大徳寺のニュース

二度目はない。京都で限定公開中、千利休と狩野永徳「蜜月」の証

まぐまぐニュース! / 2017年01月12日20時00分

今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』で紹介されているのは、通常は非公開ながら、3月26日まで特別限定公開されている大徳寺聚光院(じゅこういん)。著者の英 学さんによる襖絵や庭にまつわるエピソードを一読してから訪れる聚光院への旅は、格別なものとなるはずです。 大徳寺聚光院 大徳寺は京都市北部紫野に広がる禅寺で、24もの塔頭(たっちゅう)を持つ大寺院です。 [全文を読む]

真珠庵の「唐納豆」 こだわりはフランスの塩!

NHKテキストビュー / 2017年04月21日17時00分

京都・大徳寺内にある真珠庵(しんじゅあん)の和尚様が手塩にかけて作るのは、その名も「唐納豆(からなっとう)」。あの一休さんから脈々と受け継がれ、伝え続けられてきました。門前では大徳寺納豆として名物となっています。* * *宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)禅師が正和(しょうわ)4(1315)年、洛北に小堂をひらいたのが大徳寺の始まりと言われます。花園(はな [全文を読む]

【京都】誰もがこの地に憧れた。ひとあじ違う、洛中を染める紅葉

まぐまぐニュース! / 2016年11月18日20時00分

大徳寺からは高桐院を取り上げましたが、広大な境内には数多くの寺院が点在しています。全てが公開されているわけではありませんが、多くは紅葉の名所です。大徳寺だけで一日中紅葉を満喫できるぐらいの名所なので是非足を運んでみて下さい。それでは今回も写真入りの私のブログと共にお楽しみ下さい! 北野天満宮 image by: 京都フリー写真素材 住所:京都市上京区馬喰町 [全文を読む]

【世界遺産】ふだんは見ることもできない、非公開の京都の寺院に泊まる旅5軒

TABIZINE / 2017年02月12日12時00分

織田信長の姉の安養院が創建 大慈院(大本山大徳寺) (C) PR Times/ ENYSi 臨済宗大徳寺派の大本山大徳寺は、京都の五山の一つ。大徳寺のほぼ中央にある非公開の寺が「大慈院(大慈院)」。天正13年(1585)大友宗麟の姉の見性院、織田信長の姉の安養院、村上周防守義明、山口左馬弘定等が檀越となり創建。枯山水の庭が広がる茶室「頓庵」では、僧自らお [全文を読む]

古都のグルメ。京都ツウが全力でオススメする「定番本場の味」10選

まぐまぐニュース! / 2016年05月20日10時00分

緑寿庵清水 予約:075-771-0755住所:京都府京都市左京区吉田泉殿町38番地の2アクセス:京阪電車:出町柳2番出口から徒歩10分営業日・営業時間:10:00~17:00定休日:水曜・第4火曜 大徳寺納豆 関西では昔から納豆を食べる習慣はありませんので、京都で納豆というととても違和感があるかもしれません。 大徳寺納豆は我々がよく見る糸を引く納豆とは [全文を読む]

日本文化に精通する『和樂』が推薦する、今お取り寄せしたい”おもてなし銘菓”厳選9

Woman Insight / 2015年02月24日22時00分

五個えくぼ 15個入り ¥2,175(税抜) 【店舗情報】 菓道 冨来郁(かどう ふくいく) 住所:滋賀県東近江市宮荘町419 電話:0748-48-2919 http://www.fukuiku.info/ ◆椿・大徳寺【森の香本舗/仙台】(写真左下) 森の香本舗の椿の干菓子は和三盆製で、こくがある甘さ。舌の上ですっと溶けていきます。大徳寺は、大徳寺[全文を読む]

本能寺は「移転先」にあり。今も京都に残る信長由来の地を巡る

まぐまぐニュース! / 2017年06月02日23時12分

総見院(大徳寺塔頭) 総見院は信長の法名です。大徳寺の境内にある塔頭(たっちゅう)の一つです。信長亡き後、秀吉がこの場所で葬儀を執り行い、諸大名に自らの時代であることを示したと伝わります。 境内には信長一族の7基の石塔が立っていて、本堂には信長の座像が安置されています。通常は非公開ですが、春と秋に一般公開されています。 建勲神社 大徳寺の南の向かい側から [全文を読む]

