能登半島のニュース

日本三大パワースポットの1つ!能登半島の先端にある「珠洲岬」

TABIZINE / 2015年09月27日13時00分

広域の地図で日本海側を見ると、海に突き出した能登半島が目立ちます。朝市や漆器で有名な輪島、七尾湾の景観を目の前に楽しめる和倉温泉、小さな田んぼが折り重なる白米千枚田など、いろいろな観光名所がギュッと詰まっている半島ですが、その先端に日本三大聖域の1つがあるとご存じでしたか? そこで今回は、石川観光連盟「ほっと石川旅ねっと」などを参考に、能登半島の先端にある [全文を読む]

都会人がうらやましがる、輪島朝市。値段は交渉次第!?

TABIZINE / 2015年09月20日13時00分

日本海に突き出した石川県の能登半島に輪島という町があります。漆塗りや能登半島国定公園にも選ばれる変化に富んだ景観など見どころ満載の観光地ですが、その輪島で特に有名な観光イベントが朝市になります。 もともとは地元の人のために開催されていた、観光客を想定しないローカルな朝市でしたが、現在では能登半島を代表する観光の目玉になっています。 (C) 石川県観光連盟 [全文を読む]

岡田准一も訪れた!富山・能登半島の美しく壮大な絶景まとめ

Movie Walker / 2017年05月05日17時00分

荒ぶる日本海、立山連峰を臨む町並み、美しい間垣の集落、能登半島に沈む夕陽…。岡田准一主演の映画『追憶』(5月6日公開)は、見る者の魂を揺さぶるような景観も見どころのひとつだ。今回は、劇中に登場する富山・能登半島の壮大な風景を写真でイッキに紹介! 『鉄道員(ぽっぽや)』(99)や『あなたへ』(12)など数々の名作を世に送り出してきた名匠・降旗康男監督と、日本 [全文を読む]

日本でも野生のイルカに会える島があるって知ってた?

TABIZINE / 2016年05月24日12時00分

(C) 石川県観光連盟 今回は、日本海に突き出す石川県の能登半島の一部、能登半島国定公園にも指定される能登島を紹介します。 キャンプ、ゴルフ、シーカヤックなどのアウトドアを楽しめるレジャーの島として有名ですが、実は北陸の海で野生のイルカを間近で見られる唯一の場所。 新幹線でぐっと行きやすくなった北陸の観光地です。ぜひともチェックしてみてくださいね。 能登島 [全文を読む]

知らなきゃソン!北陸のおいしいブランド肉3選

TABIZINE / 2016年02月20日10時00分

日本海に突き出す能登半島で育てられる、黒毛和牛の肉ですね。 能登牛は「のとぎゅう」ではなく「のとうし」と読みます。和牛のオリンピック「第9回全国和牛能力共進会」で「脂肪の質賞」を受けたほどの溶けるような食感と香りが魅力です。 出荷頭数が年間で500頭ほどと少なく、全国各地で食べられるわけではありません。ほとんどが県内で消費されているそうですので、食べたいと [全文を読む]

600年以上の歴史のある商店街・一本杉通りで、1日醤油蔵の女将を体験!「一本杉通り 1日女将体験」で能登の花ヨメが、能登の暮らしの魅力の体験プランを提案

@Press / 2014年11月26日11時00分

能登の花ヨメプロジェクト(主催:能登半島広域観光協会フィルムコミッション委員会)は、600年以上の歴史のある商店街・一本杉通りで、醤油店を営む女将の生活を体験できるプログラム「一本杉通り・女将体験」を、2014年11月27日(木)~28日(金)に実施いたします。 本プロジェクトは、石川県・能登半島で暮らす女性(=能登の花ヨメ)たちが、暮らしの中で感じとる能 [全文を読む]

仲里依紗が岡山へ! 歴史とアートを楽しむ電子雑誌「旅色」2016年11月号を公開

@Press / 2016年10月25日10時00分

エリア特集は、美しい里山・里海の風景が魅力的な石川県能登半島・輪島をフィーチャー。ほか、ドラマや映画、舞台と幅広く活躍する片桐はいりさんの連載コラム(全3回)の最終回、焼き物を巡り、お気に入りの“器”に出合う“テーマのある旅”、野性のサルが入りにくることでも有名な長野県・湯田中温泉、心と体を整える全国の宿坊案内など、この時期ならではの国内の旅の魅力をさまざ [全文を読む]

