豊洲市場のニュース

「混迷の責任は小池知事」石原氏会見

Japan In-depth / 2017年03月04日11時40分

豊洲市場は安全、混迷の責任は小池知事にある・瑕疵担保責任免除「知らない」 「座して死を待つつもりはない。」作家らしいいつもの石原節だったが、勇ましかったのは最初だけ、3日午後の記者会見は全く新味がなく、むしろ自らの“無責任さ”を強く都民に印象付けたものとなった。今回の会見の主張のポイントは以下の通り。①豊洲移転を決めたのは司(つかさ)、司の役人や委員会、 [全文を読む]

都議会のドンの引退で混迷を深める豊洲移転問題。小池都知事の次の手は?

週プレNEWS / 2017年03月04日06時00分

建設費用6000億円という金額が示すように、豊洲市場はゼネコンの入札談合疑惑をはじめ、利権の山なんです。その継承を狙って都議会自民の中から、内田さんに代わる『第2のドン』が間違いなく出現しますよ。すでにその兆候もあります」 第2のドンが出現!? そんな貫目のある人物がまだ都議会自民に残っているのか? 「例えば、内田さんの腰巾着と目されていた島崎義司都議あた [全文を読む]

豊洲の欠陥隠蔽 小池都政の“ブラックボックス化”止まらず

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年09月02日09時26分

小池知事にとって都合の悪い情報とは、豊洲市場の地下水管理についての「重大欠陥」である。市場移転問題を追及する1級建築士の水谷和子氏は今月18日、豊洲市場敷地内で舗装されていない「緑地部」の図面の情報開示請求を都に対し行った。ところが28日、「資料の精査に時間がかかる」との理由で開示時期を延長されたのだ。 豊洲市場の地下水位が上昇しすぎないよう、緑地部地下 [全文を読む]

市場のうまいもんがコラボレーション!オリジナル料理に“ふくサンド”と命名 豊洲市場の開場まであと”1年”を記念して清水国明と博多華丸・大吉が「うまいものトーク」を実施

PR TIMES / 2015年11月08日10時04分

JRN50周年記念TBSラジオ大感謝祭ラジフェス2015】 東京都中央卸売市場は、築地市場の豊洲への移転に向け、豊洲市場の魅力や、80年あまりにわたり都民の食を支え、豊洲へ引き継がれる築地の伝統を多くの都民の方に知っていただくため、JRN50周年記念TBSラジオ大感謝祭ラジフェス2015で豊洲市場開場1年前のラジオタイアップイベントを開催しました.イベント [全文を読む]

「意思決定がブラックボックス化」の指摘も 2年目を迎えた小池都政

THE PAGE / 2017年08月27日15時40分

28日からは、豊洲市場移転へ向けた追加の土壌汚染対策工事費などを盛り込んだ約55億円の補正予算案を審議する都議会臨時会が始まる。 小池知事は昨年8月2日に就任以来、東京五輪の会場見直し、築地市場の豊洲移転延期などの方針を打ち出した。7月の都議選では、地域政党「都民ファーストの会」を率いて第1党に躍進させた。情報公開の重要性を訴えてきた小池知事だが、一方で、 [全文を読む]

舛添問題の裏で無責任すぎる都の対応…総事業費5800億円に膨れ上がっていた築地市場の豊洲移転がヤバい

週プレNEWS / 2016年06月17日11時00分

一体、何が起こっているのか? 前編「廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…」、中編「豊洲移転に大問題、魚が食べられなくなる!」に続き、築地市場の移転問題について迫った! ■飲食店やスーパーで食べ物の値段が高騰する? これまでに取り上げた以外も、豊洲市場を巡る問題は山積している。中澤氏らは今年2月、舛添知事宛てに33点もの疑問を記した公開質問状を提出したが、 [全文を読む]