発酵食品をファッショナブルな食スタイルに進化させる新たなブランド「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji&ko(コウジアンドコー)」2016年12月23日(金)よりテイクアウト販売を開始しました

PR TIMES / 2017年01月25日17時21分

塩麹を使うことで旨みが増し、深みのある味わいに仕上げた「塩麹煮野菜のラタトゥイユ」や、京都 大徳寺発祥の寺納豆「大徳寺納豆」の塩味とトッピングのピスタチオがアクセントになっている「抹茶レアチーズケーキの大徳寺納豆添え」など色鮮やかな商品を取り揃えました。また、店内メニューとして展開するディッシュデリとカスタムグリーンサラダのディッシュセットは、サイドメニュ [全文を読む]

お坊さんに聞く! 睡眠時間が短くても幸せになれる、修行の極意とは?

Fuminners / 2015年04月09日11時00分

そこで訪ねたのは、臨済宗大徳寺派 瑞泉山 香林院(以下、香林院)の金嶽宗信(かねたけそうしん)さん。坐禅を広めるべく、一般人を対象とした「朝坐禅の会」を主宰し、早朝から精力的に活動されています。金嶽さんに、お坊さんの早起きの秘密や、独特の睡眠事情についてうかがいました。そもそも、なぜお坊さんは早起きなの?金嶽さんの考え方や生活のベースとなっている「臨済宗」 [全文を読む]

生き辛さ感じる全ての人に読んで欲しい!軽やかに生きる為の108の言葉【大徳寺・泉田老師の誌上初説法】

PR TIMES / 2017年05月20日10時00分

5月20日(土)刊行『軽やかに生きる』世界文化社より5月20日(土)京都・大徳寺の主僧である泉田玉堂老師の初説法『軽やかに生きる』を刊行いたします。生き辛さを抱えて生きる現代人のために、禅語を通してストレスとの向き合い方、前向きに生きるコツをアドバイスします。[画像1: https://prtimes.jp/i/9728/289/resize/d9728- [全文を読む]

新緑が目にしみる。旅慣れた人だけが集う、初夏の京都を堪能する

まぐまぐニュース! / 2017年04月26日18時00分

」のCMでおなじみ「床もみじ」はココ! 大徳寺 高桐院 image by: 京都フリー写真素材 大徳寺は広大な境内の中に26もの付属する小さなお寺・塔頭(塔頭)を有する大寺院です。その中でもとりわけ紅葉で有名なのが高桐院です。細川忠興(三斎)、ガラシャ夫婦の墓所でもあります。ガラシャはキリスト教の洗礼を受けた名前ですが、この方は明智光秀の娘です。 このお寺 [全文を読む]

発酵食品をたっぷり使ったローストチキンのデリ

ぐるなび / 2017年04月12日19時10分

番組では、お店のイチオシとして「ローストチキンの大徳寺納豆ソースと黄野菜・カレー風味」(486円/税込み)を紹介。塩こうじで2日間漬け込んだ鶏肉に、こうじ菌で発酵させる事で味噌や醤油のような風味のする大徳寺納豆のソースを絡めてじっくりとローストし、更に塩こうじでマリネした野菜と合わせた発酵食品たっぷりの一品だ。 内田嶺衣奈さんはチキンを頂くと、「んー!や [全文を読む]

古くて新しい旅を提供するENYSiが、世界遺産「天龍寺」の塔頭を含む5施設の原則非公開の宿坊予約の提供を開始

PR TIMES / 2017年01月30日11時35分

主催:日本財団、共催:京都文化協会[画像2: https://prtimes.jp/i/22991/2/resize/d22991-2-946565-6.jpg ]- 5つの施設紹介 -■大慈院(大本山大徳寺)[画像3: https://prtimes.jp/i/22991/2/resize/d22991-2-910414-4.jpg ]趣きある茶室の先に [全文を読む]

