日建設計のニュース

10月21日(土)「第1回 ビムノバ」開催!BIMからどこに向かうのか、情報交換の場を開設 ~日建設計の濱田祐也氏が講演~

PR TIMES / 2017年09月21日19時00分

第1回の今回は、BIMの最前線で活躍する株式会社日建設計 設計部門 3Dセンター室の濱田祐也氏をファシリテーターにお迎えして、講演していただくほか、「BIMを実務で使用されている方の将来像をどのように描くか」をテーマに、ワークショップを実施いたします。当社では先日9月2日と3日に「BIM×ハッカソン」を開催し、実践的なBIM技術の習得を図るセミナーを開催い [全文を読む]

「トーキョートラムタウン(TTT)構想 ラウンドテーブル」の開催のお知らせ

PR TIMES / 2017年09月14日16時50分

■日時:2017年9月28日(木)18:30~21:00(受付開始18:00~) ■場所:ワテラスコモンホール(神田淡路町2丁目ワテラス3階) http://www.waterrascommon.com/access.html ■構成: 18:30-19:00 (1)基調報告「TTT構想の概要と意義」 中島伸(東京都市大学講師) 19:00-19:15 [全文を読む]

日建設計の展覧会「2015中国展 中国恋文 - 中国都市 明日への想い -」に、『チームラボカメラ』を導入。2015年4月6日(月) - 7月3日(日)

PR TIMES / 2015年04月03日15時39分

日建設計(飯田橋/東京)が、「2015中国展 中国恋文 - 中国都市 明日への想い -」に、『チームラボカメラ』を導入。期間は、2015年4月6日(月)~7月3日(金)。[画像1: http://prtimes.jp/i/7339/173/resize/d7339-173-389822-2.jpg ]日建設計(飯田橋/東京)が、「2015中国展 中国恋文 [全文を読む]

日立とシャープなど、5月から柏の葉スマートシティのエネルギー管理システムを運用開始

JCN Newswire / 2014年04月24日16時58分

省エネ・災害対応・コミュニティ活動を"街"と"住まい"でサポートTokyo, Apr 24, 2014 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(以下:日立)とシャープ株式会社(以下:シャープ)、三井不動産株式会社(以下:三井不動産)、株式会社日建設計(以下:日建設計)は、このたび、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)の省エネ、災害対応、コミ [全文を読む]

二酸化炭素をプラマイゼロにできる?「CO2 ± 0(ゼロ)住宅」って何?

進路のミカタ / 2017年08月17日12時01分

プラスとマイナスでゼロとは、一体どういうことなのでしょうか?■CO2排出量がプラス・マイナスでゼロになる住宅づくりって!?「CO2 ± 0(ゼロ)住宅」は、住宅総合メーカーのパナホームと東京大学、建築の企画・設計などを行う日建設計、海法圭(かいほうけい)建築設計事務所の4者による産学共同研究として、2010年に開発スタートした住宅づくりです。この「CO2 [全文を読む]

小池都知事の「豊洲延期」は巨額損害を招いた 豊洲移転だけじゃない、五輪の遅れも深刻だ

東洋経済オンライン / 2017年06月15日09時00分

その間の知事、とくに石原慎太郎氏、舛添要一氏と、多くの都庁の職員、専門家、豊洲市場建設に関わった日建設計や建設会社の人々、そして築地市場のなかで仲間内の政争に心を痛めながら、業者をまとめ、移転の準備を進めてきた人たち、さらには市場移転とリンクする東京五輪の準備、東京の再開発を進めてきた人たちの苦労が積み重なった大事業を、小池都知事は一瞬でぶち壊したのだ。■ [全文を読む]

羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

HANJO HANJO / 2017年06月06日17時00分

設計は日建設計が担当。施設の施工は西松建設と前田建設が担当する見通しだ。 第1ゾーンの開発予定グループの所属企業などは次の通り。 【代表企業】鹿島 【構成員(8者)】空港施設▽京浜急行電鉄▽大和ハウス工業▽東京モノレール▽日本空港ビルデング▽野村不動産パートナーズ▽JR東日本▽富士フイルム 【協力会社(20者)】アバンアソシエイツ▽岩谷産業▽WHILL▽ [全文を読む]

東京スカイツリー、さいたまスーパーアリーナなど多数のランドマークを手掛ける建築家 亀井忠夫氏を特集!Architect's magazine [アーキテクツマガジン] vol.18発刊

PR TIMES / 2017年04月20日19時52分

本号では、日本最大、世界第2位の規模を誇る設計事務所・日建設計を統括する亀井忠夫氏を特集いたしました。現場を重んじながら組織の活性化に尽力し、海外活動の拡充にも精力的に取り組む亀井氏の姿は敏腕経営者そのもの。一方で社会環境づくりを大切にし「より美しい環境デザイン」にこだわり抜いて作り上げた建造物の話となると表情は一変、建築家としての顔をみせます。 社長業 [全文を読む]