都民ファーストの会公約分析① 東京都長期ビジョンを読み解く!その49

Japan In-depth / 2017年06月29日18時00分

西村健(NPO法人日本公共利益研究所代表)「西村健の地方自治ウォッチング」【まとめ】・小池知事、豊洲市場への移転・築地も活用との基本方針示す。・「都民ファーストの会基本政策集」、都民感覚が反映されている。・「談合」「口利き」防止、というなら、その根拠を示すべき。 ■豊洲問題、ついに決着東京都の小池知事が築地市場を豊洲市場に移転した上で、築地も活用する「基本 [全文を読む]

【豊洲移転・築地再開発】小池都知事の“トンデモ計画”で大増税時代到来へ!? 根底にあるのは都民の暮らしではなく復讐心!

tocana / 2017年06月25日08時00分

「決められない都知事」と揶揄された小池百合子都知事が20日、臨時の記者会見を行い、築地市場(中央区)の豊洲市場(江東区)への移転問題を巡り“トンデモ計画”をブチ上げた。豊洲移転の基本方針を固めたまでは良かったが、築地市場は売却せず、5年後をメドに「食のテーマパーク」として再開発を進めるというのだ。同時に豊洲市場は冷凍・冷蔵・加工などの機能強化を図り、東京の [全文を読む]

舛添騒動で都の深刻問題がないがしろに? 築地市場の豊洲移転に大問題、魚が食べられなくなる!

週プレNEWS / 2016年06月16日06時00分

一体、何が起こっているのか? 前編記事「廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対」に続き、築地市場の移転問題について迫った! ■都は土壌汚染の調査結果を偽装した? 市場へのアクセスや施設への不満ももちろんだが、さらに心配なのは本誌も2007年4月9日号で取り上げた、豊洲市場の土壌や地下水が「日本最悪レベル」といわれるほど [全文を読む]

築地市場再開発は「時間切れ」になりかねない このままでは「都の守旧派役人」の思うつぼ

東洋経済オンライン / 2017年09月08日07時00分

東京都の小池百合子知事が「築地は守る、豊洲は生かす」として、築地市場の豊洲市場への移転と、築地再開発案(市場機能を維持しつつ食のテーマパークなどを建設)を発表したのは6月22日。直後の7月2日に行われた都議会議員選挙では、小池氏が代表を務めていた「都民ファーストの会」(現在は野田数代表)が大勝。これで市場移転問題はようやく進むかと思われた。だが、現実はそう [全文を読む]

都議会:「豊洲」予算可決 公明、自民、民進も賛成

毎日新聞 / 2017年09月05日22時13分

東京都議会臨時会の本会議が5日開かれ、築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の追加土壌汚染対策工事費など総額約55億円の補正予算案を可決し、閉会した。主要会派では、共産党を除く都民ファーストの会、公明党に加え、自民党、民進党も賛成に回った。 今回の臨時会で、小池百合子知事は豊洲市場への移転時期について、来年6月以降になると表明。豊洲に移転後、五 [全文を読む]

小池知事「豊洲追加工事は来年6月上旬に完了」市場移転はそれ以降に

THE PAGE / 2017年08月28日15時45分

今回の臨時会は豊洲市場の土壌汚染対策追加工事費を含む補正予算案を審議。補正予算案は総額約72億円(債務負担行為を含む)で、豊洲市場の土壌汚染対策追加工事費に約30億円、引っ越し作業の再準備を含め豊洲市場開場に向けた移転準備に必要な経費25億円、カーブミラーの大型化など豊洲市場の使い勝手向上のための経費1000万円、築地の再開発に向けた検討に必要な経費20 [全文を読む]

豊洲市場はやはり開場不能 オープンすればカビの“温床”に

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年08月26日15時04分

カビの大量発生で大騒ぎの豊洲市場。小池百合子都知事は25日の定例会見で、カビ問題には触れず「早期移転を円滑に行う」とコメントしたが、とても無理そうだ。豊洲市場は、開場すればカビの“温床”となる可能性が高いのだ。 都内のカビ取り業者によると、カビが発生しやすい条件は「適度な室温」「高い湿度」「建物の気密性」の3つが挙げられるという。 「カビ菌が活発になるのは [全文を読む]