京都観光の王道エリア!3分で知る金閣寺・上賀茂周辺まとめ

Walkerplus / 2016年10月24日21時08分

臨済宗大徳寺派の大本山、大徳寺は、応仁の乱で荒廃していた寺院を一休和尚が復興したもの。豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営み、菩提を弔うために寺領を寄進したのをきっかけに戦国武将の塔頭が相次いで建立され、隆盛を極めた。江戸時代を代表する枯山水の庭園や国宝の唐門、重要文化財の襖絵など、貴重な建築や庭園、美術工芸品が多数残されている。千利休や小堀遠州など、茶人との縁 [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

今回は千利休ゆかりの「大徳寺」のすべてを紹介してくださっています。広大な敷地を誇る同寺院はまるでテーマパーク。見どころは何と言っても個性溢れる数々の「塔頭」です。来年3月まで特別公開中の塔頭もあるとのことですので、まずはこちらの記事で情報を得、お運びになってはいかがでしょうか。 茶道との結びつきが強いお寺「大徳寺」 広大な境内に20以上のお寺を有する禅寺の [全文を読む]

モルガン財閥の大富豪に惚れられた「日本人女性」波乱の半生

まぐまぐニュース! / 2016年06月23日19時45分

帰国後は質素な生活を続け、1963(昭和38)年、京都の紫野、大徳寺の近くの自宅で81歳で亡くなりました。 晩年を過ごした大徳寺付近の自宅はどの辺りか分かりませんが、暮らしたことのある場所が市内中心部、四条烏丸に現存しています。柳馬場蛸薬師(やなぎのばんばたこやくし)を少し上がったところに「五行」というラーメン屋があります。ラード油で醤油を焦がした真っ黒の [全文を読む]

小山薫堂氏が提唱する“湯道(ゆどう)”の公認湯室第一号「おゆのみや」 2016年3月1日より営業開始

PR TIMES / 2016年02月22日11時43分

そして京都 大徳寺 真珠庵の山田宗正和尚によって書かれた「湯道温心」の“お軸”を湯室内に掲げる“開湯(かいとう)の儀式”が行われ、「おゆのみや」が開かれました。[画像1: http://prtimes.jp/i/17658/1/resize/d17658-1-156271-1.jpg ]左:「おゆのみや」で“湯道”の作法について説明を行う小山薫堂氏。挾土秀 [全文を読む]

400年の美。なぜ狩野派だけが、天下人の心を捉えたか?

まぐまぐニュース! / 2015年12月20日19時00分

元信の時代に狩野派が繁栄していくカギとなったのは、大徳寺の大仙院にある元信筆・四季花鳥図でした。この絵は、ダイナミックに描かれているものの、細かい描写はとても繊細で誰が観ても好きになるような絵です。 彼の画風は当時の武将たちなどから気に入られるようになり次々と注文が殺到するようになりました。そのため、1人では対応することが出来なくなり、大勢の弟子を取り、 [全文を読む]

旅の〆にぴったり!脂がのった鯖と日本酒が絶品のお店「㐂張 きばり」

TABIZINE / 2015年12月02日19時00分

里芋のきのこあんかけ、シマアジの南蛮漬け、白和え、白和えは堀川ごぼう・大徳寺麩・柿・せりが入っています。大徳寺麩は先日青山の懐石料理のお店でも使われていました。精進料理でもよく使用されますが、この独特の食感が好きなのです。お通しにしては、ちょっとお値段高めな気もしますが、一品一品手が込んでいます。 炙り〆鯖の土佐酢あんかけ 880円。炙り〆鯖に手を加えるの [全文を読む]

【青山】美酒と美食を愛でる秋、大人の隠れ家新懐石「星のなる木」

TABIZINE / 2015年10月31日20時00分

大徳寺麩東寺和え 海老生姜煮 春菊 蒟蒻 人参 松の実 お皿には扇が描かれています。大徳寺麩はお寺の精進料理でお肉のかわりに使われるお麩。歯ごたえが面白いです。生姜のきいた海老の煮物と春菊の香りが良いですね。東寺和えは湯葉で和えたお料理のことです。 秋野菜八寸 色とりどりの紅葉の中に見目麗しいお料理の数々・・・。八寸とは、ほんのちょっとという意味だそうで [全文を読む]

フォーカス