臨死のニュース

臨死体験をした芸能人5名が見た「別世界の光景」

tocana / 2015年08月27日07時00分

17日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが臨死体験について語った。それは、94年にバイク走行中の事故により、右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷という重傷を負った時のこと。病院へ救急搬送された、たけしは「麻酔を打って手術する時に夢だか何だか知らないけど、上から自分が倒れているのを客観的に見たような気がする」と告白した。 たけしは [全文を読む]

地獄事情通 「地獄は面白い」「地獄でも平和に暮らせる」

NEWSポストセブン / 2017年04月08日07時00分

コラムニストの辛酸なめ子氏と、怪談蒐集家の寺井広樹氏が12人の臨死・体外離脱経験者の証言をまとめた『辛酸なめ子と寺井広樹のあの世の歩き方』(マキノ出版、以下『あの世の歩き方』)が、3月中旬に発刊された。臨死・体外離脱経験者が見た“あの世”は、どんなところなのか? ◆あの世に「閻魔大王」はいない 三途の川の向こう側が目的地の「あの世」だ。そこには、閻魔大王が [全文を読む]

死後の世界、超能力、スピを科学する定義「ポスト物質主義科学18条」とは? 大学教授が提示!

tocana / 2017年02月03日07時30分

その1つが、臨死体験(NDE)だ。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/post_12201.html】 米ニュースサイト「Collective Evolutions」(1月29日)によると、2001年に国際的医学誌「The Lancet」に報告された臨死体験の研究レポートでは、334人の被験者うち18%が心臓発作により [全文を読む]

元ハーバード大学脳神経外科医「死後の世界は存在する。オーブに満たされて…」

tocana / 2016年05月31日11時00分

過去の膨大な臨死体験談と共通する部分も多く、この話だけでは昏睡状態中に脳内再生されたイメージを語っているものではないかと思われかもしれないが、このアレキサンダー博士の場合は、その後の対応が科学的だった。 ■臨死体験者が語る死後の世界には共通点が多い 博士は、「昏睡中の自分の脳の機能状態」を医学的に調査し、昏睡中に脳がまったく機能していなかったことを証明し [全文を読む]

三途の川 「川の手前にはカフェがある」との証言も

NEWSポストセブン / 2017年04月07日07時00分

コラムニストの辛酸なめ子氏と怪談蒐集家の寺井広樹氏が12人の臨死・体外離脱経験者の証言をまとめた『辛酸なめ子と寺井広樹のあの世の歩き方』(マキノ出版、以下『あの世の歩き方』)である。 ◆「ガイド」がいる 人が死ぬと、あの世と現世の境界に流れる「三途の川」が目前に現われるというのが、「あの世の入り口」だと考えている人もいるだろう。だが、三途の川に行きつくまで [全文を読む]

【書評】ヒーラーは五度死ぬ? 理解不能な「あの世」から蘇った話

まぐまぐニュース! / 2016年12月27日16時00分

無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では、5度の臨死体験をした著者があの世の秘密を暴露したという、なんとも凄いとしか言いようのない1冊が紹介されています。 『5度の臨死体験でわかったあの世の秘密』 小林健・著 イースト・プレス 小林健『5度の臨死体験でわかったあの世の秘密』を読んだ。すご過ぎるタイトル。図書館のお姉さんが怪訝な顔で渡 [全文を読む]

臨死体験の前田忠明氏と大仁田厚氏の共通点は「花畑」

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

生きている間に見ることのできない「あの世」について生々しく証言するのは、生死の境をさまよった経験を持つ臨死体験者だ。 芸能レポーターの前田忠明氏は1990年12月、自宅で激しい胸の痛みに襲われ、タクシーで救急外来に駆け込んだ途端に意識を失った。 「意識がなくなる瞬間は痛みはなく、頭が真っ白になって、体が宙に浮いたような感覚になりました。すると前の方に黒い大 [全文を読む]

“魂の構造が説明できる“素領域理論とは? 物理学者・保江邦夫教授に取材! 臨死体験も説明可能!

tocana / 2015年12月10日19時00分

そして人間が肉体の死を迎えると非物質の魂となって元の素領域(泡の外=霊界)に溶けていくんです」■臨死体験エピソードが素領域理論と合致? 実はこのイメージとまったく同じ体験をしている人物がいる。三度の臨死体験を持つ彗星捜索家の木内鶴彦氏で、木内氏は臨死状態で見た宇宙開闢の様子を著書の中で次のように記述している。 保江氏によるとこの現象は素領域理論と合致すると [全文を読む]

【臨死体験の科学】肉体的死後も3分間は意識が続いていることが判明! 本人の“意思次第“で死から戻れる可能性も?

tocana / 2014年10月16日16時30分

■死後数分間はものを見て聞いている!? いったん肉体の機能が停止した後、奇跡的に息を吹き返した人間がその間に体験するという「臨死体験」は、これまでも多くの人々によって語られてきた。しかしながら体験者の話だけに依存する研究であるため、なかなか科学的な手法で切り込むことができなかったのも事実だ。 だが今回、英・サウサンプトン大学の科学者たちは、英国、米国、オー [全文を読む]

遺族アンケート 死ぬ前に「お迎え現象」を体験した故人は42%

NEWSポストセブン / 2014年08月18日16時00分

臨死体験をしたことのある『看取り先生の遺言』(文藝春秋刊)著者でジャーナリストの奥野修司さんが言う。 「戦後は自宅で亡くなる人が多く、お迎え現象はよく聞く話でした。まだ戦争で生き残ったかたが何人もいて、先に亡くなった戦友がお迎え現象の話に登場することが多かったですね。ぼくは大阪と和歌山の県境出身で、子供の頃の’50年代には葬式があると『お迎えがあったか? [全文を読む]