米は炊かずに蒸していた?日本最古のおにぎりから知る古代人の食事情

まぐまぐニュース! / 2016年06月17日04時00分

次ページ>>義経伝説の「ひっぱり餅」からも見える、能登半島の米食事情 江戸時代、日本海を回った北前船では、面白い歌が歌われていました。「 能登のふくらの引っ張り餅は、誰が引くやら切れはせぬ」船乗りの人たちは、保存食であった、このふくらの引っ張り餅を食べていました。 ふくらは、福浦です。ついた餅を、水の中に入れて、それを四方八方から引っ張って伸ばして作るそ [全文を読む]

UFO博物館に直撃! テレビ小説「まれ」で賑わう石川県能登半島UFOの来訪はあるか?

tocana / 2015年04月08日20時00分

現在NHK連続テレビ小説「まれ」の主要ロケ地として注目されている石川県能登半島にある輪島市。北陸新幹線開通もあいまって、中部地方では今、最も活気がある場所だといえるのではないだろうか? さて、能登半島といえばTOCANA的に外せないのが、UFO神話の町として知られ、目撃談が多い羽咋。輪島市より少々南に位置するが、着々と町おこしが進む今、UFOの来訪も増えて [全文を読む]

【羽田エクセルホテル東急】石川県能登半島の魅力を先取り!石川県「能登フェア」開催

PR TIMES / 2015年02月27日20時11分

更に3月14日の北陸新幹線開通により、益々身近になる石川県能登半島の魅力を先取りで皆様にもお楽しみいただければと、この度企画いたしました。 今回のフェアでは、料理長が石川県輪島市と珠洲市を訪問し、出荷頭数が少なく、ほぼ石川県内でしか流通していないと言われる能登牛、奥能登原木椎茸“のと115”、海に囲まれた能登半島でとれた海産物をはじめとした能登ならではの食 [全文を読む]

野趣あふれる男の刃物!日本の漁師達が愛した万能ナイフ「マキリ」【にっぽん刃物イズム第2回】

サライ.jp / 2017年04月19日17時00分

いずれも沿岸域で、海と山が接している能登半島を除けば、内陸部ではあまり使われていません(昔のマタギの刃物にはマキリ様のものはあります)。 能登半島のマキリ(左)石川県能登町で。地元の鍛冶屋が鍛える。 まったくの推測なのですが、マキリ文化は北前船が運んだものではないかと思ってます。昆布などの蝦夷の産物を日本海ルートで運ぶ過程で、アイヌに由来するこの刃物文化 [全文を読む]

【ニッポンの絶景】日本初の世界農業遺産!石川県輪島にある「白米千枚田」を見に行こう!

GOTRIP! / 2017年03月15日11時30分

日本海に突き出ている能登半島。先端にほど近い場所に、「白米千枚田」という美しい棚田があります。その美しさから日本の棚田百選、国の名勝にも指定され、能登半島を代表する観光スポットとして多くの人が訪れます。 日本海を背景にして広がる白米千枚田では、全体の広さが約4ヘクタールあります。そのなかに1004枚の大小様々な棚田が広がっており、1つの田んぼの平均面積は約 [全文を読む]

産地直送の魚介を使った料理

ぐるなび / 2017年01月25日14時10分

都営三田線水道橋駅から徒歩1分ほどにある同店は、能登半島から直送される新鮮な魚介類を使用した料理が楽しめる居酒屋。 お店の一番人気メニューとして「天然ブリしゃぶ」(1人前1580円/税抜き)を紹介。石川県七尾市から直送された天然ブリを使ったブリしゃぶ。まずは天然ブリそのものだけを味わった池田沙絵美さんは「ん!ん!?コリコリいうんですけど、このブリ。(食感 [全文を読む]

元海自小隊長 自衛隊員が最も「死」に近づいた瞬間を語る

NEWSポストセブン / 2017年01月25日07時00分

99年の能登半島沖不審船事件で”戦闘現場”に遭遇し、その体験を『国のために死ねるか』(文春新書)に綴った元海上自衛隊「特別警備隊」先任小隊長の伊藤祐靖氏は、「自衛官に死者が出る」ことの覚悟を国民に問う。 * * * 国が「行け」と命じれば自衛隊は出動する。尖閣諸島に中国の武力組織が上陸しても、自衛隊の能力をもってすれば奪還はたやすい。だが、軍事では作戦の難 [全文を読む]

