少将のニュース

【重要】ヒラリー側近の極秘UFOメールが続々流出!ロズウェル、ニビル、零点エネルギー、バチカンと宇宙人…!!

tocana / 2016年10月14日07時30分

そして、その研究所の責任者こそがウィリアム・マッカスランド少将だったというのだ。 さらに、デロング氏はマッカスランド少将の協力を得て極秘裏に暴露プロジェクトを進めているという。「マッカスランド少将とは4ヵ月間共同で作業しています。数週間前に4時間かけてプロジェクトの全貌を彼に話したばかりです」「少将自ら暴露すべきですが、彼はライトパターソン空軍基地の研究所 [全文を読む]

【4月30日から5月4日】古くから女性の恋愛運とココロを支えてきた花とは?

ANGIE / 2016年04月29日07時00分

小野小町と深草少将(ふかくさのしょうしょう) 小町は36歳のとき、都を離れ、故郷へと戻ってきました。そんな小町を追いかけて出羽の国へやってきたのが深草少将。 「私が都に旅立つ前に植えた芍薬が、ずいぶんと少なくなってしまいました。あなたさまが芍薬を1株づつ植えて下さるなら、100株になったとき、ぜひお会いしたいです」と小町にいわれ、少将は野山へ通い、1株づ [全文を読む]

旧日本兵の恩赦に尽力 画家・加納莞蕾の足跡を追う

Smartザテレビジョン / 2016年03月22日22時04分

キリノ大統領への43通を含む総数228通もの嘆願書を書き、要人に送ったその熱意について、齊尾ディレクターは加納莞蕾本人が従軍画家として戦争を体験したことに加えて、同郷の特攻隊司令官だった元海軍少将の存在が大きいと解説する。「この元海軍少将の『未来ある青年を死に追いやったことは自分の負うべき罪であろう。このことが日本国民にじゅうぶん反省されなければ、再び日 [全文を読む]

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日00時00分

百夜通いを題材にした小野小町と深草少将の恋をはねず衣裳と菅笠を身に着けた少女達が踊りを披露する行事です。 随心院は、仁海が開基した真言宗善通寺派大本山です。また歌人・小野小町ゆかりの地として有名です。随心院は、深草少将(ふかくさのしょうしょう)が小野小町を慕い99日通い詰めた伝説の地です。境内には、深草少将らが小野小町に宛てた手紙が千束収められていると伝わ [全文を読む]

江沢民氏 毛沢東氏の孫に「もっと痩せろ」と注意してた過去

NEWSポストセブン / 2015年12月19日07時00分

中国の元国家主席、江沢民氏が1993年12月、現役の主席時代、毛沢東主席の生誕100周年記念式典で隣り合わせた毛沢東の直系の孫である毛新宇・中国軍事科学院副部長(少将)に対して、「どうしてそんなに太っているのか。もっと痩せるよう注意しなさい」と毛新宇氏を一喝していたことが分かった。中国誌「中華児女」が報じた。 当時の最高指導者とはいえ、江氏が中国の「建国の [全文を読む]

日本人がミャンマーで鎮魂の涅槃像建立、秘話明らかに

Smartザテレビジョン / 2015年06月20日19時10分

インパール作戦では、“玉砕覚悟で突撃”が鉄則にもかかわらず作戦に背き、部下を逃して命を守った上で、自決した人物・水上源蔵少将がいた。ミャンマーで今も語り継がれる話で、水上少将は坂口さんの上官だった。 生き延びた坂口さんは水上少将や戦友、そして作戦に巻き込まれて亡くなったミャンマーの人たちを弔うため、50年かけて11億円を集め涅槃像を建てた。 ミッチーナに [全文を読む]

かつての大阪球場 選手から客席の女性のパンツ丸見えだった

NEWSポストセブン / 2012年09月09日07時01分

1950年の大阪球場の建設は、GHQ(連合国総司令部)の経済科学局長・マーカット少将の一言で決まった。当時、阪神は甲子園、近鉄は藤井寺、阪急は西宮と、球団を持つ電鉄各社は、それぞれ自社沿線に本拠地球場を持っていた。土地が安価なうえ、球場まで観客を運ぶ運賃収入のメリットがあったからだ。 しかし南海にはなく、少将が本拠地を訊いた時、南海は「大阪ですが球場がな [全文を読む]

