ジョージタウン大学のニュース

次世代を担う両国のリーダーが日米関係について忌憚ない意見を交換 第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を終了

@Press / 2013年12月26日14時00分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は協賛する「第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム」(2013年12月1日~8日)が、予定通りすべてのプログラムを終了したことをお知らせいたします。写真:ジョージタウン大学内授業の様子http://www.atpress.ne.jp/releases/ [全文を読む]

グローバル社会を担うリーダーの育成を提供―第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムに協賛―

@Press / 2013年11月29日15時00分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、2013年12月1日~8日の8日間の日程で株式会社ジャパンタイムズとジョージタウン大学の主催により開催される『第6回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム』に協賛いたします。このプログラムは、米国名門ジョージタウン大学が提供する国際教育プログラムです。参 [全文を読む]

第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を終了

@Press / 2013年05月09日13時00分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、協賛する第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム(2013年4月14日~21日)が、予定通りすべてのプログラムを終了したことをお知らせいたします。写真:ジョージタウン大学内授業の様子http://www.atpress.ne.jp/releases/ [全文を読む]

次世代を担う両国のリーダーが日米関係について忌憚ない意見を交換 第7回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を終了

@Press / 2014年05月16日16時30分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、協賛する「第7回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム」(2014年4月20日~4月27日)が、予定通りすべてのプログラムを終了したことをお知らせいたします。ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムは、ジョージタウン大学トップクラスの教授陣や政府、民間機関の一流 [全文を読む]

次世代を担う両国のリーダーが日米関係について忌憚ない意見を交換 第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム 8日間の日程を無事終了

@Press / 2012年11月22日16時00分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、協賛する第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム(2012年10月21日~28日)が、予定通りすべてのプログラムを終了したことをお知らせいたします。ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムとは、ジョージタウン大学が特別に企画したエグゼクティブ教 [全文を読む]

第5回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムに協賛 2013年4月14日から8日間 行政関係者、報道関係者 8名が参加

@Press / 2013年04月09日13時00分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京都渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、5回目となります「ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム」に、引き続き協賛いたします。かつてのような確たる関係の揺らぎ始めている日米関係が、政府間のハイレベルな案件にとどまらず、草の根レベルの活動まで影響を及ぼしていることに、多くの日本人が憂慮しています [全文を読む]

ケヴィン・M・ドーク氏の客員教授就任記念公開講演会「日米関係とグローバル的倫理」平成29年6月22日(木)校舎「かえで」1603教室

PR TIMES / 2017年06月06日13時00分

<ケヴィン・M・ドーク氏の客員教授就任記念公開講演会> ■テーマ:「日米関係とグローバル的倫理」 “The US-Japan Relationship and Global Ethics” ■言 語:日本語、英語(日本語での通訳あり) ■日 時:平成29年6月22日(木)14:50~16:20 ■会 場:校舎「かえで」1603教室 http://www. [全文を読む]

トランプ政権の「黒幕」スティーブン・バノンと団塊の世代

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

実はバノンは、ジョージタウン大学とハーバード大学の修士号(安全保障、経営)を持っており、かつ米海軍のトップである海軍作戦部長の特別補佐官を務めた経験をもっている。特に海軍作戦部長の特別補佐官はそう簡単になれるポストではない。そして、それは戦友からも、今もなお高い評価を受けている。 実際、米海軍の準機関紙に登場したバノンの同期達は「イデオロギーに関係なく、 [全文を読む]

ソーシャルメディアがトランプ氏を大統領に?2016アメリカ大統領選挙とデジタルメディアの関連について

@Press / 2016年12月13日11時45分

今回は、アメリカ政治とメディアの研究で評価の高いダイアナ・オーエン氏(ジョージタウン大学)を迎え、2016年アメリカ大統領選挙においてデジタルメディアがどのように活用されたのかという点について講演及び討論を開催いたします。 多くの研究者やメディアが予想していない結果となったアメリカ大統領選挙において、非常に重要な視点との一つとなったデジタルメディアの影響 [全文を読む]

アンジェリーナ・ジョリー、噂のジョージタウン大学で教授の予定はナシ?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月09日17時08分

女優のアンジェリーナ・ジョリー(41)がジョージタウン大学で教壇に立つ予定はないようだ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミー(LSE)で客員教授を務める予定のアンジェリーナは、米ワシントンにあるジョージタウン大学でも同じようなクラスを教える予定であると一時報道されたが、その予定はないと大学側がコメントを出した。 同大学の代表は「ジョージタウン・インスティチ [全文を読む]

国連特別報告者、反日の系譜

Japan In-depth / 2016年05月20日11時00分

しかもその討論の相手が日本の慰安婦問題を長年、糾弾し、とくに安倍晋三首相への一方的な非難を続けてきたアメリカのコネチカット大学のアレクシス・ダデン教授、さらに討論会の共催者側には同じように慰安婦問題で日本政府を攻撃してきたジョージタウン大学のジョーダン・サンド教授が位置するのだ。日本側の反論がまだ出ないうちにアメリカ国内で一方的に日本の「言論弾圧」への断罪 [全文を読む]