小池知事の誤算、都の欺瞞。「豊洲問題」で透ける各々の思惑

まぐまぐニュース! / 2016年10月15日08時00分

それを都が覆して、コンクリート空洞の設計図を日建設計に描かせたということである。当然、関係部門の役人は全員、知っていたはずだが、小池知事の原作に大メディアが飛びついて、みるみる壮大になった勧善懲悪劇の悪人にされたくないために、知らんぷりしているのだろう。なぜ「地下空洞案」に変更されたのか 地下空洞にした明確な理由があるはずなのだが、いまだにはっきりしない [全文を読む]

<知事は悪くない?>豊洲盛り土問題で石原・猪瀬両元知事が「怪発言」

メディアゴン / 2016年09月19日07時40分

さらに石原氏は「設計事務所が変わった」と言ってますが、設計事務所が日建設計に決まるのは3年後の2011年であり、その後も設計事務所が変わったという事実はありません。別の番組の編集では、石原氏は、コンクリートの箱工法は設計事務所の提案が市場長を通じて上がってきたと言っていますから、石原氏の言う設計事務所話は2008年頃のことで、最終的に地下空間を作った201 [全文を読む]

日本初開催<スタジアム&アリーナ2016>の出展企業&講演者が決定

DreamNews / 2016年09月13日16時00分

その他主な国内出展企業■株式会社日建設計、■株式会社梓設計、■株式会社ヤマハミュージックジャパン、■株式会社ヒト・コミュニケーションズなど※その他出展企業の情報はこちらのURLから確認いただけます。< http://saevents.uk.com/%e5%87%ba%e5%b1%95%e8%80%85%e6%83%85%e5%a0%b1/?lang=ja [全文を読む]

成田国際空港第3旅客ターミナルビルが「金賞」を受賞

PR TIMES / 2015年11月04日10時41分

ローコストキャリア(LCC)の台頭や、 国際線と国内線を同一ターミナル内にすることで諸外国から地方へのアクセスの利便性を向上させることを目的とし、また、ローコストな旅を志向するLCC利 用客のための「ローコスト空港のデザイン」を目指した良品計画、日建設計、PARTYによる3社共同のプロジェクトです。 建築、サイン、家具といったデザインを、それぞれが分断して [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マツコ、混迷する新国立競技場に「もう、ザハ氏に責任持ってもらったら?」

TechinsightJapan / 2015年09月17日14時15分

ザハ氏の事務所と日本の大手設計事務所・日建設計は旧計画でもチームを組んでおり、今回の公募にも再び同じチームでの参加を表明している(どのゼネコンと組むのかは明らかになっていない)。旧計画では“デザインの奇抜さが、建築費の高騰を招いた”と批判されていたザハ氏だが、マツコは「彼女にも言い分があると思うのね、“あんな法外な料金になる設計はしてない”っていう」との見 [全文を読む]

【日本】22年ぶりに成田空港に誕生した第3ターミナル LCCアジア路線の起爆剤となるか?

Global News Asia / 2015年04月12日17時00分

第3ターミナルは東京スカイツリーを設計した「日建設計」や無印良品の「良品計画」、国内外で評価が高いクリエイティブディレクションの「PARTY」の3社がデザインを担当している。 第3ターミナルへは徒歩なら空港第2ビル駅から行け、ターミナル間の無料連絡バスは、第2、第1、第3の順で巡回するため、バスを利用するときは、成田空港駅で下車して利用したほうが早い。 [全文を読む]

金沢21世紀美術館が10周年展。戦後日本と3.11以後の建築にフォーカス

FASHION HEADLINE / 2014年10月28日11時45分

日建設計ボランティア部では、金沢市沿岸部の大野地区で津波時の避難経路を示す“逃げ道地図”を作成。さらに、高度経済成長期に金沢に建てられたビルの魅力を探る「金沢まちビル調査」も開催されており、これらの結果は展示会にて発表される予定。他にも、市民ギャラリーの利用団体と建築家のコラボレーションにより、展示空間のデザインも行われた。 【イベント情報】 ジャパン・ア [全文を読む]

3.11から見えた社会基盤としてのITとは?―デブサミ2012パネルディスカッション

EnterpriseZine / 2012年03月13日07時00分

パネルに参加したのは、司会者の鈴木雄介氏(グロースエクスパートナーズ所属 日本Javaユーザグループ幹事 兼 日本Springユーザー会幹事)と、パネリストのクロサカタツヤ氏(企 代表)、藤澤烈氏(RCF復興支援チーム 代表理事)、勝矢武之氏(日建設計 設計部門 設計主管)の4名。それぞれの立場から、3.11以降の取り組みや復興に向けての課題、ITの可能性 [全文を読む]

フォーカス