木更津キャッツアイのニュース

腹の底から笑いたい!この夏に観直したい“コメディドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月19日14時59分

普通だけど普通じゃない?日常の面白さ!『木更津キャッツアイ』『王様のレストラン』 視聴率的には振るわなかったものの、口コミによるDVDの売り上げが高く、再放送の方が本放送よりも視聴率が高いという異常現象を起こしたのが、2002年の『木更津キャッツアイ』。交通の便が悪く「陸の孤島」とも呼ばれる木更津市。地元の変な有名人や、変な先輩、地元名物、地元七不思議・ [全文を読む]

『嵐にしやがれ』が好影響! V6・岡田准一&嵐共演DVDがAmazonで急浮上!

サイゾーウーマン / 2013年04月25日09時00分

続いて、岡田と櫻井翔が連続ドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)で共演していた際、撮影の合間に語り合ったという土手のセットが登場。ドラマの収録当時、学校の試験などが重なって遅刻が2~3回続いてしまった櫻井に、岡田が「お前ちょっと多いな」と注意したエピソードも飛び出した。櫻井は岡田の言葉を受けて「後輩がちょっとダメになった時に、ちゃんと言える先輩でありた [全文を読む]

大野智主演映画「忍びの国」がいよいよ公開!嵐がこれまで出演した映画って?

ザテレビジョン / 2017年06月27日20時26分

木更津キャッツアイ 日本シリーズ」(2003年)。宮藤官九郎脚本のドラマの劇場版。余命半年を宣告された青年・ぶっさん(岡田准一)と、バンビ(櫻井)ら仲間たちの青春物語。「ピカ★★ンチ~LIFE IS HARD だから HAPPY~」(2004年)。「ピカ☆ンチ―」の続編。嵐が演じる幼なじみ5人が、暮らし慣れた団地の取り壊しを知り、立ち上がる。■ 岡田准一 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

5位(6票)■『木更津キャッツアイ』(TBS系)2002年■『恋ノチカラ』(フジテレビ系)2002年■『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)2015年■『半沢直樹』(TBS系)2013年――おっと、またもやTBSとフジが2つずつ。こと、このランキングにおいては、現在好調の日テレやテレ朝じゃないところが面白い。それにしても壮観である。いずれ劣ら [全文を読む]

『ゆとりですがなにか』評判上々もクドカンファンからは「失望」の声

しらべぇ / 2016年04月18日17時30分

そのせいで『木更津キャッツアイ』はカルト的な人気を獲得し、濃いファンを獲得した。数字が取れなくとも、天才脚本家の名をほしいままにしてきました。だってその世界は彼にしか描けないものだからです。それがどういうことでしょう。今回の作品は、ある程度鋭い作家ならだれでも描けそうな内容でした。そりゃあ、随所に笑いは入れるけど、もはや道具になってしまっている。そして、そ [全文を読む]

「ぶっさん」「バンビ」も復活…岡田准一の櫻井翔への“愛”が止まらない!

アサジョ / 2016年03月16日09時59分

そもそも二人の付き合いは長く、櫻井は嵐デビュー前にV6のバックダンサーとして踊っていたほか、ドラマ「木更津キャッツアイ」でも岡田と共演。また、なにかにつけて岡田は「後輩で一番かわいいのは櫻井」と公言していただけに、共に気心の知れた仲であることはファンの間でも有名だったのだが、最近はこの“櫻井愛”がさらにエスカレートしているというのだ。「以前も歌番組での共 [全文を読む]

『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』などクドカン人気作品9点ついに電子書籍化

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月08日17時30分

木更津キャッツアイ」や「あまちゃん」など、数々の話題作を手がけてきた“クドカン”こと宮藤官九郎。彼のユニークかつ、心温まる作品に多くの人が魅了されてきた。そんな彼の作品から、電子書籍化希望の声が高かった一挙9点が、2015年8月25日(火)より新たに電子書籍化された。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら <配信一覧> ■『親ゆび姫×占っちゃうぞ』 [全文を読む]

