双生児のニュース

双子なのに父親が違う!? ベトナムと米国で実際にあった珍事の真相

ヘルスプレス / 2016年04月21日23時56分

多胎妊娠は、一卵性双胎(一卵性双生児の妊娠)と二卵性双胎(二卵性双生児の妊娠)に分かれる。 一卵性双生児は、1つの卵子に1つの精子が受精し、1個の受精卵が2つに分かれてできる。つまり、性別も血液型もDNA型もすべて同じなので、容貌や身体的な特徴のそっくり度はかなり高い。芸能人なら、蛯原友里さん・英里さん、三倉茉奈さん・佳奈さん、ザ・たっち、ドラマ『フルハウ [全文を読む]

生まれた我が子は“双頭”の赤ん坊… 奇形児がインドで増加も原因不明

tocana / 2016年10月11日18時00分

【画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11130.html】 ■結合双生児とは? この男児のような双子を「結合双生児」という。ベトナムのベトちゃんドクちゃんなどは日本でも有名なので、テレビで見たことがある人も多いだろう。 結合双生児は皆、一卵性双生児であるといわれている。発生時に本来ならば分裂して2つの個体とし [全文を読む]

19世紀の見世物小屋「フリークショー」で活躍した奇形たちの実態とは?

tocana / 2017年02月12日13時00分

その中でも人気だったのは巨人や小人、極端な肥満や痩せた人、そして結合体双生児も群衆を集めたという。そして当時、欧米では見ることのなかった珍しい土着民族のショーなども行われていたらしい。出し物はそれほどショッキングでないものもあり、フリークショーの経営者は場合によっては観客が興味を持ちそうなストーリーと設定をでっち上げることもあったという。米国では「地上最大 [全文を読む]

人体標本、食人鬼のミイラ… タイの死体博物館「シリラート」に直撃レポート

tocana / 2017年01月11日09時00分

彼らは「結合双生児」で、かつてはシャム双生児とも呼ばれた。このシャムはタイの旧名「サイアム」の訛りで、この解剖学博物館にもたくさんのシャム双生児の標本があった。 解剖学博物館は先にも書いたように、随分と古い建物の上にある。法医学の方はエアコンも効いており管理された博物館といった風情だが、解剖学の方はあくまで学生用の展示場といった感じ。しかも、来客はほとんど [全文を読む]

「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

ニューズウィーク日本版 / 2017年01月05日12時20分

その中心となる手法が「双生児法」。天然のクローン人間である一卵性双生児と、二卵性双生児の類似性を比較し、遺伝と環境の影響率を算出します。 安藤教授らの研究プロジェクトでは、18年間総数1万組の双生児ペアについて、知能・学力や性格、精神疾患や発達障害などを調査しました。その結果、神経質、外向性、開拓性、同調性、勤勉性といった性格については30〜50%が遺伝で [全文を読む]

アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

ヘルスプレス / 2016年10月15日22時16分

研究の音頭取りをしたのは英キングス・カレッジ・ロンドン双生児研究・遺伝免疫学部の皮膚科医、Simone Ribero氏。 同氏によれば、ニキビ経験者の皮膚が全くニキビのできなかった人の皮膚に比べて老化が遅いということ自体は、「長年、皮膚科医の間では知られてきた」知見なんだとか。 「ところが、われわれ臨床の場ではこうした所見が認められていたにもかかわらず、 [全文を読む]

双子を妊娠! うれしいけど、喜びだけではないんです

Woman.excite / 2016年02月11日04時15分

双生児にも違いがある双生児、いわゆる双子は大きく分けて「一卵性」と「二卵性」があることは一般によく知られています。1つの受精卵から生まれるのが「一卵性」。2つの受精卵から生まれるのが「二卵性」です。一卵性は受精卵が細胞分裂を繰り返す際、何らかの原因で2つに分かれることにより、2人の赤ちゃんが誕生します。二卵性はそれとは違い、2つの受精卵がそのまま、ママのお [全文を読む]

JYJ ユチョン、「ドキュメンタリー愛」にナレーション参加!「大切なことを教えてくれた」

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年05月26日16時02分

[スポーツソウルドットコム|イ・ダウォン記者] グループJYJのユチョン(27)がMBC「ヒューマンドキュメンタリー愛:おてんば結合双生児」のナレーションに参加した。 「ドキュメンタリー愛」の制作陣は26日、「ユチョンが25日、ナレーションの録音を終えた。彼は映画『海霧』の終盤作業とアジアファンミーティングツアーで忙しいスケジュールを送っているにも関わらず [全文を読む]

【海外発!Breaking News】16歳の結合双生児、分離手術望まず「私たちは今のままがいい」(米)

TechinsightJapan / 2017年04月24日10時31分

2000年6月、カルメンさんとルピタ・アンドラーデさんは結合双生児としてメキシコで誕生した。両親は医師から「3日もてばいいでしょう」と宣告を受けたが、2人は肋骨の一部、循環系器官、消化器官、生殖機能を共有しながらも成長を重ね、16歳となった。『Hartford Courant』が伝えている。それぞれが頭、心臓、2つの腕、肺、胃を持つ結合双生児のカルメンさん [全文を読む]

広島国際大学がグエン・ドクさんを客員教授に招聘

Digital PR Platform / 2017年03月29日08時05分

広島国際大学(広島県東広島市)は4月1日、結合双生児の“ベトちゃんドクちゃん”で知られたベトナム人のグエン・ドクさんを医療福祉学部の客員教授に迎える。また3月27日、外国人向けと日本人向けの人材育成プログラムを開発・実施する「アジア介護・福祉教育研修センター」を東広島キャンパスに開所。今後の介護・福祉分野でアジア諸国と相互理解を深める取り組みを強化する。 [全文を読む]

フォーカス