『笑ゥせぇるすまんNEW』第9夜 廃墟じみた銭湯は「ドーン!」を超えて2017年のリアル

おたぽる / 2017年05月30日21時00分

喪黒さんに幻の銭湯・少将湯に連れていかれた。棚の上に籠が置かれただけのシンプルな脱衣所、いい感じに古びた広告、理想通りの富士山と三保の松原が描かれた銭湯絵。銭湯マニアが「昭和だ~」と喜びそうな要素をみたしている。番田井も涙を流して感動する。そして美人の番台に目がハートマークに(昭和表現だ)。 しかし、2度目に向かった少将湯で目にしたのは、ガタガタの扉に、 [全文を読む]

三島作品の舞台化で現実と幽玄の境界を行き来する美輪明宏、御年81歳。若き美女を演じても違和感がない理由

messy / 2017年04月12日14時00分

そのうち「葵上」は源氏物語の光源氏と正妻の葵上、生霊となって葵上を死に追いやる六条御息所の三角関係を題材にした世阿弥の能作品、「卒塔婆小町」は、平安時代の女流歌人、小野小町に魅入られた深草少将が百日間彼女のもとへ通い詰める「百夜(ももよ)通い」をし、その最後の夜に亡くなったという伝説をモチーフにした、観阿弥の作品を基になっています。公演パンフレットによると [全文を読む]

捕虜のドイツ兵たちを感涙させた徳島県「板東俘虜収容所」の奇跡

まぐまぐニュース! / 2017年03月09日04時30分

局長の多田少将が、苛立ったような声をあげた。 君は捕虜たちからの評判もいいようだが、甘やかせば評判のいいのは当たり前でね。あとで必ずしっぺ返しを食う。陸軍省からの通達だ。板東収容所については、来月から予算を削ることになった。 「なんですと!? 理由はなんですかッ!?」と松江は激昂した。 捕虜どもに、自由気ままに贅沢をさせる余裕など軍にはない。彼らは敵国の捕 [全文を読む]

命がけでユダヤ人を守り抜いた日本海軍大佐・犬塚惟重の半生

まぐまぐニュース! / 2016年12月11日08時00分

ちょうど、人事局の方から「少将への昇進の過程として、一時、海上勤務にまわるように」という内意がもたらされたが、自分がユダヤ問題を担当することが日本にとってもユダヤ人にとってもよい、との判断から、栄達の道を投げ打ち、予備役編入とともに、上海勤務を願い出たのである。 ユダヤ居住区設定の提案 上海に居を構えて数ヶ月後、1939(昭和14)年12月21日、犬塚大 [全文を読む]

あの激レア映画をスクリーンで!映画『スウォーム[エクステンデッド版]』トークショー付き上映会(11/17開催)に100名様をご招待!

PR TIMES / 2016年10月06日19時14分

通信が途絶した米軍核ミサイル基地で、スレイター少将率いる捜索隊は、ほぼ部隊全滅の惨状を目の当たりにする。その場に居た数少ない生存者のうち、昆虫学者のクレイン博士は不審人物として拘束されてしまう。しかし、ホワイトハウスは博士に特別指揮権を与え、少将以下軍人が逆にその指揮下に入ることに。博士曰く、基地を襲ったのは、アフリカ化ミツバチだと言う。大群を作り、攻撃性 [全文を読む]

「尖閣諸島と南シナ海、二方面に対応可能」中ロ合同演習で中国海軍の上陸能力をアピール―中国メディア

Record China / 2016年09月22日18時50分

中国とロシアの揚陸艦が合同で上陸訓練を実施したが、軍事専門家の尹卓(イン・ジュオ)少将は、「中国海軍の揚陸能力は釣魚島(尖閣諸島)と南シナ海の二正面に対応できる。合同演習はよからぬ企てを持つ国々に対する警告になった」と評価している。 中国はウクライナからポモルニク型エアクッション揚陸艦を導入したほか、新型揚陸艦「崑崙山」号を就役させるなど、揚陸能力を大幅に [全文を読む]

