大成建設のニュース

【SBT導入事例】大成建設が次世代コミュニケーション基盤をクラウドで構築

PR TIMES / 2016年10月13日16時39分

約2万ユーザーのシステム移行も、マイクロソフトのクラウド製品を利用してSBTがスムーズに実現 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田 誉之、以下大成建設)に、マイクロソフトの「Microsoft Office 365」、「Microsof [全文を読む]

大成建設と三菱重工など、有機EL照明パネル使用のオフィス向けデスクライトを開発

JCN Newswire / 2014年05月28日17時22分

オフィスに全面導入し実証を開始Tokyo, May 28, 2014 - (JCN Newswire) - 大成建設株式会社(東京都新宿区、社長:山内 隆司、以下「大成建設」)、株式会社岡村製作所(横浜市西区、社長:中村 雅行、以下「岡村製作所」)、三菱重工業株式会社(東京都港区、社長:宮永 俊一、以下「三菱重工業」)は、やわらかい光を広範囲に提供する有機 [全文を読む]

大成建設、2万ユーザーで利用するOffice 365のメール誤送信対策に「SPC Mailエスティー」を導入

PR TIMES / 2016年11月01日13時32分

クラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、大成建設株式会社(以下、大成建設)が、大成建設グループ全体2万ユーザーで利用するメール誤送信対策に、ソースポッドのクラウドメール誤送信対策「SPC Mailエスティー」を導入したこ [全文を読む]

新国立競技場は最初からA案に決まっていた? ザハ案パクリに加え選考自体が大成建設のための出来レースの疑惑

リテラ / 2015年12月23日20時30分

新国立競技場の見直し案は昨日、隈研吾氏設計、大成建設施工のA案に決定したことが発表されたが、早速、トラブルが巻き起こっている。 旧デザイン案の設計者であるザハ・ハディド氏が「今日発表されたデザイン案は我々のものと驚くほど似ている」と、パクリ疑惑を指摘したのだ。これには、当初、マスコミもネットも「何を言ってるのか」「完全な言いがかり」と相手にしていなかったが [全文を読む]

【ゼネコン業界】他社牽制力ランキング2014トップ3は清水建設、鹿島建設、大成建設

DreamNews / 2015年05月29日11時00分

集計の結果、2014年に最も引用された企業は、清水建設の459件、次いで鹿島建設の352件、大成建設の345件となりました。 1位清水建設の最も引用された特許は、富士化学との共同出願である「基板上に諸機能を有する膜を形成するための無機高分子化合物」に関する特許(特願2000-326435)で、後発の特許5件の審査過程において拒絶理由として引用されており、 [全文を読む]

『君の名は。』ベトナム公開で新海誠監督作のハノイ・ノイバイ国際空港のCMが再注目

Global News Asia / 2017年01月19日11時00分

ノイバイ国際空港第2旅客ターミナルは、日本からの総額593億円の円借款で、「大成建設」(東京都新宿区)とベトナム最大の建設会社「ビナコネックス社」の共同企業体で2012年から施工され2014年12月31日に国際線専用ターミナルとして運用を始めている。 第2旅客ターミナルの運用開始に先駆けて2014年8月から流された大成建設の「ベトナム・ノイバイ空港」篇と [全文を読む]

「(仮称)ビナタタワーズプロジェクト(第1期)」概要決定

PR TIMES / 2016年10月13日15時01分

■ベトナム・ハノイにおける賃貸住宅事業 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下、大和ハウス工業)と大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、社長:村田誉之、以下、大成建設)は、ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)ハノイ市において、2016年9月20日に合弁会社「DT デベロップメントベトナム 」(※1)を設立し、複合開発プロジェクト「( [全文を読む]

東京五輪3兆円超えの戦犯・森喜朗のもうひとつの疑惑! 五輪の裏でゼネコン、電通と「神宮外苑再開発」利権

リテラ / 2016年10月04日14時30分

たとえば、今回調査チームに建設見直しを指摘された「海の森水上競技場」は、大成建設のジョイントベンチャー(JV)が落札率99.99%にあたる約249億円で落札している。そして、新国立競技場問題から囁かれてきたように、大成建設と森会長は"深い関係"にあると見られてきた。 実際、「週刊文春」(文藝春秋)9月15日号では、森事務所で資金集めを行っていたという元関 [全文を読む]

南相馬市における太陽光発電事業について

PR TIMES / 2016年05月20日11時26分

株式会社みずほ銀行(本店:東京都千代田区、頭取:林信秀、以下「みずほ銀行」)をアレンジャー(幹事行)として組成した金融機関団がSPCへの融資を実行し、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長:室町正志、以下「東芝」)および大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田誉之、以下「大成建設」)はEPC(※)を担当します。 本事業は、南相馬市 [全文を読む]

それでもリニアには参画しない! ゼネコン社員の本音「死人が出ても…なんて時代じゃない」

週プレNEWS / 2015年12月28日06時00分

リニア建設工事の最難関とされる南アルプスの山梨県側、約8キロの区間で大成建設、銭高組、佐藤建設のJV(企業共同体)での落札が決まり、12月18日に起工式が行なわれた。来春には実際の重機による鍬(くわ)入れが始まるところまで来てしまった。 リニアの着工が始まってほぼ1年、その間も多くの問題をはらんだこの巨大事業に「JR東海は説明責任を果たしていない」として、 [全文を読む]

フォーカス