能登半島の先端を舞台とした「奥能登国際芸術祭」の第2弾アーティスト発表!開催は17年9月

FASHION HEADLINE / 2016年10月25日07時00分

能登半島の先端に位置する周囲を日本海に囲まれた農山漁村、石川県珠洲市を舞台に開催される「奥能登国際芸術祭2017」は、アーティストや地元の人、地域外からのサポーターなどが今までにない新しい芸術祭を目指して作り上げる芸術祭。アートを媒介とした多ジャンルのネットワークによって、土地に眠るポテンシャルを掘り起し、“さいはて”から“最先端”の文化を創造する。 こ [全文を読む]

3位は富山で2位は茨城!外国人から今最も関心が高まっている都道府県1位は

TABIZINE / 2016年07月22日12時00分

その他「日本屈指のドライブコース能登半島の見所はここ!はずせない5つの絶景」で取り上げたように、国定公園にもなる能登半島の輪島や能登島など、金沢から足を延ばせば異なる風景を楽しませてくれる観光地が続いています。もちろん国立公園の白山のような大自然も。 日本人でもまだ訪れた経験のない人は、ぜひともチェックしてみてくださいね。 ■あわせて読みたい 【実話】日 [全文を読む]

【北陸】富山、石川、福井で無線LAN&電源が使える「道の駅」まとめ

TABIZINE / 2016年06月26日12時00分

世界農業遺産「能登の里山里海」にも選ばれた能登半島の旅行中に電源に困ったら、のと里山空港に立ち寄ればいいのですね。ちょうど半島の中心にありますので、どこからでもアクセスが可能です。 ちなみに道の駅「のと里山空港」で名物のグルメは能登牛丼。グルメつながりで言えば、能登半島にある無線LANの使える道の駅「のとじま」でも、浜焼きや能登牛サイコロステーキなどおい [全文を読む]

日本屈指のドライブコース能登半島の見所はここ!はずせない5つの絶景

TABIZINE / 2016年05月14日12時00分

「どこか、遠くにドライブに出掛けたいな~!」となったら、石川県の能登半島まで向かってみては? 半島の沿岸には砂浜のハイウェイや、絶壁が30kmも続く海岸など見どころが尽きません。 日本海や富山湾でとれる魚介類もおいしく、全国的に知られた宿やパワースポットも。たっぷり楽しめる1泊2日の旅になりますので、能登のドライブで立ち寄っておきたい見どころを紹介します。 [全文を読む]

“能登はやさしや土までも” 暮らしや食文化に触れる能登の旅--2/3 ~揚げ浜式塩田、日本酒、野菜 奥能登&能登島編~

FASHION HEADLINE / 2015年12月05日20時00分

■地元に愛され、世界に認められた日本酒「竹葉」に込められた情熱日本海に突き出た能登半島は、冬には荒波が押し寄せる外浦と1年を通して波静かな内浦がある。珠洲市から内浦側へ下ると能登町(のとちょう)へ。波穏やかな宇出津湾(うしつわん)を望む地に、明治2年創業の数馬酒造がある。24歳で社長業を継いだという、5代目・数馬嘉一郎さんが若い力で酒造りに挑む。地元で愛さ [全文を読む]

大人気! こだわりの和素材を楽しめる入浴料シリーズ『和そると』に、昔懐しい「蜜柑塩」が新しく仲間入り!秋の夜長に、ほっと和む蜜柑のお風呂をお楽しみください。

PR TIMES / 2015年08月31日10時26分

心ほぐす香り豊かな“にごり湯”は、まるで温泉宿にいるような格別感・・・』 ◇こだわりその1 小谷内祥治さんが作った海水100%『能登半島の塩※1』使用 江戸時代加賀藩から続く塩づくりの製法が、現代にも途絶えることなく伝えられている能登半島最先端。 暖流と寒流がまじりあう豊かな海水から、昔ながらの方法で約2週間天日と平釜で炊き上げているこだわりの塩。 お湯 [全文を読む]

フォーカス