス / 2015年12月01日23時24分

11月22日午後1時30分頃(日本時間23日午前3時30分頃)、第35代米国大統領、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディは、テキサス州ダラス市で凶弾に倒れる。惨劇は、ダラス空港からオープンカーで市内の演説会場に向かうエルム通りで起きた。 ケネディ暗殺のニュースは、日米間のテレビジョン衛星中継の実験放送が行われた当日の午前5時27分42秒~48分の20分間と [全文を読む]

韓国に「第2の国辱」を招いた金泳三を、国家葬に美化した思惑

まぐまぐニュース! / 2015年11月25日19時30分

初代大統領の李承晩は国を追われ、次の朴正熙は凶弾に倒れ、全斗煥と盧泰愚は有罪判決で禁錮刑、盧武鉉に至っては自殺しています。 大統領退任後に天寿を全うできたのは、いまのところ金大中と、国内外で人気がもっとも低かった金泳三くらいしかいません。金泳三は、退任後に台湾の李登輝総統に会いたいと申し込みましたが、きっぱりと断られました。 今回、朴槿恵政権は金泳三氏を国 [全文を読む]

パレスチナ絶望の20年

ニューズウィーク日本版 / 2015年11月04日17時30分

だが20年前の凶弾は、ユダヤ人とパレスチナ人の共存共栄を目指す和平プロセスに壊滅的な打撃を与えた。 その後の両者は深まる憎悪と実りなき交渉、拡大する暴力の出口なき悪循環に陥っている。憎しみに火が付けば血が流れる。この冷酷な事実が、ラビン暗殺の忌むべき遺産だ。 今も聖地エルサレムやヨルダン川西岸、そしてガザ地区の境界線で殺し合いが続いている。バス停であれ商店 [全文を読む]

“マジすか5”完結!宮脇咲良、横山由依が最終決戦へ

Smartザテレビジョン / 2015年10月28日13時04分

一方、仲間たちが次々と凶弾に倒れ、絶望的な状況の中、さくら(宮脇咲良)とおたべ(横山由依)は最後の戦いに臨む。すべてが終わった時、彼女たちに残されるものとは…。 [全文を読む]

フォーカス