「100年前の死者の霊と握手した」超有名ジャーナリストが衝撃告白! ヤバすぎる「降霊術ルポ」に全米震撼!

tocana / 2017年05月13日08時00分

そして、今年3月に出版された『Surviving Death: A Journalist Investigates Evidence for an Afterlife(死を生き延びる:アフターライフの証拠をジャーナリストが調査)』も、心霊現象や臨死体験といったテーマにもかかわらず、専門家からも高い評価が寄せられている。 それというのも、キーン氏がこういっ [全文を読む]

体外離脱経験者「あの世にはホテルや温泉があり利用は無料」

NEWSポストセブン / 2017年04月09日07時00分

コラムニストの辛酸なめ子氏と、怪談蒐集家の寺井広樹氏が12人の臨死・体外離脱経験者の証言をまとめた『辛酸なめ子と寺井広樹のあの世の歩き方』(マキノ出版、以下『あの世の歩き方』)が、3月中旬に発刊された。臨死・体外離脱経験者が見た“あの世”は、どんなところなのか? ◆あの世は「3階建て」 『あの世の歩き方』に登場する体外離脱経験者で、あの世とこの世を行き来す [全文を読む]

看護師の55%が勤務中に“奇怪な”超常現象を経験していることが判明! しかも誰も怖がらない(アルゼンチン調査)

tocana / 2017年04月02日11時00分

また看護師自身の体験ではないが、24%が患者の臨死経験を報告し、そして18%が宗教的な祈りや儀式によって患者が癒されるのを目の当たりにしたと回答している。 だが、これらの不思議な体験を持つ看護師たちは、いずれも一様に自然に受け入れているようで、特に驚いたりおびえる様子はないという。 パラ氏とアマリージャ氏は看護師たちの切迫した現場における極度の緊張状態やス [全文を読む]

【ガチ】人が死んだ後に生きる謎の10分間があった! 研究者「説明不可能な事態」

tocana / 2017年03月12日08時00分

研究者らは、今回の結果を臨死体験と結びつけるのは時期尚早としつつも、「長時間の血流停止後の脳活動に生理学的な説明を与えることは困難」だと語っている。 さらに興味深いことに、実験に協力した4名の患者からはそれぞれ異なる脳波が死の直前に検出されたという。どうやら、死は千差万別のようだ。 また今回の研究は、医学的な死の定義である「死の3徴候(瞳孔反応停止、呼吸停 [全文を読む]

グーグルアースが「アブダクションの決定的瞬間」を激写! 誘拐された本人が事件を回想

tocana / 2017年02月07日07時30分

一部の研究者は、「アブダクションなど存在せず、体外離脱などの臨死体験を、エイリアンによる誘拐・拉致と捉えているのではないか」と考えている程、アブダクションは物的証拠に乏しく、おぼろげな輪郭しか描くことができない現状だ。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/post_12202.html】 そんなアブダクションに関して、驚 [全文を読む]

【衝撃】ゾンビ化した母親、エビ反り老夫婦…! ドラッグの恐ろしさを訴える臨死映像3選

tocana / 2016年12月05日11時00分

ドラッグで捕まった芸能人が再び逮捕されたニュースが世間を騒がせている。一方「ドラッグ大国」の米国では、ドラッグのオーバードーズ(過剰摂取)で死亡する人が年間5万人近くいる。これはつい最近撮影された中毒者たちの映像だ。【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11643.html】■昼間のマクドナルド駐車場にて [全文を読む]

“ワーキング!!”新作第2話、臨死体験の次は!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月15日17時00分

【第2話『人生そんなに甘くない』】 バレンタインデーで臨死体験をした東田。ただでさえやっかいな宮越や見えないものが見える村主に加え、店には彼女ら同様の個性的な店員たちがいることを知る。一方、キッチンの足立は、村主にあるものを見せられて…!? なお第3話『君にしか頼めない』は、TOKYO MXでは10月15日(土)夜11時30分より放送。ニコニコチャンネル [全文を読む]

臨死体験のある科学者「死んだら無、死後の世界はない」

NEWSポストセブン / 2016年08月28日07時00分

どう捉えるかは実は非常に難しいところなんです」 その上で大津氏は、臨死体験者が見た「あの世」についてこう考える。 「最近ではラットの実験で、亡くなった後の数十秒間は脳波の活動が活発になるといわれていて、臨死体験に関係している可能性があると話題になっています。最後にぬくもりを見せてくれる脳の働きが観測されているのかもしれません」 『霊はあるか』(講談社)の著 [全文を読む]

大橋巨泉が臨死の床で綴った“最後の遺言“「安倍晋三に一泡吹かせて下さい」しかしテレビは巨泉の思いを一切報じず...

リテラ / 2016年07月01日17時30分

大物司会者の大橋巨泉氏が、一時意識不明状態に陥り、5月下旬より集中治療室に入っているとの報道があった。巨泉氏自身が、20年近く続けてきた「週刊現代」(講談社)の連載コラム「今週の遺言」で、明らかにしたものだ。 巨泉氏は2005年に早期の胃がんが見つかったのを皮切りに、13年には中咽頭がんが見つかり摘出手術。また、14年にはリンパ節、15年には右肺、16年に [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達・番外編】プリンス生前に臨死体験か 「生きるため闘った」と告白も

TechinsightJapan / 2016年06月23日20時20分

出典:https://www.instagram.com/prince (TechinsightJapan編集部 ケイ小原) [全文を読む]

フォーカス