米国人が見た世界一の日本

Japan In-depth / 2016年03月01日18時00分

著者はジョージタウン大学のケビン・ドーク教授で、彼の日本とのかかわり、日本の考察が中身である。 ドーク氏といえば、東部の名門のジョージタウン大学で東アジア言語文化学部長まで務めた著名な学者で、専門は日本近代史、とくに日本のナショナリズムの研究で知られる。現在55歳のそのドーク氏が17歳のときに初めて交換留学生として来日し、長野県上田市にある県立の上田東高 [全文を読む]

[古森義久]【日米柔道交流、大きな効用】~東海大柔道部OB、ワシントンDC訪問~

Japan In-depth / 2015年11月02日09時03分

今回は首都地区のアメリカ海軍士官学校柔道部とジョージタウン大学ワシントン柔道クラブの両方を訪れ、米側の柔道家たちと練習し、指導をした。なかでも後者は総合大学の柔道部と全米でも名門の町道場が合体したクラブで、奥村選手が2週間、訪問するとあって、近郊の他のクラブからも有段者たちが集まってきた。 実は「柔道指導ソリダリティー」からジョージタウン大学ワシントン柔道 [全文を読む]

名門ジョージタウン大学の国際教育プログラムに協賛し、日本の次世代リーダー育成を応援 - 第7回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムに協賛 -

@Press / 2014年04月17日17時00分

日本アムウェイ合同会社(本社:東京渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、2014年4月20日(日)~27日(日)の8日間の日程で株式会社ジャパンタイムズとジョージタウン大学の主催により開催される『第7回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラム』に協賛いたします。このプログラムは、米国名門ジョージタウン大学が提供する国際教育プログ [全文を読む]

第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムに協賛2012年10月21日から8日間県議会議員、メディア関係者10名が参加

@Press / 2012年10月18日15時30分

日本アムウェイ(本社:東京渋谷区宇田川町7-1、社長:マーク・バイダーウィーデン)は、第4回ジョージタウン大学日米リーダーシッププログラムに協賛することになりましたのでお知らせいたします。 かつてのような確たる関係の揺らぎ始めている日米関係が、政府間のハイレベルな案件にとどまらず、草の根レベルの活動まで影響を及ぼしていることに、多くの日本人が憂慮しています [全文を読む]

消える中間層:キャリアアップとキャリアダウン、どちらを選ぶ?

NewSphere / 2017年04月24日17時21分

アメリカ、ジョージタウン大学教授であり『Whre Are All the Good Jobs Going』の著者、ハリー・ホルツァー氏は、中間層には「ほとんどスキルが必要とされない仕事と、より多くのスキルが要求される仕事の二種類がある」(NBCニュース)と述べ、前者はテクノロジーの進化による自動化で職が奪われ、後者はより高収入の職に移っていく、というのだ [全文を読む]

付箋を駆使した「100日計画」で新規顧客を獲得成功

プレジデントオンライン / 2017年04月20日09時15分

ジョージタウン大学卒、米スタンフォード大学MBA。85年ソニー入社。米系コンサルティング会社のシニア・パートナー(共同経営者)、米系生保の専務執行役員を経て、2012年よりチューリッヒ生命日本支店代表・CEO。 ---------- (チューリッヒ生命日本代表 太田健自 構成=高井尚之 撮影=永井 浩) [全文を読む]

全米一高額なロースクール、学生ローン額は2900万円に

Forbes JAPAN / 2017年03月30日11時00分

(金額は卒業時の負債額)1位 ニューヨーク大学(26万1548ドル)2位 コロンビア大学(26万1212ドル)3位 シカゴ大学(26万1190ドル)4位 コネティカット大学(25万7572ドル)5位 ハーバード大学(25万6208ドル)6位 フォーダム大学(25万4829ドル)7位 スタンフォード大学(25万1758ドル)8位 ペンシルベニア大学(25万2 [全文を読む]

生まれつきの「交渉人」 大統領の愛娘イヴァンカとは─

Forbes JAPAN / 2017年03月05日19時00分

高校を出ると、ジョージタウン大学に進学。そこで2年間学んだのち、父親の母校、ペンシルベニア大学ウォートン校に転入した。将来どんな道に進みたいのか、彼女には当時からはっきりしていたが、父親にはそうでもなかったようだ。トランプはこう話す。「イヴァンカはファッション業界に行くんじゃないかとずっと思っていた。いずれは『ヴォーグ』の編集長とかね。でも不動産が大好きで [全文を読む]

最後に勝つのは「誠実な」企業、スタートアップが知るべき消費者心理とは

Forbes JAPAN / 2017年03月05日11時00分

消費者心理を調査・ オンラインレビューのコメントを分析ジョージタウン大学マクドノー経営大学院のレベッカ・ハミルトン教授(マーケティング学)率いる調査チームはまず、消費者が自動車整備士や医師をはじめとするサービス提供者の「能力」と「道徳心」のどちらをどれだけ重視しているかを調べた。チームはまず、消費者が次の3つの点について評価していると考えられるオンラインレ [全文を読む]

フォーカス