川栄李奈は女優として成功するのか?

dwango.jp news / 2015年08月04日19時30分

ヒットメーカーである宮藤に加え、プロデューサーは磯山晶という「池袋ウエストゲートパーク」や「木更津キャッツアイ」で名コンビを組んだ2人が、川栄を抜擢したのだ。AKB48とは関係のないドラマ出演は、ファンの間でも話題となり、世間的な注目度もかなり高い作品だったと言える。ここでは口は悪いが成績優秀で、飽きっぽく誤解されやすいという難しい役をしっかりとこなしてい [全文を読む]

「マッサン」で復活!酒井若菜が8年間背負い続けた「罪と罰」とは?

アサ芸プラス / 2015年02月11日09時59分

1995年にグラビアアイドルとしてデビューした酒井は、2002年のドラマ「木更津キャッツアイ」や、2004年の映画「恋の門」での演技が認められ、女優としてもブレイク。しかし、人気絶頂の2005年に突如、休業を発表した。その理由を芸能関係者はこう語る。 「彼女は『木更津キャッツアイ』のモー子役や、『恋の門』の証恋乃役など、奇抜な役柄の演技に定評がありました [全文を読む]

あまちゃん、IWGP、木更津キャッツアイ…クドカン作品人気ランキング!

NewsCafe / 2013年11月16日12時00分

[男性/30代/会社員]【3位】木更津キャッツアイ(14.2%)■DVDボックスまで持ってる。大好き! あの作品に出てた役者さんの活躍に胸が熱くなる思いです。[女性/30代/会社員]■とても好きだった。再放送してくれないかなぁ?[女性/10代/その他]■毎週末本当に楽しみではまって見てました。細かな演出、意外な展開、今も大好きな作品です。[女性/20代/会 [全文を読む]

小泉今日子×宮藤官九郎「あまちゃん」以来のタッグに期待の声殺到「絶対面白い」 満島ひかり・菅野美穂らと共演<監獄のお姫さま>

モデルプレス / 2017年07月27日06時30分

私も立派な中年になりまして、今「木更津キャッツアイ」のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者より、おばちゃんの方が俄然しっくり来る。早口だし、声が大きいし、他人の話を聞かないし、同じことを何度も言うし。暴力的な速度と有り余る熱量。彼女たちのおしゃべりをエンドレスで聞ける場所はどこか、と考え舞台を女子刑務所に設定しました。「それだけじゃドラマになりません [全文を読む]

小泉今日子、宮藤官九郎と「あまちゃん」以来のタッグでドラマ主演 満島ひかり・菅野美穂らと共演<監獄のお姫さま>

モデルプレス / 2017年07月26日06時00分

私も立派な中年になりまして、今「木更津キャッツアイ」のテンポ感でドラマを作ろうと思ったら、若者より、おばちゃんの方が俄然しっくり来る。早口だし、声が大きいし、他人の話を聞かないし、同じことを何度も言うし。暴力的な速度と有り余る熱量。彼女たちのおしゃべりをエンドレスで聞ける場所はどこか、と考え舞台を女子刑務所に設定しました。「それだけじゃドラマになりません [全文を読む]

小泉今日子、10月新ドラマで宮藤官九郎と久々タッグ!満島ひかり、菅野美穂らと共演

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年07月26日06時00分

演出は『逃げるは恥だが役に立つ』『木更津キャッツアイ』の金子文紀氏が務める。 ドラマ『監獄のお姫さま』はTBS系にて、10月より毎週火曜22時から放送。 [全文を読む]

夏ドラマ戦線、王者TBSの対抗馬はフジテレビか? 最後の切り札『コード・ブルー』の可能性

リアルサウンド / 2017年07月07日06時00分

同枠はかつて、野島伸司脚本の『高校教師』(1993年)、北川悦吏子脚本の『愛していると言ってくれ』(1995年)、宮藤官九郎脚本の『木更津キャッツアイ』など、新たな才能とともに、これまでにないスタイルのドラマを生み出してきた挑戦的な枠でした。大根監督の起用はその系譜にふさわしく、『火曜ドラマ』に匹敵するポテンシャルがあると思います。 また、『日曜劇場』の『 [全文を読む]