現代日本を覆う「あの敗戦のようなパターン」な空気感

文春オンライン / 2017年08月17日07時00分

豊洲移転の決定事項が都庁内に文書で残っていなかったと石原慎太郎元都知事をあれだけ攻撃しておいて、今回都議選前に突然出てきた「豊洲市場と築地市場の併用案」に関しては小池女史が独断で決めちゃってたわけですよ。とても可燃性の高い逸品です。たぶん、舛添要一さんが実にくだらない絵画や中古車の購入でメディアの大バッシングに遭い引きずり降ろされたようなトリガーになるんじ [全文を読む]

安倍政権、豊洲市場を存亡の危機に…全国の卸売市場システム破壊、生鮮品流通が混乱も

Business Journal / 2017年07月30日06時00分

小池百合子東京都知事が先の都議選直前、来年5月に築地市場を豊洲市場に移転をすると表明して、両市場の今後の扱いが都民から注目されている。 このようななか、6月21日付日本農業新聞は政府が卸売市場における取引を規定する卸売市場法の廃止を検討していると報じ、全国の卸売市場関係者、そして豊洲に移転を余儀なくされる築地関係者の間で波紋を呼んでいる。 もともとこの卸売 [全文を読む]

どこが「都民ファースト」か。小池知事の築地最終案が小ズルい理由

まぐまぐニュース! / 2017年06月23日03時14分

築地市場移転問題について、「一旦は豊洲市場に移転した後、築地の再整備を検討する」との最終案を発表した小池都知事。これを受け、無料メルマガ『マスコミでは言えないこと』の著者で月刊正論「ネットバスターズ」を連載中のITジャーナリスト宮脇睦(みやわき・あつし)さんは、「実に狡猾だ」と厳しく批判しています。 豊洲赤字論に欠ける富の再分配という行政の役割 混迷が続く [全文を読む]

小池知事の誤算、都の欺瞞。「豊洲問題」で透ける各々の思惑

まぐまぐニュース! / 2016年10月15日08時00分

中央卸売市場長の更迭人事が伝えられるなど、混乱が続く豊洲市場問題。解決に向け専門家会議を再び招集した小池知事ですが、メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、その知事の姿勢について「本気度を疑う」としその論拠を記すとともに、そもそもこの土地に市場をつくるのは極めて危険と断言しています。 役人の追認機関に豊洲地下空間の安全評価をさせてどうす [全文を読む]

都知事になった小池百合子氏は、古巣「テレ東」で何を語ったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月06日19時03分

いつまで続くかわかりませんけど」 豊洲市場はどうなる?~東京大改革の行方 オリンピックに続いて、パラリンピックでもリオデジャネイロに赴いた小池。熱戦が繰り広げられる会場を見て回った。多忙なスケジュールの中、4日間滞在。時の人、小池を追って、日本から多くの取材陣が殺到していた。「あとたった4年。いろいろな経験値を有効活用したいと思います」と、小池。食事の最中 [全文を読む]

築地市場の豊洲移転、都内が大渋滞慢性化の懸念浮上…通勤ラッシュや物流を直撃も

Business Journal / 2016年09月11日06時00分

このときから、報道陣から「豊洲市場周辺の交通インフラの脆弱性」を指摘する声はあった。特に、物流インフラの肝ともいえる豊洲市場周辺の道路インフラは脆弱で、それを問題視する声は根強かった。 もともと豊洲新市場にアクセスする公共交通機関は、「ゆりかもめ」しかない。ゆりかもめの始発は6時台。もちろん、セリには間に合わないので、市場関係者は自動車を使うだろうが、市場 [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

だが、「延期」の決め手はつまるところ、「モニタリングの最終結果が出る前に豊洲市場を開場しようとしているから」である。だとするなら、最終モニタリングの数字が出て、問題がないと判断すれば即、ゴーサインということになりかねない。 土壌汚染対策法によって、地下水の汚染物質は環境基準以下に減らし、2年間にわたってモニタリングする必要がある。2014年11月18日に [全文を読む]

フォーカス