【画像】火星でストーンヘンジに激似の「マーズヘンジ」が見つかっていた!米陸軍少将も太鼓判!?

tocana / 2016年09月21日07時30分

英ソールズベリーの巨石群ストーンヘンジの名を聞いたことが無い人はいないだろう。その建設方法や建設目的については諸説入り乱れ、いまだ決定的な解釈は提出されていないが、かつて人々を熱狂させた「宇宙人との交信説」はいまや下火となっている。だが、ここにきてストーンヘンジと宇宙人の関係を裏付けるかもしれない証拠が発見されたという情報が入ってきた。なんと、ストーンヘン [全文を読む]

「おっぱいには勝てなかったよ……」~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

ガジェット通信 / 2016年07月17日20時00分

彼女は後日、蔵人少将と結婚。源氏は「少将も、彼女のはじめての男が自分なら許してくれるだろう」などと思います。もう、なんてツッコんだらいいのかわからない。 さらに、空蝉の夫・伊予介。赴任先から戻り、源氏に挨拶をしますが、妻と源氏の不倫など夢にも思いません。源氏はさすがにきまり悪くなり、「自分にとっては残念だったけど、この男にとっては素晴らしい奥さんだよな」 [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

同年4月、西郷は谷干城陸軍少将や赤松則良海軍少将らをはじめ、軍艦5隻、船舶13隻、兵員3,600名を率いて台湾へと赴いたのである。ちなみにこのとき、西郷隆盛は士官を中心にした士族300人を集めて信号隊を編成して、西郷従道の出征を支援している。また、後の三菱財閥を築いた岩崎弥太郎は御用船の手配にあたっている。 続きはご登録のうえお楽しみください(初月無料で [全文を読む]

アメリカの「正義」に問う。原爆投下は一体何のためだったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年05月26日19時00分

カーティス・E・ルメイ陸軍航空軍少将(B29の空襲により、日本にはすでにめぼしい爆撃目標がなくなりつつあり)ロシアの参戦がなく、原爆がなくとも、戦争は2週間で終わっていただろう。 同様な見解を漏らした米軍人としては、ウィリアム・D・レイヒ海軍大将・大統領首席補佐官、チェスター・ニミッツ提督、ウィリアム・ハルゼー大将、ヘンリー・H・アーノルド陸軍航空軍司令 [全文を読む]

「尖閣問題で日本と争うな?それは奴隷の考えだ」中国軍少将が語る―中国メディア

Record China / 2016年03月12日21時20分

2016年3月10日、中国青年網は記事「釣魚島をめぐって日本と争う必要はない?それは奴隷のやり方だ―少将」を掲載した。全国政治協商会議委員、中国海軍サイバー安全・情報化専門家諮問委員会主任の尹卓(イー・ジュオ)少将は中国青年網の取材に応じ、国防問題についてコメントした。 「先祖が残した土地は一寸たりとも失ってはならない」と尹少将。南シナ海問題で米国が圧力を [全文を読む]

中国軍元少将「台湾で独立運動続けば武力統一も」と警鐘

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

これは中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際情勢紙「環球時報」が中国人民解放軍の元少将の発言として伝えたもの。独立を志向する台湾の民主進歩党(民進党)党首の蔡英文主席が1月の台湾総統選挙で勝利したことで、中国側が蔡氏に送った「政治的警告」と香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は報じている。 この元少将は中国戦略文化促進会常務副会長を務める羅援 [全文を読む]

中国軍 「デブは昇進ダメ」規定で習近平氏・毛沢東孫に注目

NEWSポストセブン / 2015年02月27日07時00分

このため、インターネット上では、顕著な肥満体で有名な、毛沢東の孫の毛新宇・少将や習近平・中央軍事委主席の名前があがり、格好の笑い話のタネになっている。 軍機関紙「解放軍報」(電子版)によると、この規定は軍の四総部(総参謀部、総政治部、総後勤部、総装備部)が昨年末、2020年までの中国軍5か年計画として、合同で立案、発表したもので、もともとは軍事訓練の注意事 [全文を読む]

フォーカス