藤原竜也は「新・抱かれたくない男」!?「リバース」他、今からでも観るべき春ドラマ

女子SPA! / 2017年05月19日16時12分

ファブリーズのCMで見せる母親役が定番だけど、その昔「木更津キャッツアイ(2002年、TBS系)」にミー子役で出演していたのを思い出す。真っ白な肌で一見可愛いのに、淡々とした表情で本音をぶつけてくるところに笑った。 前クールで人気だった「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~(テレビ東京系・2017年)」の女優バージョンに近いイメ [全文を読む]

早大演劇博物館で『大テレビドラマ博覧会』 『山田太一展』も同時開催

太田出版ケトルニュース / 2017年05月08日11時23分

期間中には、尾野真千子が朝ドラ『カーネーション』を中心にドラマについて語るイベントのほか、昨年大ヒットとなった『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家の野木亜紀子と、『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』などを手掛けたドラマプロデューサーの磯山晶のトークショー(すでに申込みが定員に到達)、坂元裕二×是枝裕和トークショーなどを開催。 さらに、『ふぞろ [全文を読む]

佐藤隆太と塚本高史が渋谷スクランブル交差点で大声を出し…?

Smartザテレビジョン / 2017年04月23日10時35分

話は2人が金髪とアフロヘアーで共演していたドラマ「木更津キャッツアイ」(2002年ほか、TBS系)の話題に。 伊藤は「あのときに2人で歩いていたら、あ!みたいな感じになったでしょ」と問い掛けると、塚本は待っていましたといわんばかりに「まさに、その話なんですけど、チヤホヤされたかったんですよ。特にこの2人は」とコメント。そして、金髪とアフロヘアーで、わざと [全文を読む]

『木更津』『下克上受験』から「大河ドラマ」へ 阿部サダヲが歩んだ出世道

しらべぇ / 2017年04月09日10時00分

そういえば2002年のクドカン脚本ドラマ『木更津キャッツアイ』でも、阿部は主役級ではないが重要な役回りを演じている。最近では『医龍』の麻酔科医や『アンフェア』でのキャリア志向の警部役など、バイプレイヤーとしての活躍も多い。■魅力たっぷりの三枚目キャラそして阿部サダヲといえば、2011年のドラマ『マルモのおきて』を連想する人も少なくないはずだ。この作品では、 [全文を読む]

フジ月9、なぜ相葉雅紀に賭けた? 『貴族探偵』に漂う“ヒット作”の予感

リアルサウンド / 2017年04月05日06時10分

しかし、同グループの櫻井翔が2002年に『木更津キャッツアイ』(TBS)で、松本潤が2005年に『花より男子』(TBS)で、二宮和也が2006年に『硫黄島からの手紙』で、それぞれ俳優として高い評価を受け、少し遅れる形で大野智が2008年に『魔王』(TBS)で連続ドラマ初主演を飾ったのに比べると、俳優としての相葉は遅咲きだった。2009年に深夜ドラマ『マイガ [全文を読む]

阿部サダヲ、『直虎』徳川家康役で好評価の理由 少年時代演じきる怪優ぶりも

リアルサウンド / 2017年03月12日06時00分

阿部といえば、劇団「大人計画」の看板俳優として、キレキレの演技をみせると共に、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『天国に一番近い男 教師編』、『木更津キャッツアイ』などでも強烈な存在感を発揮し、超個性派俳優として地位を確立。近年ではそのアクを内在しつつ、ドラマ『マルモのおきて』や『心がポキッとね』、映画『奇跡のリンゴ』など、人をホッとさせる温かい面も表 [全文を読む]

フォーカス